したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。残念ながら投稿することができません。

【環境整備】リネージュ用PC周りの事なら俺に訊け!その15

990 名無しさんが接続しました :2018/06/20(水) 18:57:12 ID:wJh8as12
リネがここ何年かでCPU負荷が増え続けている件だけど、色々調べてみた

先に結論だけ言うと、内部的にXP時代の古いプログラムだからCPU負荷が高い


クライアントがWindows XPで起動しなくなったタイミング(2016年1月?)を
考えても、今でもクライアント自体はWindows XPで動作する仕様と思われる
これは現在もPCの要求スペックが「DirectX 8.1が動作する3Dアクセラレータ」
となっている事から間違いないと思う(OSチェックで起動阻害しているが)

ここで問題となるのがDirectX 8.1とWindows XP及びこれ以降のWindowsの仕様

DirectX 8.1仕様のリネは2DグラフィックをGDIという仕組みで描画しているが
XPまではGDIがGPUによるハードウェアアクセラレーションを使えるのでCPUの
負荷を減らす事ができる

ところがVista以降はGDI関係がほとんどCPUによるソフトウエア描画になった
その後Vista〜10まで、2DはDirect 2Dを使えばGPUで描画出来る仕様になったが
DirectX 8.1仕様のリネはDirectX 9以降が必要なDirect 2Dを使えない

加えてRadeon HD系以降、GeForce 8000系以降はGDIのハードウエア描画自体を
機能から削ってしまっているから、今時のハードではXPでもCPUのみで2D描画
しなければならない(IntelのiGPUは知らんが他と同様だと思う)

それなのに凝ったエフェクト等の重くなる要素を増やし続けているから、
要求されるCPUの能力が上がり続けるのも納得だ

この件が解決するにはいつか来るだろう高解像度化?を待つしかない
ネタ元の記事を見たが、さすがに今のXP仕様であれは無理があると思うし
最新のWindowsに対応したDirect2Dを使っていると思いたい




Concerto for Guitar & Jazz Orchestra / Sony



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa