したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

羽娘がいるからちょっと来て見たら?

527 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/09(月) 23:06:23 ID:jTXZSVHM
>>526
素ーでねーよと言った俺に一言w

その夜は、約束通りの屋根より。
未だに少しばかり首を傾けたエルヤがおりました。
敬称も敬語も要らない。そんな前置きからの、何度目かの駄目出し、そういったやりとりがありまして。
「銃ってこの国では珍しいんだ。戦意を削ぐには、手斧が一番だから」
「銃は速いの。皆が銃を持てばそれだけ早くなんとかできるから」
それに、とユニーの言葉は続きまして。
「大尉達が楽になるから」
「ふぅん……集団戦なんだね。手斧は切り込みだから、ちょっと違うのか。っと」
戦術はいいや、そんな言葉は当初の話題をずらす物で。
「うーん、ユニーって可愛いなぁ!」
「ちょ、ちょっと! 私にそんな趣味はないよ……」
「素直に思っただけだって。ナンナ一筋だもん」
「そういうの、ちょっと羨ましいかな」
そお? といった言葉は少し遠く。エルヤが屋根の上に立ち上がったからなのですが。
「私ね、初恋もまだだから」
苦笑して、ユニーは髪をいじっていました。
ストレートに伸ばした髪は、あの日皆にこの性格を教えたときからの物で。
編み上げる三つ編みは長く長く。
「うーん。好きな人ってやっぱり……偶然かもね」
「運命の人はどこかなぁ……」
「勿体ないなぁもぉ」
「ふふふ……」
笑みは苦笑ではなく、少々危ない笑みで。
乾いた音は二つ。
森の木々、その小枝から垂れ下がる雪だけを払いのけまして。
狙いは確実、彼女の腕です。
「おおう、銃も凄いなぁ……」
「と……最近ようやく落ち着けるようになったんだけどね」
ようやくの苦笑でした。トリガーハッピーも抑えられるようになったようで。
「実戦じゃまだまだなんだけど」
「こわっ!」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa