したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

大貫の肛門総合スレ

32 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2015/10/16(金) 14:40:14 ID:uxYho/bo0
大貫に火を付けるには充分な一言だった。歯を食いしばり、両腕両足を丸め全力の肛門締め付け態勢に入る。

大貫「ここまでだ梅原!今降参すれば格ゲーできる腕のまま解放してやるぞ!」

梅原の右腕は無数の血管が浮かび上がり、真っ赤に変色している。
日々のジムトレーニングが無ければ、とっくにねじ切れていた事だろう。
――だが。

大貫「……!???! う、梅原、何やってんだマーーーージ!!!?」

なんと梅原は、空いていた左腕を大貫の肛門に差し込んだのだ。
今や梅原は、両腕を拘束され満足に身動きが取れない状態になっている。

大貫「な……なーるほどね。俺と我慢大会を」
梅原「波動拳!」
大貫「おっっぷううぅううっううう!!!???」

大貫の肛内で弾ける波動拳。20年打ち続けてきた、世界で一番重い波動拳だ。
とても肛門内で受けとめきれる衝撃ではない。

大貫「は……は……は……」
梅原「波動拳!」
大貫「うっっっっぐぅううううううううう!!!!!」
梅原「波動拳!波動拳!」
大貫「はぁああああああああ!!!ガァあああ!!!もっと来いやぁ梅原ぁ!!!!!」
梅原「…灼熱っ!」
大貫「あっっはぁあああああああ」

突如放たれる灼熱、文字通りグツマンと化す大貫の肛門。しかし、梅原の攻めはまだ終わらなかった。

梅原「滅っ!!!!」
大貫「あっ」
梅原「波動ぉ〜〜〜!!!」
大貫「うわーーーーーーーーーーーーー!!!!」

ぬっぽろりん

梅原「その程度か?大貫」
大貫「くっ……」

這いつくばり横たわる大貫、立ち上がり見下ろす梅原、勝者と敗者の姿が、そこにはあった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板