したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【版権・二次歓迎】格闘する女の子2【雑談・レポ歓迎】

1 名無しさん :2015/05/10(日) 17:36:31 ID:???
二次系をメインにプロレスからボクシング、キャットファイトまで実在する女子格闘技ならなんでも、
その内容にリョナ性を見出だしちゃうスレです。以下軽く注意事項

・キャラ談義、ネタやシチュの雑談等も自由におk。
・専用スレがあってそのタイトルに限った話をする場合は該当するスレの活用しましょう。ただしクロスオーバーネタは可。
・ハードすぎたりグロすぎたりはNG、現実の格闘技に沿った表現が推奨事項です。

2 名無しさん :2015/05/10(日) 19:49:30 ID:???
乙get

3 名無しさん :2015/05/10(日) 20:09:00 ID:???
いちょつ

4 名無しさん :2015/05/12(火) 02:06:50 ID:???
>>1

5 名無しさん :2015/05/13(水) 01:24:10 ID:???
新鮮な気持ちでネタ投下をじっくり待機

ばかりなのもアレなんでリング☆ドリームの円丈のおっぱいでネタを考え中

6 名無しさん :2015/05/15(金) 22:39:44 ID:8L8GInzc
前スレ947です。
(ミックスファイトだった為)某〇ixvに、レッスルの氷室のリョナss上げた時に、ふとリンドリの尻キャラも苛めてみようと思いまして
シュバルツのリョナssを書いてみました。口調とかところどころおかしいかもしれませんが、大目に見てくれると嬉しいです。

リンドリ シュバルツ・ネーベルss「ブーメラン」

〇月〇日、都内某所のプロレス会場。
そこでは本日のメインマッチとされる雪女vsシュバルツの試合が行われていた。
両者ともに、団体の中核、メインを張れる実力の上に、それに加えて今回はシュバルツから見れば因縁の相手にリベンジマッチ。注目が集まるのも仕方がないという大一番だろう。
そうしてリングで相対する両者
「わかってる?今日私は貴方にリベンジするわ…そのお尻、三倍に腫れ上がるくらい、けっ飛ばしてあげる!その後は…あたしのケツでも舐めてなさい!」
かつての苦い敗戦の記憶があるためか、この試合に対する意気込みのためか、はたまたプレッシャー、舐められないようにするためかいつもより試合前の口数が多いシュバルツ。
その口うるさいシュバルツに雪女はただ静かに笑みを浮かべて
「へぇ…」
とだが答えている。が、目は全く笑っていない。その顔の笑みも、貼り付けたような感じでどことなく酷薄な感じすらする。
というのも、雪女もつい最近同団体とはいえ、ヴァンプ鈴森に完敗したばかりで、その敗戦のフラストレーションが溜まりに溜まっているからだ。
そうして今にも両者の爆弾の導火線に火が付きそうなところでゴングが鳴り、試合が開始される。

その試合の序盤は両選手ともに拮抗し、まずは様子見なのか手探りの応酬が繰り広げられていく。
中盤も一進一退の攻防が続く。しかし途中でその均衡が崩れていき、ペースはだんだんと雪女のものになっていく。
気づいてみれば終盤は、雪女だけが一方的に攻める展開になっていて試合前の勝気なセリフはどこへやら、コーナーポストにもたれかかるほどに激しく消耗してしまっているシュバルツ。
もはや逆転は望み薄どころか、絶望的ですらあり、シュバルツへの声援、正規軍側はすっかりお通夜モードで、逆に雪女、ナイトメアへの声援は最高潮と真逆だ
「弱い敵をねじ伏せてるとキモチイイ…確かにそうですね、ええ」
「はぁ…はぁ…ま、d!?」
シュバルツの口調を真似て、挑発をする雪女。それにもめげずに、コーナーにもたれかかった状態から立ち上がろうとするシュバルツの目の前で雪女が突如背を向けて、そのお尻をシュバルツの顔面に押し当ててくる。
その突然のフェイスシットに苦しむシュバルツに、雪女は底冷えするような冷めた口調で
「確か試合前…ケツでも舐めてろとか言ってましたね?…逆になっちゃいましたね♪」
と、陽気に、されどサディスティツクに微笑みながら容赦なく押しつけを続ける雪女から逃れることができないでいるシュバルツ。
こんな屈辱的なことをされても、体力が底をついているシュバルツは満足に反撃する所か、そのフェイスシットから今逃れることができずにいて、もはや試合の行く末は誰がどう見ても明らかだ…

7 名無しさん :2015/05/15(金) 22:40:58 ID:8L8GInzc
「それと確か…3倍に腫れ上がるまで、蹴り飛ばす…でしたっけ?」
「ひっ!い、痛っ…何すんのよ!…」
そう言って、コーナーにもたれかかって既に自分だけでは満足に動けないでいるシュバルツの長髪を強引に引っ張って、リング中央へと連行していく雪女。
髪の毛の痛みにズルズルと引きずられていくわけにも行かず、手と膝をついていくが、その姿は犬のような、四つんばい状態でただでさえ気の強いシュバルツにとってはひどく屈辱的だ。
「さて…と。はっ!」
「!?ぎっ…ぁぁぁああ!?」
そうして引っ張ってきた中央で、四つん這いのシュバルツのお尻に強烈な雪女の蹴りが見舞われる。
「やっ!とおっ!はあぁ!」
バン!ゲシッ!バシィ!
「ちょっ、待っんぎぃ!?あ、くぅ!?やっ、ん!?」
それも単発だけでなく何度も何度も。
まるで試合前のシュバルツの発言に対する当てつけのように、ただでさえ強烈な雪女の蹴り、その嵐が、シュバルツの臀部に無慈悲に直撃を続ける。
「ひっ…も…む、り…やめ…」
「無理?おかしいですね?この程度だと3倍どころか、倍にすら全然届いていませんよ?だから…まだまだです、よ!」
その一方的な攻撃に、いつもの強気な態度はどこかに鳴りを潜めて四つんばい状態で雪女に涙目で止めるように必死に懇願してしまっているシュバルツ。
その懇願してくるシュヴァルツをまるで哀れなものでも見るかのような憐憫の眼差しと共に侮蔑するように見てから
「私ごときの甘い(スィート)レスラーに言いようにされる。この程度の実力で直属親衛隊なんて…東京女子プロレス正規軍も落ち目でしょうか?」
いつぞやの仕返しのつもりか雪女は自分のことをわざわざスィートと発言する。
「…っ!」
シュバルツに、そしてその所属する団体を侮辱するような雪女の発言に怒りと羞恥を交えた赤い顔で看過できないと振り返るシュバルツだったが、そこで雪女がひときわ大きく足を振り上げているのを見て
その赤い顔は一瞬で蒼白に塗り替えられる。
雪女が何をしようとし、そして自分がこれからどうなるのか想像して、すぐさま這ってでも逃げようとするシュヴァルツに
「ま…待っ…」
「もうそういうのはいいです…さぁ、恐怖と絶望で……凍えて、眠れっ!!」

ドゴォッ!

雪女の大ぶりのサッカーボールキックがシュバルツのお尻にぶち当てられる。
「ん ぎいぃぃいぃ!!?」
同時に凄まじい絶叫をあげるシュバルツ。
それはたまに負けた時に言う「あいたたたた……お、おしりが……」と言う負け惜しみのような軽口のものではなく
いや、レスラーとしての「シュバルツ」のものですらなく、一人の少女としての「黒井香澄」の素の絶叫のもので。
その悲痛な叫びが会場全体に木霊し、響く。
…もはや四つんばい状態も維持できずに力なくマットに横たわるシュバルツに、尚も雪女は執拗に臀部にフットスタンプを行い続けてくる。
そうしてしばらくして、糸の切れたような人形のように全く動かなくなってしまったシュバルツを見て、雪女はその背に足を乗せての余裕の3カウントで試合が決着。
リングには高々と勝ち名乗りを雪女に一面にでも使うつもりなのか、多くのカメラフラッシュが焚かれる中、その傍らで真っ赤に腫れてしまったお尻を両手で押さえながら無様にピクピクと痙攣しているシュヴァルツにもフラッシュが焚かれ続けていく。

実力伯仲の試合になるという大方の予想を裏切り、蓋を開けてみれば結果は雪女の圧勝。
薄ら寒さすら感じるほどの非情な攻め、試合展開に流石にナイトメアのNo.2は伊達ではないということを改めて知らしめて、面目躍如と言える雪女。
逆にその雪女の激情、怒り、鬱憤のはけ口にされたシュバルツは、雪辱のリベンジマッチのつもりが、先の敗北が可愛く見えてくるほどの屈辱的な圧倒的大敗北。
しかも今回は自分の試合前の発言をすべてブーメランで返される形で受けての、だ。これ程の敗戦となるとシュバルツ、引いては正規軍の士気に関わらなければいいが…

8 名無しさん :2015/05/16(土) 08:44:16 ID:???
>>7
シュバルツの尻を攻めているが、雪女の尻もまた蹴りたい尻である。
3rdで尻をこちらに向けたアングルだから余計に。

9 名無しさん :2015/05/16(土) 17:17:06 ID:???
あえて言うなら、背中踏んでもスリーカウントは取れないぞって事かな

10 名無しさん :2015/05/17(日) 16:39:49 ID:???
どうも、前947こと6です。

8様
雪女って胸ばかりに注目が集まりますが、確かに3rdの後ろ向きポーズの尻は魅力的ですよね。それとオフィスでの会話とかを合わせて

格下との消化試合のつもりだったが、野菜畑からの試合前のおさわりや対戦相手がいつもよりかは組しやすい為、若干気が緩んでしまっていて、
試合に完全集中しきれていない状態普段着にしない野菜畑からのいやらしい粘っこい絡みつくような視線を感じてしまい、ブリザードハイキック
などの大技を無意識のうちに出せずに入る雪女。そうして決定打にかけていて手間取っているうちに格下に見事、痛烈なカウンターを取られて防戦一方に。
遂には、そのダメージが尾を引いて防戦一方、遂には大技のアトミックドロップを食らってしまい、格下の膝が無慈悲に雪女の臀部に突き刺さる。
その衝撃に雪女の大きな胸も激しく揺れ動きながら、そのままダウン。
結果的に本人が懸念していたハイキックなどの大股開きになるよりも、遥かに恥ずかしいまるでカエルが潰されたような格好で倒れ付す雪女…
当然その姿は、いつもより邪な感じがする野菜畑たちからも見られていて、その起き上がれないままでいる雪女に容赦なく注がれる
視線とフラッシュの嵐。その恥辱に歯軋りでもしそうなほどに悔しがっていして立ち上がれないでいる姿は野菜畑こと観客たちをより興奮、滾らせてしまい、
更に露骨に、そして執拗に鑑賞されてしまい遂には半泣きになる雪女…

というのを妄想した。


9様
ご指摘ありがとうございます。
あああ…一回読み直してみたのに、こんな初歩的なミスを見逃していたとは…
雰囲気のまま突っ走るのでなく無難に仰向けにした後に踏みつけるか、TKOにしておけばよかったと反省です。

11 名無しさん :2015/05/22(金) 20:58:26 ID:???
クレオパトラがぶっ壊された…
ドラゴンロンドが懐かしい

12 名無しさん :2015/05/22(金) 21:06:07 ID:???
あの3人、ビジュアル的にも結構期待してたんだけどな
イロモノデビューとかメンタル強そうだった奴が最速で折れるとは・・・

13 名無しさん :2015/05/23(土) 09:42:30 ID:???
いかん、もたもたしてる内に保土ヶ谷先生の試合が決まってしまった。

14 名無しさん :2015/05/28(木) 00:56:50 ID:???
>>5です。
円丈おっぱいが立派だったので書き殴りました。
前編を投下します。
後編は一週間後かな?
七連戦イベントの応援になればいいな。

15 名無しさん :2015/05/28(木) 00:59:39 ID:???
【前編①】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

無数の光彩が女を照り付ける。
光を受けると女の翠色のロングヘアーが一層際立つ。
東京女子プロレス興行、本日第一試合のリングに立つ円丈美和の表情は強張っていた。
決して第一線のベルト争いに関わる非凡な実力を持ち合わせているわけではない
一度その姿を見れば誰の目にも焼きつく強烈なキャラクターでもない。
むしろデビューを果たしたものの誰の記憶に残らず、いつの間にか引退している凡百レスラー予備軍であった。

そんな円丈もディスティニーに接近することで、何とかリングに上がり続けることが出来ている。
現東女チャンピオン麗雫を要するディスティニー入りを目論んだ円丈と楠原。
2人はユニットを組んでいたチェルシー森近を頼り、ディスティニー頭首のなめこぐるみに派閥入りを懇願した。
結果として正式な派閥入りは保留扱いとなったものの、ディスティニーとの交流は早々に実を結ぶことになった。

今回の第一試合への抜擢もイベント構成にまで影響力を持ち始めたなめこの口添えがあったからこそ。
機会を手に入れれば後は自身の商品価値をリングの上でアピールするだけだ。
そして観客が円丈に最も望む物、それは・・・。

16 名無しさん :2015/05/28(木) 01:01:01 ID:???
【前編②】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

学校のチャイム音が会場に鳴り響き、対角の花道に続くドアが開け放たれた。
円丈の相手を務めるレスラーが花道を通ってリングインした。
『保土ヶ谷せんせ〜〜〜い!!!』
中学生による応援団と観客たちから一斉に呼びかけられ、保土ヶ谷エミリーが両手を振って応える。

円丈の対戦相手として第一試合に登場する保土ヶ谷エミリーは、自身のキャラクターを確立済みである。
教師とプロレスラーの両立。
世間からは二律背反と見なされるこれらの職業を二足の草鞋とする。
教師兼プロレスラーこそが保土ヶ谷の到達した唯一無二の立ち位置であった。

「円丈さん、今日はよろしくお願いします。第一試合の成否は興行の成否に関わります。会場を盛り上げましょう!」
「あ、はい・・・お願いします、先生・・・」
プロレスラー教師らしい朗らかな表情で握手を求める保土ヶ谷。
上の空でその握手に応じる円丈。
円丈は目の前の女教師に苦手意識が芽生えていた。
元は自分と同格のレスラーであり、二つの夢を追いかける女。
教職に就いてプロレスを引退した女。
…にもかかわらず教師のままプロレスに復帰した女。

隣の芝生は青く見えるもので、円丈は労せず全てを手に入れたと思われる保土ヶ谷に対して暗い感情を溜めていた。

17 名無しさん :2015/05/28(木) 01:02:57 ID:???
【前編③】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

「んふふ・・・ご来場の皆様、ここでなめこより重大なお知らせがあります!!」

後は第一試合開始のゴングを待つばかりとなった会場の空気に水をさす甲高い声。
実況席からマイクを通して声を発したのはディスティニー頭首・なめこぐるみだった。

コラボレーション担当コミカルレスラーであったのは過去の話で、今や東女の中枢勢力と目されるディスティニーの発起人。
少人数の新興派閥ながらチャンピオンベルトを所持する麗雫からマシュマロアニマル・沓澤真生まで幅広い人材を囲っている新興派閥だ。
そこの末席を汚す円丈にとっては、実質的な上司に等しいなめこぐるみ。
円丈は一時だけ保土ヶ谷を意識から外して、なめこの言葉に注意を傾けた。
そしてディスティニーリーダーから発せられた言葉は、円丈にとって青天の霹靂と呼ぶべき内容であった。

「本日の第一試合、“おっぱいギブアップデスマッチ”と相成りました!!!」
なめこの発言と同時に観客からどよめきが起こった。
そのルールの過酷さから女子レスラー寿命を縮め、警察と厚労省から目を付けられたという噂の立ついわくつきのデスマッチ形式。
“おっぱいギブアップデスマッチ”の詳細を知る者は東女関係者と情報収集に熱心なファン以外に存在しない。
「“おっぱいギブアップデスマッチ”のルールに則り、この試合の決着はおっぱいギブアップのみとなります!それ以外の反則裁定は一切ありません!!」

『うおおおおおおおおおおおおおおお・・・・・・!!!!!!!!』
なめこの発案により急遽決定したおっぱいギブアップデスマッチに歓喜の声援で応える観客たち。
無論喜んでいるのは男性客だけだが。

18 名無しさん :2015/05/28(木) 01:04:27 ID:???
【前編④】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

「なめこさん・・・どうして・・・」
これからリングでおっぱいギブアップデスマッチをこなさなくてはならない円丈の動揺は大きい。
ディスティニーの下っ端扱いである自分がこのような汚れ役を負わされる覚悟は承知の上だった。
自分が派閥の中で最もその任に適しているという自覚もある。

事実、円丈はその貧しい家庭環境には分不相応な程にバストが大きい。
恐るべきことにその成長は今も続いているという。
デビュー以来、着続けていた古いコスチュームは前回興行でついに破裂の憂き目にあった。
今回の興行は新たなコスチュームのお披露目の場でもある。
シンプルなワンピース型だが、胸部を大胆に露出している扇情的なデザイン。
このデザインは、円丈の地味な印象を払拭したいフロントの気配りでもあった。

これまでは敢えて自分のバストを前面に出して売り込む真似はしなかった。
プロレスラーとしての矜持が、女の色気で名声を稼ぐ行為にストップをかけていたのだ。
ディスティニーと合流し、彼女らのキャラに触れて以降はその矜持も大分薄れている。
プロレスの懐の広さを今になって思い知らされた円丈。
おっぱいギブアップデスマッチが決定した以上、円丈は十分な闘志を以って保土ヶ谷を沈めるよう気持ちを切り替えた。

かくして忌まわしき記憶と共に、東女において封印されていたおっぱいギブアップデスマッチは解放されてしまった。

19 名無しさん :2015/05/28(木) 01:06:05 ID:???
【前編⑤】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

‘カーーーン!!!’
ついに運命のゴングが鳴り響く。
次にゴングが鳴るのは、二人のうちのどちらかが自らのバストの敗北を認めた時のみ。

「愛ある体罰指導です!!」
保土ヶ谷が叫びながら飛び上がり先制のドロップキックを放った。
両足を僅かに広げたバスト潰しドロップキックが、正確に円丈の双乳を踏みつぶす。
「ぎゃあはああ!!!」
胸を押さえて転がり、エスケープを図る円丈。
しかしその考えは保土ヶ谷に追撃の機会を与えるだけだ。

ロープ際で円丈を捕えた保土ヶ谷は、円丈のおっぱいをトップロープに乗せた。
円丈のビッグバストの下部にロープが食い込む。
「やめて・・・!!!」
ドロップキックの痛みが響くバストを庇って悲鳴を上げる円丈。
「学校は楽しい思い出だけじゃないの・・・つらい思い出も大切な経験よ、円丈さん。」
怯える円丈を諭し、自らの両手を握り込む保土ヶ谷。
保土ヶ谷の両手ハンマーパンチが、トップロープに乗った円丈のおっぱい目掛けて振り下ろされた。
グニョン!!
「んごおおお・・・!!!!?」
円丈の胸は、上方からのハンマーパンチと下側で支えるロープによって大きく変形させられた。
「むねえええ・・・わたしのむねええええ・・・!!!」
痛みに耐えきれず泣き叫びながらダウンを喫した円丈。
リングをのたうち回って胸の痛みをごまかそうと必死である。

「授業中に居眠りかしら?そんなに寝たいなら、先生が添い寝してあげます!」
リング上で大の字になった円丈にすかさず保土ヶ谷の太腿が絡みついた。
円丈の上半身を圧迫するボディシザース。
通常は腰に太腿を回すところを今回は円丈の胸を絞り上げている。
「いたい!いたいい!はなしてえええ!!!」
円丈が絶叫しながらがむしゃらに保土ヶ谷の腿を叩くが、外れる気配は無い。
それどころかグイグイと円丈のおっぱいを変形させプレスしている。
保土ヶ谷が対巨乳レスラー用に編み出したバストプレシングシザースは、その恐るべき威力を示した。

20 名無しさん :2015/05/28(木) 01:07:46 ID:???
【前編⑥】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

「これが円丈さんの実力ですか?ディスティニーに運よく滑り込めたから自分もトップクラスの仲間入りと思っていたの?どうしてあなたはいつも半端な努力しかしないわけ?なぜ仲間たちと実力で対等になろうと思わないの?どうして?どうして?どうして?」
まるで長年受け持ってきたクラスの生徒へ愛情を籠めて説教するように、保土ヶ谷は円丈に思いのたけを叩きつけた。
右手で円丈の長髪を掴み、左手で何度も円丈の特大バストをビンタしている。
普段は優しい保土ヶ谷先生だが、いざ必要となれば体罰も辞さないその過激な教育方針は、保護者からも一定の支持を受けていた。
保護者からだけでなく、ごく一部の男子生徒からも同様に好評であった。(こちらは決して表には出ない評判だが。)

「おっぱいはだめええええ・・・・」
蚊の鳴く様なかすれ声しか出せない円丈。
試合の趨勢は決まったも同然である。
落第生に引導を渡すべく円丈を連れてコーナー最上段へ上がる保土ヶ谷。

保土ヶ谷が渾身の力を込め、円丈の首と水着の裾をロックした。
既に戦意の喪失した円丈は抵抗することなく、真っ逆さまに持ち上げられてしまう。
コーナー最上段で持ち上げられた円丈は死に体同然。
保土ヶ谷のフィニッシュホールド『乳潰しフェースバスター』による赤点通告を受けるのみとなった。

21 名無しさん :2015/05/28(木) 01:09:02 ID:???
【前編⑦】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

『ほどがやせんせ〜〜〜〜!かっこい〜〜〜〜〜〜!円丈をつぶせ〜〜〜〜〜〜〜!』
観客からは大量の先生コールが湧き起り、おっぱいギブアップデスマッチの決着シーンを目に焼き付けんと期待を膨らませている。

(胸をこんなにされてまで・・・私、何やってんだろ・・・・)
度重なる胸のダメージにより意識朦朧の円丈は、微かに繋ぎ止めている意識の中で思考する。
(東女に入ってから何の成果もあげられなかった私が、今更ディスティニーに近づいたって何かが変わるわけでもないのに・・・。なめこさんは・・・こんな私に見切りを付けさせる為におっぱいギブアップデスマッチを組んだの?)
ネガティブな思考ばかりが渦巻き、円丈の瞳から涙が零れてしまう。

「そんな立派な物をお持ちなのに活用しないなんて・・・罰当たりだなあ!!」
「えええ!!!?」
突然、耳に飛び込んだ第三者の声に素っ頓狂な声で反応したのは保土ヶ谷だった。

リングには保土ヶ谷と円丈の二人だけのはず。
レフリーはおっぱいギブアップデスマッチにおいてリング内には置かない。
敗者はリングサイドの実況席に届くほどの声量でギブアップ宣言しなくてはならない。
それがおっぱいギブアップデスマッチ唯一の決着方法だからだ。

22 名無しさん :2015/05/28(木) 01:10:30 ID:???
【前編⑧】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

コーナーポストに立つ保土ヶ谷と円丈。
正確には保土ヶ谷が円丈をフェイスバスターの体勢で抱え上げているから、ポストに足を付けて立っているのは保土ヶ谷一人のみだが。
それをリング中央で見つめ、話しかける第三者。
身長はそれ程でもなく、小柄な体格に分類される。
青のフード付きスポーツウェアを着込んでおり、人相は目深に被ったフードに隠され確認できない。
しかしその声色から若年層に当たる少女と推測できる。
何にせよ東女のリングに正式な許可なく上がるとは相当な胆力の持ち主である。

「あ、あなた!そこは危ないわ!すぐにリングを降りてください!!」
保土ヶ谷は突然の事態に戸惑いながらも、プロの一員として注意を促す。
保土ヶ谷がリングの外をさっと見渡すと、警備員たちが明らかに動揺している光景が視界に入った。
――仕込みではない。
それが保土ヶ谷の経験に基づいた状況判断であった。
東女の興行にハプニングはつきものだが、さすがに全くの部外者が乱入する事態は過去に数える程だ。

保土ヶ谷の説得に反応したのかフード少女が移動を始めた。
しかしロープを潜ってリングを降りるつもりは無いらしい。
あろうことかフード少女は保土ヶ谷と円丈のいるコーナーに向かって歩き出したのだ。

「何を考えてるの・・・どうしようかしら・・・?」
既に円丈を抱えている保土ヶ谷は頭を抱えた。
このまま円丈をフェイスバスターでマットに叩きつけるなど論外だ。
フード少女がどんな行動を起こすか分からない以上、巻き込んでしまう事故だけは避けねばならない。

「・・・仕方ないわね・・・」
保土ヶ谷は円丈をゆっくりコーナーポストから降ろしてあげた。
円丈は荒く呼吸するのが精いっぱいの様子で、コーナーに背を預けて座り込んでしまった。

23 名無しさん :2015/05/28(木) 01:11:54 ID:???
【前編⑨】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

「ここがどれだけ危険な場所なのか分からないのかしら?試合中のリングに上がるなんて非常識も甚だしいわ!!」
試合そっちのけでフード少女に説教を始める保土ヶ谷先生。
本来ならブーイングやむなしの場面だが、観客たちは保土ヶ谷に向けて声援を送り始めた。
教師ギミック(というより本物の教師だが)を持つ保土ヶ谷エミリーならではの役得だろう。
『先生、おれも叱ってくれ〜〜〜!お前みたいなエロい教師がいるか!!生徒を何人お手付きにしたんだ!?』
下品な声援も混じっているが、和気藹々とした空気が興行会場を包み込んでいる。
保土ヶ谷エミリーの試合中、どんな会場でもそこは学び舎の教室となるのだ。

そんな保土ヶ谷の繰り出す説教に対するフード少女の返答は、実に斜め上な行為だった。
「叱られるのが怖くて・・・いたずらが出来るか〜〜〜〜!!!」
突如、雷鳴の如き絶叫が会場を貫いた。
次の瞬間、まるで疾風の如きスピードでフード少女が保土ヶ谷の背面に移動していた。
「!!??」
声を出す間もなく後ろを取られた保土ヶ谷が反応するより早く、フード少女の腕が振り上げられた。
少なくとも観客が視認出来たのはそこまでだった。
「ひゃ、ひゃああああああああああああああああああああああああああああああ」

“その技”を受けた保土ヶ谷自身が、誰よりも早く反応し悲鳴をあげた。
フード少女の腕が振り上げられたと思ったら、保土ヶ谷のおっぱいが水着の裂け目から完全に露出していたからだ。
なかなかのボリュームかつなだらかな丸みを帯びた保土ヶ谷の乳房は、東女一の美乳とファンの間で噂されている。

24 名無しさん :2015/05/28(木) 01:13:03 ID:???
【前編⑩】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

眼福にあずかった観客はすぐさま反応した。
『うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお』
保土ヶ谷に続いて観客が絶叫する。
被害者の悲鳴とは正反対に喜びの感情による声だ。

顔を真っ赤にしてその場にうずくまる保土ヶ谷。
教育者として現在の情況は言い訳できないレベルの痴態だ。
保土ヶ谷はパニックに陥りながらも自分の情況を理解していた。
自分は“水着ずらし”を受けたのだと。
“水着ずらし”とは名前通りプロレスラーの着ている水着をずらす行為。
公共の場で行えば問答無用の痴漢案件だが、女子プロレスでは何故か許される技術。
東女でもそれを巧みに行うレスラーはいるが、今回はそれと比べても酷い有様だ。

保土ヶ谷の赤いワンピース水着は、中央ラインの縫い目に沿って、パックリ開かれてしまっている。
裂け目は股間部にまで到達しており一種のV字水着と化している状態だ。
これではとても激しい運動など不可能。
最悪、動いただけで生身の股間まで晒してしまいかねない。
「だめえええ・・・・うううう・・・こんなのだめえええ・・・・」
嗚咽を漏らし保土ヶ谷はリングに蹲ってしまった。
先程までの凛とした女教師はどこにもいない。

25 名無しさん :2015/05/28(木) 01:14:11 ID:???
【前編⑪】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜

そして教師レスラーを戦闘不能に追い込んだ当のフード少女は、コーナーでダウンする円丈に接近していた。
円丈にまで“水着ずらし”をするつもりか?と観客が邪な妄想を膨らませたが、その可能性はすぐに消滅した。
「おっぱいに貴賤は無いんだよ!私は円丈が羨ましいよ!」

フード少女が円丈にかけた言葉はそれだけだった。
すぐさまリング下に東女レスラーが殺到し、リングに上がって試合の邪魔者を排除せんとエプロンに手をかけた。
しかしフード少女はトップロープの反動を利用して飛翔、レスラーたちを軽々と飛び越してしまった。
並々ならぬ跳躍力は、フード少女の正体がメジャークラスのレスラーであることを人々に気付かせる。

「あたし、興味がある人ほど、いたずらしたくなっちゃうんだよねー♪」
フード少女はダッシュで花道を駆け抜け、包囲網から容易く逃亡に成功するのであった。

26 名無しさん :2015/05/28(木) 01:15:22 ID:???
前編の投下は以上です。
七連戦盛り上がるといいな。

27 名無しさん :2015/05/28(木) 14:23:05 ID:???
>>26
乙です〜
おっぱい肴にしながら後編を待とう

28 名無しさん :2015/05/29(金) 20:01:20 ID:???
米と牛は強かった…
エリスは途中でスタミナ切れ、保土ヶ谷が奮闘するも最後は教師と生徒仲良くボディプレスからピンフォール負け。
といった所か

29 名無しさん :2015/06/03(水) 19:21:05 ID:???
もう立ち上がれない友野を何度も引き起こして麗が蹴り倒してる…
タッグに敗れた事が麗のメンタルに影響を及ぼしているのか?

30 名無しさん :2015/07/12(日) 10:41:32 ID:sWbu.Yz6
いんこは羽毛を全て剥ぎ取られ、尻毛を引っこ抜かれている段階だな

31 名無しさん :2015/07/12(日) 16:57:09 ID:???
片羽根折られて嬲り続けられるいんこクッソ可愛い

32 名無しさん :2015/07/13(月) 05:40:39 ID:???
笠松さんの一生懸命積み重ねた努力により培われた華麗なテクニックとスピードが
ひまわりの生まれもった単なる腕力に捕獲され成す術もなくねじ伏せられてしまう
そんな虚しくも残酷な瞬間が見られるのかな

33 名無しさん :2015/07/13(月) 05:57:03 ID:???
笠松が例の痴女コスからピッチリスケスケなフェチコスにチェンジして
彼女の細身ながらムチムチでパツパツなプリプリボディが強調されてる

そんな柔軟な筋肉の上に適度な脂肪の乗ってる霜降りヒップをビクンビクンさせたい

34 名無しさん :2015/07/14(火) 00:27:09 ID:???
嬲ってくださいと言わんばかりの雪女の新しい痴女コス

35 名無しさん :2015/07/14(火) 16:14:53 ID:???
いんこなあ
3戦目であのポイント差は歴史的だよなあ
相手がぽひなので、多分強烈なダメージをまとめて喰らうということはなさそう
全ていなされて一方的に打ちのめされ、体より先に心が砕ける感じか

笠松-ひまわりはどうだろう、いい試合なだけに最後は紙一重のフィニッシュか
笠松はエルボーひまわりは張り手、軌道上の距離の差で笠松の勝ちとか

36 名無しさん :2015/07/15(水) 00:36:21 ID:???
ごっついヘカトンがあんな喘ぎ声を出すなんて…
ルシアの試合は地上波に流せねえな

ルシアがレフリーに退場させられたけど、ヘカトンが絶頂し過ぎの戦闘不能。
仕方なしに2対2のタッグ戦になってた…
これでいいのか?

37 名無しさん :2015/07/16(木) 07:52:45 ID:???
FWWWレジスタンス控え室より中継です。
たった今、勇者の遺体をおさめる棺が搬入されました。
これから聖光院による祈りが捧げられるとの事です。





なお、既にお伝えした通り、いんこの鳥葬式は恙なく終了しております。

38 名無しさん :2015/07/30(木) 21:21:52 ID:???
ちづー対沓沢、下馬評は圧倒的だけどリョナ的には磐石のはずのちづーがマシュマロ・ベアハッグでkoという展開をぜひ見たい

39 名無しさん :2015/08/23(日) 09:29:28 ID:???
>>35
笠松さんはテクニックとスピード、ひまわりは圧倒的パワーという、
それぞれの持ち味を遺憾無く発揮した見応えある攻防が展開された
中盤戦で遂に笠松さんがひまわりの牙城を崩しグラウンドに引きずり込むも
ひまわりのナチュラルパワーの前に笠松さんは極め手に欠け攻めあぐねてしまう
気が付くといつの間にか攻守は入れ替わり、笠松さんはひまわりにガッチリホールドされ脱出不可能な体勢に完全捕獲されてしまっていた
リング中央で次第に動きが緩慢になっていく笠松さん、そのまま絞め落とされてしまうかと思われた
しかしここで信じられないミラクルが起きる
この土壇場で笠松さんの意地と根性が爆発
僅かながらも肢体を揺すり始めると、徐々にロープへと腕を伸ばしていく
当然ひまわりは笠松さんのその動きを封じロープブレイクを阻止したいところだが、
笠松さんの内面から発散される気迫に圧されなかなか抑えこむことが出来ない
(自分より非力で軽量で華奢な相手を完全捕獲したのだから自らの勝利は揺るぎない…)
無意識のうちに勝利を確信していたひまわりは、予想外に展開している現実を受け入れることが出来ず軽くパニックに陥る
笠松さんはそんなひまわりの様子に構うこともなく、地道に粘り強くロープへ逃れようと肢体を揺すり腕を伸ばし続ける
ここまでの予想通りすぎる分かりやすい展開に、会場の声援はひまわりへの落とせコールが大半を占めていた
しかし自分が今できる事を一生懸命やろうとする笠松さんの直向きなファイトが会場の雰囲気を変え始め、次第に笠松さん後押しする声援に入れ換わっていく
そして遂に笠松さんはロープに辿り着き地獄の責め苦から逃れることに成功
それでも笠松さんは陥落寸前でフラフラのグロッキー状態、ひまわりもまた勝負を極めるまたとないチャンスを逃し動揺を隠せない
立っているのもやっとの状態のふたりが、再びリング中央でにらみ合う
距離を取りながらお互いの様子を伺うジリジリとした展開に、緊迫し張り詰めた空気が会場全体を包みこみ始める
トライアスロンから転向してきたスタミナに定評がある笠松さんだが、さすがにひまわり相手では分が悪い
ここで笠松さんがスピードとテクニックで勝負を掛けんとひまわりを必殺のライトニングストームの体勢にホールドする
しかしひまわりのスーパーヘビー級の肢体はなかなか持ち上げられない
逆にひまわりが体勢を翻し笠松さんをホールドすると素早く肢体を反り返しジャーマンで投げ離す
まんぐり返されピクリとも動けない笠松さんだが、ひまわりもカバーに行くことが出来ず、実質的にはダブルノックアウトのような状況に
両者の健闘を称える、或いは檄を飛ばす観客の声援が会場の熱気を最高潮に盛り上げる
先に起き上がったのはダメージがより重いと思われた笠松さんだった
しかし立ち上がるまでは至らず四つん這いのままよろよろとひまわりの方へ近づくとそのまま抑え込む
不意を突かれたひまわりだが、そう簡単には3カウントは奪われんと必死に肢体を反り返す
気持ちと気持ちがぶつかり合い攻守が目まぐるしく入れ替わるシンプルな押さえ込みバトルの様相を呈してきた
自分より華奢で軽量な笠松さんをなかなか押さえ込めないひまわりのフラストレーションが次第に溜まっていく
遂に我慢出来なくなったひまわりが焦れて力任せに抑え込みに掛かろうとした一瞬を笠松さんは見逃さなかった
笠松さんは自らのウェイトと腕力でねじ伏せにかかるひまわりのプレッシャーを素早くいなすと、
ひまわりの勢いとパワーを利用してあっという間に丸め込み脱出不可能な体勢に拘束
このホールドからひまわりは逃れることが出来ないまま3カウントを聞くこととなった

華麗なテクニックや豪快なパワーを駆使した大技が何度も炸裂し、
お互いの持ち味が遺憾なく発揮された見ごたえある一戦ではあったが、
結末は一瞬の丸め込みでの体固めという地味であっけないものとなった
状況が状況ならしょっぱい結末だなとブーイングでもかます者がいそうなものだったが、
試合後の会場は両者の健闘を讃える温かくも熱い声援と拍手に包まれていたのが印象的だった

40 名無しさん :2015/08/25(火) 12:39:06 ID:???
自信をつけた笠松はジャイアントキリング請負人レスラーになりそう

41 名無しさん :2015/09/23(水) 05:57:15 ID:???
まーた麗は無自覚にえっちぃ新コス着込んできおったぞ

42 名無しさん :2015/09/24(木) 18:21:34 ID:???
蛍の死体が見つからない
肉片ごと粉々になったんだな

43 名無しさん :2015/10/04(日) 13:00:02 ID:???
ムチムチお姉さん好きな自分にはYuiさん2ndが非常に滾る
是非ともルシアにキョンシーキャラを忘れるほど悶絶させられてほしい

44 名無しさん :2015/10/22(木) 00:09:40 ID:???
ペコのリングコスチューム可愛い。
女騎士のようなファンタジー女王様のような正統派。
なぶりたい。

45 名無しさん :2015/11/16(月) 01:35:10 ID:sWbu.Yz6
井上みたいなロートルが壊される話が見たい。

46 名無しさん :2015/12/13(日) 18:12:19 ID:???
フィンタ・デ・レギレテ式両足顔面蹴りで菊池が大の字でイッちまった時は麗が勝ったかと思ったが
そっからの菊池の逆襲が鬼気迫る感じで凄かったな
最後のハイキックはヤバかった、麗がリングに顔から落ちたからな

47 名無しさん :2015/12/26(土) 01:50:17 ID:???
>>5です。
えらく間が空いてしまいましたが続きを投下します。

48 名無しさん :2015/12/26(土) 01:58:52 ID:???
【後編①】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
会場中がフード少女の行動に耳目奪われていた時、リング内では別の動きがあった。
それまで動きを止めていたレスラーが行動を再開したのだ。

乱入騒ぎまで保土ヶ谷に試合のペースを握られ続けていた円丈が、その保土ヶ谷より先に動き始めた。
保土ヶ谷は未だに蹲ったまま動けないでいる。
“おっぱいギブアップデスマッチ”ではこの程度のハプニングなど珍しくもない。
試合は続行されたままである。

『先生、立ってくれ!おっぱいなんか気にしないで戦うんだ!俺たちが付いてるぞ!!』
保土ヶ谷の学生応援団のうち、男子生徒が檄を飛ばす。
『何言ってんの男子!』『女にあれで戦えなんて自殺物だよ!』『男子ってバカだな〜〜』
女子生徒は既に呆れている。
リング上のアダルトなハプニングにより未成年で結成された応援団は瓦解した。

「決着つけましょう、保土ヶ谷先生・・・・」
息を切らせながら保土ヶ谷をにらみつける円丈。
「まって・・・まって・・・・今それどころじゃ・・・」
胸を両手で隠しながら命乞いする保土ヶ谷。
フード少女の乱入により試合の状況は一変していた。

49 名無しさん :2015/12/26(土) 01:59:59 ID:???
【後編②】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
「問答無用!!くらえ!!乳プレスベアハッグ!!!」
抵抗できない保土ヶ谷を円丈が両手を回して締め上げる。
円丈の巨乳が保土ヶ谷の露わになった美乳を押し潰す壮絶な光景。
それまでフード少女の逃走を注視していた観客の視線がリングに戻り始める。
「んあああ・・・んああああ・・・やめてえええええ」
締め上げられるたびに苦悶の悲鳴を喉から絞り出す保土ヶ谷の美貌も実に見応えがある。
円丈はたっぷり保土ヶ谷を痛めつけた上で、乱暴に放り投げて開放する。
「たとえあなたが二足のわらじを履いたってなにも怖くない!私にはこれがある!!」
胸を隠すことも忘れて荒い呼吸で大の字になった保土ヶ谷に向けて、力強い宣言が円丈の口から放たれた。
両手を腰に当てて自分の胸を張っておっぱいアピール。
以前の円丈からは考えられないアグレッシブさである。

円丈の攻勢は止まらない。
乳プレスベアハッグによる深刻なダメージから回復できない保土ヶ谷をロープに振り、戻ってきたところに自らの巨大乳房を叩きつける。
「ビッグハンマーバスト!!」
「ぶげええええ!!!」
円丈のバストに勢いよく頬を叩かれた保土ヶ谷の体が宙を舞った。
吹っ飛ばされた保土ヶ谷の体はバウンドを繰り返し、ロープ下を通って場外に落ちてしまう。
「ぐうう、このままじゃ・・・でも胸を隠さないと・・・」
場外で小休止を取れると思った保土ヶ谷は、胸を隠す手段を思案する。
しかし考えがまとまる前にそれは落ちてきた。
『先生、うえ〜〜〜〜〜!!!』
「!??」
生徒の声に思わず上方を向いた保土ヶ谷の視界は、円丈の翠色水着に包まれたおっぱいによって塞がれた。
「んごおおおおお!!!!?」
フライングおっぱいブランチャーが場外の保土ヶ谷に炸裂。
保土ヶ谷の頭は円丈の胸にすっぽり収納され、コンクリートに叩きつけられることとなった。

50 名無しさん :2015/12/26(土) 02:02:37 ID:???
【後編③】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
「どう?どう?気持ちよかったの?私のおっぱい!」
「があああああ・・・頭がああああああ!!!!」
リングの上に続いて場外でも大の字ダウンを喫した保土ヶ谷。
頭を押さえて転がり醜態を晒す。
最早自分の胸を隠すどころではない。
防戦一方となった保土ヶ谷とは対照的に、円丈は悠々と場外の観客とハイタッチして回っている。
それどころか小さなお客さんにはサービスでおっぱいタッチまで許している。
先程の大攻勢といい何かが円丈の中で弾けたのは確かだ。
そしてその切っ掛けはフード少女の言葉である。
(私には何もないと思っていた・・・周りの凄さに引け目を感じていた・・・自分と同格だった保土ヶ谷先生にまで水をあけられたと思っていた。でも違う。そうじゃないんだ。周りばかり羨ましがって自分を見ないでいれば、誰だって自分の事が嫌いになっちゃう。あのフードの子はそれに気づかせてくれた。そしておっぱいギブアップデスマッチを組んでくれたなめこさん・・・私をレスラーとして一段上に高める為だったんだね!ありがとう・・・・)

「いったい何が起こっていやがるんですか?」
「それを解説する為に呼ばれたんだろ菌糸類」
目の前の円丈の逆転劇が信じられず、実況に疑問をぶつけるなめこであった。

51 名無しさん :2015/12/26(土) 02:05:32 ID:???
【後編④】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
『先生、立つんだよ!私達との特訓を思い出して!!!』
生徒たちが懸命に呼びかけるも彼らの保土ヶ谷先生は答えない。
転がる体力すら残ってないのか、うつ伏せのまま身じろぎもしなくなっていた。

プロレスラーとして実力不足の烙印を押されていた保土ヶ谷エミリー。
周囲も教員資格を手に入れれば、リングからフェードアウトするものと思い込んでいた。
そんな保土ヶ谷の転機は、教員資格の取得ではなかった。
副担任として教鞭を取っていたクラスに編入された留学生、エリス・ライアルこそがプロレスラー保土ヶ谷の転機であったと言える。

東女正規軍の最大勢力とされるソニックファミリー。
そのリーダー、ソニックキャットのパートナーであるディアナの実妹。
中学生にして日本国外では既にプロデビュー済みの才気溢れる少女。
保土ヶ谷はプロレスラーを兼任しているという理由だけで、エリスが在籍するクラスの副担任に収まることになった。
教師レスラーと中学生レスラーの邂逅は、これまでに無い全く新しい潮流を生み出した。

“放課後プロレス教室”の開設である。
学校の授業が終わった後に体育館で開催されるプロレス同好会。
勿論、通常の中学校にプロレスリングなど設営されているはずもなく、マットを二重に敷いただけの簡素なリングしか用意出来ない。
そんなお粗末なプロレス教室に、今では学校中の(男子)生徒がこぞって参加している。
言うまでもなく、お目当ては主催者の保土ヶ谷エミリー教諭その人である。
着任式からその美貌で全校生徒のあこがれの的となっていた保土ヶ谷。
そして彼女がれっきとしたプロレスラーと知った生徒たちの衝撃たるや推して知るべしである。
元から美貌の女子レスラーを取り揃えて業界ナンバー1の地位を堅持している東京女子プロレス。
我が校の教師が実際にリングに上がっているとなれば、生徒たちのプロレスへの興味は高まっていく。
そこに降ってわいた“放課後プロレス教室”のお知らせ。
若き美人教師がリングコスチュームに着替えてプロレスの相手をしてくれるとあっては、男子生徒が色めき立つのも無理はない。

52 名無しさん :2015/12/26(土) 02:07:20 ID:???
【後編⑤】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
連日活況の様子を見せる“放課後プロレス教室”。
その勢いのまま学生たちは保土ヶ谷を応援しようと、東女の興行にまで駆け付けるようになるまでそれほど時間はかからなかった。
保土ヶ谷は意図せずに若年層取り込みのパイプ役を果たしたこととなった。
このビジネス手法は東女のフロントから大いに評価され、またプロレスラー・保土ヶ谷エミリーの商品価値を見直す契機となった。
TV放送されないダークマッチながらもその存在感を増し続ける保土ヶ谷。
学生だけでなく東女のコアなファンからも、次第に保土ヶ谷エミリーを見直す動きが出てきている。

波に乗り始めた保土ヶ谷だが、それを乗りこなすだけの実力が付いたとは言い難い。
教師とプロレスラーの兼業はそれだけハードなスタイルなのだ。
しかし自身のキャラを大事にする為にもこのスタイルを放棄するわけにはいかない。
保土ヶ谷エミリーの覚悟が試される“おっぱいギブアップデスマッチ”。
このまま保土ヶ谷は試練に落第してしまうのか。

「せっかくだから生徒たちの前でノックアウトしてあげるわ、先生!!」
ブランチャーで頭を強打した保土ヶ谷は無抵抗のまま円丈に抱えあげられてしまった。
わざわざ生徒たちが座る座席の前まで移動する円丈。
このまま場外でパワーボムが決まれば、確実に保土ヶ谷は戦闘不能に陥ってしまうだろう。
『せんせ〜い!!せんせ〜〜い!!』
喉から声を振り絞って保土ヶ谷に呼びかける生徒たち。

「これで・・・おしまい!!!」
無情にも円丈は保土ヶ谷の体を大きく振りかぶった。

53 名無しさん :2015/12/26(土) 02:10:25 ID:???
【後編⑥】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
「授業終了のチャイムはまだ鳴ってないわ!!」
ゴン!!
意識を取り戻した保土ヶ谷のエルボーが、円丈の脳天に突き立てられる。
「んがお!!?!」
突如、脳天から走り抜ける衝撃に全身を硬直させられる円丈。
よもや保土ヶ谷が起死回生の反撃に出るとは露程も思ってなかった。
そもそもフライングおっぱいブランチャーによってコンクリートに叩き付けられた人間が、これ程の短時間で意識を回復させるなどあり得ない話だ。

不可能を可能にした要素は只一つ、保土ヶ谷の持つ教師としての使命感。
“生徒の為なら何でもできる。”
今日日、教職に就いた人間のどれだけが、この言葉を口にできるだろうか。
この聖句を保土ヶ谷は毎日、公言している。

『おお〜〜〜〜、ほどがやせんせ〜〜〜〜い!!!』
副担任の最後を生徒たちに見せつけてやろうという円丈の意地悪な魂胆は裏目に出た。
至近距離で生徒の声援を浴びた保土ヶ谷の闘志は、間違いなく最高潮に達している。

「裸にしたくらいで先生の指導から逃れられると思って?授乳窒息バストスリーパー!!!」
乱入者の水着ずらしを受けた保土ヶ谷のコスチュ―ムを修繕する暇などない。
前面がぱっくり避けてしまったコスチュームのまま保土ヶ谷のビッグバストが円丈に迫った。
「んんんん・・・!!!ぐううう・・・むううう・・・・!!!」
保土ヶ谷によって胸の谷間に顔面が押し込まれ、円丈の全身が一気に紅潮する。
たわわに実った保土ヶ谷の巨乳から逃れようと体をぶんぶんと揺する円丈。
しかし保土ヶ谷の腕にギュッと抱え込まれた円丈の頭は全く動かない。
「があ・・・ばああ・・・・ふうううう・・・・!!!」
ほとんど呼吸できない状況が続いた円丈は、いよいよ余裕が無くなった。
無茶苦茶に腕を動かして保土ヶ谷を叩きまくるが、フォームの整ってない打撃など痛くもかゆくもない。

54 名無しさん :2015/12/26(土) 02:12:50 ID:???
【後編⑦】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
「はああ・・・・ぜえええええ・・・ああああ・・・・」
脳への酸素呼吸が断たれた円丈に体裁を気にする余裕は残っていない。
無駄と知りつつ口を大きく開けて僅かばかりの空気を求める。
そして保土ヶ谷は冷静にその時を待っていたのだ。
「そんなにこれが欲しい?」
保土ヶ谷は開かれた円丈の口腔に自らの乳房を挿入した。
「ん・・・あ・・・!!?」
円丈の舌先が最初に触れたのは乳房の先にある突起。
間髪入れずとても飲み干せない量の乳肉が円丈の口内を埋め尽くした。
「ご・・・ご・・・べ・・・」

『まるで赤ちゃんにおっぱいあげるお母さんなんだな!!』
生徒たちからは優しいお姉さん教師として知られている保土ヶ谷だが、この行為はそれを遥かに逸脱している。
男子生徒たちはリングの光景に唾を飲みこむしかない。

リングの上では円丈に深刻なチアノーゼ症状が現れていた。
咽頭にまで保土ヶ谷のニップルが達している状態で満足な酸素交換など不可能だ。
円丈にとってたった一つの救いは、二人の体勢がいわゆる授乳体制となったこと。
保土ヶ谷に上を取られ胸を押し付けられているが、先ほどまで双乳に挟まれていた円丈の顔はその谷間から解放されていた。
つまり口がふさがれても鼻で呼吸は出来る。
現代人らしく口呼吸が習慣となっている円丈だが、今は鼻孔から全力で空気を吸い込んでる。
気道を保土ヶ谷の生乳に塞がれながらも僅かな空気は肺に届く。
そして円丈の肺は命を永らえようと、甲斐甲斐しく酸素とヘモグロビンを結合させる。

55 名無しさん :2015/12/26(土) 02:14:51 ID:???
【後編⑧】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
「あ・・くすぐった・・・あん」
技をかけている保土ヶ谷も苦悶の表情を見せる。
リングの上での行為なのでプロレス技の体裁を保ってはいるものの、誰の目からもこれは授乳行為に他ならない。
射乳の感覚など知る由もない保土ヶ谷だったが、円丈の口内に突っ込んだ自らの乳房が唾液に塗れ舌で撫でられるたびに強烈な快感が突き抜ける。
「ん・・・ん・・・ん・・・おああ・・・」
断続的に襲い掛かる快楽に負けてなるかと懸命に自分の乳房を円状に押し込み続ける保土ヶ谷。

そして決着の時は訪れた。

メキ・・・ミリミリ・・・・ポキョっ!

「あ・・・があ・・・・・・・・・・・・・・」
2人の間に小さく脱臼音が響く。
保土ヶ谷の巨大なバストを円丈の顎が支えきれず、顎関節部が外れてしまったのだ!
ズルリと保土ヶ谷の乳房が一層、円丈の喉深く差し込まれる。
最早、空気を通る道は完全に塞がれた。

「お・・・あ!・・・ん・・・・ぐ・・・・・げえ・・・・」
空気を手に入れる術を失い、身体を何度も痙攣させる円丈。
本人が意識してるのかは定かでないが、観客からは死に物狂いの抵抗に見えた。
「や・・・やん!動いちゃいやああああ!!」
円丈が身体を激しく動かすことで、その口に含まれた保土ヶ谷の乳房も嬲られる。
首をぶんぶん振り回して刺激を紛らわせる保土ヶ谷の悶絶は、円丈の意識が消失する3分間続いた。

カン、カン、カーーーーーーーーーーーン!

円丈の失神を確認したレフリーがゴングを要請し、試合はようやく終了した。
◆おっぱいギブアップデスマッチ◆
○保土ヶ谷エミリー(25分6秒 授乳窒息バストスリーパー)円丈美和×

56 名無しさん :2015/12/26(土) 02:17:02 ID:???
【後編⑨】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
失神に加え、顎が外れ口から涎を垂れ流し続ける円丈は、担架で速やかに会場から搬出された。
勝者である保土ヶ谷エミリーは両手を上げて観客に勝利の喜びをアピールしている。
東女内ではプロレスラーとして実力に秀でるタイプではない。
観客も珍しい光景を残そうとスマホカメラを操作する。
何より現役の教師が公然と乳房を露出する機会など滅多にない。
これには保土ヶ谷が受け持つ生徒たちも一心不乱にシャッターを切っている。

試合の余韻で浮かれている保土ヶ谷が、生乳を揺らしてリングの四方を移動し観客へサービスする。
そこへ一人の学生服を着た少女が駆け込んできた。
「先生!大勝利なんだな!おめでとう!!」
褐色肌が人目を引く少女ははにかんだ笑顔で保土ヶ谷に抱き着いた。
(おい、あの子・・・エリス・ライアルじゃないのか!!?ディアナの妹っていう・・・・)
リングに飛び込んだ女学生を見て、東女通のファンがざわつき始めた。
日本ではまだ正式なデビューをしていないにも関わらず、エリスの存在はサクスポなどによって記事にされている。
目敏いファンの間ではエリスが既に寮に住み込んでデビューの準備を進めていることは常識である。
彼らは当然エリスが過去にこなした海外の試合情報も掴んでいる。
ライアルシスターズが日本の女子プロマット界で飛翔する日に期待を高めることは当然といえる。
「あ!エリスさん、今日は観客なんだから勝手にリングへ上がってはだめよ。」
「ごめんなさいなんだな、保土ヶ谷先生・・・でも凄い試合で興奮しちゃったんだな!」
半裸の女教師に優しく諭され少し落ち着く素振りを見せたエリス。
それでも試合の興奮は冷め切っていない。
観客席で声援を送り続ける教え子たちも同様だ。
もっとも男子の興奮ぶりには担任の生乳を視姦した分の欲情も上乗せされているが。
明日のサクスポには、生徒たちに囲まれた半裸の保土ヶ谷エミリーが掲載されるだろう。
「教師とプロレスの二束の草鞋。この選択は間違ってなかったわ。こんなにも生徒たちと心を一つに出来るですから!」
勝利インタビューにはきはきと答える保土ヶ谷からは、茨の道を進む凛然とした覚悟が滲み出ていた。

今回の興行内容はすぐに学校関係者や学生の父兄に知られることとなった。
教育委員会から保土ヶ谷に処分が下されるまで然程の時間は係らなかった。

57 名無しさん :2015/12/26(土) 02:18:59 ID:???
【後編⑩】円丈美和vs保土ヶ谷エミリー 〜いつも心に太陽を〜
「波に乗ってるね、保土ヶ谷さん・・・」
関係者通路から会場の様子を窺っていた大木真琴がパートナーに話しかけた。
「ですね。しかしどんな世界でも複数の道を跨ぐことは至難。エミリーにそれを教えて上げます。」
それを受けて諫言を口にする牛ノ宮まくら。
その胸部には試合の乱入者の頭部が収まっている。
保土ヶ谷vs円丈の試合中、突如リングに現れ保土ヶ谷のコスチュームを引き裂いた犯人である。
リング周りにいたレスラーや警備員を煙に巻いて通路に逃げ込んだものの逃亡劇はそこまでだった。
通路の曲がり角にて本人も知覚できないスピードで、顔面を牛ノ宮のおっぱいによって捕獲されてしまったのである。
「んんんんん・・・・・ぐううううう・・・・」
犯人は何か言おうとしていたが、すっぽりと顔を牛ノ宮の乳に包まれていては言葉にならない。
「さすがに試合妨害はいたずらの域を超えてますね、佐和むつみ先輩。」
乱入者の正体とは東女のベテラントラブルメイカー、佐和むつみその人であった。
事あるごとに東女のイベントに興味本位で首を突っ込んではトラブルを発生させる佐和は、ある意味では奔放な東女イズムの体現者と言える。
しかし「いたずら」で仕込みに長期間かけた興業が台無しになるとあっては、会社も責任を追及せざるを得ない。
佐和への断罪は今後の興行に組みこまれるであろう。


何はともあれ逃亡の達人でもある佐和を即座に捕縛した牛ノ宮は、外見に反して実に鋭い神経を持っている。
持ち前の柔道技がプロレスリングでも非常に有用であることに異論をはさむ者はいない。
柔の道を極めた乳牛は女教師レスラーを次なる獲物と見定めていた。

七連戦のカードが発表されたのは、その日最後の試合が終了した後であった。

〜完〜

58 名無しさん :2015/12/26(土) 02:23:59 ID:???
以上です。
元々円丈のリデザが凄いおっぱいだったので、これで何か書きたいと思いました。
そこからシナリオで保土ヶ谷がフィーチャーされて、七連戦まで決まって・・・と色々濃い1年でした。
おっぱいギブアップデスマッチも二人の美乳をアピールする試合形式として考案しました。
しかし結局具体的なルールとか決められないまま完結しちゃいました・・・


ともかく2016年もリンドリに良い年でありますように。
連レス失礼しました。

59 名無しさん :2015/12/26(土) 03:44:56 ID:n4jlNgD2
乙 ぱいおつかいでーな勝負は新鮮だな
ちょっと笑ってしまった

60 名無しさん :2016/02/03(水) 13:17:46 ID:???
雪女の膝を受けて顔から落ち、半白目のまま尻を突き出した格好でピクピク痙攣するヴァンプの姿が浮かんだ

61 名無しさん :2016/02/03(水) 19:06:10 ID:???
必死の虎王連発でケツニ食い込んだハイレグも見どころ

62 名無しさん :2016/03/21(月) 22:28:31 ID:???
ヴァンプって負け方が凄惨というイメージがついてしまった

63 名無しさん :2016/05/13(金) 01:30:28 ID:2B.koCbA
リンドリにも「小規模だけど強いインディー」がほしいなあ
んで東女を荒らしてほしい

64 名無しさん :2016/05/13(金) 01:39:38 ID:???
状況的に東女の規模が圧倒的過ぎて無理っぽいよなぁ
規模からすればTSDDTだろうけどシナリオに絡むことは無いだろうし
例えるなら飯伏とか関本みたいな突発性エイリアンみたいなのを出すってんならワンチャンありそうだけど

65 名無しさん :2016/05/13(金) 15:30:57 ID:???
リンドリ以外の話は遠慮したほうがいい?

66 名無しさん :2016/05/13(金) 21:37:55 ID:???
格闘ものならなんでもあり

67 名無しさん :2016/05/13(金) 23:43:00 ID:???
今はほぼリンドリの話しかされてないから、
レスもリンドリの内容が前提のような書き方になってしまう。
ここはむしろそれ以外の話も出来ることをアピールしよう。

68 名無しさん :2016/05/14(土) 02:24:18 ID:???
まあ、単に他の話題が乏しいだけなんだけどね

69 名無しさん :2016/05/21(土) 22:32:33 ID:???
エアマスターは意外とリョナい漫画だったような気がする
男気あふれる画風(画力?)のせいで目立たないのかもしれんが

70 名無しさん :2016/06/26(日) 12:25:46 ID:???
かんきちって結構受け役似合いそうだよね

71 名無しさん :2016/06/28(火) 23:13:12 ID:zoSTpq32
ギャルゲ脳だからリンドリで『恋愛』状態にしたキャラ同士の血で血を洗う修羅場とか妄想している

72 御坂美琴 ◆xAulOWU2Ek :2016/07/05(火) 23:05:40 ID:???
とある魔術の禁書目録の麦野とプロレスしたいわ。こちらが受けでね。エッチな責めもありよ。

73 名無しさん :2017/03/17(金) 11:33:51 ID:9aeNut9M
咲川さんはあの戦評読んだらますます精神的にリョナられるんじゃなかろうか

74 名無しさん :2018/02/10(土) 16:48:48 ID:???
鈴森さんって負けるときはド派手に散るなあ

75 名無しさん :2018/04/24(火) 15:12:38 ID:???
リデザ雪女が強調してるムチプリなケツを真っ赤になるまで引っ叩きたい
もっと言えば指ねじ込んで獣のような声で鳴かせたい

76 名無しさん :2018/11/10(土) 13:01:56 ID:Bvesllc6
描いてみました
スレ違いならすみません
リンドリは知世子をリョナりたいです

ss誰か書いてください

https://i.imgur.com/jeZPOFD.jpg
https://i.imgur.com/KZiLqCK.jpg

77 名無しさん :2018/11/10(土) 17:40:15 ID:???
ストイックでスポーティな選手がアイドルレスラーやヒールレスラーに負けるのがいいわ
改造競泳水着みたいなコス着て敗北時にエロさを強調させられるの
キャメルクラッチされながら胸揉まれたり豚鼻にされたり

78 名無しさん :2018/11/10(土) 18:14:53 ID:???
ハイキックを正面からマン的で破るチャレンジ

79 名無しさん :2018/11/10(土) 18:21:52 ID:???
バキの地下闘技場みたいな感じで全年齢向けの興行とは違って女性会員限定、情報が漏れたら高額の賠償金っていう厳しい条件の中行われる
コンサート会場のような防音施設で行われるエロあり興行とか良さそうだな

表の興行だと女性人気最高の強さとクールさを最前面に押し出したトップレスラーが
裏の興行だとドラゴンスリーパーwith乳首攻めとか、クリ握ったパワーボムとかに対処出来ず
表の興行だと絡むことすら少ない格下の若手ヒールレスラーの関節技+精技に何度もイカされ続けて失神やギブアップを喫してしまうみたいな

80 名無しさん :2018/11/10(土) 18:25:39 ID:???
>>76
リンドリとレッスルエンジェルスの漫画とは珍しい
知世子の痛々しい表現が出て素晴らしいと思います

81 名無しさん :2018/11/11(日) 21:26:10 ID:???
ボクシングガールズメビウスが凄いツボすぎて困った 次回作出てほしいなあ

82 名無しさん :2018/11/13(火) 03:19:04 ID:y/G9JaDM
http://chat.luvul.net/ChatRoom?guid=ON&room_id=214879&chatter_auth=3qNiByZvnCFMjixj0skFxU


ここで今リアルタイムでやってる飛鳥とシャオユウの闘い最高

83 名無しさん :2018/11/20(火) 08:46:02 ID:xW13bS/.
http://w5.oekakibbs.com/bbs/ryona2/oekakibbs.cgi?mode=res_msg&resno=8900&author=0&thumb=0&picwid=841&pichei=942&thisfile=8900.jpg

これいい

84 名無しさん :2018/11/25(日) 22:29:14 ID:???
>>76

リンドリの知世子のリョナssかぁ…

毒霧代わりに生クリームで目潰ししたり、試合開始時の彼女のセリフを皮肉たっぷりにオマージュして
じっくりコトコト、深みのある(ギブアップさせず首攻め中心の)試合をする妄想とかならしたことなるあるなぁ…
打撃中心の知世子が苦手な飛び技で翻弄されて疲弊した後に、極められれたり、投げられたりして料理されて、しびれ薬を口移しで飲まされて、
料理をするのが得意な三ツ星シェフが衆目のオカズに調理されてしまう…かなりエリョナ的な

85 名無しさん :2018/12/17(月) 09:20:58 ID:???
妄想していて途中から
急所目潰し骨折有りのハード路線になってしまうわ

86 名無しさん :2019/01/05(土) 10:39:48 ID:dnDMOcIo
https://imgur.com/a/BplzjJi

87 名無しさん :2019/01/07(月) 03:31:36 ID:???
https://www.youtube.com/watch?v=VAU85hj0M78

久しぶりにこの動画見たけどやっぱいいな。
「ムカつくって理由で殴る」「覚悟しなさい?一晩中お説教コースよ!」と黒幕にイキって普通の物語なら勝ち確コースなのに
手も足もほとんど出せずにリョナられる展開はなかなかに滾るのものがある

88 名無しさん :2020/02/15(土) 11:36:06 ID:???
そういえばリンドリ終わっちゃうんだよねえ
試合絵がないから文章で試合展開や結果が示されてきたわけだけど
その中でもリョナ妄想捗るのはやっぱヴァンプ鈴森の負け試合かなあ
負け方凄いんだよ

例えばvs麗雫
当時シンデレラガール的な扱いだった麗と対戦
さすがにまだ鈴森有利と思われていたところが予想外の大惨敗
フィニッシュもメテオクライ(ムーンサルト式ニードロップ)とかいう危なすぎる代物
手足をピンと硬直させ白目を剥きながらキャンバスに磔のように横たわる鈴森の姿が余裕で見える
(ついでに当時の鈴森のコスが歴代有数のエロコス)

89 名無しさん :2020/02/15(土) 11:38:57 ID:LYm.TSAM
(追記)あまりに予想外だととても捗るというのはあるけど
そういう意味で鈴森は色々提供してくれたと思ってる

90 名無しさん :2020/02/28(金) 21:27:04 ID:???
シチュエーション的に最近のキン肉マンはネタ的な意味も含めて面白い。
凶悪で知られるヒールが、空気読まない相手にアピール中に攻撃されたり、フェイバリットがきかなかったりして
制裁という名のリンチを受けるシチュとかを女子レスラーに当てて妄想するのは楽しい

91 名無しさん :2020/03/26(木) 01:31:12 ID:qcn0kXRs
リンドリが終わるので、
昔SSを投降したここを思い出した
何もかも懐かしい
投降してから4年以上経っているとは

92 名無しさん :2020/03/27(金) 00:55:40 ID:???
実質リニューアルって聞いたけどな

93 名無しさん :2020/04/02(木) 15:07:34 ID:TXV7u/6w
アイオイクス 滝日伴則 ブラック企業 無給労働 労基法違反 住居侵入 牛込警察署 新宿労働基準監督署


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

だがしかし 1 (少年サンデーコミックス) - コトヤマ

駄菓子屋へGO!!((((((((((((((((((((*っ・ω・)っ ブ-ン

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板