したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

羽娘がいるからちょっと来て見たら?

532 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/10(火) 00:58:40 ID:JYnZCcww
「主のエルヤ・ブレイザブリクである! 申し出を聞こう!」
――方針変更。
それが、シヴィルから受けた言葉でした。何を見てそう思ったのかはとにかく。
後から告げられたアイデアは彼女らしい物で、そして、信頼に裏打ちされた物だったと、エルヤは判断しまして。
彼女は矢面、相手の主導者と思われる相手へと声を張りました。
ロングハウスでは殺気がみなぎり、そして、エルヤの側にはナンナすらおりません。
「隣国の友好を断り、特使にお帰り願おう」
「断る。認め合った戦友だ」
断固、それの伝わる声です。
「ならば、友好を進めようとする貴君らと、君主殿にはご退場願うことになるが? 我等はこの国だけあればよい」
「は、私の声を聞かなかったか? 広がる輝きを見つめたのだろう?」
答えによどみはなく。
「なればこそ、不要なさざめきを加える事はどうだ?」
「なにをいうか。手を取り合ってこその今だと言うのに……」
顔を下へ、そして苦笑したのはエルヤでした。
「つまらぬ輩だ」
エルヤの上げた顔、そこへは笑みがあり。
「戦、やるのか?」
返事は無く、配下の兵が少しずつ現れました。
「手を取り合いそこねた奴には教えねばならぬな」
そこには、真理、ユニーがおり。
「繋いだ手の強さを教えてやろう!」
声は合図。
そうでした。
「じゃ、さくっと行こうかァ!」
エルヤの背後より突風があり。それは彼女を後押しする物です。
「頼むよ、シヴィル! 最速を見せてやれ!」
手は確かに繋がれました。そして、最速は二人をどこかへと。
「逃げるか!」
「いいえ、お留守は私達が」
ナンナの静かな声、それより。
「さあ、主のおらぬ城は私が代理でお相手致しますよ?」
小首を傾げ。
でも、その仕草は戦の開始に飲まれていきます。

*音入れますよ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa