したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

書き込みテストスレ

66 名無しさん :2018/09/12(水) 02:31:22 ID:w6d8LDZg
「さてと.....改めて聞きますけど..........
ヒーローグリーンさんはぁ、アイリ様にぃ、そのおちんちん......気持ち良くして欲しいですかぁ?」

そんなの決まってるっ!
......でも俺の口はうまく回らない......!もどかしく乾いた口をぱくぱくと動かしているだけだ.....

「お口は駄目みたいですねぇ.....じゃあ変身を解除してください
気持ち良くするのに、ヒーロースーツは邪魔でしか無いですからぁ」

即座に俺はブレスを操作し、焦ってボタンを間違えながらも変身を解除する
とにかく、とにかく!あのおっぱいを堪能したい!

「はぁい、よくできました。じゃ、こっちのベッドで横になってくださいね」

俺はサポーターの2人に手を引かれ、いつのまにか現れたベッドに寝かせられる
そして横になった俺に、獲物に群がるサキュバスの様にサポーター達が、
ズボンを脱がされ、露わとなった下半身にはアイリが、

「.......あっ.....ああっ!」

膝枕され、自然に視線が股間に向く....
そこには自分でも見たことが無い程、強く真っ直ぐにそそり立つペニス....
そしてアイリが、乳房を大きく広げて挟みこむ寸前となっている
まるで俺のペニスがアイリのおっぱいに食べられてしまうかの様な

「見て、ヒーローグリーン......このおちんちんはね、今までの貴方よ」

いままでの.....俺.....

「人々の平和と自由の為に戦う正義のヒーロー.......素敵よね
......でも、それも今ここで終わり
私のおっぱいに挟まれて、包まれて、何もかもが......食べられちゃうの」

そうか、俺はヒーローじゃなくなる.........でも、それでも.......

「そして貴方は生まれ変わる.....悪の組織ハニートゥループの尖兵としてね」

もう....それでもいい.....気持ち良くなれるなら...なんだって!

「はぁ〜い、お待ちかね...ヒーローおちんぽ......い・た・だ・き・ます。」

やさしく、しっとりと、ゆっくりと.....アイリの乳房の感触が.....

身体が跳ねた
俺の中に溜まっていた何もかも全てがっ!一点に集まり、体外に放出されるっ!

「〜〜〜〜〜〜〜!!?、〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!?」

声にならない声が、
乳房の感触だけじゃない!ペニスに先に胸とは別の、熱い感触が流れている!
アイリが先を口で加えているのだ!
たばしる精液を自身の口で、受け止め、あそばせ、飲み込んでいる!

「........んっ!!........たっぷり.......出したわねぇ.......」

もう一生分の精子を出し切ったかの様な感覚だ
相当出したと思うのに、アイリは余裕に溢れている
口内に僅かに残し、わざとらしく唇の端から見せつけるように垂らす

「.........これで終わり?......そんなわけないわよね?......ママ、おもらしヒーローさんに元気付けてあげて」

「はいはい.....ほぅら、ヒーローの坊や。ママのおっぱい......ちゅーちゅーしましょ」

ママと呼ばれた....サポーター達の中でも年上っぽい女性が、露わになった乳首を俺の口先に近づける
アイリほどでは無いが.....俺はそのまま吸い付く。十分すぎる....いや、これもまた別の魅力が.....

「その母乳は男を元気に....特に精力を活性化させる効果があるの。
今出したばっかりでも.....はい、元通りに勃起し直したわ」

「.....ぐっ!!」

アイリは乳房を上下に擦り付けるように.....パイズリだ!
垂らされた精液がローションの様に潤滑油の役目を果たし、快感を増幅させる!

「一発.....って話だったけど......元気になったなら二発三発ぶちまけても構わないわよね
五人いるから一人あたま......もう、どうでもいいわ
どうせもう、ヒーローグリーンは........私達に逆らえなくなったんだから」

即座に充填された精力は、アイリのパイズリで一気に擦り上げられる
.......最高だ

こんな快感、ヒーローを続けていたら味わえなかったろう
支配?尖兵?それがどうしたというのだ
今まで貫いてきた正義とやらがバカバカしく思える
これだけ素晴らしい状況を、なぜ拒むのか

二発目?いや、もう三発目だ
ペニスを包む感触が変わった。......元気なサポーターの弾力おっぱい、二人がかりのパイズリだ

そうだ。今の俺は人生一の幸福に包まれている


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板