したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【他】『心音サイフォン・質疑・成長スレッド』

1 『音仙』 :2016/05/14(土) 23:27:00

【供】『心音サイフォン』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1463235536/2

――あなたは『音仙』の言っていたことを思い出す。

---------------------------------------------------------------------------------
【再聴/質疑】
#1.特別な才能が目覚めた方には……その『能力の詳細』をお教えします。
#2.まずはそれに従って……キミ自身の解釈で、
   自由に活動してみるのがいいのではないでしょうか。
#3.もしキミの解釈が通用しない時が来たら、あるいは疑問に思われたなら。
   その時にこそ……ここを、再訪することになるでしょう。改めて聴き直すために。
---------------------------------------------------------------------------------
【再聴/成長】
#1.キミが『大きなこと』を成し遂げたと思ったら、また来てください。そして、それを教えてください。
#2.もしかすると、キミの『才能』にも何か変化があるかもしれません……ないかもしれません。
    確かめるために……改めて、奥底を聴き直してみましょう。
#3.大きなことの基準はお任せしますが、変化は……基本的に、期待はしないでくださいね。
#4.もちろん……望んで死地に飛び込むことだけが、『大きなこと』ではありません。
    平穏な日常の延長であれ……キミにとって心を震わせる人生の契機であれば、あるいは。
#5.それと、無償です。賄賂も、受け取りません。
---------------------------------------------------------------------------------

もしその上で『聴き直し』を望むなら……その旨を伝えると良いだろう。

※質疑について補足※
・スタンド供与時に『能力詳細』をお渡しします。
・基本的にはこの『能力詳細』を参考にしてPCを動かして下さい。
・詳細を逸脱、無視しない範囲ならば、細部の認識は『PLの解釈』に任せます。
・解釈は自由ですが、認識が食い違った場合は『判定者』のそれが優先されます。
 つまりセルフバトルなら『相手PL』解釈が、GMがいるなら『GM』解釈が優先です。
・『質疑』は、主にこの認識の食い違いを正す(再発を防ぐ)事を目的とします。
・一度でも板上で稼働したPC以外の『質疑』は、原則受け付けません。誤記などは対応します。

※成長について補足※
・金銭は受け取りません。金銭による成長はありません。
・基準は供与者の『主観』です。
・おおむねですが、高危難の方が『どちらかといえば』成長が近いです。

308 御影憂『ナハトワハト』 :2020/12/31(木) 19:20:23

「…………こんばんは」

        ボソッ

「一つ『教える』というか『聞きたい』というか…………。
 お互いの認識に『違い』が無いか確認したい…………」
 
「『明かり』…………弱くしてもらえる…………?」

             ボソッ

「今…………私は手の中に『100円玉』を握っている…………。
 見ての通り…………
 『ナハトワハト』は既に発現済み…………。
 そして…………その状態で全身を『闇と同化』する…………」

         ボソッ

「さて…………『どうなるでしょうか?』」

309 『音仙』 :2020/12/31(木) 20:37:29
>>308(御影憂『ナハトワハト』)

「答えは『無音』…………エエ、コインは落ちない」

「と、答えだけでは部分点ですね。
 途中式も答えると……『既に持っている』なら、
 キミの持つ『かばん』や『スマートフォン』、
 厳密に言えば少し違いますが『衣服』と同じく、
 『闇に溶ける』際に、一緒に溶けてしまうからです」

「ゆえに手放す事も不可能ですが、
 逆に言えば『手放さずに済む』……でしょう?
 どちらが望ましかったのかは、『聴きません』けどね」

310 御影憂『ナハトワハト』 :2020/12/31(木) 20:48:14
>>309

「…………『正解』」

     ボソッ

(やっぱり『把握』されてる…………)

(『音仙』…………敵じゃないけど…………)

(もし敵になったら…………『厄介』…………)

「じゃ…………また、その内に…………」

           ――――――パタン

311 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 19:38:46
『コンコン』『ガチャ』

「新年、おめでとうございます。今年もよろしくお願い致します」

紙袋を手に、一人の少年が扉を開けてやってきた。深々と頭を下げる。

「新年のご挨拶も兼ねて、私事が一段落つきまして、そのお礼も合わせてお邪魔させて頂きます」
「こちら、個人的な好物の『信玄餅』です」

そう言って紙袋を差し出す。

312 『音仙』 :2021/01/12(火) 20:19:56
>>311

「ああ――――明けましておめでとう。
 『私事』については、私からは聞きません。
 語らうべき相手とは、十分に語らったでしょうし、
 私も……ある程度の顛末は、聴き及んでいますし」

「それを話に来たのであれば、
 もちろん、聞き耳にはなりますケド」

扉の中には、勿論『藤原しおん』がいる。
新春であれ何も変わりは無い部屋だ。
熱帯魚の、ポンプの音だけが鳴っていた。

「これはご丁寧に。……『和菓子』には、『お茶』が良いですよね」

例の『機械の蔓』――『音響機器の蔓』が複数伸び、
差し出された信玄餅の『紙袋』を受け取るとともに、
向かいの『椅子』が引かれ、『茶葉の缶』が取られる。

藤原自身は椅子に座ったまま動かない。
鉄の『性質』を理解して近付くのを控えているのか、立つのが嫌なだけか。

313 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 20:52:55
>>312

「お気遣い、ありがとうございます。…便利な『スタンド』ですね」

率直に言ってしまうと、意外と少しものぐさな面があるのだろうか、などと思ったりもしたが。
当然それを口にはしない。ひょっとしたら、自分が知らないだけで彼女は足が悪いのかもしれないし、
常に『スタンド』を動かす訓練を怠らないようにしているのかもしれない。
何にせよ、勧められた椅子に座る。

「いえ、お話が早いようで何よりです。大変に辛く、険しい道のりではありましたが。
 こうして五体満足で乗り越えられ、かけがえのない仲間も得る事ができました」
「その為の『力』を授けて頂いた『音仙』さんには、感謝をしております」

それも彼女の『スタンド』によるものなのか。あるいは、『タダヒト』さん達と知り合いなのか。
凡その顛末を知っている─────のではなく聴いている、と彼女は言った。
その言葉からして、前者が近いと予想している。改めて、思う。底の知れない人だ。

「この度は、その『力』…オレの『シヴァルリー』の状態も、今一度確認をして頂ければ、と思いまして」
「もっとも、何か不足を感じているわけではありません。ただ、これからもオレはまた
 戦いに身を投じることになるかもしれません。その時に、後悔をしないように」

あえて口にはしないが、己が身体に取り憑いた『蛇尾川』のこともある。
それが『スタンド』に影響があるのか、あるとしてどんな影響なのかは分からない。
ただ、いざという時に刀が刃毀れしていては戦いにならない。その為の手入れをお願いしたい、という意図もある。
彼女は何が起きたか大体理解しているようだが、その為に必要なことがあれば、話しておきたい。


『アポなし泥棒御用なり』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/96-350
『凍える刃』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/351-690
『ブラック・エピタフ』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1601890582/2-100

314 『音仙』 :2021/01/12(火) 21:50:25
>>313(鉄 夕立『シヴァルリー』)

「私の『ウィスパーズ』は、無敵ではないですけど……
 『成長』を繰り返している分、『利便性』はちょっとしたもの」

「あ……少し『不躾』でしたが、その、許してください、ネ」

   カタ ン…

『お茶』を淹れながら、余剰の『蔓』は縮んでいく。

「ええ、まず……キミが、おおむね無事でよかった。
 私が『スタンド』を目覚めさせられるのは、
 『スタンドの眠っている人間』に限ります。
 そして眠っている人間は『使えない』のに『惹かれ合う』」

                  ・ ・ ・

「『この件』が起きるより早く、目覚めさせていてよかった。
 ……実際のところ、私自身、自分の『能力』には感謝しました」

『鉄』の座る席にもすでに『コップ』は置かれていた。
というより、ほとんど常に置かれているのだろうが。

「とはいえ切り抜けられたのは、キミの『手腕』あってこそ、でしょう。
 『戦い』の仔細までは知りませんが、『シヴァルリー』を以てしても、
 すべての人間が、キミのように切り抜けられたとは限りません……」

       「だから――――今一度聴きましょう。キミの心の囁きを」

                     シュルルル
                           ルルル

言葉と共に、『音仙』は『背後』に視線を遣る。
『音響機器』で構成された樹の『木陰』に、この『テーブル』であると、分かる。

315 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 22:39:44
>>314

「あ、いえ、お気になさらず…」
(ただ単に面倒だったようだ…)

目をテーブルに落としたまま、静かに頷く。
何か勝手に色々と理由を考察してしまったが、想像よりこの人は人間離れしていないのかもしれない。
纏う雰囲気や、心の音を聴くという表現、何より『スタンド』を目覚めさせるという
得意な『スタンド』の持ち主であるだけに、俗人とはかけ離れた存在だと思っていた。
少しだけ、安心できた。─────しかし。

「『眠っていても』、スタンド使いに遭遇する可能性が高い、のですか」
「それは確かに危険ですね。『スタンド使い』は良識のある人間ばかりとは限りませんから」
「ちなみに『眠っている』人間に、あなた以外にも分かるような特徴はあるのですか?」

もしあるならば、声をかけて積極的にこちらへ連れてくるべきだろうか。
自衛の為の力は、持っておくに越したことはないだろう。数々の戦いを経て、自分も痛感している。

「恐縮です。最初に目覚めた時は、刃物を扱うこの力。些か自分の手に余るかもしれない、と思いましたが」
「幸運にも、自分にはそういう気性があったようです。いざ戦いとなれば、躊躇なく『スタンド』で戦うことが出来ました」

戦わずに済むならそれが良い。だが、それだけで終わらない時もあるのだと痛感した。
ならば、必要な時に必要な力を振るう。それが『シヴァルリー』、『武』を担うものだ。
コップを持ち、ゆっくりとお茶を静かに啜る。

「・・・・・それは?」

『音仙』、藤原さんのスタンドの陰にあるものに目を向ける。一体、どういう仕組みなのだろうか?

316 『音仙』 :2021/01/12(火) 22:49:38
>>315

「私は、『そう考えてます』……
 学説と言うほどの話でもないですが、
 マア、その、私自身の経験に由来する事です。
 端的に言えば、私も『生まれつき』の能力者ではないので」

「そして『見分け方』はありません。
 私も、『聴く』までは……ここに来ても、
 スタンドに目覚めず帰った方はいます。
 『数奇』な運命の中で生きている方も、
 ごくごく普通の、平均的な人生を歩む方も」

鉄の質問に穏やかな調子で答えながら、
『茶』と『菓子』の準備は進められていく。
中には、『日本茶』と合うとはあまり思えない、
洋菓子の一種――――『プレッツェル』も見受けられた。

「……『戦う力』は時に『暴力』と混同され、厭われます。
 ですがキミがそうであるように、力は力。暴力とは『振るい方』」

「私も……講釈をするほど、人間性に優れたものではありませんケド」

テーブル、いす、そして向かい合う『音仙』と『鉄』も、
すべてが『ウィスパーズ』と呼ばれるスタンドの『木陰』にある。

「ここが『木陰』であることに意味がある、それだけです。
 テーブルにも椅子にも、もちろん食べ物にも仕掛けはありません」

そして『飲食』の準備が整った頃、半ば髪に隠れた目が『鉄』を見据えた。

「――――では、今再び『聴き』ましょう。
 場合によっては、時間もかかりますが……準備はよろしいですか?」

317 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/12(火) 23:14:18
>>316

「…あなたも、後天的に目覚めたのですか」
「それは、突然に?あるいはオレのように、誰かの協力を得て、でしょうか?」

テーブルの上に並べられた菓子の中にある、『プレッツェル』。覚えていてくれたのだ。
いや、実際あの時は好きな洋菓子を訊かれて、あまり食べたことのない菓子の中で
そういえばこの前妹からもらった『プリッツ』は美味しかったな…という記憶から引っ張り出した名前だったが。
何にせよ、ありがたいものだ。小さく頭を下げ、先に『プレッツェル』に手を伸ばし、頂く。
しげしげとその特徴的な形を見つめた後、小さく食べてみる。…美味い。

「こういった場所を訪れ、何かを変えようとした人間にのみ、『目覚める』機会があるのでしょうね」
「かく言うオレも、これは自分にはどうしようもない事だと諦めていたら、『シヴァルリー』に目覚める事もなかったでしょう」

やはり、『眠っている』人間の見分け方はないようだ。覚悟していた事であるが故に、衝撃はない。
それならば、これから自分が生きていく中で、何かに抗いたくとも力を持たない人間に会った時。
この場所を、勧めよう。何も変わらないかもしれない。それでも、希望は少しでもあった方がいい。

「…一連の事件を通じて、色々なことを知りました。この街では、想像よりも数多く事件が起きていること」
「そしてそういった犯罪に手を染める人間は、必ずしも想像するような『悪党』ではなく、
 日常の中で偶々足を踏み外し、そちら側へと落ちてしまった者もいること」


>    「私の所属する『三課』は、
>     『窃盗犯』を主担当としている」
>    「スーパーの『万引き』、『空き巣』や『ひったくり』は、
>     この町の何処かで、毎日起こっている」


>      「ああ、自首するよ」

>      「このスタンド能力を、使わずに生きてきた」

>      「――――だが、いざ使ってみれば、このザマだ」

>      「慣れないことを、するべきじゃあ、なかったよ……」

「オレも例外ではありません。常に自らの行いに気をつけて、これからも邁進していく所存です」
「よろしくお願いします。今日は家族へと遅くなる旨を伝えてあるため、問題ありません」

そう言って深く頭を下げ、今度はしっかりと『音仙』さんの瞳を見返す。
彼女は真剣に望んでいる、自分も同じく真剣に望まねば失礼だ。ましてやこれは自分がお願いした事なのだから。

318 『音仙』 :2021/01/19(火) 22:06:56
>>317(鉄 夕立『シヴァルリー』)

プレッツェルはごく平均的に、美味だった。
包装からして既製品ではあるのだろうが、
だからこそ過度な気遣いの重みも無い。

「――――それは『後者』ですね。
 私もかつて、この能力を『供与』されました。
 そう、『何かを変えようと』……
 エエ、ごく些細な望みではありましたけど」

『藤原しおん』は『ウィスパーズ』を見上げる。
 
「勿論『今の形』になるまでには……
 幾度か、『成長』を重ねた結果ではあります。
 あくまで、『能力の成長』ですけど……ネ。
 人間的に私が成熟しているかとは、別の話です」

「それは私以外のスタンド使いにも……きっと全ての人に言える事」

そして『音仙』は、『鉄』の言葉と視線に頷く。

「私は、その、カウンセラーではありませんが……経験から言って、
 人生の中で『力』を磨いても、『心』は削られるかもしれない。
 『心』は磨かれても、ええ、『力』が追い付かないことだって多い。 
 『苦境』を超えた者すべてが、失う物より多くを得られるとは限らない」

「キミは強く、そして優しい。きっとこれからも……エエ。
 ですが、『強さ』『優しさ』が常に正解を導くとは限りません。
 むしろ、『できてしまう』からこそ『踏み外す』線もある。
 だからこそ……己を顧みることの出来る、その『意志』を」

           キィィィィィィィ  ―――――――
                              ン

                    「これからも、どうか、保ち続けて」

319 『音仙』 :2021/01/19(火) 22:56:43
>>317(鉄 夕立『シヴァルリー』)

          ィィィィィ――――――――――  ・・・


「さあ、『聴こえ』ましたよ。
 キミの中に響く、新たな音……
 紛れもなく『新たな領域』ですが、
 どちらかと言えば『出力の強化』ではなく、
 手札を増やし……戦い易さを高める形と、言えます。
 過度な『殺傷力』ではなく、その新たな手綱」

「即ち『殺傷力』を『統合』――――『研ぎ澄まし』て『太刀』と為す」

              『シャ 
                    キン』

「『シヴァルリー』……『セッション』」
 
「『個』を『殺す』ようにも思える能力ですが、
 『セッション』という名前が示す通り、
 むしろ、『まとめ上げる』と言うべきでしょう。
 勿論、キミ自身の気質がどうこうというわけではありませんよ」

           「あとはキミが『後悔』をしないように……
             私から出来るのは、これを聴かせる事だけ」

                         キィィィィィィィ  ―――――  ン

「それと、ここで祈っているくらいでしょうか。
 ……如何なる壁が現れても、キミの道はキミのもの。この先も、お気を付けて」 

                               「また……行ってらっしゃい」

――――――――――――――――――――――――――――――――――

『成長』した『シヴァルリー』は、新たな『戦い方』を有する。

奪っている『殺傷力』が『2つ以上』ある時に発動できる『第二の能力』。
それらを1つに『統合』し、『研ぎ澄ます』事で、一本の『刀』を形成する。

刀に特別な能力は存在せず、統合した分の『蓄積枠』も使ったままだが、
統合した数に応じた『切れ味』と『刃渡り』を有しており、
2つで『脇差』、3つで『太刀』、4つで『野太刀』に相当する。
『4つの殺傷力』を『二振りの脇差』にすることも、可能。
雑多な殺傷力を、『使い勝手』に優れた『武器』に変えられる強みがある。

その『刀』そのものに先天的な名は無いが、
『統合』の性質は、『セッション』とも称される。

『シヴァルリー』Chivalry
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(2m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:B→C

『シヴァルリー・セッション』Chivalry Session
破壊力:C〜A スピード:―  射程距離:D(4m)
持続力:B  精密動作性:―   成長性:―

――――――――――――――――――――――――――――――――――
                            鉄 夕立『シヴァルリー』→『成長』。

320 『音仙』 :2021/01/19(火) 23:08:19

視認した『刃』から殺傷力を奪い、なまくらにする。
奪った殺傷力は、その『刃』の形を成して手に発現出来る。
奪う際にも殺傷力が刃の形を成してこのスタンドに飛来し、それを吸収する。
その飛来経路に無生物があっても透過し、生物がいれば容赦なく切り裂く。

『シヴァルリー』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E(2m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:C

奪った殺傷力は複数『統合』して『研ぎ澄ます』事で、
それらを一本の『刀』の形に変えた上で手に発現する事も出来る。

『シヴァルリー・セッション』Chivalry Session
破壊力:C〜A スピード:―  射程距離:D(4m)
持続力:B  精密動作性:―   成長性:―

【基本情報】
1.人型。本体とのダメージフィードバックを有する。また、視覚のみ有する。
2.このスタンドの視界内に存在する『刃』から、『殺傷力』を奪う事ができる。
  鞘などで刀身全体が隠れている刃からは奪えない。一部が隠れているだけなら、奪える。
  常に刃全体から奪う事になる。一部分だけ奪ったりは出来ない。
  また『爪』や『牙』などの刃物は、『一本で刃物足り得る』場合は一本ずつ奪い、
  並んだ牙のように、一本ずつ斬ることが困難である場合はまとめて奪うことができる。
  刃にスタンドなどで後天的に付与された『殺傷力』を奪えるかはケースバイケース。
  『刃の切れ味を高める』物なら刃の殺傷力ごと奪え、『刃そのものと無関係と断定できる』場合は奪えない事が多い。
  後述の、『シヴァルリー』が生み出す『殺傷力の刃』から『殺傷力』を奪う事は出来ない。
3.刃の定義は『パワーD相当以上の鋭さ』を持つ刃物であることか、
  実際に何かに『切り傷』を付けた、または『切断』『両断』したのを見ること。
  槍の柄などの一体化した付属品も刃の一部とみなされるが、
  一時的な付属品、例えばただの包丁に後から結びつけた棒などは含まれない。
4.『紙』や『手刀』などは刃物でないため通常は刃ではないが、
  後者の条件を満たしたことを視認すれば、その瞬間から刃物扱いできる。
5.殺傷力を奪われた刃物は、何に命中しても『刃物自体によるダメージ』を与えられない(パワー:なし 相当になる)
  これは打撃などに用いても同じ。ただし刃物を扱う腕などのパワーや、
  刃を振るう行為自体のスペックが失われるわけではないため、
  ダメージを伴わない押し込み、拘束などには使用出来るし、
  刃で押された人間が釘を踏んだり、または元々負っていた傷が広がって傷つく事はある。
6.同時に刃の殺傷力を奪っておけるのは『4つ』まで。持続時間は『10分』で、能力射程は『20m』。
7.一度殺傷力を奪い、解除して殺傷力が戻った刃から再度奪うには『1分』のクールタイムが必要。
8.スタンドそのものが解除された場合、蓄えていた殺傷力は霧散し、『一呼吸後』に刃の殺傷力が回復する。

【殺傷力を奪う過程】
1.奪った殺傷力は、幽体のように刃から抜け出し、
  その刃の形でこのスタンドに切っ先を向けて飛来する(パスBC)
  スタンドのどの部位に飛来するかは、不自然な軌道でなければ選択可能。
  この殺傷力の刃は実体化したスタンド物質であり、一般人も視認・干渉可。
2.途中にある無生物は透過し、生物には命中。このスタンドに触れると吸収される。
  壊される、生物の体に阻まれるなどすれば霧散し、一呼吸後に刃の殺傷力が回復する。
  生物に命中し、貫通した場合などは霧散せずそのまま進む。
3.能力の任意解除は可能。解除した瞬間、奪っていた殺傷力は刃に戻っていく。
4.戻っていく際も、幽体のようにスタンドから抜け出して、
  刃に切っ先を向けて飛び(パスBC)、刃に触れれば吸収される。
  この時『シヴァルリー』は刃を吸収しないため、通常通りに干渉する事が可能。
  ただし、『自傷』することは出来ない。
5.無生物は透過すること、そして生物には通常通り当たるのも同じ。
  途中で阻まれれば霧散し、一呼吸後に刃の殺傷力が回復するのも同じ。
6.刃から飛び出した、または刃に戻ろうとしている時の殺傷力は、『パC』の全力打撃で霧散させられる。
7.霧散した場合の刃の殺傷力回復は、飛来の過程が無い。

321 『音仙』 :2021/01/19(火) 23:08:30
【手で扱う際の殺傷力の刃】
1.奪っている殺傷力は、このスタンドの中に蓄えられており、いつでも内容を把握出来る。
 『刃物』にスタンド能力が付加されている場合はその部分だけ、
 『刃物』そのものがスタンドの場合は能力の概要を把握できる。
2.奪っている殺傷力を元々の『刃』の形で、このスタンドの手に発現し、扱う事が出来る。
  ただし確実に手で持つものでない(例えば刃が着いた靴など)場合、該当する部位に現れる。
  発現に勢いはないため、障害物を押しのけながらの発現は出来ない。
  発現時の刃物の持ち方は、ちゃんと保持できているなら自由。
3.同時に発現しておける刃は『2つ』まで。視認していれば、任意解除可能。
4.この殺傷力の刃については『スタンド体』。一般人には見えず、干渉もされない。
5.投擲したり、人に渡したりもできる。この場合の射程は『4m』。超えると霧散する。
6.刃自体に『スタンド能力』など特異な効果がある場合、それは殺傷力の刃にも備わっている。
7.なお、無生物を透過する効果はない。『シヴァルリーで扱う為』に形を強く与えているのが原因と思われる。
8.手で扱っている際の殺傷力の刃の強度は、元となった刃に準拠する。
9.元となった『刃物』が消失した場合でも、奪った『殺傷力』に影響はない。
  ただし解除時の『戻っていく』過程は経ず、その場で消滅することになる。

【セッション】
1.奪って、かつ手に発現はせず『蓄えている』状態の殺傷力が『2つ以上』の時にのみ使用が可能になる。
  使用は強制ではなく、使用時には一呼吸ほど、精神を統一する必要がある。
2.『2つ』〜『4つ』の殺傷力を『統合』して『研ぎ澄ます』事で、『一振りの刀』に形成して手に発現する。
3.この刀は『統合した殺傷力分』の『蓄積容量』を使っている。
  『4つ』統合した刀の形成時には、それ以上殺傷力は奪えない。
4.『同時に発現している刃の数』としては刀一本としてカウントされるので、
  『3つ』統合した刀の形成時に、他の殺傷力を刃として手に発現する事は可能。
5.スタンド体である事や、射程など、基本的な性質は、通常の『手で扱う際の殺傷力の刃』に等しい。
5.刀の切れ味と刃渡りは、統合した殺傷力の数に応じて変わる。
  (消費した殺傷力の切れ味やサイズ、形状、付与されている能力は、刀のそれに影響しない)

      【切れ味】     【サイズ】
  『2つ』 C相当       脇差  (約50cm、一尺六寸)相当
  『3つ』 B相当       太刀  (約80cm、二尺六寸)相当
  『4つ』 A相当      野太刀 (約110cm、三尺六寸)相当

6.この能力の切れ味におけるC相当は、『破壊力Cで破壊できる物を切れる』を意味する。
7.『4つ』蓄積している時、『4つ』統合して一振りの野太刀にするだけでなく、
  『2つ』統合して作成する『脇差』サイズの刀を『二振り』作成する事も出来る。
8.解除時は刀は『霧散』する。統合していた殺傷力は元の刃に戻っていく過程を経ず、一呼吸後に再生する。

322 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/20(水) 00:51:21
>>318-319

『音仙』さんも誰かから『スタンド』に目覚めさせてもらったと聞いて、内心で少し驚いた。
個人的な感覚だが、『スタンド』を引き出す『スタンド』というのは、
どこか他のスタンドと一線を画す存在だと認識していた。
だが、それはたまたまそういう能力であった、というだけで
実際は自分達のような人間と、そう変わらない人なのかもしれない。
そんな彼女が『変えたいと願ったもの』、興味がある。もっと言ってしまえば、ここに至るまでの過去の内容を。
だが、流石にそれはプライバシーに関わる問題だろう。ここで性急に問い訊ねる事ではない。

「・・・・・藤原さんのお言葉を、胸に深く刻ませて頂きます」
「そして新たなる力─────『セッション』。感謝致します」
「この力を用いて、また新たな壁を切り開き道を作り出せるように。精進致します」

ゆっくりとお茶を飲み干し、立ち上がる。
新たな力に溺れぬよう、また振り回されぬように。自分に出来ることと言えば、ただ訓練するだけだ。
斑鳩くんを始め、友人や仲間、また日々を平和に暮らす人が、困った時に助けられるように。

「ありがとうございました」

深く頭を下げて、背を向けて入り口へと歩き出す。─────。
途中で一度足を止めて、振り向いた。

「・・・ちなみに、藤原さんは何が『カワイイ』と思いますか?」

323 『音仙』 :2021/01/20(水) 01:37:06
>>322(鉄 夕立『シヴァルリー』)

藤原しおん、という女について多くは分からない。
なぜ『スタンド使い』になろうとしたのか。
なぜ『供与』する力を得て、それをしているのか。
彼女はどこから来て、どこに向かう存在なのか。
それが知るべき事なのかどうかも、分からない事だ。

「私は『教師』や『牧師』でもありませんので、
 言葉をどう受け止めるかはお任せします。
 ……望むなら、それがキミの助けになれば」

茶の味がゆっくりと口の中に広がり、
それが喉を通って、体を満たす。
『新たな力』も同じように浸透していく。
『シヴァルリー』の一部として、既に『成った』。

「エエ、こちらこそありがとう。
 ……『カワイイ』? ええ、まあ、そうですね。
 悩みます、けど…………そう、『熱帯魚』?」

立ち去る夕立に、目を細めていた『藤原』だが――

               ス

「『プレコ』などは……好きで、そこの水槽にも何匹かいますね。
 ああ、いえ、『アクアリウム』にすごく詳しいわけではないのですが」

視線を向けた先には、『エアポンプ』の音。そこに泳ぐ、色とりどりの魚たち。

324 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2021/01/20(水) 01:51:13
>>323

「成る程。『プレコ』…というのですね、この魚の種類は」
「熱帯魚…特に『プレコ』は『カワイイ』。参考になりました、ありがとうございます」

もう一度身体を『音仙』さんへと向けて、頭を下げる。
成る程、確かに小さい生き物は可愛らしい。とはいえ魚に馴染みはなかったが、
女性の感覚からすると、こういうものも『カワイイ』の範疇のようだ。見識が深まった。

「それでは、お互いにお元気で。また何か困り事などありましたら、すぐにご連絡を頂ければ」
「…失礼致します」

そして、ドアを潜り抜けた。
あの人は、自分達兄妹を救ってくれた。だから、きっとこれからも、また誰かを助けてくれるのだろう。
それならばあの人を守ることが、また誰かを救うことに繋がるはずだ。

「何にせよ、また鍛錬だな」

『シヴァルリー』を発現し、その姿をしばし眺めた後に解除する。そうして歩き出した。
この能力を活かす機会は、実はこの後、生涯訪れないのかもしれない。鍛錬も無駄になるかもしれない。
けれどそれは最も喜ばしい事だろう。それはこの街が、ずっと平和なままだったのだろうから。

325 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/01/20(水) 18:58:36
「そら……?」「……ソラ……」「藤原ソラ……だと……?」

「いいね!気に入ったよ
 まっさらで空っぽなゼロからのスタートにピッタリだ、スケールもでかいし」
「お姉さんは私のゴッドマザーだね
 あのさ…ママとかお母さんって呼んでいい?いや、駄目なら別にいいんだけど…」

「そうだ、少し質問があるんだけど」

・身体能力に補正がかかるらしいけど、ジャンプ力が増したりスタイリッシュな動きが出来るわけではない?
・『冠』が破壊された場合、再発現にはどうすればいい?
・雲の上に乗った状態でステッキによる再調整を行ったとして、どこまでも高く引き上げる、または下げる事は可能?
 あくまで最初に『浮上』させた位置を基準としての再調整しか出来ない?
・『氷点下』の核が0度以上になった場合どうなる?

「どうしたいか…か
 今はフリーの状態だからな、気の向くままに動いて記憶の手がかりを探すのもいいか」
「と言っても、フリー過ぎて家も金も無いのは問題だな…」

「……あんたに親こうこ…、いや、恩返ししてみるのもいいかな?」

326 『音仙』 :2021/01/21(木) 08:08:55
>>325(ソラ『ステインド・スカイ』)

「呼び方は……キミに任せます。
 ですが、私に『その役目』が出来るかと言えば、
 正直に言ってあまり、その、自信はありません。
 …………だから、『駄目』とは言いませんが、
 その事で、いつかキミは傷ついてしまうかもしれない」

「……『名付け親』として、キミの事を見捨てはしませんが」

        「……『親』のように、
         無尽無償の愛は注げない、かも」

>・身体能力に補正がかかるらしいけど、ジャンプ力が増したりスタイリッシュな動きが出来るわけではない?

スピードが『B』になっているため、
スタンドのルールに基づき『跳躍』力は増す。
(『スピードB』の『垂直跳び』は『2m』)

ただし精密動作性は上がっていないため、
曲芸のような動きが無条件で出来る訳ではない。

>・『冠』が破壊された場合、再発現にはどうすればいい?

破壊から『一昼夜』経過すれば、再発現可能。

>・雲の上に乗った状態でステッキによる再調整を行ったとして、どこまでも高く引き上げる、または下げる事は可能?
 あくまで最初に『浮上』させた位置を基準としての再調整しか出来ない?

『最初に浮上させた位置』を基準にしての再調整しか、現時点では出来ない。

>・『氷点下』の核が0度以上になった場合どうなる?

普通の雲になり、『雪が降らなくなる』。
雲自体が解除されたりはしない。
逆に普通の雲の核が0度を切った場合は、雪が降る。

「『私』が……キミにしてほしいのは、
 住むところと、食べ物を得る方法を決める事ですね。
 ここは、打算があるとかではなく……心配なので」
 
「とはいえ『子供の一人暮らし』は世間が認めない。
 普通に家を借りる、というのは困難でしょう。
 仮に……『普通ではない不動産屋』がいるとしても、
 食い扶持も、まともな者は子供を労働力にはしない。
 私だって、キミに労働をさせたいとは思わない」

    「屋根と食事……もちろん見つかるまでは、
     私がひととき『提供』する事は可能です。
     ……何かを返してくれ、とは言いませんが、
     『ずっとそれを続ける』のは、難しい」

          「……難しい事が、多いですね」

327 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/01/21(木) 18:43:54
「うん…分かったよ
 それでも自分にとっては、名前をくれたあんたは親みたいなもんだし、勝手に呼ばせてもらうね」

「それで、もう少し質問があるんだけど…」

・水中で『浮上』させた場合はどうなる?
・液体や気体を『浮上』させる事は出来る?
・再調整する時、スピードを緩やかに調整する事は出来る?
・雲に乗る場合、雲はどれくらいの重量耐えられる?
 例えば石ころ程度の物を核にした雲の上に乗る事は出来る?

「子供はいつか親離れしなきゃいけないからね…
 少しの間衣食住を与えてくれるだけで有難いよ
 いつか自力で生きていく方法を見つけるからさ、それまでお世話になるよ」

「恩はいつかたぶん、おそらく、きっと返すよ
 …お母さん」

328 『音仙』 :2021/01/22(金) 00:06:39
>>327(ソラ『ステインド・スカイ』)

「『呼べ』とも『呼ぶな』とも、言い切れない。
 ……どうか許してください。
 それでもそう呼んでくれるというのなら、応えます」

「それで、質問の答えですが……」

>・水中で『浮上』させた場合はどうなる?

『水面まで』浮上させるなら可能。
『水面に到達できない』浮上は、
天井に当たる場合などと同じで不可能。

>・液体や気体を『浮上』させる事は出来る?

固体ではないものは、浮上させられない。

>・再調整する時、スピードを緩やかに調整する事は出来る?

腕を振るう速度次第なので、可能。

>・雲に乗る場合、雲はどれくらいの重量耐えられる?
  例えば石ころ程度の物を核にした雲の上に乗る事は出来る?

本体が乗る場合、どんな雲にでも乗れるし、本体の重量には常に耐えられる。

「キミを直接、『守る』事は……あまり出来ません。 
 外を出歩くなら、気を付けて。『スタンド使いは惹かれあう』
 もちろん、それが『手がかり』に繋がる事も、あるでしょうが……」

       「月並みな事を言えば、無事である事。
         そして記憶を取り戻す事が『恩返し』に、なりますよ」

329 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/01/22(金) 18:55:34
>>328
「ありがとう、心得たよ
 じゃあちょっと、出かけて来るかな
 何か面白い物があったらお土産にでも持って来るかな
 行ってきます、ママ」

330 小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』 :2021/03/11(木) 22:20:50
随分長いこと会ってなかったような気がしますね。

本当なら、土産に私の気に入っているマスカット大福でも用意して
久しく会話をしたいのですが、少し急ぐ場所がありまして。ですので、その所用が
済ませた後にでも、また来ようかと思いまして……その前に2、3質問を。

1:『水槽』状態のスタンドが、本体の射程外に出た場合の強制解除ですが。
この場合は一瞬で水槽のガラス膜も液体に解除され飛び散る形と考えて宜しいですか?

2:『水槽』内の液体は、水槽時点での性質を保有したまま変質しない。
(※混入した物体は例外)この性質ですが電気・光・音なども保有可能でしょうか?
また、水中に入れても燃え続けるマッチのようなものを保有した小さな水槽に
可燃性の強い液体の内包した大きな水槽を掛け合わせて小さな水槽を解除した場合は
大きな水槽は解除してから瞬時に発火するのでしょうか?




(※これは、こちらで質疑する事ではないのですが……以前参加させて頂いた
とある夢ミは強制終了となった事で管理スレの質疑応答も踏まえ
私の早合点による落ち度ですが、記憶は全て喪失と言う形のロールを取ってましたが
別の感想戦で確認したところ、記憶していて特に問題ないとの事でしたので
『思い出す』と言う事に関して問題ないでしょうか?)

331 『音仙』 :2021/03/11(木) 23:10:28
>>330(小林 丈『リヴィング・イン・モーメント』)

「キミの活躍は『耳に及んで』いましたが、
 確かに……顔を合わせるのは、久しぶりかも。 
 エエ、『何があったか』は後で聴かせてください。
 そう、つまり、話に来れるよう……心から息災を」

>1:『水槽』状態のスタンドが、本体の射程外に出た場合の強制解除ですが。
>この場合は一瞬で水槽のガラス膜も液体に解除され飛び散る形と考えて宜しいですか?

水槽が解除されても、元となった液体は消えない。
よってその認識が正しい。

>2:『水槽』内の液体は、水槽時点での性質を保有したまま変質しない。
>(※混入した物体は例外)この性質ですが電気・光・音なども保有可能でしょうか?

液体以外の混入物は通常通り作用するので、
それ単体では『不可能な可能性が高い』。
ただし液体が帯電しているのは保有可能。
(『液体そのものの性質』になるため)
具体的な状況によってはケースバイケース。

>また、水中に入れても燃え続けるマッチのようなものを保有した小さな水槽に
>可燃性の強い液体の内包した大きな水槽を掛け合わせて小さな水槽を解除した場合は
>大きな水槽は解除してから瞬時に発火するのでしょうか?

小さな水槽の中身にもよるが、原則その認識で正しい。

>(※これは、こちらで質疑する事ではないのですが……以前参加させて頂いた
>とある夢ミは強制終了となった事で管理スレの質疑応答も踏まえ
>私の早合点による落ち度ですが、記憶は全て喪失と言う形のロールを取ってましたが
>別の感想戦で確認したところ、記憶していて特に問題ないとの事でしたので
>『思い出す』と言う事に関して問題ないでしょうか?)

ロールは供与者の領分ではないので、ご自由に。
『音仙』の『ウィスパーズ』は万能ではないので、
思い出せていなかった事を聴けてなくても矛盾は生じない。

332 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/03/16(火) 19:33:10
しばらくぶりだな。ちょっとは『ゴミ』じゃなくなった気もするが、アタシは『まだまだ』『ゴミ』だ。

と、世間話をしに来た訳じゃねえ。質問がある。
「今更?」な質問なのかもしれねーけどよ、改めてってやつだ。

「突風による質量無視の吹き飛びは『本体』のみに適応されると説明があったが、その吹き飛びのDFは発生するのか?」

いや、『吹き飛び』事態がダメージを生まねーのは解ってる。ようするに、『スタンドも一緒に同方向に吹き飛ぶのか、それともスタンドはその場に留まるのか』だな。
アタシは今まで『留まる』と解釈してたんだが、ひょっとして勘違いをしてるんじゃねえかと思って、確認をしに来たんだよ。手間かけて悪いが、よかったら教えてくれ

333 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/03/16(火) 20:01:02
前の質問に答えてもらってないのに申し訳ないんだが、ついでに思いついた事があるから聞いてくれ。

「『渦の移動』って、可能か?」

まずアタシが思ったら渦が移動できたり……これはまぁ無理だと思ってるんだが。
だが、例えば。『渦』を発生させた、『床』を移動させる事が出来たら、『発生位置』の移動に伴って『渦の移動』は起きたりしないか? 
具体的な例を出すなら、『エレベーターに渦を発生させたらエレベーターの移動に伴って渦も動くのか』的な感じだ。

それと『渦』を発生させられる『地面の定義』は『位置』は関係なく『(だいたい)平面なスペース』でいいんだよな? 
『アタシ(本体)』より下の位置からしか発生させられない 的なのはないよな?
あ、言っとくけど『下から昇る渦』しか発生できないのは解ってるぜ

なんかせわしなくて済まねえな、よかったらこっちにも答えてくれ。

334 『音仙』 :2021/03/16(火) 22:24:34
>>332-333(風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』)

「ああ、お久しぶりです。……キミは、以前より良い顔をしてますね」

「ただ……心に染み付いた『価値観』は、
 少しずつ変えていくしかありません。
 でもね……『変わること』を望むのであれば、
 それ自体が、とても、良い傾向だと、心の底から思いますよ」

「さて、それでは……答えます。
 ああ、それと、この『質疑』はキミの『権利』ですから……
 問いの数が多くても、頻度が高くても、一つも間違いではない。
 『向き合った』結果とも言えるでしょう……あ、節度は、ありますが」

>「突風による質量無視の吹き飛びは『本体』のみに適応されると説明があったが、その吹き飛びのDFは発生するのか?」

「いいえ、これは『しません』……
 『留まる』という、キミの認識で合ってます。 
 吹き飛ぶのは、『ゴミ』を自認する、今のキミだけです」

>「『渦の移動』って、可能か?」

「まず、キミの思う通り『任意で操作』は不可能です。残念ながら」

「そして『エレベーター』の例ですが……『動きます』ね。
 ただし、ええと、例えばの話をしますが……
 『床の上に敷いているカーペット』があるとして、
 そのカーペットの上に渦を発生させたとしましょう。
 エエ……カーペットが移動しても、渦は移動しません。
 『敷き物』や、『床に置いてある物』ではなく……
 『床自体が動いた場合』であれば、渦は動く、という意味です」

        「……分かりやすい例えになっていましたか?」

>それと『渦』を発生させられる『地面の定義』は『位置』は関係なく『(だいたい)平面なスペース』でいいんだよな? 
>『アタシ(本体)』より下の位置からしか発生させられない 的なのはないよな?
>あ、言っとくけど『下から昇る渦』しか発生できないのは解ってるぜ

「エエ、これは、その認識で正しいですよ。
 段差の上にでも、風が届けば『渦』を作ることは可能です」

335 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/03/16(火) 23:17:58
>>334
質問に答えてもらってありがとうよ
実のところ、『色々』試してみたい事があってな、その為に必要だったんだよ。特にスタンドが巻き添え食うか食わないかは。
床と『位置』は……もしかしたら、ビルとかで喧嘩とかするかもしれねえしな。その時になって聞きに来るより、今聞いたほうがいいと思ったんだよ。
それじゃあ、改めてだがありがとうよ。いつかは、アタシが『ゴミ』を名乗らなくなる日が来たら、あるいはまたなんか分かんなくなったら来るよ。じゃあな

336 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2021/04/03(土) 23:38:52

>本体の声を収音し、音響機器から出力する。
>出力に使用した機器は本体の『ファン』になり、『情報』を貢ぐ。

基本的な事で大変恐縮ですが、PLはこの能力を、
『本体がプラン9を通して機器に語りかける』→『プラン9を通して該当する機器の声が聞こえる』
という流れだと考えています。
この解釈は正しいでしょうか?

337 『音仙』 :2021/04/04(日) 00:03:57
>>336(美作くるみ『プラン9・チャンネル7』)

>>本体の声を収音し、音響機器から出力する。
>>出力に使用した機器は本体の『ファン』になり、『情報』を貢ぐ。

>基本的な事で大変恐縮ですが、PLはこの能力を、
>『本体がプラン9を通して機器に語りかける』 →『プラン9を通して該当する機器の声が聞こえる』
>という流れだと考えています。
>この解釈は正しいでしょうか?

能力詳細の記載より――

>背中のマイクは、本体の声のみを拾う。どれ程周囲がうるさくても問題ない。
>拾った声は、本体から半径『120m』に存在する『音響機器』からリアルタイムで出力できる。
↑ 『本体がプラン9を通して』

>本体の声を出力した機器は、条件を満たせば本体の『ファン』になる。
>本体が機器に『ねだる』ことで、機器が持つ価値あるもの――
>すなわち、その機器の『情報・記憶』を本体に貢がせる事が出来る。
>ねだる方法は、意中の『ファン』化した機器を出力対象にし、
>機器に対して『欲しい情報』を語りかけるように出力すること。
↑『機器に語りかける』

>機器が貢いだ情報は言語化され、スタンド音声としてスタンド側の『スピーカー』から出力される。
↑『プラン9を通して該当する機器の声が聞こえる』

よって、概ねその認識で間違いありません。

338 空織PL :2021/04/04(日) 01:17:25
『プラン9・チャンネル7』について質問です。


【基本情報】
>4.拾った声は、本体から半径『120m』に存在する『音響機器』からリアルタイムで出力できる。

>6.音声を出力する機能を持つ機械であれば、音響機器と認定される。
   叩けば音が出るなど、物理的な方法で音を鳴らす(楽器のように)のは範疇外。

>7.ラジカセや音楽プレーヤーに限らず、スマホ、パソコン、音声案内(ナビ)機器なども含まれる。


 上記から、『プラン9』は
 本体の音声を射程内にある他人の『スマホ』から出力することが
 可能な能力だと認識しています。

・このとき、スマホから出力される本体の音声は
 『普通の通話音声』のように感じられる?
 (なんか普段のスマホの通話音声とは違うぞ、という違和感を受け手は覚える?)

・このとき、本体の『スタンド音声』を音響機器から出力することはできる?

339 空織PL :2021/04/04(日) 01:19:47
>>338
(メール欄はまちがいです。失礼しました)

340 『音仙』 :2021/04/04(日) 13:59:39
>>338(『プラン9・チャンネル7』)

> 上記から、『プラン9』は
> 本体の音声を射程内にある他人の『スマホ』から出力することが
> 可能な能力だと認識しています。   

『正しい』です。

>・このとき、スマホから出力される本体の音声は
> 『普通の通話音声』のように感じられる?
> (なんか普段のスマホの通話音声とは違うぞ、という違和感を受け手は覚える?)

音声はスマホのマイクを利用して出力されるため、
『普通の通話音声』のように感じられます。

>・このとき、本体の『スタンド音声』を音響機器から出力することはできる?

できます。

341 空織PL :2021/04/04(日) 19:20:14
>>340
………できるのか!
どうもありがとう。胸のつかえがとれました。

回答に感謝。

342 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/08(木) 07:24:27
先生、お久しぶりです。
『リルトランク』を供与してくださってありがとうございます。

あの、『リルトランク』と生活していて疑問が生じたのですが、質問させていただいてもよろしいでしょうか…?

『リルトランク』の『枝の付属物』について2点伺いたいのですが、
たとえば香りの強い『花』を咲かせた場合、『花』は『付属物』の射程である『枝から3m』を越えられないと認識しているのですが、
花から発生した香りも同様という認識で合っているでしょうか…?
(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』の射程を参照するのか)

また、『木の枝』が消えた場合、『付属物』も消えると認識しているのですが、『付属物』が起こした影響(匂い等)も消えるのでしょうか?
(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』が消えた場合消えるのか)

匂いは揮発した物質が周囲に変化をもたらしているものという認識でおります。
物理的な破壊が行われた場合はもちろん不可逆だとは思うのですが、枝の成分で変化が起きた場合は可逆性はあるのでしょうか?

343 『音仙』 :2021/04/08(木) 11:42:56
>>342(七篠 譲葉『リルトランク』)

「『疑問点』を残したままでいれば、
 いつかそこに躓くかもしれません。
 ……いつでも聞きに来てくれて、いいんですよ」

>たとえば香りの強い『花』を咲かせた場合、『花』は『付属物』の射程である『枝から3m』を越えられないと認識しているのですが、
>花から発生した香りも同様という認識で合っているでしょうか…?
>(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』の射程を参照するのか)

「これは、キミの言う通りの解釈になります。
 付属物の付属物……たとえば花を咲かせたとして、
 その匂いも『付属物の一部』として考えます。
 だから、『付属物の射程』を参照するようです」

「あと……その、少し『先生』らしいことを言いますが、
 全てのスタンドがそう、というわけではありません。
 中には『匂いは射程を超える』ものもあります。
 あくまで『リルトランク』の性質、と言えるでしょう」

>また、『木の枝』が消えた場合、『付属物』も消えると認識しているのですが、『付属物』が起こした影響(匂い等)も消えるのでしょうか?
>(『木の枝』の『付属物』から発生した物質は『付属物』が消えた場合消えるのか)

「付属物から発されたものは基本的には消えます。
 よって、その空間に匂いは残りませんが、
 一度食された果実が消えないのと同じで、
 嗅いだ匂いが記憶から消えたりは、しませんね」

>匂いは揮発した物質が周囲に変化をもたらしているものという認識でおります。
>物理的な破壊が行われた場合はもちろん不可逆だとは思うのですが、枝の成分で変化が起きた場合は可逆性はあるのでしょうか?

「それと枝の匂い成分によって、
 例えばですが何か中毒症状が出たり、
 また……ええと、発火したりした場合、
 解除によって原因となる匂い成分が消えても、
 中毒症状が治ったり、火が消えたりはしませんね」

344 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/08(木) 12:12:21
>>343
先生、ありがとうございます!
やはり、と腑に落ちました!

香りが消えてしまうのは残念ですが、言い換えれば消したいときに自由に消せるということで、それはそれで便利かもしれません!
また、もし疑問点が出ましたら、訪ねさせていただきます。
本当にありがとうございました!

345 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/12(月) 07:48:41
先生、また失礼します。
『リルトランク』の能力で合っているか不安になって…また、教えてくださいませんか…?

お聞きしたいことが2つありまして、
まず1つは『リルトランク』で生み出した『木の枝』は『30m』の射程外に行ったら消えてしまうのか。
もう1つは『リルトランク』や他のスタンドは『木の枝』による『毒』や『薬』の効果があるのか。です。

前者は…この間、お友達に『リルトランク』で作った『みかん』を枝のままあげたんです…。もしかしたら消えちゃったんじゃないかなって後から考えて不安になって…。
後者は、この間図書館で本を読んでたら、すごい毒の木を見つけてしまって、「もしこの木を『リルトランク』が出してしまったら近くにいると毒を吸っちゃうんじゃないかな」って不安で…。

もしよければ教えていただきたいです。
お願いします…!

346 『音仙』 :2021/04/12(月) 13:12:59
>>345(七篠 譲葉『リルトランク』)

「分からないことを開き直るなら良くないですが、
 分からないことを聞く事を、謝る必要はありません。
 それはむしろ『褒められる事』だと、思います……
 ああ、いえ、私が褒めるべきですね、この場合は」

     「ええと……いい心構えだと、思いますよ」

>まず1つは『リルトランク』で生み出した『木の枝』は『30m』の射程外に行ったら消えてしまうのか。
>前者は…この間、お友達に『リルトランク』で作った『みかん』を枝のままあげたんです…。もしかしたら消えちゃったんじゃないかなって後から考えて不安になって…。

「残念ながら、消えますね。
 お友達も驚いたかもしれませんが……
 『友情』……いわゆる絆があるなら、
 それくらいで切れるものではないでしょう」

>もう1つは『リルトランク』や他のスタンドは『木の枝』による『毒』や『薬』の効果があるのか。です。
>後者は、この間図書館で本を読んでたら、すごい毒の木を見つけてしまって、「もしこの木を『リルトランク』が出してしまったら近くにいると毒を吸っちゃうんじゃないかな」って不安で…。

「よく勉強をしているようで……ふふ、感心します。
 ただそれは、まあ……毒の種類によるでしょうね。
 『枝』とその副産物は『実体化スタンド物質』ですが、
 スタンドは『呼吸』をしているわけではない……あ、
 いえ、少なくとも『リルトランク』はしていないので、
 吸引する事が危険、という毒なら問題はないでしょう」

「しかし……触れるだけで症状のある猛毒であれば、
 それは、『リルトランク』も受けてしまうはすです」

347 七篠 譲葉『リルトランク』 :2021/04/12(月) 13:38:07
>>346
先生、ありがとうございます!

やはり『木の枝』、消えてしまったんですね…。
今度会ったらお詫びをしたいと思います。

『毒』についても承知しました。
樹液が危険なものや枝そのものに毒がある場合は触れさせないように気をつけたいと思います。

まだまだ自分の子のこととはいえ、わからないことだらけです…。
先生にもお手間をおかけしますが、もしまたわからないことがあれば伺いに参ります!
ありがとうございました。

348 岸崎 澄『エステラ』 :2021/04/22(木) 22:29:20
お忙しいところすみません。
質問です。
 
1.『星海』に視覚的特徴はありますか?
 もしある場合、それは本体以外からも認識できますか?
 
2.『星海』は、『エステラ』を発現した時点での位置に固定されますか?
 本体を中心に追従しますか?
 
以上です。
お手数おかけいたしますが、よろしくおねがいします。

349 『音仙』 :2021/04/22(木) 23:06:29
>>348(岸崎 澄『エステラ』)
 
>1.『星海』に視覚的特徴はありますか?
> もしある場合、それは本体以外からも認識できますか?
 
ありません。
あくまで『浮かぶ無生物』を星に見立てた呼称で、
星が輝くなどの視覚的な特徴は、一切ございません。

>2.『星海』は、『エステラ』を発現した時点での位置に固定されますか?
> 本体を中心に追従しますか?
 
特別な理由が無ければ追従します。
『エステラ』のいる、その空間こそが『星海』です。

350 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/23(金) 16:43:10
(ちょっと無茶な志願かと思ってましたが咲かせてくださりありがとうございます!)

やっぱりおねえさんは聴き上手だねぇ〜
お礼にうちの血あげるね!(手首を傷つけ器に血を注ぐ)
うちの血、薬にもなるからきっと美容にもいいよ、髪ももっときれいになると思うよ(鈴蘭にそんな効果はありません)

うちの事もっと詳しく教えてほしいんだけど
・やっぱりお風呂入ったりトイレ行ったりしなきゃいけないんだよね?うち人間だもんね
・花(本体?)はどこまでやられたら死んじゃう?切られたりしても、うち(スタンド?)から抜かれたりしなければ生きてられる?
・うち(人の方)が傷ついたら、花と同じように日光浴と睡眠で再生する?
 やっぱり人間だから花みたいにはいかない?
・『日光を浴びない』生活は、どれくらい続いたら枯れちゃうかな?
・殴られたり切られたりした時に咄嗟に血に毒を混ぜるとかは出来ないんだよね?
・一度体内で毒液作ったら、解除は出来るんだっけ?
・うちの毒で殺す事は出来ないっていうけど、それは1回の服毒では死なないけど
 複数回飲めば致死量に達するかな?
・うちの毒でやられたらどれくらいで治るんだっけ?

351 岸崎 澄『エステラ』 :2021/04/23(金) 18:58:09
>>349
ありがとうございます。
たくさん助かりました。

352 『音仙』 :2021/04/23(金) 21:19:14
>>350(りん)

「ああ、ええ、まあ、そういう『能力』ですので、ネ。
 いや……えっ、ちょっと、何をしてるんですか。
 『毒』……ああ、まあ、確かに薬にはなりますが……」

        「人体は、すずらんと違って、
         簡単に治る物では、ないのですし……」

>・やっぱりお風呂入ったりトイレ行ったりしなきゃいけないんだよね?うち人間だもんね

「食事を取る以上……ええ、トイレは、まあ。
 同じく……『汗』や『老廃物』が出る以上は、
 お風呂についても、入る事はおすすめします。
 マア、水浴びくらいでもしないよりはいいでしょうが、
 花のように、良い香りだけを保てるわけではないのでね」

(※特別な必要が無ければ描写しなくてもいいのは他PCと同様)

>・花(本体?)はどこまでやられたら死んじゃう?切られたりしても、うち(スタンド?)から抜かれたりしなければ生きてられる?

「両断されたとしても、根が繋がっているなら生きられます。
 ただ……完全に両断されてしまった場合については、
 再生するまでに『一週間』かかってしまうようですが……ね」

(※詳細作成時の把握漏れ。大変申し訳ございません)

>・うち(人の方)が傷ついたら、花と同じように日光浴と睡眠で再生する?
> やっぱり人間だから花みたいにはいかない?

「その手首の傷も含めて、『再生しません』……
 包帯と消毒をしてあげますから、こっちに来てくださいね」

>・『日光を浴びない』生活は、どれくらい続いたら枯れちゃうかな?

「あまり深く考える必要はないでしょうね。
 例えば……窓のない地下室で監禁されたとして、
 数日程度であれば問題はありませんので……
 キミが普通に生活を送っている分には、何も起きませんよ」

>・殴られたり切られたりした時に咄嗟に血に毒を混ぜるとかは出来ないんだよね?

「急に殴られれば、『すずらん』を意識する間すらないでしょう。
 ですが、殴られる瞬間を予期できているのであれば、
 そのタイミングに合わせて毒を混ぜる事は、可能でしょう」

>・一度体内で毒液作ったら、解除は出来るんだっけ?

「エエ、可能ですよ」

>・うちの毒で殺す事は出来ないっていうけど、それは1回の服毒では死なないけど
> 複数回飲めば致死量に達するかな?

「致死量……という概念自体がありませんね。
 『死ぬところまでは行かない』というのは、能力の一環……なのでしょうか?」

>・うちの毒でやられたらどれくらいで治るんだっけ?

「これは、症状によりますね。
 数日の安静が必要な症状なら、数日の安静が必要でしょう」

353 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/24(土) 09:11:26
>>352
あいたたた…
手当までしてくれるなんて、おねぇさんほんと優しいね!
ありがとう!うちの血が欲しくなったらいつでも言ってね
おねえさんのためならいくらでも血を流すから

(回答ありがとうございました
 早速場スレに特攻しかけて、頑張って殺されてきたいと思います!
 死に花咲かせてやりますよ)

354 『音仙』 :2021/04/24(土) 11:18:29
>>353(りん)

「ああ、私のためを思ってくれるなら……
 どうかキミが、世界に傷付けられませんように」

>【フューネラル・リース】
>3.活動の回数、または重大な経験によっても、詳細が判明する可能性はある。
>  心当たりがある場合、活動ログを『心音サイフォン』質疑スレまで提示する事。
>5.死亡後に『必ずうまくいくとは限らない』。結果死亡するだけの可能性もある。
>  (※実際に決まっている詳細上で、発動はするが不発するというパターンがある)

改めてご留意ください。

355 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/24(土) 16:40:54
(殺してもらえなくて悔しいので、今度こそ散華するために質問します)

何度もごめんねぇ、おねえさん
今日はうちの特製鈴蘭茶を持ってきたから
これを飲みながらうちの事もっと教えてほしいな

・うち(人間)と花って病気になったりするんだっけ?
・一応聞くけど……うちの花って毒、あるんだよね?
・うちの作った毒はうちには効かないけど
 うちの作った奴じゃない、他の鈴蘭の毒はうちに効くんだっけ?

356 『音仙』 :2021/04/24(土) 20:36:17
>>355(りん)

「鈴蘭茶…………………………あぁ、その……ええ。
 すみません、『ハーブティー』を入れてしまいまして」

「お気持ちだけ、受け取っておきますよ。
 質問には『お代』も、不要ですし……ね?」

>・うち(人間)と花って病気になったりするんだっけ?

「身体は、他の人間同様、なる時はなるでしょうね。
 花の病気は……かかりはするようですけど、
 損傷時と同じく、日光浴と睡眠で治ります。
 かかる時間も、病巣次第……負傷の場合と同じですね」

>・一応聞くけど……うちの花って毒、あるんだよね?

「エエ、特に何も言っていないところについては、
 通常の『すずらん』と全く同じですからね。
 キミ自身は平気でしょうけど……
 他人には、触れさせない方が良いでしょうね」

>・うちの作った毒はうちには効かないけど
> うちの作った奴じゃない、他の鈴蘭の毒はうちに効くんだっけ?

「鈴蘭の毒、それ自体が効きませんね。
 その一環として、キミの生成する毒も効きません」

357 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/25(日) 08:56:35
>>356
あっ、そっかぁ
鈴蘭茶飲んでもらえないのは残念だけど、ハーブティーも美味しいよね!
おねえさんはお茶淹れるのうまいねぇ〜、尊敬するよ
また来ると思うから、その時は今度こそ鈴蘭茶飲もうねぇ〜

(回答ありがとうございました、また咲(き)きにくると思うのでその時はよろしくお願いします)

358 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/29(木) 18:07:36
また気になる事が出来てきたんだけど
何度もしつこくてごめんね?いやほんと…

・この花って、切られたら切り離された方はどうなっちゃうのかな?
時間経過とか離れると消えたりとか、そういう事ない?
・後、花はスタンドに干渉出来るの?

あ、そういえば、今度鈴蘭茶飲む約束してたけど、今日は切らしちゃってるんだ、ごめんね
代わりにお茶請けの鈴蘭のおひたしがあるんだけど……、これおねえさんが食べたらやばいんだっけ……?
…食べる?

359 『音仙』 :2021/04/29(木) 18:50:02
>>358(りん)

「疑問が浮かぶのは、キミがしっかり考えてるから。
 そして私の最初の説明が足りなかったからです。
 少なくともそこには、何も謝る事はありませんよ」

「そして……キミの薦めてくれるものを、
 喜んで食べてあげられないのは……………
 もったいなくて……ええ、寂しい事では、ありますが」

>・この花って、切られたら切り離された方はどうなっちゃうのかな?
>時間経過とか離れると消えたりとか、そういう事ない?

「消えませんね。
 体調の悪化を……受け入れるのであれば、
 切って使うことも不可能ではないでしょう。
 リスクに見合うかどうかは、怪しいですけどね」

>・後、花はスタンドに干渉出来るの?

「可能、なようですね。能力の一環でしょうか」

「……食べれば、こうして答えられなくなるでしょう。
 私はカステラでも食べさせていただきますから、
 おひたしは、申し訳ないけれど、キミの方で。
 …………お茶は、緑茶? 紅茶の方が好きですか?」

360 りん『フューネラル・リース』 :2021/04/29(木) 19:10:51
>>359
ありがとうねぇ〜
それとごめんねぇ〜、今度はお姉さんが食べられそうな物持ってくるから
おねえさん死んじゃったら嫌だもんね
うち紅茶のが好きだけどおひたしには合わないかな……

361 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 19:35:52
質問をお願いします

・『小人』や『山犬』の具体的な大きさとしては『園芸用のドワーフ人形』くらいでしょうか?
・作成した『小人(山犬)』に乗ったり、ソリを引かせて本体を移動させる事はできますか?
・地面に触れる事で、地面に埋まった状態で『小人(山犬)』を作ることは出来ますか?
 また、その際に地面の上からではわからないようにこっそりと作る事は出来ますか?
・掌が触れてから、『小人(山犬)』が出来るまで深呼吸一回程度のライムラグがありますが、
 その間に手を離しても正常に『小人(山犬)』は完成しますか?
・何らかの手段(例えば誰かに持っていかれるなど)で
 『小人(山犬)』が射程距離外に出た場合、どうなりますか?

362 『音仙』 :2021/05/02(日) 19:55:45
>>361(八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』)

>・『小人』や『山犬』の具体的な大きさとしては『園芸用のドワーフ人形』くらいでしょうか?

その認識が正しいです。

>・作成した『小人(山犬)』に乗ったり、ソリを引かせて本体を移動させる事はできますか?

通常、スタンドで本体を移動させるのは不可能ですが、
このスタンドは『土』という外的要因を介すためか、
直接乗っての移動、ソリを引かせるともに『可能』です。

>・地面に触れる事で、地面に埋まった状態で『小人(山犬)』を作ることは出来ますか?
 また、その際に地面の上からではわからないようにこっそりと作る事は出来ますか?

不可能です。

>・掌が触れてから、『小人(山犬)』が出来るまで深呼吸一回程度のライムラグがありますが、
 その間に手を離しても正常に『小人(山犬)』は完成しますか?

完成します。
触れてから、なので『触れ続ける』必要量はありません。

>・何らかの手段(例えば誰かに持っていかれるなど)で
 『小人(山犬)』が射程距離外に出た場合、どうなりますか?

汚泥になります。
仮に『山犬』でこれが発生した場合については、
スタンドの射程外にも関わらず、『大岩』が発生します。

363 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 20:30:10
>>362
回答ありがとうございます

364 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 21:08:43
>>362
申し訳ありません、追加でもう一つ質問ですが

・『山犬』をその場に待機させて、本体が自分の意思で射程距離外に離れたり、
 『山犬』を拘束して上記の行動を起こす事は出来ますか?

365 『音仙』 :2021/05/02(日) 21:49:27
>>364(八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』)

>・『山犬』をその場に待機させて、本体が自分の意思で射程距離外に離れたり、
> 『山犬』を拘束して上記の行動を起こす事は出来ますか?

可能です。

366 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/02(日) 21:51:24
>>365
ありがとうございます

367 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/05/05(水) 11:14:05
よう、久しぶりだな。
経験は積んでるんだが、『精神』の成長はまだしてねー気がするから、そっちとはまだ『暫く』縁が無さそうだ。
で、今日の質問なんだが……アタシの能力、今の所、『二つ』の解釈があってな

まず一つ目は、最初のアリーナでの勝負。

ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453729532/430

ここでアタシはスタンドを『渦の上』で発現させて、直後に突風で『アタシ(本体)』を突風でぶっ飛ばす事で『スタンドもアタシの飛翔に追従させる』って事で、勝ちの目を掴んだ。

で、2つ目。

ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1595597487/373

ここでは、『渦』の生成中は動けねーし、状況を見たら渦を出してる間はスタンドも消せねーって事になる。


ある程度の裁量は『その場』で決まるのは解ってるんだが、これちょっと『アタシがどんな風に戦うのか』にも関わってくるから、ちょっと『正解』を聞いておこうと思ってな。

1.「渦は生成中も生成後もスタンドの移動は可能」
2.「渦は生成中(一呼吸)の間はスタンド移動不可、生成後は移動可能」
3.「渦は生成中、生成後。『渦』がある間は移動不可、スタンドヴィジョン消失不可。ただし、本体の外的要因(例:突風)による移動には追従可能」
4.「3と同一だが、外的要因による追従不可能。渦の発生地位からの強制移動は渦の消滅を意味する」

こんなパターンが浮かんだんだが、この中にあるにしろないにしろ、正解を教えてくれたら助かるぜ。

368 『音仙』 :2021/05/05(水) 23:31:55
>>367(風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』)

「お久しぶりです。
 ……経験はうそをつきません。
 間違った経験をしてしまう事はあっても、
 そのすべては間違いなく、キミの心音を変えていく。
 ……もっとも、キミの想像通り、大きな変化はまだでしょう」

          キィィィ ――――― ン

「正解は、『2』です。
 渦の生成の間はスタンドは移動不可、
 そして、生成後はすぐに移動可能になります。
 その場で噴射し続ける必要がありますが、
 作った後に噴射し続ける必要は、ありませんからね」

369 黒野士信『スピン・オフ』 :2021/05/05(水) 23:53:29
稼働歴が出来ました⇒ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453049803/356-389
ですので質疑応答をお願いします。

1.『紐』を取り付け『栞化』の機能を付与した物体はスタンドに干渉可能になる?
ちなみに自分の解釈は『なる』です。

2.火の点いたライターを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
 A:『栞化』しても火は出ている
 B:『栞化』すると火は消えるが、解除すると火が出た状態に戻る。
 C:『栞化』すると火は消え、解除すると火が消えた状態で戻る。
 D:本体の自由に設定できる。
 E:その他。
ちなみに自分の解釈は『B』です。

3.水の入ったコップを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
 A:『栞化』すると中の水は消え、解除すると現れる。
 B:『栞化』しても中に水は入ったままで、『栞』を傾けると溢れる。
 C:『挟む』方向によって異なる挙動を示す。
 D:本体の自由に設定できる
 E:その他
ちなみに自分の解釈は『A』です。

4.シャンプーボトルのヘッドを押して『今まさにノズルからシャンプーが出る直前』で、そのシャンプーボトルを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
 A:その状態から『栞化』を解除すると、その瞬間、自動的にシャンプー液がノズルから出る。
 B:その状態から『栞化』を解除すると、ニュートラルな状態のシャンプーボトルに戻り、シャンプー液は自動で出ない。
 C:本体の自由に設定できる
 D:その他
ちなみに自分の解釈は『A』です。

5.金属製の物体を『栞化』した場合、基本的にある程度の『切れ味』を持つ?
ちなみに自分の解釈は『持つ』です。

6.何かアドバイスが有ればお願いします。

370 『音仙』 :2021/05/06(木) 00:08:36
>>369(黒野士信『スピン・オフ』)

>1.『紐』を取り付け『栞化』の機能を付与した物体はスタンドに干渉可能になる?
>ちなみに自分の解釈は『なる』です。
 
『なる』。

>2.火の点いたライターを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
> A:『栞化』しても火は出ている
> B:『栞化』すると火は消えるが、解除すると火が出た状態に戻る。
> C:『栞化』すると火は消え、解除すると火が消えた状態で戻る。
> D:本体の自由に設定できる。
> E:その他。
>ちなみに自分の解釈は『B』です。

『B』。

>3.水の入ったコップを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
> A:『栞化』すると中の水は消え、解除すると現れる。
> B:『栞化』しても中に水は入ったままで、『栞』を傾けると溢れる。
> C:『挟む』方向によって異なる挙動を示す。
> D:本体の自由に設定できる
> E:その他
>ちなみに自分の解釈は『A』です。

『A』。

>4.シャンプーボトルのヘッドを押して『今まさにノズルからシャンプーが出る直前』で、そのシャンプーボトルを『栞化』した場合の挙動は以下のどれ?
> A:その状態から『栞化』を解除すると、その瞬間、自動的にシャンプー液がノズルから出る。
> B:その状態から『栞化』を解除すると、ニュートラルな状態のシャンプーボトルに戻り、シャンプー液は自動で出ない。
> C:本体の自由に設定できる
> D:その他
>ちなみに自分の解釈は『A』です。

『A』。

>5.金属製の物体を『栞化』した場合、基本的にある程度の『切れ味』を持つ?
>ちなみに自分の解釈は『持つ』です。

金属次第だが、ある程度は『持つ』。
ただしそれは『刃を得るから』等ではなく、
『紙のように薄い金属だから』に過ぎない。

>6.何かアドバイスが有ればお願いします。

バトルと、wikiでの行動意図の方拝読いたしました。
判定の基準や是非などはPLによっても変わりますので、
一概に私からアドバイス出来ることはありません。
あの場面における『投了』の決断についても、
鮮やかでなくとも最後まで戦うという選択肢と、
どちらが優れている、というものも無いと思います。
その上で一つだけ言うなら、序盤の手際良い準備や、
決着に至るまでのロールなどとても好みだったので、
早速スカイモールに出られてるみたいで、嬉しくなってます。
バトルでも場スレでも、これからも動いてくれたら嬉しいです。

371 風歌鈴音『ダストデビル・ドライヴ』 :2021/05/06(木) 21:59:42
>>368
「ありがとうよ、これで新しい『策』が考えられそうだ」

「もっとも……賢しく考えてるだけじゃ、自分は変えられねんだろうがな」

「変わるためにも、この奇妙な街でもっと頑張ってみるぜ」

372 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/06(木) 22:12:56
かなり、今更な確認ではあるのですが
今まで、八瀬PCが場スレで活動する際に『山犬』に対して
『何らかの意思のようなもの』があるのかも?というようなロールを行っていたのですが、
このまま、『何らかの意思のようなもの』がある、という風に動かしてもいいでしょうか?

『山犬』にそんなものはないという事であれば、
今までの件については、八瀬が遠隔操作でそのように振舞っていただけ、という事にしていきたいと思います・・・

373 『音仙』 :2021/05/06(木) 22:23:41
>>372(『山犬』)
『操作』は常に可能で、また利益や不利益を齎すこともありませんが、
『山犬』には、何らかの意思が宿っている?としてくれて構いません。
なお、これは『半自立』や『完全自立』とも異なる概念になります(詳細不明)

374 八瀬『マウンテン・ライフ・ワーシップ』 :2021/05/06(木) 22:26:01
>>373
回答ありがとうございます
これで安心して活動できます

375 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/05/09(日) 21:12:02
あー、えっと、こうやって質問するのは久しぶりかな?
ちょっと聞くけど

・核に出来るのは最小でピンポン玉程度らしいけど
 この、ティッシュみたいにピンポン玉より小さいけど横幅がある物はどうなんの?
・『0度以下の無生物』を核にした場合、それって外的要因で温度が0度以上になる事はあんの?


質問とは関係無いけど、今日は母の日だね
それで、まぁ、カーネーション……持ってきたんだけど……いる?

376 『音仙』 :2021/05/09(日) 22:56:31
>>375(ソラ『ステインド・スカイ』)

「元気に暮らしているようで、何よりです。
 便りが無いのは、良い便り。
 そういう言葉もありますしね。
 さて、答えさせて貰いますが――――」

>・核に出来るのは最小でピンポン玉程度らしいけど
> この、ティッシュみたいにピンポン玉より小さいけど横幅がある物はどうなんの?

「基本的には不可能、という事になりますね。
 ただし、それを『丸めた』らピンポン玉サイズになる……
 それくらいのサイズでの話であれば、対象にする事が出来ます」

>・『0度以下の無生物』を核にした場合、それって外的要因で温度が0度以上になる事はあんの?

「外的要因、が何を指すかによりますが、十分にあり得ますね。
 ただ、雪を降らせ続ける『0℃の雲』に核自体覆われますから、
 気温のような、生半可な理由ではならないでしょうね」

「母の日……エエ、そうでした。縁が無いもので。
 ……それも去年までは、という事になるのでしょう。
 私は『肉親』ではありませんが、『名付け親』である事は事実。
 キミがそう呼んでくれるなら。その花を断れるはずはない」

               ス ・・・

『ウィスパーズ』の『木陰』で、
藤原しおんの手がカーネーションを受け取り、
それで口元を隠すようにしながら。
 
「ありがとう『ソラ』……来年のキミの『命名日』に、何かきっと、お返しを」

377 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/05/10(月) 18:30:23
>>376
あぁ、うん、こちらこそ、ありがとう
お返しとかいいけど、記念の日だし覚えておくよ
じゃあ、また会いに来るからね……

378 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/05/17(月) 23:51:51
私のこの『魔法使い』について教えてくれてありがとう。
この前すこし使ってみたんだけど………
けっこう疑問がわいたから更に教えてほしくて、来てみたよ。
十分に理解できていないところもあるから、
おかしな質問があったらごめんなさい。

『球体について』
1:ふたつの『球体』の硬さは『金属に近い』という表現から
 『鉄球』くらいかなと思っているんだけど、それで大丈夫?
2:『破壊』はどのくらいのレベルから発現できないほどの『破壊』となる?
3:『空中固定』する!と思ってからどのくらいの時間で『固定』される?
4:『固定力:C』についてすこし想像がつきづらいのだけど、
 『破壊力:Cの全力の殴打で動くレベル』くらい?
 たとえば私や、私のスタンドが空中に止めた『球体』にしがみついたり、足場にするなんて事は難しい?
5:『固定』が外されたあと、再度『固定』するのにタイムラグはある?
6:能力オン時、『球体』が『光の塊』となるらしいけど、これは結構明るいもの?
 『午前3時』の真っ暗闇を再現した時、どの程度目立っちゃう?

『再現について』
1:『再現』の時刻にそこに何が存在したかなどは、
 実際に『オン』にしない限りまったく分からない?
 たとえば漠然と『当時はこういうものがあった』とか、
 そうでなくても『今あるものが邪魔で当時のものは発現できない』とか、
 逆に『今ある「これ」はその時刻にはなかった』とかが
 事前になんとなく分かる………なんて事はないかな?
2:『半径1m』の球状の『能力範囲』だと人間やそれなりに大きなものだと
 よほどピンポイントに発現させないと、全体を収めるのは難しいと思うんだけど、
 『効果範囲内』にあるものの『一部分』のみしか入っていない場合、どんな事が起きる?
3:>2.今いる生物と、出現する無生物の位置が重なるなら、その無生物はそもそも出現しない。
 >(過去の存在は、今の存在より優先されないらしい)
 この一行目は、『今いる生物』と『当時の無生物』を比較して、
 『無生物は発現しない』と述べているけど、二行目をみるに、この組み合わせがいくら変わっても
【『今の存在』が同座標にあれば『当時の存在』は発現しない】という事で大丈夫?
4:>D『当時は無かったが、今はそこにあるもの』:一時的に消える。生物はその場に残る。
 という事だけど、『一時的に消えたもの』は『時が止まったよう』に
 その機能が止まるのかなと思っているけど、その認識であっている?

●相談●
ここからは『能力発動の運用』についての相談です。
たとえばGMが居ない普段の場スレなどで
『過去にこういう事が起こっていた』と私が設定して
能力発動してよいものなのでしょうか。
また、私が関与していない前回分の場スレを熟読した上で、
たとえば『PCの秘密』や『重要な情報』などに関与しない
あたりさわりのない内容でしたら、『3時から6時に起こっていた』と勝手に設定して
『能力発動』時に絡めていっても良いものなのでしょうか。
もちろんケースバイケースなのでしょうし、
本来、臨機応変に自分で決めていった方がいいのでしょうが、
どこまで『過去』を私が設定していいものか、
よろしければ『運用』に関する『指針』のようなものをご助言下さればありがたいです。

379 『音仙』 :2021/05/18(火) 00:46:03
>>378(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

「目覚めさせるのも、答えるのも、
 私にとって損のある事ではありません……どうぞお好きなだけ」

>『球体について』
>1:ふたつの『球体』の硬さは『金属に近い』という表現から
> 『鉄球』くらいかなと思っているんだけど、それで大丈夫?

「エエ、硬さはその通りです」

>2:『破壊』はどのくらいのレベルから発現できないほどの『破壊』となる?

「ヒビや多少の欠け程度なら問題はありませんが、
 球形を損ねるレベルで大きく欠けたら、破壊扱いとなります」

>3:『空中固定』する!と思ってからどのくらいの時間で『固定』される?

「意識した直後、になりますね。
 意識と完全に同時ではないので、ご注意ください」

>4:『固定力:C』についてすこし想像がつきづらいのだけど、
> 『破壊力:Cの全力の殴打で動くレベル』くらい?
> たとえば私や、私のスタンドが空中に止めた『球体』にしがみついたり、足場にするなんて事は難しい?

「空間に、『破壊力Cの力で固定されている』
 ……ですので、大体その認識で正しいです。
 しがみつくことは不可能ではないですが、
 乗るのは……野球ボールでする玉乗りのような物です。
 まあ、スタンドなら精度もあり、集中すれば或いは?
 キミ自身がやるのは……やめた方がいいと思いますよ」

>5:『固定』が外されたあと、再度『固定』するのにタイムラグはある?

「『気付いてから深呼吸をゆっくりする』
 ……だいたいそれくらいの、タイムラグはありますね」

>6:能力オン時、『球体』が『光の塊』となるらしいけど、これは結構明るいもの?
> 『午前3時』の真っ暗闇を再現した時、どの程度目立っちゃう?

「夜空の月のように、それなりには目立ちます。
 ただし、暗闇を照らすわけではありませんが……」

>『再現について』
>1:『再現』の時刻にそこに何が存在したかなどは、
> 実際に『オン』にしない限りまったく分からない?
> たとえば漠然と『当時はこういうものがあった』とか、
> そうでなくても『今あるものが邪魔で当時のものは発現できない』とか、
> 逆に『今ある「これ」はその時刻にはなかった』とかが
> 事前になんとなく分かる………なんて事はないかな?

「それは分かりません……漠然とでも。
 この能力をフルに活用するなら、
 その場所の一定の知識か、調査が必要でしょうね」

>2:『半径1m』の球状の『能力範囲』だと人間やそれなりに大きなものだと
> よほどピンポイントに発現させないと、全体を収めるのは難しいと思うんだけど、
> 『効果範囲内』にあるものの『一部分』のみしか入っていない場合、どんな事が起きる?

「まず、その『一部分』は間違いなく効果範囲内に出現します。
 そして生物の場合、干渉も何もできないので、そこまでです。
 ……無生物の場合、効果範囲外にある部分も存在はしており、
 固定を解除して引っ張り出すと、全体が確保できますね。
 ただし……それを再度、意図的に『効果範囲外に出す』事は出来ません」

>3:>2.今いる生物と、出現する無生物の位置が重なるなら、その無生物はそもそも出現しない。
> >(過去の存在は、今の存在より優先されないらしい)
> この一行目は、『今いる生物』と『当時の無生物』を比較して、
> 『無生物は発現しない』と述べているけど、二行目をみるに、この組み合わせがいくら変わっても
>【『今の存在』が同座標にあれば『当時の存在』は発現しない】という事で大丈夫?

「ああ、ごめんなさい。こは、『二行目』が『ノイズ』になっていますね……
 【今の無生物】と【当時の無生物】の場合は、【当時の無生物】が勝ちます。
 【今の生物】【今の無生物】どちらでも、実態のない【当時の生物】は重なって発現します。
 【今の生物】と【当時の無生物】の組み合わせでのみ、発現が起きません」

>4:>D『当時は無かったが、今はそこにあるもの』:一時的に消える。生物はその場に残る。
> という事だけど、『一時的に消えたもの』は『時が止まったよう』に
> その機能が止まるのかなと思っているけど、その認識であっている?

「エエ、正しい認識ですよ」

380 『音仙』 :2021/05/18(火) 00:46:18
>●相談●
>ここからは『能力発動の運用』についての相談です。
>たとえばGMが居ない普段の場スレなどで
>『過去にこういう事が起こっていた』と私が設定して
>能力発動してよいものなのでしょうか。

星見板の世界観としてあまりに突飛でなければ、問題ありません。
(それが世界観として適切か判断しかねる場合は非推奨です)
能力を起点に物語が展開されるとすれば、望外の喜びでさえあります。

>また、私が関与していない前回分の場スレを熟読した上で、
>たとえば『PCの秘密』や『重要な情報』などに関与しない
>あたりさわりのない内容でしたら、『3時から6時に起こっていた』と勝手に設定して
>『能力発動』時に絡めていっても良いものなのでしょうか。

時間帯が明らかに矛盾しないのであれば問題とは言いませんが、
描いていないだけで時間帯のイメージはある可能性もあるため、
はっきりと『3時から6時』であると分からない場合については、
『痕跡』を知ることが出来た、という程度に止めるのが無難に思います。

381 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/05/18(火) 21:41:01
>>379-380
返答、本当にありがとう。
それですまないんだけど、さらに質問ができたからさせてもらうね。

1:『球体』の位置は視認できてなくても漠然と分かったりはしない?

2:>「まず、その『一部分』は間違いなく効果範囲内に出現します。
>そして生物の場合、干渉も何もできないので、そこまでです。
>……無生物の場合、効果範囲外にある部分も存在はしており、
>固定を解除して引っ張り出すと、全体が確保できますね。
>ただし……それを再度、意図的に『効果範囲外に出す』事は出来ません」

との事だけど、『半径一メートルの球体の範囲内』からはみ出た
『一部分の断面』は、外からどんな形で見えているのかな?
『断面図』が見えたり、それが『容器』だったりしたら『中身』が溢れちゃったりする?

3:『球体』を中心に能力が発現するわけだけど、
『球体自体』と『当時の無生物』が重なった場合は
『今の無生物』である『球体』が消えちゃうって事になる?
そうなると『球体』が消えて能力も解除される……なんて事になったり?

382 『音仙』 :2021/05/19(水) 14:17:34
>>381(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

>1:『球体』の位置は視認できてなくても漠然と分かったりはしない?

「これは、ある程度はっきり分かります。
 聴かせ忘れていましたね、すみません……」

>2:>「まず、その『一部分』は間違いなく効果範囲内に出現します。
>>そして生物の場合、干渉も何もできないので、そこまでです。
>>……無生物の場合、効果範囲外にある部分も存在はしており、
>>固定を解除して引っ張り出すと、全体が確保できますね。
>>ただし……それを再度、意図的に『効果範囲外に出す』事は出来ません」

>との事だけど、『半径一メートルの球体の範囲内』からはみ出た
>『一部分の断面』は、外からどんな形で見えているのかな?
>『断面図』が見えたり、それが『容器』だったりしたら『中身』が溢れちゃったりする?

「断面は、ぼんやりとした光に覆われ見えず……
 容器の中身は、見えない壁に阻まれるように、溢れませんね」

>3:『球体』を中心に能力が発現するわけだけど、
>『球体自体』と『当時の無生物』が重なった場合は
>『今の無生物』である『球体』が消えちゃうって事になる?
>そうなると『球体』が消えて能力も解除される……なんて事になったり?

「球体は無生物ですが、この場合のみは特例となります。
 のの場合に限り、さながら『幻』のように……
 実体を無くした球体が、無生物と『重なった』状態になりますね。
 一部だけが無生物と重なるなら、その部分だけがそうなります」

383 氷山『エド・サンズ』 :2021/05/20(木) 00:41:00
「こんにちわー 『音仙』さん、いらっしゃいますかー?」

「『さんずさん』を目覚めさせてもらってから色々な事がありまして
 近況報告をしようかなーって・・・・凄いお久しぶりですけど」

スタンド使いを目覚めさせる存在『音仙』
謎の多い彼女の所へ、以前訪れた少女が一人、やってきた
その隣には意思を持つスタンド・・・・『エド・サンズ』の姿もある

『マア、チョット聞イテヤッテクレヤ 俺達ノ思い出話ヲヨォ・・・』



「『音仙』さんは『アリーナ』っていう組織があるの知ってます?
 いやー、ちょっとしたことからスタンド使い同士の戦いをする事になりまして・・・・
 ははは・・・・結果は散々なものだったんですけどね
 エキセントリスさんっていうお金が大好きな人にぼろ負けしちゃいました」

『不甲斐ネェ・・・・ 金の亡者ミテーナ奴ニ負ケチマッテ悔しいゼ・・・・』


【ミッション】『同心与力』vs『世中金哉』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1588614433/106-171
『アリーナ』にて初めてのスタンドバトルを行う
敵のステルス能力に歯が立たず、結果は惨敗だったものの、
その戦いの中で氷山は自分が望むものの片鱗を見る


「あとは、街の色んな所で他のスタンド使いの人と会ったり、うっかり警察に捕まって任意同行されたり、
 学校で妖怪に会ったり、悪いサンマ売りのお兄さんを懲らしめたり!」
『色ンナ連中ニ会ッテキタナァ・・・・』

「あ、それと・・・・・『音仙』さんは『エクリプス』っていう悪の組織の事知ってます?
 昔、色々な悪さをした人たちで、今はもう壊滅してるみたいなんですけど・・・・
『エクリプスの悪霊』に関わる事件に巻き込まれまして・・・・」


【ミッション】『その夕立に雨傘を』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/691-994
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1604323728/1-142
『エクリプスの悪霊』達と『夢の世界』で戦う
仲間達の協力を得て、現世への復活を画策する『アダージョ』と『太門』を倒した
その戦いの中で氷山は『アダージョ』の持つ精神の強さ、
『他者の悪意に負けない自己愛』、『自分の欲に対して真摯で正直に生きる姿勢』に敵意だけでなく、敬意を持つ
そして、自身の中の欲望・・・・『非日常の戦いを通して「良き終わり」を見たい』という心を明確に自覚した


「『あの人』は、本当に・・・・本当に悪い人で、私の友達を傷つけた酷い人なんですけど、
 それでも、周りの悪意に決して負けないその精神力は本当に凄い・・・・強い人でした」

『ハッ! 悪党ハ悪党ダ! ドンダケスゲーヤツダロウガ、俺ハ好きニハナレネェナ!』

「その流れで、また『アリーナ』の人と戦って・・・・
 明智さんっていう、ちょっと嫌味な人なんですけど、『悪霊事件』で戦った『あの人』の被害者で、
 色々と大変な目にあったんですが、戦いの最後には・・・・そう、凄い爽やかな・・・・私が求める『光景』が見えたような・・・
 そんな気がしたんです」

【ミッション】『最悪の相性』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453729532/440-568
『アリーナ』での決闘の中でかつてのアダージョの被害者、明智と闘う事となる
戦闘の中、明智の受けた心の傷が明らかになり、自爆覚悟の攻撃を仕掛けられるが、
それを下し、戦いの果てに至る最高の光景を垣間見た


「それで・・・・私はどうも、そういうもの・・・・そういう『光景』を見るのが好きみたいで・・・・
 危険だとわかっていても止められない・・・・そんな心が自分の中にあるみたいです」

   『・・・・・・アア』

「多分、これからも飛び込んでいくんでしょうね
 この街の裏側・・・・・ 人々の魂がぶつかり合う『戦いの場』に・・・・それを求めて
 ・・・・・まあ、そんな『近況報告』ですね」

384 『音仙』 :2021/05/24(月) 23:53:00
>>383(氷山『エド・サンズ』)

「ああ……少し出かけようかとも思っておりましたが、
 キミが来たなら、ここにいて正解だったのでしょうね。
 ご活躍はかねがね、『聴いて』おりましたが――――
 キミ自身、いえ、キミ達自身から、聴いてみたいと思っていた」

              シュルル
                 ルルル

「エエ……『アリーナ』とは私自身、浅くはない関係があります。
 ……付き合い方を考えるべき集団でこそありますが、
 そこでの見えられる体験という物は、間違いなくあるでしょうね。
 例えばそれは、価値観の異なる者との『闘技』――――
 拳で語る、なんて漫画みたいな話ではありますケド、
 知らない世界を知るという意味では……他にない場ではあるでしょう」

         ピタ

「ですが、日常の経験もまた繰り返し、繰り返し、積み重なり、積み重なり。
 いい事も、悪い事も、キミの心を少しずつ動かしていく……
 スタンド使いとスタンド使いは惹かれ合う。『日常と非日常』その両方の中で」

                  ――――― ・・・

「かつてこの町を……脅かした犯罪集団、『エクリプス』。
 中でも最悪の存在……『その男』の名は、私でさえ、『聴いた』事はあります。
 その復活を阻止したのは紛れもない『偉業』でしょうが、
 あるいはキミの強さは、彼の中にさえ、『受け止める』余地を見つける点、
 そうした『心の在り方』の中にこそ、あるのかもしれません―――――」

         キィィィィイィイ

「――――そしてそれが、一人の人間の命を救い、そして魂の尊厳をも救った」

                   ィィィィィイイイイイイイイ

「私には、出来ない事です。ですが、どこか危うさも秘めている。
 だからこそ……『キミ』の中に燃える正義が、きっととても大切なんでしょうね。
 一つだけ…………確かなことを言えるとすれば、キミ達を出会わせて良かった」

                       ――――――――― ン

「さて、聴き終わり…………そして今。キミにも『聴かせ』ました。
 キミの心情も、そして、もう一人、『半自立』の意志を持つキミの心も。
 
            ――――――『変わっている』 いえ、『進んでいる』」

「一つは、『エド……いえ、『サンズさん』から、『氷山さん』に対しての。
 一つは、『氷山』さんから、『サンズさん』に対しての――――
 あくまで私の解釈でしかありませんが、『双方向の前進』とも、言えるでしょうね」

           「……近況報告に来ただけ、だったのかもしれませんケド。
            この音を聴いて、キミに聴かせずにはいられなかった。
            ああ、勿論、話がまだあるなら、喜んで聴かせていただきますよ……」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

与力には同心達が、同心には岡っ引き達が、そして岡っ引には下っ引達が協力した。
星見町を凌駕する『百万都市』において、天下泰平、江戸の治安を担った『彼ら』は、
決して、神話や冒険譚の英雄の如く、己一人で、まして身一つで戦いはしない。

・・・本体である『氷山あきは』に対してのみ、『大捕物』が特殊な性質を帯びた。
一つ、捕具を手に持って発現するだけでなく、『装着状態』で発現する事が可能である。
一つ、その捕具を身に着ける限り、『氷山あきは』は『エド・サンズ』と乱れ無き『同時行動』が出来る。

あくまで彼は彼のままであり、変化や進化を起こしたわけではないため、
彼自身の名には、変化や追加などは無い。『信頼関係』の、新たなる舞台である。

『エド・サンズ』
破壊力:B スピード:C 射程距離:D(3m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B→C

岡っ引や下っ引はあくまで『町人』であり、武士の誇りで戦ったわけではない。
落伍者や罪人が多かったともされるが、それは決して人手不足だけが理由ではない。
当時を生きた彼らの思惑は、あくまで蛇の道は蛇の打算に過ぎなかったとしても・・・
悪を『縛り』『砕く』だけでなく、彼らをも『受け止める』事の意味は、いつの世も存在する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                        氷山『エド・サンズ』→前進。

385 『音仙』 :2021/05/24(月) 23:54:36
江戸期の『捕り物』に用いられた『捕具』を発現する。
発現はスタンドの手だけでなく、射程内の『味方』の手にも行える。
戦いを経て、『氷山あきは』に対してのみ、手ではなく装着しての発現も可能。

『エド・サンズ』
破壊力:B スピード:C 射程距離:D(3m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックを有する。
2.半自立型。後述の能力制限を除けば『操作』は自由に行える。
3.性格は勧善懲悪を重んじ、真面目で峻厳。一方で情深く、本体を『妹分』のように見る。
4.本体があまりに悪辣・非道な操作を行う場合でも、現時点では操作を受け付ける。
5.『エド・サンズ』自身はどんな捕具でも並の精度で扱える。

【捕具】
1.『江戸時代』までに『実在』した、『捕具』『捕物道具』と呼ばれる道具を手に発現出来る。
補足:江戸時代以前の日本の捕具も発現できるが、海外の捕具は発現できない。
2.火薬を用いる『銃』の類は、捕具に含まれていても発現出来ない。『投擲』で扱う物や『弓』は可能。
3.捕具の射程距離は『15m』。発現速度はだいたい『4秒に1つ』ほど。持続時間の限界は特に存在しない。
補足:捕具の発現は一瞬だが、クーリングタイムが『4秒』必要となる。
4.捕具は任意解除が可能。触れる必要は無いが、視界に収めておく必要はある。
5.同時発現可能数は『5つ』まで。破壊されたり射程外になった物は、即座に解除される。
補足1:弓矢などのセットで使われるものは『矢が一本番えられた弓』がセットで『一つ分』となる。
補足2:投卵子のように『破壊』されなければ用途を果たせないものは『果たし終えてから』解除される。
炸裂で生まれる『粉の飛散』という現象が完了するまでは残る。
6.捕具の位置を把握できるような効果は無い。
7.大きさの制限としては人間一人が手で扱える程度までは捕具として認められる。大型の捕具も発現は一瞬。
例としては最大3m前後あるとされる『四方梯子』など
ただし、捕具を展開するスペースのない閉鎖空間では発現自体ができない。
8.『投網』・『煮えた粥』・『竜吐水』のような臨時で捕物に使われた道具は発現できない。

【大捕物】
1.スタンドから半径15m圏内、かつ視界内の『人間』に限り、その手に直接『捕具』を発現させられる。
2.これを行うには、対象の『手が空いている』必要がある。何かを持った手には発現させられない。
3.この発現には相手の許可は不要だが、『持つ気が無い』なら発現と同時に手から地に落ちるだろう。
補足:また、危険な状態で相手に持たせたり、捕縛縄を手首に巻き付けた状態で発現させることはできない
4.この方法で手に捕具を発現させた人間は、『スタンド使い』のようにスタンドを視認したり、スタンド会話が可能。
5.捕具の射程はあくまでこのスタンド側が中心であり、対象がスタンドから15m以上離れれば解除される。
6.この方法で発現した捕具も任意解除可能。解除されると、対象は元通りスタンドを知覚できなくなる。
7.このスタンドが『犯罪行為』を目撃し、擁護する余地も無い(GMが判定)者は対象に出来ない。
8.この方法での発現に限り、『1度に複数個』の捕具を発現出来る。ただし、『1人につき1つずつ』。
9.下記の人物は対象に取れる。
①本体である氷山
②氷山は『犯罪行為』を目撃したが『エド・サンズ』は見ていなかった相手
③現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度も高い相手
④完全に見ず知らずの一般人
⑤上記の対象となるスタンド使いのスタンドの手の中
10.下記の人物は対象に取れない
①現在、戦っている相手ではあるが明確な『犯罪行為』は行っておらず好感度が低い相手

【氷山あきはとの大捕物】
1.大捕物の対象の内、『氷山あきは』に対しては手にではなく、『装着箇所』に直接発現出来る。
2.たとえば『鎖帷子』をいきなり着た状態にしたり、『陣笠』を被っておいたりも出来る。
  今まで通り、そうした装着タイプの捕具を手に持って発現させる事も、勿論可能である。
3.これは氷山あきはへの『大捕物』に限り、『エド・サンズ』自身の捕具発現では不可能である。
4.大捕物で己に発現した捕具を身に着けている際、『氷山あきは』の動作は『エド・サンズ』の操作を阻害しない。
  すなわち、『完全自立型』に相応する、『完全な同時行動』が可能。スタンドが自立操作になるという訳では無い。

386 氷山『エド・サンズ』 :2021/05/25(火) 00:21:09
>>384

「あっ、もしかしてタイミングが悪い時に来ちゃいましたか?
 音仙さんでもどこかに外出する事ってあるんですね?」

  『ソリャア人間ダカラヨ・・・・買い物トカ、家ニ帰ッタリトカ
   ソーユーノモアルンジャネェカ?』

『音仙』を目の前にし、氷山の心の音が聞き取られる・・・
氷山本人には何をしているのかはわからない・・・・だが悪いようにはならないだろう、と考えていた

「『アリーナ』と音仙さん・・・・ちょっと意外な繋がりですね
 音仙さんみたいな穏やかな人はちょっと血の気の多い感じの『アリーナ』とは
 関わりなんてないのかと・・・・」

         キィィィィイィイ

「『受け止める力』と・・・・ 」

       『「正義ノ心」・・・・?』

「ええ・・・・私も『さんずさん』と会えて・・・・」
『アア・・・・俺モ「あきは」ト出会エテ・・・・・』

   「『本当に良かった』」

「そう思っています・・・・」
『マア、コイツハマダマダ「ひよっこ」ダカラ、俺ガ支エテヤラネエト、イケナイシナ!』

「もう! でも・・・・これからもよろしくお願いしますね、『さんずさん』!」

387 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2021/05/25(火) 01:29:39
「お久しぶりですね、音仙さん。
 お土産は『アルモニカ』の音色と手作り豆腐アイス。
 きな粉と餡蜜はパックの上にテープで貼り付けておきました」

「最近は……色々な人達と知り合ったり、また死んだかと思ったら生きてて、保健所職員に轢かれたりとか」

「思ったより『孤独』じゃない…」


水と生きるために進化した…らしい石動先輩と神社の巫女様に遭遇しました。『鵺』より石動先輩の方が謎の生物っぽいですよ…
【個】『烏兎ヶ池神社』【場】
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1549033452/208-236


「氷山先輩はアダージョの心に寄り添って救いを与えました。あれは私には無理だった…」

「私は彼女のようにやれなかった。けど…」

┌─────────────────────
│「『悪』に堕ちてでも、闘い続ける――――」
└─────────────────────


┌───────────────────────────
│だが、死の最中で尚、死闘が出来るとは思わなかったぞ……
└───────────────────────────

「あれほど死闘に飢えた太門が最後の最後、朗らかな表情で満足気に生き絶えたのは…」

「正しい死を与えてやれたのかもしれません」


偶然にも先輩たちと対処した『悪霊』憑き。
相性の良い氷山さんと『さんずさん』を酷使しつつ、7人〜9人を『慈悲の刃』で斬り払うことに成功。
続いて斑鳩先輩と一騎当千の太門を相手し、決死の束縛を受けたところを斬首。
【ミ】『その夕立に雨傘を』
危難:BC 理不尽度:B
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1547738761/691-994

「私のスタンドならば、『悪』に堕ちる前に救えるかもしれないと…『タカ』の最後の言葉です」

「『悪』の居場所は『悪』にしか作れない。
 ならば、私が『悪性』を絶って社会に戻してあげたい。 畜生より人間である方が良いはずだ」

「そのためには色々と頑張っていきますよ。こう見えて死んでも死なないので…」


夕立先輩に約束通り『慈悲の刃』を届けるものの、蘇ったアダージョの『サンダー』と『ゴールデン・イヤリング』の前に死亡
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1604323728/2-142

「えぇ、やっぱり宗像さんは良い人です。
 人を殺そうが私は彼のことが好きです」

「いつか、宗像さんの『アヴィーチー』が人を殺さなくて良くなるように…」

宗像さんとの交流part4。『エクリプス』の屍の上に今の平和が有るように、宗像さんの『アヴィーチー』の積み上げる『地獄』が善き場所に到達すると信じたいものです。
【交流】『アポロン・クリニックセンター』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1453646843/163-176

「『唐突な卒塔婆』『塞川さん』『オットセイ』『さんずさんカロリーDF問題』『ブラコンハラスメント』『保護者大激怒』『アスリート体質』」

「つまり、タダ飯です」

【ミ】『飽食狂時代』
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1604323728/143-253


「色々な方々が居ましたけど『陽』の気を
 振り撒く例の方が気になります」

「遭遇したら消滅しちゃうかもしれない…」

【交流】『牛に引かれて星羅の集い』
内気なスタンド使いの御影さん。ホームレス少女の風歌さんと遭遇。
氷山先輩と再開できましたが…誤解の連鎖で…えぇ、過去に警察の厄介になっただけですからセーフです…
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1540228313/352-421


「スタンドを使う野良犬の友達ができました! 『オジロ』って名前の賢い子です!」

「今でも『蝙蝠』の死体を届けてくれますよ。
 お返しに雀の唐揚げを置いて布教してあげなきゃ…!」

「オジロを抱き泣く岩川さんの過去は分かりません。以前の私なら『無駄』な時間だと、不要な『痛み』と切り捨て『鎮静』したはず…」

「私は彼女に時間が必要だと判断しました。岩川さんが犬への憎悪を振り切るにはまだ時間が必要だと思います。『きっかけ』を得たなら後は大丈夫です、きっと」

スタンドを使う野良犬『オジロ』を巡って保健所の主任『岩川』さんと戦うことに。
スタンド使いにしては優しい成り立ての七篠先輩と『オジロ』治療の際に知り合いました。
優しい彼女にとっては良い経験となったかもしれません。先輩として導けたかと言えば…
【ミ】『真白の牙』 危難:CD
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1601890582/280-400

388 『音仙』 :2021/05/25(火) 23:21:15
>>387(一抹 貞世『インダルジェンス』)

「ええ、お久しぶりです。今日はいい日ですね……お土産もありがとう。
 豆腐のスイーツは、良いですよね。
 ああ……以前いただいた冷風扇も、そろそろ役に立つ季節が来ます。
 ……暑さを避けたくなったらここに来てくれても構いませんが、
 今のキミなら、ここより、行くアテというものはたくさんありそうですね」

            シュルルル

「そう。スタンド使いとの出会い、交流……そして『戦い』。
 ……『アダージョ』を真の意味で『討った』のは彼女でしょうが、
 聴いただけの私が考えても、『キミたち』の活躍もあっての、事でしょう。
 もっとも、キミも流石に無事では済まなかったようですが…………
 魂に刻まれたのは、傷だけでなく、先へと歩む足跡も、でしょうね」

「無条件の明るさや正義を持つ、太陽のような存在がいるのと同じで……
 『悪の世界』を必要とする者は、光と影のように確かに存在はする。
 あるいは……『悪を犯さざるを得なかった者』も、確かに、存在する。
 だからこそ、『悪』を『悪のまま』受け止める事と同じくらい、
 ――――『悪を払う』キミの能力と、それを望む精神性は、尊いものに思えます」

「それは何も殺人罪や、テロといった『大きな罪』だけではなく……
 己の価値観、憎悪という感情に振り回されてしまう人間に対しても、
 大いなる『贖宥』として働く。それを処方するために相応しい心も、キミにはある」

                 ――――――― ・・・

「…………………とはいえ、残念ながら。
 これは仮初とは言え、『一度死んだ』がゆえかもしれませんし、
 既に一度、軽微なものとはいえ段階を経ているからかもしれませんが、
 キミの成長が……『スタンドの成長』に、今すぐ直結はしなかったようですね」
 
「しかし……音は再び、変わりつつあるのは間違いない。
 その方向性としては、恐らく『より深い鎮静』……或いは、
 今後次第ですが、『慈悲の刃』がより『当てやすく』なる形、か。
 恐らく、そこに至るまでは、もう…………そう、遠くはないでしょう。
 新たな段階に至るまでの、『あと一歩』……それが良いものになる事を、祈ってますよ」

                      一抹 貞世『インダルジェンス』→『今回、成長は無し』

389 一抹 貞世『インダルジェンス』 :2021/05/25(火) 23:51:34
>>388
「えぇ、本格的な猛暑で死にそうな時は夕立先輩のお家
 …やっぱり七篠先輩のお部屋に避難する予定です」

「『目標』を打ち立てたのですから時間は掛かれど、
 何時かは辿り着くはず…」

「『インダルジェンス』の行き着く先が分かって一安心
 過程で恐ろしい不運に見舞われるのも慣れたものです」

「食料確保の時間ですし、先客さんの邪魔にならない
 ように帰ることにします。では…!」

390 りん『フューネラル・リース』 :2021/05/30(日) 16:28:13
「痛、いたた……」

頭に鈴蘭を咲かせ、包帯を巻いた少女が『音仙』の元を訪れた

「こんにちは音のおねえさん
 えへへ、ちょっと怪我しちゃった
 少し休んでれば治ると思うけど、病院行った方がいいかな?」

「おねえさん、あのね、うち……怖い事があったんだ……」

少女は、りんは『死』を間近にした、ある体験を話した
【場】『自由の場』 その2ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1621051851/62-81

「おねえさん、わたし…うちは
 『人間』だよね?
 『生きてる』よね?」

縋りつくような、不安そうな涙の滲んだ目で『音仙』を見つめ
震えた声で尋ねる

お願い、否定しないで



               「うちって『何』?」

391 『音仙』 :2021/05/30(日) 21:15:38
>>390(りん『フューネラル・リース』)

「……『包帯』を……こっちで、取り換えてあげましょう。
 それで、ここで少し、休んで行ってくれても構いません。
 なにせ……少なくともここには、キミを傷つけるものはない。
 奇異の目で見るものもいないし、理解に辿り着いていないものもいない」

               シュルル

「…………あるとすれば」

音仙――――『音のおねえさん』の背後には、
音響機器で組み上げられた『樹』のヴィジョンが浮かぶ。
そこから伸びる『蔓』が、『りん』に向く。

「…………私はキミについて、キミより少しだけ深く『知っています』。
 …………それを、隠しても、いつか自分で気付く日は来るのでしょう」
 
「キミは…………ああ。キミは、どこかで『一度死んだ』。
 なぜ? いつ? ……それは『分からない』。
 聴く事は出来ない。出来なかった。キミの『特別な才能』を。
 ……いずれにせよ、その死は、キミの『たましい』の消滅を意味しなかった。
 だから……『りん』、という人間は、どんな形でも、間違いなく今ここにいる」

音仙も、『りん』の能力――――『フューネラル・リース』を『知らない』。
『どのようなメカニズムで生き返るのか』或いは『死を否定するのか』。
一度死んでよみがえった、その事だけだ。『それは人間なのか?』

         「考えて」「話し」「食べて」「歌い」「奏で」「遊ぶ」

「……そして。生きたいと思っている。……『生きた人間』としか思えません。
 でも、キミの存在の『全て』は、今の私には分からない。それでも…………」

『それは何か恐ろしい物なのかもしれない』――――そう思っていた。
だが、これまでに聴いて来た彼女の『声』は。
間違いなく……生を謳歌する『人間の魂に満ちている』。
それこそが、『フューネラル・リース』の本質なのだろう。

「……ああ」

「キミがこの答えで心の底から安心できるのか、私には分からない。
 私には突き詰めれば、キミの心を傷つける能力しか、ないのかもしれませんが……」

せめて今、このひと時だけでも、安らかでいてくれれば……そう思わずにはいられない。

392 りん『フューネラル・リース』 :2021/05/31(月) 08:56:01
>>391
「えへへ、ありがとう
 やっぱりおねえさんは優しいな…」

音のおねえさんの傍に座り込み、彼女のやる事に身を委ねる

「うちよりうちに詳しいなんて、やっぱりおねえさんは凄いなぁ……
 うち……『死んだんだ』……そうなのかなって思ってたけど、やっぱりなぁ……
 あはは……」

涙を流しながら、切ない笑顔を浮かべるりん

「けど、うちは今『生きてる』し、うちが『人間』だと思えば…
 うちは『人間』なんだ……
 うちはこれからも、『自分は人間』だって、信じるよ」

我思う、ゆえに我あり

「おねえさんは、うちの事よく分かっててくれるね…
 分かっててくれる人の傍にいるのって、凄く安心する……
 だから、ちょっと、休ませてもらうね………」

そう言うとりんは、静かに目を閉じ、しばしの休息についた
その顔は、信頼しきった人間に身を預け、安らかな表情をしていた

393 藤原 しおん『ウィスパーズ』 :2021/05/31(月) 19:14:04
>>392(りん)

「他のたくさんの人達との繋がりが、
 積み重ねる人と人との交流が、
 『答え』に至る道の一つだとしても……
 キミが人間として、生きている道の中で、
 その事に疲れた日は、休んだって良い。
 あるいは、時には答えを求めなくたって良い」
 
「……いつでも、ここに来てくれて良いですからね」

部屋の水槽の、エアポンプの音と共に、
ぽつぽつと、ゆっくりと言葉を掛けながら、
傍で目を閉じる少女を、ただ見守っていた。
それ以上の事は、何もなかった。出来なかった……

394 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/06/06(日) 02:28:45
この前は質問に答えてくれてどうもありがとう。
この町にはどうにも『スタンド使い』という存在が多いようで、
場合によっては戦う事なんかもあるかもしれない。
そういうわけでさらにわいてきた疑問にもぜひ答えてほしいな。

1.『球体』の『固定』というのは、どんなに勢いがあっても『急停止』できるものなの?
2.『固定』を解除する事で、『固定』前にかかっていた勢いは再度復活する?
3.『過去再現』の『無生物』は『実体化スタンド物質』という事で『一般人』に視えたり、
 『写真』に撮ったりできると思うけど、『生物』の場合、
 『象徴ヴィジョン』に近いという事はもしかして視えたり撮ったりは不可能?
 (スタンドはさすがに視えないし写真にも映らないあつかいだと思うけど)。
4.『生物』の衣服も『生物』あつかいだと思うけど、手に持ったものもやっぱりそう?
 運転しているバイクや車なんかはどうかな。
5.スタンドは『生物』あつかいだけど、『スタンド物質』は『無生物』あつかいのようなので、
 この能力で『外に持ち出せる』対象という事でいいんだよね?
 持ち出す場合、『スタンド物質』の射程や『特殊能力』はどうなるのだろうか。
 また、『器具型スタンド』とかは『無生物』の対象範囲?
6.『炎』なども再現可能なようだけど、この止まった炎には
 熱や延焼を起こす能力があり、スタンドにも効果がある? また『帯電』なども再現可能?
7.火がついてたり、(可能なら)帯電した無生物をそのまま持ちだす事も可能?
 その場合、『固定』を外した時点でそれらの状態が『進行しはじめる』事となる?
8.『再現』した食事を食べる事も可能だよね?
 その場合、射程外に出たり能力解除したらカロリーゼロ?

395 『音仙』 :2021/06/06(日) 21:55:06
>>394(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

>1.『球体』の『固定』というのは、どんなに勢いがあっても『急停止』できるものなの?

「基本的には、そうなります……が、
 勢いが継続的に付加され続けていて、
 それが固定力より上なら、停まりません。
 例えば、『超人的』な力(パB)の者が、
 手に取って運んでいる場合など……ですね」

>2.『固定』を解除する事で、『固定』前にかかっていた勢いは再度復活する?

「これは、しません」

>3.『過去再現』の『無生物』は『実体化スタンド物質』という事で『一般人』に視えたり、
> 『写真』に撮ったりできると思うけど、『生物』の場合、
> 『象徴ヴィジョン』に近いという事はもしかして視えたり撮ったりは不可能?
> (スタンドはさすがに視えないし写真にも映らないあつかいだと思うけど)。

「ああ……すみません、語弊がありました。
 干渉できない性質は、所謂象徴ヴィジョンのそれですが、
 一般人に見えるものであれば、通常通り視認も撮影も可能です」

>4.『生物』の衣服も『生物』あつかいだと思うけど、手に持ったものもやっぱりそう?
> 運転しているバイクや車なんかはどうかな。

「衣服や手荷物は、生物扱いのようです。
 乗り物まで行くと、無生物扱い……つまり、
 身に付けているかどうかが基準なのでしょうね」

>5.スタンドは『生物』あつかいだけど、『スタンド物質』は『無生物』あつかいのようなので、
> この能力で『外に持ち出せる』対象という事でいいんだよね?
> 持ち出す場合、『スタンド物質』の射程や『特殊能力』はどうなるのだろうか。
> また、『器具型スタンド』とかは『無生物』の対象範囲?

「スタンド物質は原則、通常物質同様に持ち出せます。
 能力は『作用』はしますが、『発動』は出来ない……つまり、
 発現後は常に何かの能力を発しているスタンド物質ならそれは作用するのですが、
 オンオフが必要な場合は、大元のスタンドがいないため、使えません」

「そして、器具型のスタンドは大抵はダメージフィードバック……
 ああ、ええと、本体にダメージが伝わる作用がありますから、
 その場合には無生物とみなす事は出来ないでしょうね」

>6.『炎』なども再現可能なようだけど、この止まった炎には
> 熱や延焼を起こす能力があり、スタンドにも効果がある? また『帯電』なども再現可能?

「これは……止まった炎は熱くはありますが、
 それ以上燃え広がる事は、ないようですね。
 止まった電気もまた、触れると痛いですが、
 触れた所以外に電気が流れる事はありません」

>7.火がついてたり、(可能なら)帯電した無生物をそのまま持ちだす事も可能?
> その場合、『固定』を外した時点でそれらの状態が『進行しはじめる』事となる?

「これは可能ですし、性質もその認識通りですね」

>8.『再現』した食事を食べる事も可能だよね?
> その場合、射程外に出たり能力解除したらカロリーゼロ?

「食べる事はもちろん可能ですが……
 解除して無かったことに、とはいきません。
 これは不思議な話ではあるのですが……
 スタンドの出す食べ物は、こうなりがちですね」

396 喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』 :2021/06/06(日) 23:31:20
>>395
なるほどねェ。だいぶ理解が進んだよ。
教えてくれてありがとう。また、なにかあれば確認にきます。

397 『音仙』 :2021/06/06(日) 23:34:46
>>396(喜古美礼『ビトウィーン・2・エンズ』)

「エエ、いつでもまたどうぞ…………
 お茶菓子くらいは出させていただきますから、ね」

398 『Electric Canary Garden』 :2021/06/07(月) 00:09:35

ある日、『りん』宛ての郵便物が届いた。
送り主は『星見FM放送』。
何かの手違いか、何故かここに送られてしまったようだ。
ttps://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1619194604/30

(※りんPCが訪れた際に渡して頂けると幸いです)

399 『音仙』 :2021/06/07(月) 22:31:12
>>398(『Electric Canary Garden』)

「…………」

『どこにも届くはずの無かった』それを、
『ここに届けた』のは『友人』の一人だった。
『風見亜角』の『能力』には、良く助けられている。
彼自ら『りん』の下に『届け』なかったのは、
ここに届けてくれただけ親切と思おう。

          スッ

『中身』が食べ物ではない――――
つまり常温保管で問題ないものと知ると、
それを『机』の端にそっと置いておいた。
来たらすぐに渡せるように――――

或いは、こうしておけば、あのおそろしく、儚く、健気な少女が、
『次にまた訪れる』事を、保証してくれるような気がしたから。

400 氷山『エド・サンズ』 :2021/06/09(水) 00:01:44
「最近はとくに暑い日が続いていて、もう夏も近いんだなーって感じですよね
 私もこないだ、銭湯で長湯していたら体調を崩しちゃって
 ・・・・『音仙』さんも気を付けてくださいね」

「ところで、いくつかお聞きしたい事が」

・氷山への『大捕物』で『装着』を選択する場合、
 『捕縛縄』などを腕や足に巻き付けた状態を『装着』として発現する事は出来ますか?

・『装着』状態で同時行動を行う際に、『エド・サンズ』と背中合わせになって、
 感覚共有で全方位の視覚を確保しつつ、自身の背中側の敵に対処するというような、
 頭で処理するのがかなり難しそうな事も出来ますか?

・氷山への『大捕物』で手に出した『陣笠』を改めて普通に着装した場合、
 同時行動の能力を使う事はできますか?

・『陣笠』や『鎖帷子』を『装着状態』で出す際に、
 紐などをしっかり閉めない半脱ぎ状態で出す事は出来ますか?

・『弓』や『さすまた』などの武器型の『捕具』を『装着状態』として出す事はできますか?

・火薬を使った銃の類を出す事は出来ないという事ですが
 『捕火方』という、筒の形をしていて、点火によって先端から激しい煙と火花が散る『捕具』を出す事は出来ますか?

401 『音仙』 :2021/06/09(水) 02:11:31
>>400(氷山『エド・サンズ』)

「ええ……長袖でいられる季節も、既に過ぎてしまったのでしょうね」

「銭湯――――――― ……そう、ええ、気を付けます。
 とはいえ、私は出不精ですし、クーラーも躊躇いませんので、
 キミの方こそ、熱中症には気を付けてくださいね」

>・氷山への『大捕物』で『装着』を選択する場合、
> 『捕縛縄』などを腕や足に巻き付けた状態を『装着』として発現する事は出来ますか?

「これは出来ませんね。
 使う側としての状態が装着であって、使われる側の状態では発現出来ないようです。
 マァ、『サンズさん』も、キミを捕縛するのは本意ではないのでしょうしね……」

>・『装着』状態で同時行動を行う際に、『エド・サンズ』と背中合わせになって、
> 感覚共有で全方位の視覚を確保しつつ、自身の背中側の敵に対処するというような、
> 頭で処理するのがかなり難しそうな事も出来ますか?

「ええ。むしろ、それこそが同時行動の真髄とも言えますね。
 思考もまた行動。本来ならキミの処理能力や、同時行動の困難さで不可能な事が、
 独立した思考を持つスタンドとの連携さながらに可能となる……キミの新たな武器です」

>・氷山への『大捕物』で手に出した『陣笠』を改めて普通に着装した場合、
> 同時行動の能力を使う事はできますか?

「大捕物として出した捕具を装着しているなら、使えますね」

>・『陣笠』や『鎖帷子』を『装着状態』で出す際に、
> 紐などをしっかり閉めない半脱ぎ状態で出す事は出来ますか?

「これは……『捕らわれる形での発現』が出来ないのと同様、出来ないようですね。
 キミへの『装着発現』は、あくまでキミの身を守り、キミが共に戦うためのもの、なのでしょう」

>・『弓』や『さすまた』などの武器型の『捕具』を『装着状態』として出す事はできますか?

「防具だけでなく、武器型の捕具でも可能なようです……ね」

>・火薬を使った銃の類を出す事は出来ないという事ですが
> 『捕火方』という、筒の形をしていて、点火によって先端から激しい煙と火花が散る『捕具』を出す事は出来ますか?

「これは不可能なようですね。ソレは捕具というよりは、『忍具』だからでしょう。
 以前の話と併せて言えば、『臨時で捕具として使われたもの』に分類されるようです」

402 氷山『エド・サンズ』 :2021/06/10(木) 23:58:13
>>401

「この部屋はいつ来ても快適でいいですね!」

『ア〜〜、余計ナお節介カモシレネェガ、アンマリ外ニ出ネェノモ身体ニ悪イト思ウゼ
 若イ奴ハモット外ニ出テダナァ・・・・』

「言い方が爺くさいですよ、『さんずさん』」

403 小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』 :2021/06/21(月) 20:19:56

今日、久方振りに『ここ』を訪れた。
初めて訪れた時も、その後も、
バッグの中には常に『鎮静剤』を忍ばせていた。
『スーサイド・ライフ』に本体を傷付ける事は出来ない。
だからこそ、『鎮静剤』が必要だった。
自分にとって、なくてはならないものだった。

  「――……ご無沙汰しております」

しかし、『今』は違う。
自分自身を傷付ける事の出来る『第二の刃』がある。
それが『鎮静剤』を手放した理由の一つ。

  「また『これ』をお持ちしました……」

          スッ

  「……覚えていらっしゃいますか?」

話を始める前に、持参したものをテーブルに置く。
以前(>>7)持ってきた自宅の庭で栽培した『ラベンダー』。
あれから、長い時間が経ったように感じる。

  「今日は……『お尋ねしたい事』があって参りました」

  「切り離した『私の手』から――
   『ビー・ハート』を発現させる事は可能でしょうか?」

  「『スーサイド・ライフ』で切り離した部位は、
   『スーサイド・ライフ』を解除すれば消え、
   『ビー・ハート』で切り離した部位は、
   『ビー・ハート』を解除すれば消える……」
 
  「……そういった認識で間違いないでしょうか?」

404 『音仙』 :2021/06/22(火) 00:33:50
>>403(小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』)

「エエ……お久しぶりです、小石川さん。
 それは……いつ頃だったでしょうか?
 以前にもいただきましたね。
 生憎、花の命は長くはないもの……
 前のそれは、もう、枯れてしまいましたが」

        コト

テーブルに置かれた鮮やかな花に目を細める。

「枯れて、咲いて、繰り返しこそ花なのでしょう。
 ………………私個人の感想を言うなら、
 また、咲いているところを見られて良かった」

所感を述べると、質問に耳を傾け、
その答えをゆっくりと話し始めた。

>「切り離した『私の手』から――
>『ビー・ハート』を発現させる事は可能でしょうか?」

「ええ、可能です……
 キミがまた『荒事』に巻き込まれた時には、
 とても強力な武器の一つになるでしょうね」

>「『スーサイド・ライフ』で切り離した部位は、
> 『スーサイド・ライフ』を解除すれば消え、
> 『ビー・ハート』で切り離した部位は、
> 『ビー・ハート』を解除すれば消える……」
> 「……そういった認識で間違いないでしょうか?」

「こちらも、キミの考えている通りです。
 能力解除は、それぞれの刃に対応していますね」

405 小石川文子『スーサイド・ライフ』&『ビー・ハート』 :2021/06/22(火) 23:29:11
>>404

花は種を残し、種は花になる。
それは一つの循環。
人と人の関わりにも似ている部分があるように思えた。
今の自分にも、
『出雲』や『イズ』や『笹暮』から受け取ったものがある。
いつの日か、私が誰かに渡す種が、
その人の心に花を咲かせる事もあるのだろうか。

  「よく分かりました……」

返ってきた答えを頭の中で反芻し、小さく頷く。
『荒事』――いつかまた身を置く機会が訪れるかもしれない。
それでも自分のすべき事は変わらない。
『未来』のために、前を向いて生きる。
そう決めたのだから。

  「……また参ります」

  「――ありがとうございました」

挨拶と共に頭を下げて、静かに部屋を後にする。

406 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/07/04(日) 06:37:38
それは、ソラが戦いに赴く前日の事だった

「あ、あのさ…私の事覚えてる?
 ソラって言うんだけど…
 ちょっと『ステインド・スカイ』について聞きたい事があるんだけど」

「例えば、ガラス片や割れた酒瓶を核にしたとして
 それはスタンドにも突き刺さる物なのかな?」

「それと、核にしたガラス片なんかが人体とかに突き刺さった場合、それは『雲』に覆われて固定されるの?」

「あ、後もう1個…『雲』の個別解除は視界内でないと出来ないんだったよね?
 じゃあ、『雲』を一斉解除する場合、『ステインド・スカイ』自体を解除するって扱いで『杖』のヴィジョンを一旦消す必要はある?
 それとも、『雲』だけを消す事は出来る?」

「何でこんな事聞くかっていうと、何となく、この後死ぬ予感がするんだよね…
 出来る限りの事はするつもりだけど、もし死んだら…
 いや、忘れてくれていいよ…その時は私がお空の雲になるってだけの話だ」

407 ソラ『ステインド・スカイ』 :2021/07/04(日) 07:03:53
>>406
「ちょっと言葉足らずだったか
 1つ目の質問は核にした物体が『浮上』する時にスタンドに干渉出来るかって問題ね」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(メーカー特典:「ジャケットイラスト使用A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「アニメ描き下ろしB2布ポスター」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] - アニプレックス


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板