したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

関節技、関節破壊リョナ

78 名無しさん :2017/08/12(土) 01:07:43 ID:???
「ぎゃああああががッ!?!」
 バニーの動きの方が一瞬速かった。膝十字が極まり、ミミの濁った悲鳴が響く。
「フフフッ、良い悲鳴を上げるじゃない?地下のお客を楽しませるには、そのくらい景気良く鳴かなくっちゃ」
「ぅぐぎぃおおおおおおぉぉッッ!?!」
 執拗にミミの右膝を狙うバニーの目には、サディスト特有の暗い炎が灯っていた。
表のリングでは聞こえぬ悲鳴は、ミミのダメージの深さと恐怖を物語っている。
その悲鳴を聞くバニーの表情は陶然としてくる。興が乗ってきていると言っても良いだろう。
身体を揺すってミミの右膝に更なるダメージと激痛を与えていく。

「がぅおおおああああぅぅッッ!!ぎぃ、ギヴゥッ……」
 再びギブを口にしようとするミミに、バニーはその耳元で囁いた。
「あら、もう諦めちゃうのォ?一回戦負けは負け残りトーナメント行きヨ。劣敗者には酷いペナルティもあるって言うから、頑張ってネェ♪」
「ぐッ……ぐくッ……」
 相手の言葉に、ギブを呑み込むミミ。
そう、一回戦で負ければ、劣敗者(優勝者の対義語)を決めるトーナメントに回されてしまう。
そして劣敗者には、地下ファイトお馴染みの、酷い敗北ペナルティが与えられると聞いている。
「そ、そんなの……冗談じゃ、ないワッ!」
 ペナルティも、劣敗者ーQueen of loserーという不名誉な称号も、想像しただけで嫌悪しかない。
(そんなの嫌!負けたくない!)
 ギブアップという選択を捨て、プライドと尊厳を守る為に戦いの続行を選ぶミミ。
身体を捩じって、何とか膝十字を抜け出そうとする。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板