したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

羽娘がいるからちょっと来て見たら?

629 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:02:50 ID:2jGvrMh6
 声を境に、二つの影は空中で重なってゆく。
 影は一つに。
 打ち鳴らす音は三つ。息づかい、翼のはためき、重なる武器。
「不覚だ……」
「ああ……不覚だね……」
 ライラの刃が二度翻る。エルヤの斧が一つ重なり、もう一つは風に乗せた。
「やはり血だな……戦に心が躍る! 楽しんで……上を目指す!」
「それはボクも同じ事!」
 同時に放たれた蹴りが、互いの足裏を包むソールへ食らいつく。
 かすかに一メートル、だが近接行動を要する、タイミングを重視される距離だ。
 ライラが近づけば、斧は振るわれた。速度を落とし振り抜きを待ち、突撃すれば斧の柄で受け止められる。
 エルヤが斧を振り上げ近づけば、それよりも速い刃がのど元を狙う。狙いより先に、不十分な前動作から得物を振り下ろせば、体を横に反らしたライラが肉薄する。
 左手に宿る獣の炎を行使すれば、エルヤは離れ、風を乱した。
 乱れた熱風の中、己を焦がすか焦がさないかの境目を貫き、ライラへと肉薄する。そうなれば再び無機質な得物同士の交錯音が響くだけに留まり。
 伝家の宝刀、古来よりの手斧を投げれば、メヒがそれを読み歌声の道しるべを出し。役目を終えた手斧が手元に戻るよう、ストラマが支える。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版) - バンダイ

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa