したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

No.08 PRECIOUS -なぜショウは神に挑んだのか-

21 名無しさん (ワッチョイ 463a-4153) :2021/08/15(日) 20:46:36 ID:duuq8Myg00
実はPRECIOUSを遊んだことがなくて、これを遊ぶ前に丁度いい機会だからやってみた。
そのあとこんなもん一体どう料理するんだろうと、本当にまともにできるだろうと逆に不安になって、
作者がたんちさんと理解しながらもあまり期待せずに始めたわけだけど……
ずっと見入ってしまった。すごく全うで納得できる成長物語。料理の天才か。あのPRECIOUSをそこまで綺麗に纏められるものか。
戦闘に関しての賛辞は他の人は書くだろうから割愛するとして、個人的に気になったことは一つだけある。

ハーナスの扱い。ショウとの関係性そのものに不満はないけれど(むしろその方向性そのものはすごくいいと思っている)
出番と交流と関係の掘り下げがかなり欠けててヒロイン感が薄かった。
どういう了見だろうと作者部屋を覗いたら、なるほどそういうことと理解しながらもその考え方にあまり賛成や共感はできず。
彼女を護られるだけのヒロインではなく自立した存在として描写したかったそうだけど……ほぼしなかった。
「誰よりもショウさんと共にある、あれる感受性がある以上、ヒロインである以上、描かない。」とのことだけど。
自分に言わせれば、それでは護られるだけのヒロインとあまり差はないかと。
描かなかったから、視聴する側は見ていない。彼女のその感受性を、そのショウさんとともにあると実感できるほどの関係の構築、絆を。
つまりはヒロインであることをあまり感じられない。
護られるだけではない自立してるキャラとして見てほしいなら、まずはそれを見せないと。
……とは言っても、正直これまでの作者の作品ではヒロインという立ち位置にいると言えるキャラはほぼいなくて、
おそらく作者のヒロイン像は大分ズレてるのではないかと思う。
自分としては、ショウが成長するシーンを3割くらい削ってハーナスに充てがったらもっと面白くなれたと。
別に恋愛を望んでるカプ厨というわけではないけど、ハーナスの役割がかなり薄いことも否めない。
結果として作品の9割はショウの成長物語になっていて、それ自体は悪いことじゃないけど、代わりにヒロインが犠牲になってしまった感ある。
不満というかそこだけがかなり惜しいと感じてる。そこがもっと充実してたら、エンディングのやりとりには一入感動できたと思う。
でもそれ以外は本当によくできた作品で、作者にしてはカオスが控えめで方向性やテーマがしっかり定まってて、そういう時の作風の方が好み。
全体的に結構楽しめました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板