したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【他】『心音サイフォン・質疑・成長スレッド』

315 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 22:39:44
>>314

「あ、いえ、お気になさらず…」
(ただ単に面倒だったようだ…)

目をテーブルに落としたまま、静かに頷く。
何か勝手に色々と理由を考察してしまったが、想像よりこの人は人間離れしていないのかもしれない。
纏う雰囲気や、心の音を聴くという表現、何より『スタンド』を目覚めさせるという
得意な『スタンド』の持ち主であるだけに、俗人とはかけ離れた存在だと思っていた。
少しだけ、安心できた。─────しかし。

「『眠っていても』、スタンド使いに遭遇する可能性が高い、のですか」
「それは確かに危険ですね。『スタンド使い』は良識のある人間ばかりとは限りませんから」
「ちなみに『眠っている』人間に、あなた以外にも分かるような特徴はあるのですか?」

もしあるならば、声をかけて積極的にこちらへ連れてくるべきだろうか。
自衛の為の力は、持っておくに越したことはないだろう。数々の戦いを経て、自分も痛感している。

「恐縮です。最初に目覚めた時は、刃物を扱うこの力。些か自分の手に余るかもしれない、と思いましたが」
「幸運にも、自分にはそういう気性があったようです。いざ戦いとなれば、躊躇なく『スタンド』で戦うことが出来ました」

戦わずに済むならそれが良い。だが、それだけで終わらない時もあるのだと痛感した。
ならば、必要な時に必要な力を振るう。それが『シヴァルリー』、『武』を担うものだ。
コップを持ち、ゆっくりとお茶を静かに啜る。

「・・・・・それは?」

『音仙』、藤原さんのスタンドの陰にあるものに目を向ける。一体、どういう仕組みなのだろうか?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板