したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

大貫の肛門総合スレ

446 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/28(日) 16:59:27 ID:W4ep2jCE0
ウメヌキsako
http://i.imgur.com/MPZFSKI.jpg

447 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/28(日) 18:36:16 ID:Qmxip2Cs0
http://i.imgur.com/gmPlB13.jpg

448 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/28(日) 18:38:47 ID:Qmxip2Cs0
http://i.imgur.com/6uvEAor.jpg

449 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/28(日) 18:49:57 ID:Qmxip2Cs0
http://i.imgur.com/kmeOoMc.jpg

450 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/28(日) 19:32:20 ID:ZTroQOws0
ひどい顔してる…
飲んだでしょ、これ…

451 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/28(日) 21:06:57 ID:Qmxip2Cs0
http://i.imgur.com/Ygw00Da.jpg

452 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/29(月) 01:34:35 ID:A/VL1KP.0
http://i.imgur.com/d9ko9GS.jpg

453 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/29(月) 05:03:03 ID:f82Mhmoc0
http://i.imgur.com/Ygw00Da.jpg

454 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/29(月) 05:21:34 ID:f82Mhmoc0
http://i.imgur.com/7ZojTLn.png

455 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/29(月) 17:35:12 ID:f82Mhmoc0
http://i.imgur.com/qxfainQ.jpg

456 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/29(月) 17:58:12 ID:f82Mhmoc0
http://i.imgur.com/IU6zyU9.jpg

457 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/29(月) 18:02:19 ID:ZrYxgkow0
http://i.imgur.com/mqQa9Ru.jpg
http://i.imgur.com/IU6zyU9.jpg
          wW" " "w,,."w          .,-,
           .vW ,,、,、,、,,,._~''v、        / |      
          //..,,,   ,,,...、ゝヽ        |  |
         ./ ィテァ   ィテァ | |        |  |    帝聖
         / .  ̄ / │  ̄  ..V.、    !´ ̄ ̄ ⌒〉   
        /  ./(。 。)\   |6j  〈⌒r‐‐'''''' ̄  〉   
        !      .!_!      l´  ∨|─ー''''' ̄  |    
        l 、  <´-`ヽ   ,/     | \>〈     |   
        ヽ   ,___,.    ノ、      、   /     |   
         ィヽ:.___

458 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/01(火) 11:57:17 ID:/LvrpKzc0
711+4 :俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 [sage] :2016/03/01(火) 00:34:14 ID:5NsM8SPA0 [PC]
1年後、部屋のベッドで布団にくるまるときど

ガチャ

マゴ「ときど、大丈夫k」

ときど「痛い痛い痛い!!!ドア閉めて!痛いから!!!」

マゴ「あ、ごめん!(ガチャン)」

部屋はアルミホイルで覆われ銀世界と化していた
壁は鏡のようになっていて、その狂気に飲み込まれそうになるマゴ

マゴ「飯持ってきたから、電子レンジは使ってない」

ときどは半年前から「電磁波が刺さって痛い」とまで言い出すようになった



―――――――うおおおおおおお!!!!

ガチャ!!!

マゴ「誰だ?」
ときど「痛い痛い!」

―――うおおおおおおおおおお!!

ズンッ!

ときど「やめろっ!!!力丸ッッ!!」

パンッパンッパンッパンッパンッ

次週へ続く

459 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/01(火) 18:23:06 ID:/LvrpKzc0
530 :俺より強い名無しに会いにいく@転載は禁止:2015/05/15(金) 23:44:26.09 ID:gHPjPJER0
力丸は四つん這いの大貫に闘劇'05の映像を見せながら臀部に激しく腰を打ち付け、チンポの味を大貫の脳に刷り込んでいく。
最愛のウメハラと共に勝ち取った栄光の記憶、格ゲー人生史上で最も輝いていた瞬間の記憶が、力丸のチンポに書き変わっていく。
やがて大貫はウメハラの姿を見ると、条件反射的に力丸の感触が蘇り、"心太"に至る体になってしまった。
格ゲープレイヤーとしての"最後の砦"も破壊され、かくして大貫は"肛門"になった。

460 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/02(水) 01:03:04 ID:XtXEHwYs0
                 Ww,,、, _~~''v,、           
                  / ,,,...、ゝ   ~y            
                  |  ィァテ  V.  y
                  / l  ̄   |6j .ハ 太鼓の達人 まーーーーじかーーーーーー
               (。 )\     ;:y ヽ  
          ,ュ≦ニニニニニニニ>、_.ュ≦ニニニニニニ> 、
          ,.少ニニニニニニニニニニニiニニニニニニニニニニニニム
       /   \ニニニニニニニニニ:|ニニニニニニニニニニニニ/¨¨  、
      /        .\ニニニニニニニ::|ニニニニニニニニ=/      .ヽ
               \ニニニニニニ|ニニニニニニニニ/
    /              \ニニ=ニ |ニニニニニ二/            .∧
.   /                 寸ニ   \ニニニ/             ∧
                   寸. * ニニУ                   ',
  ,                   マ    ニニ/                  ,
 .{                     .i/ニムニ/                       }
 .i                       iニニ∨                       i
  :                  .にニiニ}          ;ヘ,          ,
  ,                    _....≠ニニ.ノ-..、       /./         /
  .',               ´   ', /         / /      ./         ,-、
    ',                   i.{         /./          _____     (<ヽ!
                       l i       i^ヾ'i      /  ;'、;:;:;;;;:;;゙i .  ゙iヽ\
.       \                 | l        ゙、_ ゙:、   /   i'゙i;====ヨ    ,! \\
        .\.      -==-...、.   }.i  , --<    i `ヽ、/     ! ''゙i;:;:;:;:;;! ,r‐'゙゙'' ,! ヽ、>
           >-、 Y≦===ュ.、    } / ,ュ=====ミヽ:、  ゙'ー‐-、,,;---、ゞ ゙''''''i'/   /
           ム圭圭圭圭\.∧.,少圭圭圭圭iiYヾ、        ゙     ゙`   ,ノ
            /圭圭圭圭圭圭YY圭圭圭圭圭ニム ゙''ー-、,,___       ,;. 、 ,ソ
    >===≠く圭圭圭圭圭圭i/ マ圭圭圭圭>‐‐-<     ゙i`    ,:;'' i; ヾi′
  γ圭圭圭圭ム圭圭圭圭ニi/   寸圭圭/圭圭圭iム     |    '"  ;:  ゙|
.  .{圭圭圭圭圭ム圭圭i>´      寸=/圭圭圭圭圭i|    .. |      ;:   !
                                         |       ;;! ,!
                                       i'^ゝ    _゙__,,!、
                                         F、;ニニニニ、゙;‐''ヾ'
                                    ,;-‐'′     ゙i i  i
                                      /        ,!,!  ,!、
                                  /        _,,ノノ   ; ヽ、
                                   ,/       ,;-‐''′`ヽ、    ゙;、
                                 i'  /_,,;-‐''′     ゙:、    ゙i
                                 i   `i           ゙:、   ;゙ヽ、

461 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/04(金) 14:34:47 ID:OVCD7JIA0
960 :俺より強い名無しに会いにいく@転載は禁止 [sage] :2016/03/03(木) 22:14:52.07 ID:VLdncd+r0 [PC]
>>950-951
ストリートファイターVのプロデューサーである杉山晃一は、浅草の雑居ビルに拉致監禁されて大貫に顔面騎乗されていた。

「あなたさぁ〜〜、俺すげー期待してたのに、あの売り上げの爆死っぷりは何なの?」
「せっかく五神に戻ろうと張り切ってたのに、競技人口が少なかったら意味ないんだけど、まァじで」

大貫はネチネチとしたパワハラを続けながら、腰を前後に動かして腸液を杉山の顔面に塗り付けていく。
杉山は人智を超えた激臭地獄に見舞われ、昏倒寸前であった。
血中の酸素濃度が急速に低下し、代わりに血中の肛門濃度が上昇していく。
もう少しで全身が大貫の肛門に乗っ取られようかという、その時だった。

「調子に乗ってんじゃねーよ!!」

真っ赤な顔をパンパンに膨らませ、チンポをビンビンに勃起させた全裸の力丸がドアを蹴破って入ってきた。
力丸は一瞬で大貫との間合いを詰めると、瞬く間にチンポをブチ込んだ。

ズンッ!

「んっ!力丸!!」

パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!パァン!!

「んっ!!んっ!!んっ!!んっ!!んっ!!んっ!!んっ!!アイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!」
「2秒でイッてんじゃねーよ!!このビル便器!!!」

力丸は激怒していた。

今の自分達があるのは誰のおかげだと思っているのか。
沢山の仲間達と出会えたのも、まるで芸能人のように活動できるのも、今こうして肛門性交できるのも、
全ては格ゲーが、ストリートファイターがあったからなのだ。
その生みの親である、本来なら足を向けて寝られないような人に対して、ここまで酷い仕打ちをするとは何事か。

誰よりも義を大切にする平成の侍は、大貫のラインを越えた不遜を許すことができなかった。

力丸は全ての怒りをチンポに込めて大貫の前立腺を一点集中攻撃する。
大貫は栓が壊れたように大量の精液を絶え間なく噴き上げる。
杉山の顔面に大貫の精液が降り注ぐ。

「アイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!」
「アイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!」
「アイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!」

杉山は呆然としていた。
至近距離で繰り広げられる肛門性交の迫力に圧倒されて指一つ動かすことができない。
大貫と力丸の結合部が杉山の眼前で荒々しく粘液を撒き散らし、神々しく照り輝く。
大貫の肛門と力丸のチンポが一体となり、この世のものとは思えぬ異形の存在に見えてくる。
いつしか杉山は、目の前の光景に崇敬の念を抱いていた。

「アイイイィ………アィィ………ァ……ィ…………んっ…」

4リットルの精液を吐き出し終えた大貫は精も根も尽き果て、白目を剥いて気絶する。
力丸はその姿を一瞥して一言「不愉快だわ」と吐き捨てるとノッシノッシと部屋を出て行った。

今までが嘘のように静寂に包まれた部屋で、杉山はしばらく目を閉じて余韻に浸った。
そして、ゆっくりと起き上がり、声を震わせながら、絞り出すように呟いた。

「これだ……!これしかない…!!」

数年後、杉山が肛門性交を題材にした格闘ゲームを世に送り出し、全世界で1000万本を売り上げる大ヒットを記録するのだが
それはまた別の話。

462 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/04(金) 18:11:54 ID:9OiF6/bA0
                      , ――――------;;....
                     /              ̄ ̄ ̄`ヽ
                     /         _           \  アムロ・ッケイ
                     |       ,∠......,へ,`、 _           \
                     |     /i   /ヽ/" `、ヽ          \
                     |   //`― ´、"ヽ   ヽヽ            \
                   / / ̄//,,..,,,   ,,,...ヾ \.   ヾ i― 、       \
                  /  /  // ィテァ   ィテァヽ i    ソ  ヽ.       \
                  /  /  | i .. ̄ / │  ̄ :::ノソ-―'"|   |
                  /  /   | .ゝ― 、。 。)\:::/ノ   ヘ /   |
                 /  /   、/, -、 ||-――ヘ" /  |     /  / ̄ ヽ
                / .∠_    >―' "、_/ ̄||_|  |  /   /. /    |
               ,//  /`―/  ̄ ̄ ̄`r'、` 、Y ̄    / ./ 〇 ./
               /   .//"  , ヘ_     /  ノ"     / . /   /
              /|    //  /::::/  `―-y/ ̄`r――--、/ . /  /
              /人.  //  ../::::/     /:::::::::::::::` 、   /,へ  ̄
         _..,;‐''"´...:i //_ /::::/     /:::::::::::::::::::::::::Y"/:::::::ヽ
--------―'´_/   ::::::ヽ|/.'--'i::::::i      |::::::::::::::::::::::::::/.'"ヽ::::::::::i
~ ̄ ̄ ̄""~~`` 、   _,-―∧`-:::;`i::::`i,,,_ _   |:::::::::::::::::::::/ / / )::::::::|
          ` ::::,,,-‐'''"|   `|::::::|~~~``‐ヾ::::::::::::::::/  /"ヾ::::::ノ
..__       ノ,;,-‐"//'~.. |    i::::::i      `―--'' _,;''"~   |:::::|
   ~` ̄ ̄ ̄".    //.:::  |    i::::::i    ......::::::::::::::::ノi:i,.      |:::::|

463 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/04(金) 21:58:55 ID:H5xIZgKE0
「力丸に対して、私は自分にある宿題を課した。
 力丸の起き攻めを自分自身の手でテストし、それを防ぐ方法を探し出すことだ。
 そして私は、それらに対する対処法は見つけることができた。
 しかし、私がやってきた「宿題」は力丸のレパートリーのほんの10%に過ぎなかった。

 力丸のパートナー大貫は、力丸がこの一週間、私が感じるところをずっと探していたことを私に話した。
 力丸は、それらの全てに目を通し、私に対してできることを全てノートに書き記した。

 本来、力丸の焦らしの後の叫びからのセットプレイはガードすることができる。
 しかし、私は体のどこに力を入れても、私はそのセットプレイをガードすることができなかった。
 そして最後に私は、それがガード不能であることに気付いた。

 これは簡単なセットプレイではなく、前か後ろにほんのわずかに挿入しながら焦らし、最適なタイミングで叫ばなければ成功しない。
 これを95%成功させるために、力丸は同じ動きを毎日何時間も練習し続けた。
 門者としての技術と精神の両方で、私は力丸に完敗していた。

 今後も門者として、彼らのプロフェッショナリズムに注目したい。
 私がいつか力丸と大貫の愛を超えられる日が来ることを、この手で証明したいのだ。
 たとえ大口に、何か気にいらない要素があったとしても。」


「力丸との対戦では惨敗したが、失望などはしなかった。
 上位陣との差は心構えにあると分かったからだ。しかしそれは非常に大きな差だ。

 大貫との対戦では開始すぐから問題を見つける事ができた。
 なぜなら私は自分の癖のようなもので何度も痛い目にあったからだ。
 まず私の攻めは大貫が小刻みに尻を振ることによって阻まれ
 そして大貫が感じる前に私がイッてしまっている

 大貫は受けるとき堂々としていて力丸のときのように静止すら促しません。
 その時に私は大貫に既に分析・研究され完全にダウンロードされているのだと気づきました。
 それに気づいたあと、私は焦ってパニックになり、完膚なきまでに倒されました。

 他に私に強く衝撃を与えたのは、彼らがこのリーグにどれぐらい真剣なのかを知った時です。
 力丸と大貫の二人と一緒に私と大口の試合を見ていた時のこと。
 彼らは突然それぞれでノートにメモ書きを始めたのです。それもかなり細かく。

 例えば私が大口のピストンをどう捌いたか。
 細かくハッキリと双方の体の相性などが書かれており私は言葉を失い非常に深く触発されました。
 感動すら覚えたのです。」

464 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/04(金) 22:20:02 ID:6EBMQbWQ0


465 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/04(金) 23:07:08 ID:9OiF6/bA0
     __, -― ´ ̄ ̄`´`ー、_
    _,ノ         ヾ、、、、ヽ
   _ノ"        ヾ゛゛゛、、、 ヽ
   /   i     ,゛゛゛゛゛゛゛、  i
   i_ 〈人ト、ir'ルレ'``"' y、_゛゛゛゛、i
   7 |=‐-、 v-‐=‐- ,ゞ ヾ゛゛ 〉
    )_ | ィテァ   ィテァ 〉 r‐、゛ (
     `|  ̄/(。 。)\ `iノr、l゛ノ~
       |    !_!     __// .   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     λ   <´-`ヽ ノ j√   < フィン・ファンネルで勝てるさ
        ヽ.   ̄`  ´  |.     \______
        ` ┬‐ ´__, -‐┴、
   ___________l ̄ ̄  ;    ~ゝ, -------、
  /   / ノ__________;.-‐´ ̄/   /,-‐-、i

466 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/05(土) 00:47:07 ID:bCpRIaGE0
http://pbs.twimg.com/media/CctZ6y_VAAAjexN.jpg
ひげとろまん

467 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/05(土) 07:44:45 ID:iQOyN1U60
リッチガール大貫
金で男のチンポを買う

468 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/05(土) 15:12:16 ID:rpU.si860
>>461
天才かよ

469 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/05(土) 22:21:41 ID:C5Y9dhD20
西暦20XX年XX月XX日03時30分

「俺は“大貫をレイプする平成の侍・力丸”。これより全世界に宣戦布告する。」

前触れもなく人々の前に現れた力丸。
自らを“平成の侍”と名乗る男は、全世界に向けて単身「宣戦布告」した。

「お前たち出来損ないの肛門共は、全て“ココタ堕ち”させる。」

「未来を・・・    ―――――悲観しろ。」

http://i.imgur.com/VA8dbV4.jpg

470 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/06(日) 02:19:17 ID:IrZ4Q0qo0
この前配信に出てた力丸
http://i.imgur.com/fHbGEPo.jpg

471 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/06(日) 04:24:13 ID:IrZ4Q0qo0
http://i.imgur.com/YKTt5nS.jpg

472 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/06(日) 07:35:19 ID:3Of5FmHQ0
>>471
この人、トロマンと力丸のもんじゃでしょ

473 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/03/06(日) 14:15:32 ID:A9M73zXs0
273+2 :俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 [sage] :2016/03/06(日) 04:36:35 ID:rnWM2.Ks0 (3/5) [PC]
大貫、力丸、宣、バーディの4人で登山にいった。
しかし悪天候がたたり、雪山に遭難してしまう。
激しい吹雪の中、さびれた小屋を見つけそこに避難する。
しかしそこは、暖房も食料もなにもない、ただの四角い部屋だった。

「まーーじか!このままじゃ凍死しちゃうってまァじ!!」

そう叫ぶ大貫であったが、現状は何も変わらない。身を震わせ、各々は床に座って縮こまっている。

「このままじゃ寝てしまう。仕方ありませんね……」

真っ暗闇のなか、宣がひとつの提案をする。
各々が部屋の四隅に肛門を広げた状態で待機し、肛門に肉棒が挿入され
射精を確認したら、そのまま前に歩いていき、次の角にある肛門に肉棒を挿入する。
それを繰り返して、朝になるまで寝ないようにしようと言うのだ。

「まーじか!!それなら肛門性交による激しい快感で眠る事も無くなるな!」

無言で頷く宣。力丸、バーディも特に異論は無いようだ。
早速四人は部屋の四隅に立ち、ジャンケンで順番を決めたあと、大貫から歩き始める。
そこまで広い小屋ではない。5歩ほど歩いたところで宣の肛門を発見する。

「行くぞ……宣」
「いいですよ……んっ」

いつもは掘られる方である大貫。慣れない挿入に1分と持たず、宣の肛門に精液をぶちまける。

「ちょっと早すぎですよもーー」
「ご、ごめーーん宣ちゃん!」

先ほどまで暗い雰囲気であったが、一転して和やかなものになる。
よし、これなら夜を乗り切れる。そう思って宣は前に歩を進め、バーディのケツに手をかけた。
宣がバーディの肛門に射精、そしてバーディが力丸の肛門に射精した。

「次は大貫か? よおし、今からお前をココタ落ちさせる」

ちん棒をバッキバキにした力丸は、暗闇に向かって指をさしながら歩いていく。
そしてすぐに肛門に辿り着き、一瞬で肉棒を根本まで突き立てる。

「アァアア!!大貫晋也!!お前はココタだ!今!!お前は!!ココタとなる!!!」

激しく肉がぶつかる音が暗闇の中にこだまする。
宣は「またか……」といった様子でぺたりとその場に座り込んだ。

「アァアアアアアアッ!!!」

その力丸の咆哮は凄まじく、朝まで続いた。
力丸が発する熱と音で小屋の中はジュクジュクになり、なんとか遭難せずに朝を迎えることができた。

「力丸さーん、吹雪も止みましたよ。そろそろ下山しましょう」

獣のように腰を振り続ける力丸に向かって、そう宣が話しかけるが……ある事実に気づき背筋が凍る。
眠そうな顔で大貫が宣の横に立っていたのだ。

「えっ!?大貫さん!?」
「ちえーっす、俺そっこーで寝ちゃったんだけどさあ、何が起こってるわけ?」

宣はてっきり、力丸は大貫とセックスしているものだと思い込んでいた。
しかし、大貫はいま横に立っている。バーディも画面端で静かにしゃがんでいる。

「ァアアアアッッ!!」
「り、力丸さんっ!!離れてください!!そいつ、た、多分幽霊です!!早く逃げ……!!」

そう言って力丸の腕を掴んだところでせんとすは凍りつく。
力丸に激しく突かれている、亡霊のようなものと目が合ったからだ。

「オレは……地縛霊だ……お前らを絶対……んっ」
「喘いでんじゃねぇよ!」
「んっ、力丸!」
「お前はココタだ!早く認めろ!!」
「違う!おれは地縛霊だ!!ココタじゃない!!」
「いーーやココタだね!!」
「んっ!!!地縛ッ!!いやココタッ!!いや地縛ッ!!」
「ココタとなれ!!!!」


そして、宣は下山した。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板