したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

俺はこの時の感動を忘れない

1 名無し :2006/07/25(火) 16:31:22 ID:12eLFf5Y
ありがとうそしてさようならみんな
06/04/29千取り合戦のスレより

1 名前:名無し[] 投稿日:2006/04/29(土) 21:30:01 ID:SefKC5OY
とりあえず>>1000でも狙ってみるか。
         ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  これはまた唐突だな。
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

4 名前:幸良[] 投稿日:2006/04/29(土) 23:31:59 ID:SefKC5OY
コテハン使うのも勇気がいるな。

10 名前:名無し [] 投稿日:2006/04/29(土) 23:36:38 ID:DdkshRdw
。・゚・(ノД`)・゚・。何て懐かしい名前なんだ・・・・当時いたスレも同じだ・・・・

16 名前:元コテ[] 投稿日:2006/04/30(日) 09:12:27 ID:Zv2y6esY
俺も勇気振り絞るかな・・・・・でも皆に散々迷惑かけたわけだし。

17 名前:名無し [sage] 投稿日:2006/04/30(日) 09:30:33 ID:J2LdauXM
名無しでもコテ出してもどっちでもいいじゃないか
俺は君を待ってるよ

18 名前:銀狼 ◆.76YZSd6w2[] 投稿日:2006/04/30(日) 09:37:59 ID:Zv2y6esY
そうだよな・・・もう過去は捨てよう。
もな板の傷を少しずつ修復しようよ。

19 名前:名無し [sage] 投稿日:2006/04/30(日) 09:39:44 ID:J2LdauXM
>>18
よ、おかえり(;´д⊂ヽヒック

21 名前:XP@元Z−49 ◆XP/8134696[] 投稿日:2006/04/30(日) 15:16:21 ID:BtNqycY6
みなさんお久しぶりです。

23 名前:XP ◆XP/8134696[] 投稿日:2006/04/30(日) 15:19:25 ID:BtNqycY6
返事も聞かず、帰ってきてスイマセン。

以前やってきたこと、深く反省しております。
どうもすいませんでした

2 <削除> :<削除>
<削除>

3 ume :2006/09/11(月) 18:21:50 ID:IHRSGLH2
      ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  これはまた唐突だな。
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

4 w :2006/11/19(日) 18:56:23 ID:NkLXDfSY
ここは管理人が作ったスレじゃないんだぁ〜@

5 w :2006/12/14(木) 22:11:19 ID:8YVERVYs
ここ、、、、終わったな。

6 名無し :2006/12/16(土) 17:13:39 ID:ihi3hWJM
ZmLIvdnG1gnJ4Ntmi4As7eE9jdSPtlJhRehvQ9lPaHebnuhaUCuVhyTbTFh.OSez0eywYUON3UUkSkCKXDXDXkSkSDN0SDXDXnGnGnGnGnGnGnGnGnGnG6nrY1ZjCKC6OoVQGRROW62OYNHvs*FjCLGgRqDFBJDbBZgqDoaVFZgHimmyXPgVx.DcEA.dQRRotJ6oaczaVpU0C6OoVQGRROW62OYNHvs*FjCLGgRqDbBZgqDoaVFZgHimmyXPgVx.DcEA.dQRRotJ6oaczaVpU0C6OoVQGRwuesjln*JvRnc04eaHJ3rO2BCSRGheUkTrXCmRMtCw2RhStGQ5D2vK1amm

7 フランキー冨樫 :2006/12/17(日) 18:57:15 ID:7UFWa.1s
雲ひとつない満月の夜の日にこの物語は始まる。

私はあの日、たしか自分の住む山の小屋で朝狩ったばかりの鹿の肉を夕飯に夜を過ごしていた。
味か?味はもちろん良かった。3日ぶりの鹿肉だ。存分に味わったよ。
その後、私は小屋の外で用を足していた。
するとどこからともなく銃声が二・・・いや三発だ。聞こえた。
この辺は狩猟が盛んな地域だ。民のほとんどは狩猟用の長銃を持ち歩いている。
銃声が聞こえても不思議ではなかった。私は疑わなかった。
今思えばその時疑えばこのようなことにはならなかったのだろう。
用を済ませた私は小屋に戻り、することもないのでランプを消し寝床についた。
それから何分か経ってからだ。『なにか』が草花を踏む音がした。
その音は徐々に大きくなり私の小屋の方に向かってくるのが耳で確認できた。
この地域はよく熊がでる。実際このようなことは度々ある。
私はショットガンを手にし、熊が近づいてくるのを待った。
だがすぐに熊ではないと気づいた。
草花を踏む音と同時に「助けて」という男のかすれ声が聞こえたからだ。
私はその声がするほうへ駆け寄ると。腹から多量の血が流れている紳士服を着た男を発見した。
「どうした!!!!?大丈夫か!!!?」私はそういった。
男は一枚の紙を私に手渡した。紙には私が見た事のない文字が書かれていた。
「その・・・紙をハァ・・ロンド・・・ンに住む・・・ハァ・・・『赤い男』に渡せ・・ハァ・・」
「赤い男?だれだそれは!?」
「ピー・・・サー・・・という酒場へ・・・行け・・・ハァ・・・そいつの居所がハァ・・・分かる・・・頼んだぞ・・・フローキ」
「なぜ私の名前を知っている?!おい!!」
私の質問に答える前に彼は息絶えた。
私は彼を知らないのに彼は私の名を知っていた!?そして見たことない言葉!?赤い男!?
途方に暮れる私に拍車をかけるかのようにまた『なにか』が近づく物音がしたんだ。
私の脳裏によぎった。先程の銃声は『誰か』がこの男を撃ったのではないかと。
だとしたら私も殺される!?そういう考えがあたまをよぎった。
私は目の前に死体があるという現実が信じられず混乱していた。
『逃げるしかない』という考えしかもてなかった。
手渡された紙、そしてショットガンを持ち聞こえてくる足音とは反対へ逃げた。
頭は真っ白だった。
気づいたら朝になっていた。
私は深く深呼吸をし、頭の中をゆっくりと整理した。
「男がやってきて・・・紙を渡されて、私の名前をしっていて、赤い男、そして・・・・」
後に戻る勇気などなかった。当然、ロンドンにいく勇気もない。
私は夢だとしか思えなかった。夢だ、これは夢だと暗示をかけるように口に出す。
「とりあえず・・・どこか街へいって休もう。すこし疲れていただけだな。」
私はここがどの辺なのかも分からなかったが街を探すことにした・・・・
今回はここまでだ。このつづきは来週。
つづく

8 美香 :2006/12/17(日) 19:57:06 ID:cLU8ugPs
やっほ〜。だれかいますか〜?

9 フランキー冨樫 :2006/12/19(火) 20:30:53 ID:DQ8jL.8s
私はいままで何度も後悔した。
一番後悔したのはあの事件だった。

蜘蛛の糸 第2話『過去』

私はフランスのアルプス山脈のふもとの山に小屋を建てて住んでいた。
他の山に比べて高さが低い山だったてめ農作物もよく育ち動物も群れを成して棲みついていた。
どうして山に住んでいるかって?人見知りという点もあるが一番の理由は親との絶縁だ。
もともとフランスのパリに父・母・妹と住んでいた私だったが、友達と共に悪事をしてしまい遂には警察沙汰になってしまった。
まあ、それで親が呆れたんだろうな、絶縁してしまった。
それから家を追い出され、行く宛てもなく町を彷徨っていた。死に場所を探す亡霊のように。
それでついに痩せこがれ俺は倒れて気を失ってしまった。
目が覚めたら見知らぬ家のベッドで寝てた。隣を目を向けると見知らぬ男性が揺り椅子に腰をかけ本を読んでいた。歳は40はいってるだろう。
「気がついたようだな、3日も寝てたぞ、小僧。」と彼は言った。
「今、ちょうど飯ができたとこだ。腹が減っているだろう。食べろ。」
そう言うと彼はベッドの横にある古い机にパンとスープを置いた。
人に物をもらうというのに腹がたった俺だったがその雑念は一瞬にして消え、気づいたら手はパンを掴んでいた。
俺は今まで生きてきた中でこれほど早く飯を食べたことはないという早さで完食した。完食するのに1分もかからなかっただろう。
彼はそんな俺を人珍しそうに見るといきなり笑い始めた。
「わっはっはは・・・よく食べるなぁ。小僧。ところでお前どこに住んでんだ?」
俺は人見知りだったが助けてもらったという恩もありいきさつを説明した。
「そうか、そんなことがあったか・・・。小僧、後悔しているのか?今の人生に。」
私はうなずいた。
「そうか。小僧、後悔っていうのには消し去ることのできる後悔とそうでないのとがある。
お前の後悔は確実に前者だ。この世の中には復縁という言葉がある。復縁できなきゃ復縁という言葉は誕生しない。
努力次第で修復ができる問題だ。あきらめるのは早いぞ。」
俺は途端に涙がこぼれてきた。それは悲しくてこぼれたわけではなく光が見えたからこぼれたのだろう。
「ところで小僧の名前は何だ?」
「フロークス・ジェーン。」
「フローキか。私の名前はドルトンだ。・・・フローキ、復縁できる間までお前の家はここだ。」
驚きのあまり言葉がでなかった。
「そのかわりといってはなんだが、私の仕事を手伝っていただきたい。」
「仕事って?」
その質問こそ、我が人生での一番の後悔である。
つづく

10 w :2006/12/24(日) 07:09:11 ID:Uv3GoMbY
あ〜あひま、、、

11 名無し :2006/12/26(火) 07:44:28 ID:fBsb1n0w
ttp://oab.myvnc.com:4800/~batigaizakura/cgi-bin/ebs/ebs.cgi
↑EBS。
有名なCGIゲーム。
改造はあんまりされてないけど、おもしろいよ。
人数少ないから、まだまだだけど。
まぁ、皆もどう?暇してるみたいだし。
無料ですからね。一応言いますがw

12 名無し :2006/12/26(火) 08:24:50 ID:fBsb1n0w
ttp://aaflash-2tou.ruby.rm.st/ebs.htm
あ、ごめん。
規約も必要だった。
コレ守らないとデータ削除されます。

13 名無し :2007/01/09(火) 12:43:29 ID:wsIRVpLI
ああああ

14 フランキー冨樫 :2007/01/15(月) 16:00:47 ID:BQ1wriRs
「遺体の身元は分かったか?」
「はい。ニコル・ライ、32歳。ロンドンの金融会社で働いていましたがある日突然会社を退社。
その後の彼の情報はありません。」
「そこの小屋の家主は分かったか?」
「はい。ジャック・ノリソンという方の家屋らしいのですが彼は10年前に亡くなっています。
ふもとの村の村人がいうには現在はフロークス・ジェーンが住んでいるようです。」
「そいつはどこにいる?」
「それが行方不明だそうです。それと警部、被害者の衣服からフロークス・ジェーンの指紋が見つかったと鑑識から連絡が。」
「・・・・・フロークス・ジェーンを捜索しろ!!!!!!!!!!!!」

私が山を下りきったらもう夕方だった。それからすこし歩いたところに街があった。
私は空腹も忘れてただひたすら宿屋を探した。そして一軒の小さな宿屋にたどり着いた。
ショットガンを草むらに捨て、宿屋に入った。
「いらっしゃいませ。」
「部屋は空いてますか?」
「ええ。空いてます。お一人様でよろしかったでしょうか。」
私は宿から出された食事を満腹になるまで食べ、ベットの中に入った。
今日あったことはすべて忘れ去ろう。そう自分に言い聞かせ寝た。
数時間してからだ。ドアをノックする音で私の目は覚めた。私はベッドから降り、ドアノブに手をかけた。
その瞬間、私の脳裏にさっきの追手が私の後を追ってきたのではないかという疑いがよぎった。
私は一息し恐る恐るドアを開けた。
「お電話が入っております。」
宿屋の家主だった。私は安堵の呼吸を一息。そして家主に案内された電話の受話器をとった。
「もしもし。」
「メモはどこだ?」
とても声の低い男だった。メモ?まさかさっきの男が持っていたメモのこと?・・・・。
「あんた誰だ?」
「いいか、今から質問をする。お前はYESかNOで答えろ。それ以外は何も言うな。」
私は息をのみ、男の声に耳を傾けた。
「メモはお前が持っているな?」
「メ・・・メモってなにを言っているのかさっぱり分からないよ。」
「YESかNOで答えろといったはずだが・・・・」
その瞬間銃声が一発、二発聞こえた。それはとても近いように感じた。
横をちらっと見ると宿屋の家主が倒れていた。その向こうには銃と携帯電話をもった男が仁王立ちしていた。
−つづく−

15 ほかのいたにも :2007/05/08(火) 21:14:06 ID:/yfLYAow
もなちゃと大部屋の樹海によくくる「例」っていうやつがいるんだけど…
そいつは「例」のあとにいろいろ言葉つけるんだ。たとえば「例@あいうえ
お」とか、ま、そんな感じのうざいやつがいるの。そいつは消防でやること
いうことが何もかもが消防の典型的な型なんだよね。んで、そいつは顔きも
いうえに デ ブ なんだよね(笑)。ま、もしあったら適当に話したり叩
いたりすると馬路面白いから(笑)。ってかこの俺の言葉いろんな掲示板に
貼り付けておいて。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板