したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

大貫の肛門総合スレ

390 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2016/02/12(金) 01:28:29 ID:U9TQErAA0
614 名前:俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止[sage] 投稿日:2016/02/10(水) 20:08:01 ID:chjf9cxU0 [3/3]
「ん〜〜〜〜〜〜っんっんっんっ!!」
肛門が万力を超える力で力まれ悲鳴をあげていた。
この日のために整えてきたコンディション。その成果が今、放たれる―――

事の発端はバレンタインデーの1週間前、力丸へのチョコを最高の形で渡そうとある計画が立てられた。
それは浅草を知り尽くしたといっていいヌキがまじうまい店を食べ歩き、1週間分の”うまみ”を凝縮させたチョコをプレゼントするというものである。

その日からのヌキは食べに食べた。焼肉、イタリアン、謎のたこ焼き・・・知りうるすべてを食べた。まるで我が子を思う母のように。
トイレにいきたくなることもあった。激臭と便意でトロトロとなった肛門に負けそうな時もあった、が、すべては力丸へのチョコのため・・・

そしてバレンタインデー当日。最高のラッピングもそろえた、コンディションもいい。あとは出すだけ・・・のはずだった。


スゥーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


スカだった。これはあとでわかったことだが、溜め続けたチョコのあまりの味に肛門自身が食い尽くしていたのである。
そこに力丸はやってきた。―――――あわせる顔がない。ヌキの顔は涙に濡れていた。

「俺のせいだ・・・力丸ごめん・・・チョコ、用意できなかった・・・」

1週間分の激臭が漂う沈黙の中、力丸は突如、無言で肛門に顔をうずめていた、そして

「うまかったよ、チョコ。ありがとう」

と、そこにないはずの浅草のチョコへお礼をいった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板