したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

大貫の肛門総合スレ

277 俺より強い名無しに会いにいく@転載禁止 :2015/12/29(火) 15:07:13 ID:GZM8c4NY0
549+5 :俺より強い名無しに会いにいく@転載は禁止 [sage] :2015/12/28(月) 17:54:43.52 ID:upcPKhr80 [PC]
「イクぞ!大貫!中に出すぞ!」
「んんんんんダメぇえええええ!!!んっ!肛”門”の”中”が力”丸”!!!!!!!」

中出しを終えた力丸はさっさとシャワーを浴びに行く。
性処理用の便器に掛ける言葉はない。

シャワーに向かう途中、何気なくベッドの方に目をやった。
大貫がトドのような格好で、豊満な巨尻を投げ出し、だらしなく横たわっている。
情熱的な肛門性交の余韻に浸りながら、焦点の合ってない目を宙空に泳がせ、
弛緩した口元からヨダレを漏らし続ける、充実感と多幸感に満ちたトロマンフェイス。

「んっんっんっんっんっんっんっんっ……」 コポコポコポコポ……

静かに喘ぎつつ、開き切った肛門から中出しされた精液を排出し、シーツに染みを広げていく大貫。
そのあまりに扇情的な姿に再びレイプ欲が鎌首をもたげるも、
さすがにこれ以上やると明日の仕事に差し支えると思った力丸は
踵を返して浴室に入っていった。

10分ほどでシャワーから戻ってきた力丸。
そこで彼は、信じられない光景を目にした。

「んっんっんっんっんっんっんっんっ……」 コポコポコポコポ……

大貫の肛門から依然として精液が排出され続けているではないか。
シーツに吸収しきれなくなった精液がベッドから溢れ、部屋中に氾濫している。
超常現象を目の当たりにした力丸は一瞬恐怖を覚えたが、その感情はすぐに猛烈な怒りへと変わった。
ベッドの上に脱ぎ捨てたスーツが精液浸しになっていたのだ。これでは明日の仕事に着ていけない。

「大貫てめぇ!!スーツを汚してんじゃねーよ!!」
「んっんっんっんっんっんっんっんっ……」 コポコポコポコポ……

大貫はすっかり自分の世界に陶酔し、力丸の怒声にまるで反応せず、なおも精液の排出を続ける。
業を煮やした力丸は、大貫の肛門に全力の正拳突きを叩き込んだ。

ズンッ!
「んっ!力丸!」

その瞬間、大貫の肛門から堰を切ったように大量の精液が噴き出した。
精液は津波と化して大貫ビルを飲み込み、たちまち浅草が精液の海に沈んだ。

ドドドドドドドドドドドドドドドドド……
「アイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!」

大貫ビルの外に流された力丸は、精液の海を必死に泳ぎながら、大貫の姿を探した。
そして、遥か遠くに、肛門から精液をジェット噴射して海上を高速走行する大貫を発見した。

ブシャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!
「アイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!」

力丸は激しい後悔の念に襲われた。
『俺は"パンドラの門"を開けてしまったのか』
このままでは東京全体が、ひいては日本が、そして世界が精液の海に沈んでしまう。

そう考えている内にも"ジェットスキー"と化した大貫は力丸からどんどん遠ざかっていく。
大貫の姿が、どんどん小さくなる。

「アイイイイイイイイイイイイイィィィィィィィィィィィィィィ………………………」
「やめろ大貫!!やめろ!!やめろおおぉぉぉ……!!」

力丸の絶叫が浅草の空に虚しく響き渡った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板