したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【他】『心音サイフォン・質疑・成長スレッド』

1 『音仙』 :2016/05/14(土) 23:27:00

【供】『心音サイフォン』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1463235536/2

――あなたは『音仙』の言っていたことを思い出す。

---------------------------------------------------------------------------------
【再聴/質疑】
#1.特別な才能が目覚めた方には……その『能力の詳細』をお教えします。
#2.まずはそれに従って……キミ自身の解釈で、
   自由に活動してみるのがいいのではないでしょうか。
#3.もしキミの解釈が通用しない時が来たら、あるいは疑問に思われたなら。
   その時にこそ……ここを、再訪することになるでしょう。改めて聴き直すために。
---------------------------------------------------------------------------------
【再聴/成長】
#1.キミが『大きなこと』を成し遂げたと思ったら、また来てください。そして、それを教えてください。
#2.もしかすると、キミの『才能』にも何か変化があるかもしれません……ないかもしれません。
    確かめるために……改めて、奥底を聴き直してみましょう。
#3.大きなことの基準はお任せしますが、変化は……基本的に、期待はしないでくださいね。
#4.もちろん……望んで死地に飛び込むことだけが、『大きなこと』ではありません。
    平穏な日常の延長であれ……キミにとって心を震わせる人生の契機であれば、あるいは。
#5.それと、無償です。賄賂も、受け取りません。
---------------------------------------------------------------------------------

もしその上で『聴き直し』を望むなら……その旨を伝えると良いだろう。

※質疑について補足※
・スタンド供与時に『能力詳細』をお渡しします。
・基本的にはこの『能力詳細』を参考にしてPCを動かして下さい。
・詳細を逸脱、無視しない範囲ならば、細部の認識は『PLの解釈』に任せます。
・解釈は自由ですが、認識が食い違った場合は『判定者』のそれが優先されます。
 つまりセルフバトルなら『相手PL』解釈が、GMがいるなら『GM』解釈が優先です。
・『質疑』は、主にこの認識の食い違いを正す(再発を防ぐ)事を目的とします。
・一度でも板上で稼働したPC以外の『質疑』は、原則受け付けません。誤記などは対応します。

※成長について補足※
・金銭は受け取りません。金銭による成長はありません。
・基準は供与者の『主観』です。
・おおむねですが、高危難の方が『どちらかといえば』成長が近いです。

422 一抹 貞世『ディヴァイン・インダルジェンス』 :2021/08/24(火) 17:19:23
「ちょっと友達のスタンドに手首を掴まれているのですが『鎮静』のヴィジョン特性は手首にもありますか?」

「『慈悲の刃』はパBの殴打を何発ぐらい耐えられますか?」

423 『音仙』 :2021/08/24(火) 18:08:42
>>422(『ディヴァイン・インダルジェンス』)

>「ちょっと友達のスタンドに手首を掴まれているのですが『鎮静』のヴィジョン特性は手首にもありますか?」

「今、キミが実感している通り……
 つまり、手首に鎮静作用はありませんね。
 少なくともキミのスタンド能力の中では、
 手首は、手には含まれないという事です」

>「『慈悲の刃』はパBの殴打を何発ぐらい耐えられますか?」

「これは……ケースによる、としか言えません。
 キミの姿勢、殴打の入り方、何で殴打されたか、
 刃が固定されていれば折れやすいでしょうし、
 腕ごと宙ぶらりんなら、暖簾に腕押しでしょう。
 あまりにも多岐に渡りますので一概には、とても」

「強いて言えば……厚みも素材も包丁に近いですし、
 一撃で破壊する事は、素手なら不可能でしょうね」

424 一抹 貞世『ディヴァイン・インダルジェンス』 :2021/08/24(火) 18:38:09
>>423
「じゃあ、やはり一戦交えるしかありませんね
 回答に感謝です!」

425 扇原映華『シルバーダスト』 :2021/08/28(土) 00:52:34
あまり活用出来ているとは言い難いところですが、
どうしても確認しておきたいことがあったので

・『圧力の漏出』について、『加圧』された対象が何かの容器だった場合、
 その中身が『風』の代わりに飛び出すことはありますか?
 また『減圧』によって『吸引』した場合、元の中身と混ざる形になりますか?

426 『音仙』 :2021/08/30(月) 00:22:48
>>425(扇原映華『シルバーダスト』)

>『圧力の漏出』について、『加圧』された対象が何かの容器だった場合、
>その中身が『風』の代わりに飛び出すことはありますか?
>また『減圧』によって『吸引』した場合、元の中身と混ざる形になりますか?

加圧・減圧共に物体の内部構造を変化させる効果は無いため、
元々内部に何かが詰まっている物体であれば、後者はその認識が正しい。
前者については原則的に圧力が漏出するのみだが、
その漏出に巻き込まれて、空いた穴から中身が噴出する可能性はある。

427 扇原映華『シルバーダスト』 :2021/08/30(月) 00:55:03
>>426
なるほど、まず『圧力』有りきなのですね。
ありがとうございます。

428 <削除> :<削除>
<削除>

429 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2021/09/01(水) 17:38:46
「スヤァ……ムニャムニャ……」

ただいまセルフ『安息』で寝ていますが質問です。

・本体に『安息』を使うとどうなりますか?
・『安息』中に一部の感情だけ少し開放したりは可能?
・『安息』時に催眠術のようなことは可能でしょうか?

430 『音仙』 :2021/09/01(水) 19:23:14
>>429(一抹 貞世『ディヴァイン・インダルジェンス』)

>・本体に『安息』を使うとどうなりますか?

手が頭に触れると共に『ディヴァイン・インダルジェンス』が操作不能になるが、
強制解除されたり、既に発動した能力がオフになったりはしないので、
本体が気を強く持ってその状況から抜け出すことを選ばない限り、そのままになる。

>・『安息』中に一部の感情だけ少し開放したりは可能?

不可能。
全感情の抑制が『安息』の効果。

>・『安息』時に催眠術のようなことは可能でしょうか?

意のままに操るという意味なら不可能。
感情が抑制されても、理性や知性は消えず、
また、肯定的な感情を植え付けられるわけでも無い。

ただし感情を取っ払って話を聞かせられるので、
話術や話題によってはそれに近い結果は生み出せる。

431 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2021/09/01(水) 19:26:08
>>430
「ムニャムニャ…グゥ…スヤァ……」
回答感謝です。

432 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2021/09/13(月) 22:28:37

「――――ジャマするぜ??」

『しあい』みにいったらナンかバタバタした!!
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1619780204/414-432
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1625483444/150-180

『ユメのセカイ』パート3!!
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1625483444/194-400

「このマチひろしといえども、
 3かいも『ユメのセカイ』にいったヤツなんて、
 そうはいねーだろ!!
 しかもゼンブ『ちがうトコ』だし」

「『ユメのセカイ』には『ニガいオモイデ』があったから、
 イロイロとフクザツだったんだけど、ソレもオワリ!!
 スッキリそうかい!!ミントあじ!!」

「まぁ、なんていうか――――
 ひさしぶりにおもいっきり、
 ココロゆくまで『ボウケン』できてたのしかったなって!!」

「あ、『フェミレス』しってる??
 アリスの『オススメスポット』なんだけど。
 こんどイッショにいかない??」

433 『音仙』 :2021/09/13(月) 23:56:10
>>432(夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』)

「――――――キミが来て、邪魔な時なんてありませんよ」

                    ギィ ・・・

「お茶を飲みますか? ……良ければ、お菓子も」

「『夢魔』…………『最中派』。
 とても難儀な存在に、遭遇したようですね。
 私も……耳にしか挟んだ事はありませんけど、
 まあ、キミが楽しめたなら、それに越したことはないです。
 どんな夢だって、光がある所に、闇はあるものですから。
 それさえも、楽しめるなら、本当に……それに越したことは、ない」

               「さて――――」

        キィィィィイィ
             ィィ ―――――― ・・・

「……『ドクター・ブラインド』は、変化の兆しをより明確にしています。
 爪が伸びるとか、感覚がより鋭くとか……
 そういったごく身近な次元の、変化ではなく。
 きっと。さなぎが蝶になるかのような、大きな変化になるでしょうね」

                「――――個人的には、楽しみです。
                 キミに死地に飛び込んでは欲しくないですが、
                 増していくキミの光を、こうして、聴ける事は」

      シュルルル ・・・

「フェミレス……それも、聴いた事はあります。
 ふふ……何分、出不精で。足を運んだ事は、ありませんけど」

「―――――― ……キミの誘いなら、そう無碍にも出来ませんね、エエ」

434 りん『フューネラル・リース』 :2021/09/14(火) 14:35:28
「メリークリスマス!」

サンタクロースの衣装を着たりんが
ずかずかと押し入って来た

「おねえさん、今ね
 お化けを退治するためにクリスマスをやらなきゃいけないんだって」

季節外れのシャンメリーを『音仙』の前に置く

「だからね、うちらもクリスマスやろうよ」

そして一枚の押し花を『音仙』に渡す

「はい、プレゼント
 これね、うちの頭の鈴蘭が千切れちゃった時に作った押し花
 おねえさんに持っててほしいんだ

 うちがいなくなった後も、覚えててほしいから…」

「あのね、聞いてほしい事があるんだ」

ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1549033452/477-512

「最近ね、何度も花を抜かれそうになってね…
 あの…変な声が聞こえるようになってきたんだ…逃げるなとか、現実を見ろとか…」

「それと、この前屋根から落ちた時、変な物見ちゃったんだ
 うちが死ぬ瞬間…」

先程までのお祝い気分から打って変わって、暗い面持ちになる

「あの、あの…
 物を『交換』出来るっていう子がいるんだけど、その子の力で
 …うちの『鈴蘭』と何かを『交換』しちゃったら……
 どうなるの…かな……?」

動悸が激しくなり、不安そうな目で『音仙』を見る

「それと…それと…
 この前、うちのスタンドっていうのが『成長』するかもしれないって言われた時
 凄く嫌な予感がしたんだ…何か、変わっちゃう気がして…」

その場に体育座りになり、自分の膝に顔を埋める

「うちは変わりたくない…けど、変わらなくっちゃいけないのかなぁ…?」

「怖いよおねえさん…うちは、どうすればいいの…?」

435 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2021/09/15(水) 07:02:51
>>473(りん『フューネラル・リース』)

「―――――――メリークリスマス。かわいいサンタさんですね」

「『終わらない夏』のスタンド……
 エエ、既に、『聴き』及んで、知っている話です。
 こうしてキミが来てくれたのは、嬉しいサプライズですけどね」

              「――――『鈴蘭』の押し花」

「…………これが無くたって私は、何も忘れませんよ。
 ですがいただいておきましょう。大切に、させていただきますね」

                 シュルルル

「クリスマスに『お返し』のルールはありませんが……キミは、いい子だから。
 プレゼントが、届いていましたよ。本当にごくささやかな物ですけど」

背後の『ウィスパーズ』から蔓が伸び、棚から小さな『ポチ袋』を取る。

『500円分のクオカード』。
以前、りん宛てにラジオ局から届いていた粗品だった。
そこに、音仙が購入した同額の『図書券』も、沿えていた。

「………………花が無くなれば、キミは『再び死ぬ』。 
 私はその『交換の能力』を深くは知りませんし、
 キミの能力も、全ては知りませんから、
 必ずそうだとは言い切れませんが………………
 決して分の良い賭けには、ならないでしょう。
 試さないほうが、私は良いと思います」

                キィィィィィィィイイ ―――――――――――― ・・・

「――――――――――キミの能力、『フューネラル・リース』。
 『以前よりは』聴こえています。ですが……その全貌は、未だ私にも知りえない領域です」

「ましてその『成長』が何を齎すかは、誰にも分からない。
 ……ですが、成長してどうなるか分からないのは、誰でも同じです。
 …………『変わる事』を恐れる。それもまた、人間の在り方なのだと、思っています」

                 ―――――――――――  ィィィィィィ   ィン 

「一つだけ。分かる事があるとすれば。
 キミが一度死んでいるのは事実でも、そこから蘇った『生きている今』こそが『現実』です。
 キミの能力は『キミの魂がありつづける』ための能力であり、
 変化を望めども、怖れども。スタンド能力の『本質』となる部分は、変わらない」

「あとは――――心が変わりたくないなら、変わらないために、己を強く持つしか、ないでしょう。
 …………………私のもとに通う事がそのための支えになれるなら、お茶の準備は欠かしませんよ」

436 りん『フューネラル・リース』 :2021/09/15(水) 16:57:01
>>435
「わぁ、ありがとうおねえさん!」

『音仙』から渡された『クオカード』と『図書券』を受け取り
大事そうにそれを手繰り寄せる

「えっへへ、おねえさんからのプレゼント
 うちの宝物にするね」

そう言うと『図書券』を鈴蘭柄のバックに大切な物のように仕舞い込み
そして…『クオカード』をじっと見つめて、もう一度『音仙』の顔を見て言った

「あ、あのね、おねえさん
 やっぱりこれ、もうちょっとおねえさんが預かってて、くれないかな?
 それがあれば、うち、またここに来る理由が出来るし
 何か、うちとおねえさんの絆って感じがするんだ」

そう言ってりんは、再び『クオカード』を『音仙』に預ける

「…おねえさん、やっぱりうち怖いよ…
 死んじゃうかもしれないって思うと…
 うちはずっと生きていたいよ、『人間』として…」

声を震わせながら、何とか言葉を紡いでいく

「うちが『生きている今』が『現実』…
 へへへ、おねえさん、ありがとう
 おねえさんと話してると、いつも安心させてくれるね…」

「もしかしたら、いつかは『覚悟』を決めなきゃいけない時が来るかもしれない」

「それでも…うちは自分がどんなに変わっても、『うちであり続けたい』」

「おねえさん、『その時』が来たら…おねえさんに見守っててほしい」

「うちは何度だって、おねえさんに会いに来るよ」

「おねえさん、大好きだよ…」

437 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2021/09/16(木) 04:02:30
>>436

「――――――――……ええ、かまいませんよ。
 でも、預けたなら、必ず取りに来てくださいね?」

           スッ ・・・

髪の隙間から覗く両目で『りん』を見据え、
クオカードをゆっくりと手元に引き戻す。

「『変化の時』は、来ることも、来ない事も、
 絶対という物はありませんから。
 ……だからこそ、今から『覚悟』しておいたなら。
 キミの『フューネラル・リース』は、キミという存在を保つでしょう」

             キィィィィイィ ――――  ・・・

「――――それが別の苦悩を生むこともあるかもしれない。
 それでも。生きている限り、今だけが現実だから。
 死にたいと思わないなら。生きたいと思うなら……
 仮にどれだけ変わっても、変えても。世界が変われど自分の魂だけは変わらない」

藤原しおんの言葉には、年輪のように刻まれた自信――――等は無い。
きっとその時々に心の奥底で奏でられた感情を、音として紡いでいるだけだった。

「私もキミのことを。
 今では真っ直ぐ、好きだと言えます。……いつでも、また。
 ここは、キミの帰る場所の一つで、そして、きっと全てではない。 

 ――――――――実りのある人生を。満足のいく生き方を、出来ますように」

438 『音仙』 :2021/09/16(木) 04:20:17

―――――――――『フューネラル・リース』について。
藤原しおんは己の能力で概要を『以前よりは』把握出来た。
現状では不確かな部分が多すぎる事もあり、『りん』には伝えていない。
また、『りん』自身が能力について自覚する事も、今の所は無いだろう。

『死亡発動型』のスタンド。
その能力の本質は――――『魂の        』であり、
発現せずとも毎晩0時に『魂』の『      』を取っている。

本体が『死亡』する時、亡骸の上に『花の環』として発現。
次の瞬間には、死体が『    』になり『  』する。
白と黒の『     』は、渦巻きながら『人型』にまとまり、
ヴィジョンである『花の環』は、その頭上に浮かんでいる。

この『人型』は動く際には『環』を残して崩れ、『花の嵐』の如く『   』で移動する。
死亡した本体の抱いた『      』という『渇望』が、
このスタンドの有する絶大な能力――――『   』の根源であるため、
『納得』の行く死や、『  』による死では、発現してすぐ消えてしまうが、
『  』や『事故』による『非業』の死ならば、何日でも何kmでも駆け抜ける。
ただし、死を『  』すら出来なかった場合は発現自体が出来ない。

『花の嵐』は自分が『死んだ要因』となった―――――――
またはそれに関連する『    』の『   』から内部に流れ込み、『  』し、
『  』を作り替えたそれに、『      』を取っていた『魂』を『      』。
これによって、その『   』を身も心も『         』。
反面、烈しい抵抗にあうなどして、『環』が『  』されると、『  』してしまう。

『  』に変わった『   』は一部にその『   』の要素を残しはするものの、
おおむね『  』という存在の『体』と『魂』を得て、見た目も生前に酷似したものとなる。
『 』のある『   』を対象にした場合、『記憶』や『人格』についても『    』可能だが、
余りにも『 』が小さすぎたり、『  』だったりすると、『  』や『  』は散逸する部分がある。

この『     』が死んだ場合についても、もちろん能力は同じように発動されるため、
生きたいと願いながら死ぬ限り、命は何度も咲き誇る。ただし『 』が摩耗していく可能性はある。

『フューネラル・リース』Funeral Wreathe
破壊力:― スピード:― 射程距離:E
持続力:A 精密動作性:― 成長性:A

『???』
破壊力:?   スピード:?  射程距離:∞
持続力:? 精密動作性:?   成長性:A

                              【フューネラル・リース】⇒未だ『詳細不明』。

439 宗像征爾『アヴィーチー』 :2021/09/18(土) 15:58:43

「――元気そうだな」

扉を開け、久方振りに『藤原しおん』と対面を果たす。
七ヶ月間に及ぶ入院期間を経て退院した直後。
『防空壕』に向かう数ヶ月前だった。

「今後の為に幾つか『質問』がある」

「『拾った物』や『奪った物』が、
 『本体の所持品』に含まれるかどうかを確認したい」

「それと、『能力』を使うに当たって、
 対象が『生物』である必要はあるか?」

440 『音仙』 :2021/09/18(土) 21:35:53
>>439(宗像征爾『アヴィーチー』)

「エエ、キミも元気になったようで何よりです」

>「『拾った物』や『奪った物』が、
> 『本体の所持品』に含まれるかどうかを確認したい」

「入手手段は問いません…………………が、
 もちろん、あまりにも無茶な場合については不可能でしょう。
 例えば、『地球の空気に触れている』からといって、
 空気を吸い込んだ相手に能力を使用する事は出来ません。
 拾うにせよ奪うにせよ、キミが実際に保持している必要がありますね」

>「それと、『能力』を使うに当たって、
> 対象が『生物』である必要はあるか?」

「いいえ。例えば…………………ええと。
 そういう物があるのかどうかは知りませんけど、
 自動で動くロボットに対しても、発動出来ます」

441 宗像征爾『アヴィーチー』 :2021/09/18(土) 23:26:24
>>440

自身の『右手』を見下ろし、
返ってきた答えを頭の中で反芻する。

「――助かる」

「もう一つだけ聞きたい。
 『ある所持品』に傷を付けられた時、
 それを引き金にして『能力』を発動したとする」

「その後に『同じ所持品』に『別の傷』を付けた場合、
 『ノコギリザメ』を放つ事は出来るか?」

442 『音仙』 :2021/09/18(土) 23:41:26
>>441(宗像征爾『アヴィーチー』)

>「もう一つだけ聞きたい。
>『ある所持品』に傷を付けられた時、
>それを引き金にして『能力』を発動したとする」

>「その後に『同じ所持品』に『別の傷』を付けた場合、
> 『ノコギリザメ』を放つ事は出来るか?」

「…………解釈が正しいか分かりませんが。
 『同じ所持品で、能力を二回使えるか』でしょうか?
 それでしたら、問題なく可能です。
 自分の物は、何度傷付けられても、怒りを覚えるでしょう」

443 宗像征爾『アヴィーチー』 :2021/09/18(土) 23:50:30
>>442

「言い方が悪かったようだな」

「その解釈で構わない」

続く藤原の言葉を聞き、右手を軽く握る。

「――感謝する」

立ち上がり、扉に手を掛ける。

「また来させてもらう」

そう言い残し、部屋から出て行った。

444 妖狐『キン・コン・ユウ』 :2021/09/26(日) 08:21:15
童女に化けた999歳の古狐が『音仙』の元へとやって来る

「結構早い再開じゃったな
 ちと訪ねたい事があるんじゃが…えーと…」

「あー…最近物忘れ酷くなって気がするな…
 …あーそうそう」

「人に化けたままで犬共と会話出来るんじゃったかのう?
 してた気がするんじゃが…」

「狐の姿の時、嚙む力もDだったか…?
            バケモノ
 老いぼれとはいえ、まだ人間を噛み殺す程度の力はあると思うが…」

「人に化けた状態で更に別の人に化ける
 いわば『重ね着』のような事は出来るか?」

445 『音仙』 :2021/09/26(日) 12:08:41
>>444(妖狐『キン・コン・ユウ』)

>「人に化けたままで犬共と会話出来るんじゃったかのう?
> してた気がするんじゃが…」

「これは可能です………………が、
 発話は人の声帯で犬語を話す事になるので、
 場合によっては意図が完全に伝わらなかったり、
 伝えるのに時間が掛かることもあるでしょうね。
 聞く分には、何ら問題なく聞き取り可能です」

※可能だが、犬の側からは『カタコトの会話』に近い感覚になる。

>「狐の姿の時、嚙む力もDだったか…?
>            バケモノ
> 老いぼれとはいえ、まだ人間を噛み殺す程度の力はあると思うが…」

「いえ……キミの動作はおおよそキツネ並ですので、
 噛む力についても、他のキツネと同じくらいです。
 鋭い牙で強く噛めば…………『骨を砕く』にも十分。
 あえてアルファベットで言うなら、『C』になるんでしょうね」

>「人に化けた状態で更に別の人に化ける
> いわば『重ね着』のような事は出来るか?」

「尻尾が残ってますから、可能です。
 ……ただし化けるのを解除した場合には、
 必ず本来の姿である『狐』に戻りますから、
 『重ね着』というよりは『着替え』かも、しれません」

446 妖狐『キン・コン・ユウ』 :2021/09/26(日) 18:42:13
>>445
『音仙』の話をぼんやりとボケ老人のように聞きながら相槌を打っている

「おお、そうであったなぁ
 この姿だと上手く犬語が話せぬ故に、
 犬めらに気を遣わせてしもうて心苦しかったのじゃ
     バケモノ
 まったく人間の姿は不便なものよぉ」

「ふぇっふぇっふぇ、次々と襲い掛かって来る人間共を
 食い殺して血に染めて来たこの牙はまだまだ健在のようじゃのお」

「我は狐界のふぁっしょんりーだーじゃからな
 変化のストックはいっぱい持っておるが、
 『重ね着』出来ぬならこんなに持ってても仕方ないかのう…」


「回答大義であった、礼を言おう
 また其方と話せて楽しかったぞ」

「しかし我も老いぼれたものよ…
 人間を殺すにも一工夫しなくてはならんな…はぁ」

「何だか自信が揺らいできおったな…」

小さく溜息をつく童女の背中は
しょぼくれた老人のように小さく哀愁が漂っていた


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) - サンカクヘッド

FPSは・・・遊びじゃないんだよ!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板