したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

平日にD&Dをやる会

90 ゆし :2006/12/03(日) 01:54:15
激戦の末、ミノタウロス達を倒した一行は、
降伏したゴブリン達を尋問します。

するとゴブリン達は、あっさりと谷の奥で人間の魔法使いが麻薬の栽培を行っている事を自白しました。


奥に魔法使いがいる事を聞いた一行は、
すでに大分消耗しているので、
撤退すべきか突撃すべきか話し合いますが、
ファランが…

「撤退したら悪の魔法使いが逃げるんじゃない。そしたら大変だ!」

…という正義感溢れる意見で、一行は突撃する事に決定します。
このときネビンは…

「別に正式な依頼を受けたわけじゃ無いんだし(懸賞金目当て)、
 敵が逃げたっていいじゃん(笑)
 結果うちらの仕事が増える訳だし。
 むしろ官憲に敵の放棄したアジトをみつけましたって報告すれば金一封貰えるかもよ」

…なんていう邪悪な考えが頭をよぎりましたが、
流石に口には出しませんでした(笑)
一応ネビンは「善」のキャラクターだし(笑)

ゴブリン達をさらに尋問すると、
特に情報は得られませんでしたが、
魔法使いのゴブリン達に対するヒドイ扱いの数々を聞く事が出来ました(笑)

何でも天井に張り付いた米を弓矢で射ち、
落とした分が1日分の食事という(笑)すさまじい話です。

とりあえず、一行は降伏したゴブリンの処遇に悩みますが、
魔法使いにヒドイ扱いをされ、忠誠心のカケラも無さそうなので、
リップがファラングン道路整備推進支部で引き取ってもらう事で落ち着きます(笑)

ゴブリンの話しだと、まだ奥にゴブリンが虐待されてるみたいなので、一行はゴブリンを救出すべく谷の奥へと進んで行きました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板