したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

平日にD&Dをやる会

54 ゆし :2006/10/15(日) 02:04:02
3日目!
昨晩、トログロダイトから金品を強奪し、
一行は意気揚々と出発しました。

次はどんなモンスターだと、
勇んで遭遇判定のサイコロをふりますが、
また何も出ません(笑)

この辺は平和な場所だなぁ…
サイコロは結構振ってるんだけどなぁ…(泣)

結局、3日目は何も遭遇せず、
フランククランク村というフランクな名前の村に到着します。

そこで、ノームウィザードのクロッカスが…

クロッカス「魔法に興味のある人はいますか?」
マスター「はい、エミリーという少女が魔法使いに憧れているみたいです」
クロッカス「じゃあその子に会いに行きます」

と言って、突然少女に会いに行ってしまいます。

一体何をするつもりなんだ!?
まさか「スリープ」や「チャーム」の出番なのか!?
都の条例違反だぞ!?

突然の妖しい展開に、変な期待が高まりますが、
クロッカスがしたのは「魔法で、少女と仲良くなって情報収集」というナイスロールプレイでした(笑)

「プレスティディジテイション」と「ゴーストサウンド」の擬似呪文能力で、
少女をたぶらかし、色々な話しを聞きだしますが、
特に有力な情報は得られません。

…ていうか言いにくいよ!「プレスティディジテイション」!

でもこういう、ロールプレイも面白いなぁ〜と
ブラックムーン的に思ったり。


一方、この村では、もう一人ナイスロールプレイをした人がいます。

ハーフオーククレリックのベンガル氏です。
ベンガル氏も、突然…

ベンガル「チェインシャツを着た人を探して話しかけます」
マスター「はい、チェインシャツを着ている人がいましたが、どうしますか?」
ベンガル「ねえ、君、そのチェインシャツを売ってくれないかな?今なら100gpだけじゃなくスケイルアーマーも付けるよ?」

…という妖しい交渉を始め出します(笑)

ベンガルは【魅力】が低いので、交渉は難しいと思われたのですが、
妙に上手なセールス文句(笑)と、高い出目で、見事交渉は成立!
無事チェインシャツをゲットします。

売った人「どうせAC変わらないし、少しぐらい足が遅くなってもいいかなって気がしてきたよ(笑)」

失敗したら、ハーフオーク流交渉術(内容は想像にお任せします 笑)の出番かと思われましたが、
残念ながらハーフオーク流交渉術の出番はありませんでした。


そんなこんなで、この村で一泊し、3日目は終了です。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板