したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『心音サイフォン』

326 名無しは星を見ていたい :2020/05/18(月) 19:34:16
『名前』天羽 寿美(アモウスミ)
『性別』女
『年代』16歳
『心の声』
 『スタンド』という概念が『精神性』?『タマシイ』?が発露した『超能力』だというのならば、
 アニメや漫画みたいな激動の人生を送っている人達に目覚めるのは、まぁ分かるじゃないですか。

 私みたいな何処にでも居るただの『女子高生』が『スタンド使い』だって方が驚くと思うんですって。
 『スタンド使い』って人達が何人いるのか知りませんけれど、
 私は両親も友達も大好きですし、
 今の平凡な私のままフツーにスタンドを得たいんですよ。
 そりゃあ『スタンド使い』になって戦いたーい、なんて考えたりもするけれど…
 まずは『スタンド』に目覚めないと始まらないじゃないですか。
 何を為すとか、何を失うとかはその後。

 んー、つまり『とりあえずスタンドが欲しい』です。
 スッゴ〜いヌルぅ〜い考えだろうし、
 ひょっとして…これじゃあ『スタンド使い』になるのは厳しい感じですかね?

327 『音仙』 :2020/05/20(水) 03:32:39
>>183(天羽 寿美)

「はい、聴き終わりました…………エエ、キミはごく普通、平凡です。
 そして、『どこにでもいる普通の人間』にもスタンド使いはいます。
 ……もちろん『個性派』のスタンド使いも、たくさんいますけどね
 みんな違うから、面白い……私がね。『聴きがい』があるので」
 
「キミと同性、同い年、同学年。そこまで絞り込んでもまさに千差万別……
 不思議の音……機械的な音、フツーの音……あるいは、他にも、いくつも。
 『どこにでもいるキミ』……しかし『ここに来る事を選べたキミ』も、
 その中の一つとなるわけです……さあ、『お聴きください』」

             キィーーーーーーーーーーーーーーン ・・・

 
「その名は、『ベイカント・ロット』……
 動作こそ平凡ですが……射程と『非凡な移動手段』を特色とします」

「さて……キミはこれで、どんな音を私に聞かせてくれるでしょう?
 『手に入れた後どうするか』…………ぜひ、私に聴かせて下さい。
 朱に交われば赤くなる。キミの音も、非凡に染まるか……それとも」

―――――――――――――――――――――――――――
  
かなり小柄で、機械的な人型のスタンド。
背に備わった小さな羽型のパーツが示すように、
最高で『5m』程の『浮遊移動』を可能とする。
パワーには劣るが、長射程と能力で敵を翻弄する。

その能力は『無生物』に触れることで発動され、
対象に『引き出し収納』を作成する事が出来る。
引き出しの大きさはそれなりに幅広く調整が効き、
また奥行きについては無生物のサイズを無視し、
薄い壁に奥行き『1m』ほどの引き出しを作る事も可能。
これによって無生物の『機能』が失われる事はないが、
内部が大きく『空洞化』するため、概ね『軽くなる』。

そしてこのスタンドが引き出しの中に入る事で、
他の場所に作った引き出し内へと転移する事が出来る。
その際には、手に持った物のみ一緒に転移する。

『ベイカント・ロット』The Vacant Lot
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(50m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

―――――――――――――――――――――――――――
      天羽 寿美→己の『特別な才能』を聴き、『把握』。

328 『音仙』 :2020/05/20(水) 03:33:23
>>327の供与先は>>326

329 『音仙』 :2020/05/20(水) 06:13:18

5mまで浮遊して移動でき、手で触れた物に任意のサイズの『引き出し収納』を作る。
作った引き出しに入ることで、別の位置に作った引き出しの中へ『転移』できる。

『ベイカント・ロット』
破壊力:D スピード:C 射程距離:B(50m)
持続力:C 精密動作性:C 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。かなり小さく、だいたい身長『70cm』ほど。
2.ダメージフィードバックと、視聴覚リンクを有する。
3.小さいが、耐久性などは一般的なスタンドに等しい。
4.このスタンドは、常に『浮遊移動』が出来る。高度は『5m』まで。
5.背に小さな羽型のパーツがあり、破壊されると浮遊不可能になる。
  人体で言えば、『骨にヒビ』くらいのダメージで破壊される。
6.羽型パーツにダメージフィードバックは存在せず、動かせもしない。

【引き出しの作成】
1.スタンドの手で触れた無生物に、『引き出し収納』を作る事ができる。
  液体などの不定形物、『5cm未満』の厚みしかない物は対象外。
2.『床』『天井』など、『上下に引く』事になる場所に作ることは出来ない。
  既に作成した引き出しも、何らかの理由でそのような状態になると『解除』される。
3.作れる最小サイズは、高さ・幅・奥行き全てにおいて『5cm』ほど。
  最大は高さは『50cm』、幅・奥行き『100cm』ほど。
(★発現時は具体的な数字ではなく『何が入る程度』と表して構わない)
4.引き出しの高さと幅は、対象のサイズ『未満』である必要がある。
5.奥行きについては、対象の厚みでは明らかに収まりきらないサイズでも可能。
(★各辺10cmの立方体に触れて『引き出し』を作るとしたら、
  幅と高さは『10cm未満』に限られるが奥行きは『100cm』まで持たせられる)
6.能力射程は『スタンドから30m』。持続時間は『30分』。
7.同時作成可能数は、『6つ』。それを超えて発現すると、最も古い物が一つ解除される。
8.一つの無生物に対して複数の引き出し収納を作ることは、スペースが許すなら『可能』。
9.『引き出しの中に引き出しを作る』ことは『不可能』
  複数の引き出しが内部で干渉し合ってしまうような形も『不可能』。

【引き出しの性質】
1.引き出しは、物体の『触れた部分』を起点として作られる。
  触れた部分には『取っ手』が付く。引き出すと『開く』。押せば『閉まる』。
2.最初に開いた時点では、引き出し収納の中は何も入っていない。『空洞』。
3.引き出しの底板や側板、天板など内側は白く、プラスチック系の質感。
  外側から見た時の見た目は、取っ手がある以外元々とほぼ変わらない。
4.どれだけ大きな引き出しを作っても、物体の持つ機能は保たれる。
  ただし元々の内部構造が『空洞』になった分の『質量』に関しては損なわれる。
5.引き出しの開け閉め自体で対象が傷付くことはない。
  勢いよく引きすぎて外れたりもしない。破壊力Aでも外れない。
6.引き出しは『内側』からの干渉に対して極めて強固。破壊力Aでも内からは破壊困難。
  これによって、入れたものの重さで底が抜ける事はまず無い。
7.引き出しが閉じていれば光はほぼ遮られるが、音は遮られない。
8.構造上、外から引くのは勿論だが中から押しても開く。
  『監禁』には工夫が必要だが、このスタンドが出入りするには便利。

【引き出しの解除】
1.引き出しとしての機能を果たせないほど破壊されると解除される。
2.任意解除は、スタンドか本体が視界に収めている場合のみ可能。
3.解除時、引き出しの中にあったものは排出され、パスDCで付近に散らばる。
4.散らばるスペースが全くなければ、解除に巻き込まれて消失してしまう。
  そうなったものがどこに行ってしまったのかは、本体にさえ分からない。

【転移】
1.このスタンドが引き出しに入る事で、他の引き出しの中に転移できる。
2.当然、転移先もこのスタンドが入れるサイズである必要はある。
3.転移元と転移先の引き出しは、どちらも『閉じている』必要がある。
4.転移は一瞬で行われるため、途中で引き出しが開くという可能性は『無い』。 
5.このスタンドが作ったものでない既製の引き出しは、能力に無関係。
6.転移時、スタンドが手で持ち上げているものは一緒に転移させられる。
7.一度転移すると、『5秒』ほど次の転移までにインターバルが必要。

330 名無しは星を見ていたい :2020/05/20(水) 12:33:38
F.自分の能力についての、声。
私、石についてはうるさい方なんです。
単純に好きというのとは少し違いますけど。
私にとっては命の次に大事なものですし、何より生活必需品でもありますから。
これが、何年か前に見つけた私のお気に入りの石です。
ここの曲線といい、こっちの角ばった所といい、実に見事なバランスだと思いませんか?
見れば見るほどウットリします。
もちろん、ただ形が美しいだけじゃありません。
とっても使いやすいんですよ。
この実用的に洗練された機能美が……。
ええと、なんでしたっけ。
そうそう、能力の話ですね。
主に、生活するのに役立ってます。
これからも毎日穏やかに生きていけたらいいなあと思っています。

G.自分の人生についての、声。
お気付きと思いますが、私、ここの出身ではないです。
生まれてからずっと北の方にいたので。
特に不満もなく暮らしていたんですが、ある日、眠っている間に流されてしまって。
気付いたら、この町の海辺まで来てしまいました。
最初は戸惑いましたけど、慣れると居心地のいい場所ですね。
お気に入りの石もなくしませんでしたし。
これがなくなると、食事も喉を通らなくなりますから。

A.その他(何かあれば)
野生のラッコ。
寝ている間に星見町の海辺に流れ着き、意外に住みやすかったので定住した。
石の鑑賞・収集が趣味。

C.名前:ラッコ(名前はまだない)
D.性別:オス
E.年代:成獣

331 『音仙』 :2020/05/25(月) 02:05:59
>>330(ラッコ)

「キミは……カワウソ? まあ、犬や鳥のスタンド使いもいるんですし、
 カワウソのスタンド使いがいても、おかしくはないでしょう。
 …………? ……いえ、まあ、私は動物に明るくもないですから。
 では……聴かせていただきましょうか、席に座ってもらえます?
 私の言葉が通じているかは……かなり、怪しいと思いますが……」

        キィ ィ ィ ィ 

「え………………………………………………ラッコ?」

             ィ ィ ィ ィ    ン

「ラッコ……ラッコ。……野生のラッコでしたか、これは失礼……えっ。
 ああ……なるほど、『そういうスタンド』の使い手なのですね、この子は」

「あ、エエ、はい、分かりました。ラッコですね……カワウソではなく。
 はい……ラッコの方が、私も、幾分か可愛らしいとは思います。 
 エエ……あ、ラッコさんが行ってしまいますよ、着いて……あ、はい、
 言われるまでもありませんね、エエ……ええ、もう間違えませんので。
 ああ……そうですか、エエ、また是非いらして下さい、『ハッピー・スタッフ』さん」

           ギィィ …… バタン。

「……どうしましょうか、今からでも水族館に連絡すべきですかね?
 まあ、あの能力が着いていれば、生きていくには困らないでしょうが……
 その、第一発見者ですし、後で何かトラブルになったらと思うと、ネ。
 …………ああ、エエ。それはそうですね。どうせなら、触っておけば良かった」

―――――――――――――――――――――――――――

『ミニボート』のような船のスタンド。
本体が陸上にいると、浮遊して動く。
この船の上には、『人型の存在』が一人乗っている。
『彼』は手に『銛』を持っており、自立した意思を持つ。

『彼』はラッコ愛好家で、ラッコの話ばかりする。
船に備わったラジオで世間の情報を集めており、
ある程度なら世間話にも興じてくれる事もある。
一切の操作が出来ない完全自動操縦型で、
普段は船で本体の周囲をぐるぐると旋回する。

――――それは、『彼』が『ラッコ』を見るためだ。
彼からラッコが見えない位置に移動することは、
彼自身や船が敵に襲われて逃げる時くらいしかありえない。

そして……本体が『石』で何かを叩いて見せると、
彼は船を止めて付近の水面に銛を突き立てて、
どんな水面からでも『海洋生物の死体』を獲る。
そして本体目掛け、その『死体』を投げてくれる。

もし仮に彼自身やボートが襲われた場合は、好戦性を欠く。
基本的に回避や防御に努め、反撃はやむを得ない場合のみ。

そして意外にも、ラッコが何かに襲われても助けには入らない。
弁えている、という事なのか、自分の身が優先という事なのか、
それについてもし『彼』に聞いても、お茶を濁されてしまうようだ。

『ハッピー・スタッフ』Happy Stuff
破壊力:B スピード:B 射程距離:B(20m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:D
※陸での移動速度は『C』

―――――――――――――――――――――――――――
         →『ラッコ』が町中で目撃され始めた・・・

332 『音仙』 :2020/05/25(月) 02:07:17
『ミニボート』型の船。ラッコを愛好する人型存在が乗る。
本体の周囲を旋回して、ラッコの観察を続けている。
ラッコが石で何かを叩いて音を立てると『餌やり』をはじめる。
つまり水面を銛で突き、海洋生物の死体を獲って、ラッコに投げる。

『ハッピースタッフ』
破壊力:B スピード:B 射程距離:B(20m)
持続力:B 精密動作性:B 成長性:D
※陸での移動速度は『C』

【基本情報】
1.ミニボートのような船と、そこに乗る人型のスタンド。
2.このスタンドは完全自動操縦型。出し入れのみ自由。
  人型の方には意思があり、いつもラッコを見ている。
  話しかけられると『ラッコがいかに素晴らしい生き物か』をしきりに語る他、
  世間話に興じることもある。話題の仕入れ先は、ボートに備わった『ラジオ』。
3.スペック(パス精BBB)は船と人型両方で共通。進路上にいると危険。
★★ミッションでは『GM』がこのスタンドを操作すること。
★★場スレなど厳密な判定が無い場では、このPCのPLが操作して良い。
4.船にも人型にもダメージフィードバックは存在しない。
  船が破壊され航行不可能になったり、人型が死ぬと、
  そこから丸『1週間』の間は発現できなくなってしまう。
5.発現中は、船で本体の周辺を障害物を避けつつ動いている(GM操作)
  基本的に、『ラッコとの間に何も障害物が存在しない位置』を取ろうとして動く。
6.水上なら水面を動くが、陸上なら船体がほんの僅かに浮遊して動き回る。
  陸を移動するのが本懐の船ではないため、陸での移動速度は『C』に下降する。
7.ミニボートの全長は『3m』で全幅は『1.2m』ほど。全高は『0.5m』。
8.人型は手に『2.5m』ほどの銛を持っている。これは鉄製に近い質感や強度。
9.人型は、自身や船が攻撃された時に限り防御や回避を行う。
  また銛が届く距離なら反撃もするが、後述する能力は用いず、銛で行う。
  船での体当たりなどは基本的にしないし、下船することは絶対に無い。
  なんらかの理由で下船した場合、船ごと強制解除され『10分』は出てこない。

【餌やり/餌の確保】
1.本体が『石』で何かを叩き、『音を立てる』と、この『餌やり』行動を始める。
2.餌やりは全てに優先される。敵からの攻撃の回避や防御、反撃よりも。
3.まず船を止め、手に持った銛でおもむろに近くの『水面』を突く。
  なお、この刺突で水面が『物理的に傷つく』ことは無い。
4.陸上など水面が存在しない場合は移動して水面を探しはじめ、見つけ次第行う。
  水面が見つからない場合、探し始めてから『30秒』後に探索を中止する。
  最低でも『野球ボール』程度の大きさのある水面以外は、対象外。
5.突いて一呼吸後、銛を水面から抜く。先端に『海洋生物の死体』が刺さっている。
6.淡水だろうが浅い水たまりだろうが、水面さえ突けば『海洋生物の死体』を獲れる。
7.ただし、水面の面積より大きな海洋生物の死体を獲る事はできない。
8.海洋生物の種類は自由だが、『本体が持って食べられる』物・サイズに限る。
9.海洋生物の死体は実体化スタンド物質で、本体の味覚であれば美味しく食べられる。

【餌やり/餌の投擲】
1.獲った後、スタンドは速やかに銛から死体を外し、本体に向けて『投擲』する。
2.この投擲は、本体に命中してもダメージを与えない。
3.本体以外の生物に命中すると、通常通りダメージが発生する。
4.人型は、本体との射線上に何かあってもおかまいなしで死体を投げる。
  (餌を与えたいあまり周りが見えなくなっているようだ) 
5.投擲の勢いや軌道は、『餌やり』開始時に立てる石の音で判断し、調節してくれる。
  調整はパス精BBBの範囲で可能だが、本体の意図が100%伝わるとは限らない。
  特に石の音自体を何かの方法で乱されると、かなりの確率で『調整ミス』される。
  ただし大きな音でかき消す、など単純な手段では調整ミスはあまり起こらない。
★★ありていに言えば、本体は開始時に『どう投げてほしいか』を明記すること。
★★原則的には、GMは明記された内容通りにする事。
★★不可能な場合、明記がない場合、音が乱された場合は好きに投げてよい。
6.死体を本体がキャッチするなり、何かに当たるなり、地面に落ちるなり、
  投擲によって生まれた勢いが消えた瞬間に、一連の餌やり行動は終了する。
7.終了した『一呼吸』後から、再び『餌やり』を行わせることが可能。
8.餌を食べ終えずに再び餌やりが開始されると、まだ食べていない餌は消える。

333 名無しは星を見ていたい :2020/06/06(土) 13:39:37
1.名前:神藤 莉多(シンドウ リタ)
2.性別:女
3.年代:16歳
4.心の声

これまで毎年誕生日は家族と外食と決まっていたのに、
今年は、今日はナシだっておばあちゃんに言われて初めてショックを受けた。

高校の入学式が無くなった事だってなんとなく受け入れていたし、
中学の卒業式が無くなった事もそんなものかなって思っていたけど、
今日になってようやく全部の実感が追い付いてきたんだと、思う。

きっと私は16歳にもなれていなくて、高校生にもなれていなくて、
私に卒業式は二度と無いんだ。

そう思ったらたまらなく悔しくなって、だけど誰を責めることもできなくて、
これまでだって、いろんな理由で同じような思いをした人たちがたくさんいたはずなのに、
そんなこと考えもしてこなかった自分がどうしようもなく恥ずかしくなって。

誰にも言いたくないことを、誰かに聴いてほしいって、それだけだったんだよ。

334 『音仙』 :2020/06/11(木) 00:03:55
>>333(神藤 莉多)

「はい―――――――――聴き終わりました、ありがとう。
 『記念日』『祝祭日』は、人生を彩り……あるいは区切る大切な日。
 それを喪う事の重み……『共感』ではありませんが、『理解』は出来ます。
 私もそういうことがあったから…………それでもこうして大人になった。
 でも、『そういう事じゃあない』……答えはキミの中にしかないのかもしれない。
 そんな、落し所の見えない話……私のような聞き耳でよければ、お好きにお使い下さい」

            「……とはいえ」

     キィィィィ
         ―――――――
                  ン

「キミはここを訪れ…………新たな『区切り』を得る事は出来たようです。
 『ミザリー・フィースト・デイ』……『祝いの花』を飾る『特別な才能』。
 慰めになるものかは分かりませんが……今日はキミの、ある意味で第二の『誕生日』」

               「どうか、『祝わせてください』…………」

――――――――――――――――――――――――――――――――

礼服を着たような姿の人型のスタンド。
『胡蝶蘭ブーケ』を象った異形の頭部を有する。

能力は――――『祝花』で飾ること。
花束(ブーケ)やフラワースタンド(スタンド花)の形で、
祝いの場には欠かせない『花』を手から作りだす。

これらの花に生物が触れると、花が生物の体表へ『繁茂』。
花に触れた部位は、即座にその花に埋め尽くされてしまう。
放っておくぶんにはその部位以上に広がることは無いのだが、
その体に生えた花もスタンドが作り出した花と同じ効果を持ち、
うかつに他の部位に触ってしまえば、そこに伝播してしまう。

これにより全ての部位を覆うと花は対象の意識を奪い、
その生物を象った草花の塊、『トピアリー』のように変化させてしまう。
唯一の例外として、本体のみは意識を喪失せずトピアリーになれる。

『ミザリー・フィースト・デイ』Misery Feast Day
破壊力:C スピード:C 射程距離:D(5m)
持続力:B 精密動作性:A 成長性:B

――――――――――――――――――――――――――――――――
                 神藤 莉多→己の『特別な才能』を聴き、把握。

335 『音仙』 :2020/06/11(木) 00:18:20
手からブーケを、触れた所にフラワースタンドを作りだす。
その花に生物が触れると触れた部位が花で覆われてしまい、
全部位が花で覆われた生物は『草花の像(トピアリー)』と化す。

『ミザリー・フィースト・デイ』Misery Feast Day
破壊力:C スピード:C 射程距離:D(5m)
持続力:B 精密動作性:A 成長性:B

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックと視聴覚リンクを有する。
2.手から『祝花』を作り出す能力を持つ。
3.能力射程はスタンドから『30m』で持続時間は『3時間』。超過で強制解除。
  これらは祝花に限らず、後述する繁茂後の花や、その影響も含む。
4.同時に作り出しておける『祝花』は、『6つ』まで。一度の作成では1つずつ。
  連続での発現には、だいたい『3秒』ほどの間を置く必要がある。
5.祝花や後述する『繁茂』後の花、『トピアリー化した者』の位置が分かる。
6.祝花は視認していれば任意解除可能。解除時、それが起こした『繁茂』も解除される。
7.繁茂した花やトピアリー化だけを任意解除する、ということは出来ない。祝花単位で解除する。
8.6つの祝花を出していると、新しく出すことは出来ない。1つでも解除してから出す必要がある。

【祝花】
1.後述の『繁茂』した花含め、全て実体化したスタンド物質である。
2.フラワースタンド・スタンド花(花輪)と、ブーケ(花束)の二種類の形で発現可能。 
  それ以外(コサージュ、フラワーボックスなど)の形で発現することは出来ない。
3.花は質感こそ本物の植物風だが、花そのものに毒性などは付与できない。
4.デザインは『実在する範囲』で自由に決めても良い。
5.フラワースタンドは、設置点に触れてから一呼吸ほどで設置される。
  発現の際に物を押し除けるような力はないため、相応のスペースは必要となる。
6.設置の際、床に『固定』はされない。持ち上げたり、運んだり、投げたりする事も可能。
7.ブーケは、念じることで瞬間的(一呼吸以内)にスタンドの手に発現出来る。
8.どちらも重さは『破壊力C』で持ち上げられる範囲、サイズは人間大までに限る。
9.祝花は、形を保てなくなるほど破壊された場合には即座に解除される。

【花の繁茂】
1.『祝花の花の部分』や『繁茂した花』に生物が触れると、触れた部位の表面がその『花』に覆い尽くされる。
  生物のみが対象で、スタンドは対象外である。部位とは、四肢それぞれ、胴、頭の『6つ』として考える。
2.服越し、靴越しであっても接触したとみなされる。手に持った棒など、道具越しならば問題はない。
3.部位を覆い尽くした花は、引っこ抜こうが破壊しようが、一呼吸ほどで再生する。
  もし服を脱ぎ捨てたとしても、今度は皮膚の上に咲き始めるため、あまり意味がない。
4.唯一、部位を覆う全ての花を同時(一呼吸ほどの間に)破壊すればその部位の分は解除される。
5.部位に触れた『祝花』が解除されると、それによって繁茂した花も解除される。
6.全部位を覆わない限り、繁茂した花自体が何か悪影響を及ぼす事はない。
7.花がある事そのものが悪影響となる、という事はある。手指なら指紋を使えない、顔なら視界を塞がれるなど。
  ただし、視界に関しては『花の隙間』から覗けはする(花同士の隙間はゼロではない)ため、完全には塞げない。
8.繁茂した花はその生物とは『無関係』な物質。よって何らかの『触れて発動する能力』などが
  部位を覆う花に触れても、花までにしか能力が適応されず、生物には届かない。一種の防護になる。
  (例:触れたものを壊す能力を持つスタンドが『花』で覆われた部位に触れても、『花』が破壊されるだけで肉体には届かない)
9.全部位を覆われた時、その生物は意識を喪失する。直後、その生物の姿を象った『花の塊』――――『トピアリー』と化す。

【トピアリー】
1.トピアリー化している間、対象の意識は戻らない。耐久性などは『植物の塊』相応。
2.トピアリー化についても、対応する花が解除されると元に戻る。
3.トピアリー化している状態で受けた破壊は、解除時に生物に反映される。   
4.変化する前に受けていた負傷などは、変化している間は治癒もしないが、悪化もしない。
5.本体のみ意識を保ったままトピアリー化する事が可能で、スタンドも維持・操作出来る。
6.本体が変化したトピアリーも、このスタンドで移動させる、つまり運搬や吹き飛ばしたりは出来ない。

336 名無しは星を見ていたい :2020/06/11(木) 22:17:24
1.瀬野満男(せのみつお)
2.男
3.30歳
4.モテたい
5.自分で言うのもなんだけど、俺はシンプルな男なんだ、でもいい加減なワケじゃないぞ。ヤるときはヤる男だ。
100の言葉を語るより、一つの行動が世界を動かしていくんだ、良くも悪くもな。

337 『音仙』 :2020/06/13(土) 01:57:10
>>336(瀬野満男)

「はい、聴き終わりました―――――ありがとうございます。
 『モテたい』……ああ。とても、普遍的な『心の声』ですね。
 そうでありながら『特別な才能』を眠らせてもいたのは、
 やはり『珍しい性格』イコール『スタンドの素養』ではないのでしょうか」

「あるいは――――『頭抜けた意志の強さ』が、あるのかもしれません」

          キィィィーーーーーー ・・・

「『フォーリング・マニック』……足場を『吊り橋』に変える能力です。
 吊り橋効果を狙うには、少し物騒すぎるかもしれませんケド……
 スタンドを得て、キミの『行動』は更に幅広くなる。……どうか、実を結びますように」

―――――――――――――――――――――――――――――

男性的な体格を持つ、人型のスタンド。
黒いハートマークが両肘に存在する。
精度に劣るが、パワーとスピードに長ける。

殴った地面に木製の黒い『円柱』を作り出す能力。
それによって立てた『四つの柱』の間の『足場』を、
今にも落ちそうな『吊り橋』に変えてしまう。

橋に穴が開いたりして、仮に橋の下に落ちたら、
『何も無い空間』を落ち続け、事実上死ぬも同じ。
ただし二階以上の床を吊り橋化した場合など、
『そこから落ちた下に、また足場がある』場合は、
仮に落ちても、単にその『下の足場』に落下するだけで終わる。

『フォーリング・マニック』Falling Manic
破壊力:B スピード:B 射程距離:E(2m)
持続力:D 精密動作性:D 成長性:C

―――――――――――――――――――――――――――――
瀬野満男(せのみつお)→己の『特別な才能』を聴き、把握。

338 『音仙』 :2020/06/13(土) 02:10:55

殴った地面から柱を生やす。
柱4本で囲まれた足場は、壊れやすい『吊り橋』になる。

『フォーリング・マニック』
破壊力:B スピード:B 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:D 成長性:C

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックを有する。
2.殴った地面から、パスBBの勢いで垂直に伸びる『柱』を生やす。
  厳密には殴った瞬間ではなく、スタンドの拳が殴ったところから離れた瞬間に生えてくる。
3.生やしておける柱は『6本』まで。射程はスタンドから『10m』で持続時間は『10分』
4.柱は実体化したスタンド物質。破壊力Cの全力連打や、破壊力Bの1〜2撃で破壊できる。
5.太さは一般的な『ジュースの缶』ほど。長さは『1.5m』になる。
6.スタンドが手で触れる事で、柱は一本ずつ任意解除出来る。
7.全ての柱を同時に解除するなら、意思一つで出来る。
8.柱は『破壊力B』なら引き抜けるが、引き抜いたり壊れたりすると解除される。

【吊り橋】
1.柱4本が『矩形』(=正方形か長方形のこと)に配置されていると作成可能。
  なお、数センチ単位での誤差であれば、このスタンドは問題なく矩形と認定できる。
2.柱4本に囲まれた空間の『足場』のみが、即座に『吊り橋化』する。
  
   ●地地地地地地地地●    ●橋橋橋橋橋橋橋●
   地地地地地地地地地地  → 地橋橋橋橋橋橋橋地
   地地地地地地地地地地  → 地橋橋橋橋橋橋橋地
   ●地地地地地地地地●    ●橋橋橋橋橋橋橋●
 
地:足場。材質などは関係なく吊り橋に出来る。柱で囲まれた範囲なら、『足場の無いところ』にも吊り橋は発生する。
●:生やした柱。柱が生えている部分については吊り橋化していない。
橋:・吊り橋化部分。『奥行30cmほどの木の板』を繋げた構造の橋桁。板と板の間に『紙なら通る』くらいの隙間がある。
  ・『木の板』は『破壊力B』あれば1枚ずつ剥がせる。剥がした場合、その部分は『穴』になる。
  ・剥がした分の木の板はその瞬間に解除される。その他、破片などが出ても、それも解除される。
  ・橋桁は見るからにボロい。『100kg』以上の重量は支えられず、それくらいの重さが乗ったら『穴が開く』。
  ・ただし、『元から乗っている重量』はカウントされない。一度持ち上げてから乗せ直す、とカウントされる。
  ・『破壊力Cの全力』なら一撃で破壊され、やはり穴が開いてしまう(=人が上で飛び跳ねたりすると穴が開いて落ちていく)
  ・『1トン』を超える加重や、『破壊力Bの連打』レベルの衝撃が加わると、『穴が開く』に留まらず『橋全体が落ちていく』。
  ・橋全体が落ちる場合、衝撃を受けた部分にまず穴が開き、そこから『スC』で伝播するようにどんどん崩れていく。

3.吊り橋化するのは『足場のみ』。吊り橋なら本来存在すべき『ロープ』は、現時点では無い。
4.吊り橋化は任意解除可能。また柱が破壊や任意による解除で1つでも欠けた場合も、吊り橋化は解除される。
5.吊り橋化を解除すれば足場は完全に『元通り』になる。橋への破壊行為が反映されたりはしない。
6.橋の穴に引っかかっているものなどは、吊り橋を解除すれば足場の上に戻る。完全に落下したものは後述。

【吊り橋の下】
1.吊り橋化した足場の『下』がどうなっているかによって、橋桁の下がどうなっているかは変わる。
2.橋桁の下に落下したものは、下に『別の足場』があるならそこに落ちる。
  しかし下方向5m以上にわたって別の足場が無い場合は、『永遠に落ちつづける』事になる。
3.永遠に落ち続ける場合、能力を解除しても足場の上に戻ってきたりはしない。
4.足場の下にある、人が踏み入る事が想定されない狭いスペースは、『下にある別の足場』と見なさない。
(地中にあるモグラの巣穴、床材の中の僅かな隙間、建物の床の下にある基礎部分など)
  
A:【吊り橋化した足場の『下方向5m』に渡って、『別の足場』が無い場合】
橋桁の下は無限に続く『何もない空間』となり、橋桁に穴が開くなどして落下すると、『永遠に落ち続ける』。
  
B:【吊り橋化した足場の『下方向5m』以内に、『別の足場がある』場合(『建物の二階以上の階の床』など)】
橋桁に穴が開くと、そこからその『別の足場』(2階の床が吊り橋化したなら、1階の床)が見える。落下すれば、その見えている足場に落ちる。

339 名無しは星を見ていたい :2020/06/13(土) 17:55:55
1.目片 二斗(めかた にと)
2.女
3.10代
4.頭の中で同じ音楽が繰り返されるって……ありますけど。
わたしの場合は、音楽じゃなくて……あなたには聴こえてるのかな?この、機械の音。工場の音。
いつからか何て意識してないですけど……気付いたらずっと、大きな機械が動いてて……あたしの頭の中で何かを作ってる。
これは異常なの?それとも才能?
そのうち、この心の声すら塗りつぶされそうで、怖いです。

340 瀬野満男『フォーリング・マニアック』 :2020/06/15(月) 20:17:53
>>337-338
マジで!? いやすまん、不真面目なワケじゃあなかったんだけど、予想外ではあったんだ。
このスタンドでモテモテ間違いなしだぜ!サンキュな!!!スゲー丁寧な説明も助かるぜ

341 『音仙』 :2020/06/19(金) 00:02:20
>>339(目片 二斗)

「はい――――――聴き終わりましたよ、ありがとう。
 『工場の音』……大きな機械、作られている『何か』。
 それらは厳密に言えば、『キミの頭の中にある』ものではない。
 ですが、妄想という訳でもなく…………『才能の一環』とでも言いましょうか。
 起きること自体は非常にシンプルなのですが、非常に『特殊な才能』です」

          キィィィィ
              イ
                 ――――――――――ン

「――――――『メカロマニア』」

「エエ、キミにも見えたであろう『彼』はそう名乗っていますが……
 それが彼自身の『個人名』なのか、それとも、『工場』……『勤務先』の名なのか?
 工場も含めてのキミの才能なのか、それとも彼個人とのつながりが才能なのか?」

          「彼には、そこを『区別』する気もなさそうです……
           おそらくはキミの元でも、意志を示す事は無いでしょう。
           『意志なき存在』ではないのは、『それ』が示す通りですが、 
           あえて意志を示す必要は無い、と考えているのでしょうかね」

「ともかく……キミは彼を通して『それ』を聴いていた、という事です。 
 ……『謎の多い』才能ですが、『用途』はやはりシンプル。『どうするか』は……ご自由に」

―――――――――――――――――――――――――――――

人型のスタンド。ロボット風の外見。
作業服を思わせる衣服を着ており、
上下合わせて『6つ』のポケットを有する。

このスタンドの武器は…………『銃』。
各ポケットに一個ずつ仕舞い込んだそれを扱い、
結果的に『人型』と『銃の射程』を両立する。

ただし、この銃は『不良品』。
二度目に引き金を引くと弾が出てこなくなり、
数秒経過や、衝撃があると『爆発』してしまう。
とはいえ彼の着る作業服は加工がなされており、
銃によるダメージは、ある程度だが遮断される。

なお、彼は『製造工場』の『検品担当者』。
本体によってこちらの世界に呼び出される際、
『不良品』としてラインから弾かれた製品を、
秘密裏にポケットに入れ持ち出しているようだ。
つまり自我があるはずだが、今のところ本体の操作で動く。

『メカロマニア』Mechalomania
破壊力:C スピード:C  射程距離:C(8m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B

『銃』
破壊力:B スピード:B 射程距離:B(10m)

―――――――――――――――――――――――――――――
         目片 二斗(めかた にと)→己の『特別な才能』と出会う。

342 『音仙』 :2020/06/19(金) 00:09:13
光弾を撃つ『不良品の銃』を6つ持っている。
一発は普通に撃てるが、二発目を撃とうとすると、
弾が出ずに数秒後または衝撃に反応し炸裂する。

『メカロマニア』
破壊力:C スピード:C  射程距離:C(8m)
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B

『銃(不良品)』
破壊力:B スピード:B 射程距離:B(10m)

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックと視聴覚リンクを有する。
2.作業着を上下と、手袋を着用。ヴィジョンの一環なので、脱げたりはしない。
3.上着は4ポケットタイプ。高さは胸の辺りと腹部の辺り。
  ズボンの左右にも1つずつポケットがあるので、計6つポケットがある。
4.各ポケットは、『文庫本』がギリギリ収まるサイズ。
5.ポケットは、容量さえ許すなら自由に物を入れられる。
6.解除した時、後からポケットに入れた通常の物体はその場に落ちる。
7.このスタンドの衣類は後述する『銃』から生じるダメージのみを『遮断』する。
  完全に無効化はしないが、衣類越しには光弾や爆発のダメージをパスCC相応まで軽減する。
8.遮断効果は、ポケットの中など表面以外にも適用される。
9.衣類を身につけていない顔面は、通常通りのダメージがある。

【銃(不良品)】
1.各ポケットに1つずつ、手のひらに収まるサイズの『銃』が入っている。
2.手放す事も可能。銃自体の射程はスタンドから『5m』。再度ポケットに入れ直す事も可能。
  他人に手渡す事は可能だが、このスタンド以外には引き金が引き切れず、撃てない。
3.銃の質感はプラスチック風。破壊力Bの一撃をまともに受けると破壊され、消滅する。
4.引き金を引くと、銃口から『光弾』が放たれる。
5.光弾の形状や威力は通常の拳銃弾(パスBB)並。有効射程10m。推進力を失うか、射程外で消滅する。
6.光弾は暗闇では目立つが、辺りを照らすほどは明るくない。豆電球程。

【爆発】
1.一発撃った銃は、二度目に引き金を引いても弾が出ず、それ以降『爆発』するようになる。
2.『爆発』は二度目に引き金を引いた後、以下のいずれかで発生する。
  ①『約5秒』ほど経つ
  ②パスCC以上の勢いで、何かと衝突する
3.爆発は銃を中心にして『半径50cm』を球形に巻き込む。威力はパスBB相当。
4.爆発に炎熱は伴わない。光と衝撃だけが、範囲に広がる。光の眩しさは『車のヘッドライト』程。
5.爆発した銃は消滅する。破片などは残らない。
6.この爆発を含め、あらゆる理由で消費した銃は、『解除してから2時間』ごとに『1つ』補充される。
 
【工場】
×:非発現時、人型スタンドはそこに勤務しているらしい。銃の製造元でもある。詳細不明。
×:彼はここで『検品担当者』をしており、不良品として弾いた銃を勝手に持ち出しているようだ。
×:他の者には撃てない『銃』が彼には撃てるのも、『検品に必要で、使用許可が出ているから』らしい。
×:つまり彼には意思があるはずなのだが、少なくとも発現中は『通常のスタンド』のように自由に操作できる。

343 名無しは星を見ていたい :2020/06/20(土) 23:32:55
1. 霜降 寒夜(しもふり かよ)
2.女
3.13
4.
…『赤信号』を渡りたい時ってどうしてる…?
…『待つ』よね?待っていればいつか必ず『青信号』になるもの…。

……変な話だったね……

…じゃあ……そう、最近『蚊』が増えてきたよね…刺されると痒いし、何とかしなきゃってなった時、私は『待つ』の…。
…ハエ叩きを持って…耳を澄まして……目を離さず……100%確実に叩けるところに止まる、『その時』を…。

…叩き方が甘くて逃がしても…弱らせたなら…私という餌を求めてきっとまた来る…だから二回目の『その時』を待つ……。
…見えないところに逃げてしまっても…建物の中には必ず居る…また姿を出すのを待つ……。
この頃はそうやって過ごしてるの…


…諦めたら、『その時』がそこに『居る』事に…気付けもせずに、逃がしてしまう。
もしも、結局『その時』が現れないとしても…それでも、『待っててあげられない』事の方が嫌だ。
大雨が降ってきても、虫に刺されても………待ってていたいものがあって。
できる限りの準備をして、確実に迎えてあげたい。

…ここには、『準備』をしにやってきたの…。
…ここで座って…『待つ』ことにするね……。

344 『音仙』 :2020/06/27(土) 02:07:09
>>343(霜降 寒夜)

「はい――――――『聴き終わり』ました、ありがとう。
 エエ……お待たせしましたが、それは『報われた』事になります。
 待てば必ず『その時』が来る、わけではない……それはご存知の様子。
 であれば……この『ヘパティカ』を、使いこなせるかもしれませんね」

           キィィィィィィ
                ―――――――  
                         ン


「『自ら動く』には、あまり向いておりませんが……
 使い時を選べば、強力な力を発揮することでしょう。
 『その時』を待つのは、キミの得意とする分野ですね。
 …………もちろん、自らつかみ取りに行く自由も、常にありますケド」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『大型ネコ科動物』の『氷像』のような動物型のヴィジョン。
その見た目通りネコ科と思えないほど『動きが遅い』が、
勢いを伴わずとも敵を裂く鋭利な爪牙と破壊力を持つ。

能力は『視認』で発動し、『氷』の中に無生物を『閉じ込め』、
そこに閉じ込めてられている限り『時の流れ』も『凍結』する。
氷は触れば冷たく、まさに氷塊相応には『強固』だが、
意志を伴った『生物』が触れると即座に氷は解けてしまう。
このため生物を幽閉する事は『気絶』させなければ不可能。
自分から動くことのない無生物には完全な『牢獄』である。

そして――――氷像を思わせるヴィジョンを持つこのスタンドもまた、
条件を満たした時のみ『氷』が解け、白い『ヒョウ』のヴィジョンを表し、
『神速』で接敵してその勢いのままに『一撃』を叩き込んだ後、元の状態へ戻る。

その条件は、『他の氷が解ける瞬間』をこのスタンドが視認する事。
自ら『餌』を用意し、誰かがおびき寄せられるのを待ち、『狩る』。

『ヘパティカ』Hepatica
破壊力:B  スピード:D(A) 射程距離:C(9m)
持続力:B 精密動作性:C     成長性:C

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
              霜降 寒夜(しもふり かよ)→己の『特別な才能』を聴き、把握。

345 <削除> :<削除>
<削除>

346 『音仙』 :2020/06/27(土) 02:22:00
『大型ネコ科動物』の『氷像』のようなヴィジョン。
視認した無生物を『氷』に閉じ込め、『時の流れ』さえ凍結させる。
この『氷』と凍結は意識のある生物が氷に触れるだけで『解ける』が、
このスタンドがそれを目撃すると『解氷状態』となって神速の一撃を加え、
その後本体の側まで戻ってきて、再び『氷像』のような姿に戻る。

『ヘパティカ』
破壊力:B  スピード:D(A) 射程距離:C(9m)
持続力:B 精密動作性:C    成長性:C

【基本情報】
1.大型のネコ科動物を思わせる『氷像』のヴィジョン。体長『1.5m』体高『0.6m』ほど。
2.動きは遅いが、ネコ科動物に出来るような動きについて自由にさせられる。
3.ダメージフィードバックと視聴覚リンクを有する。
4.爪、牙は『氷加工』にも使われる『ペティナイフ』を思わせる(切れ味も破壊力B相当)
5.能力は『このスタンドの視覚で視認する』事で発動する。『一呼吸』ほどは見る必要あり。
6.視界が遮られる等でよく見えない(何なのか判別できない)物体に対しては、能力は発動できない。

【凍結】
1.視認した『無生物』または『意識の無い生物』を『氷』に閉じ込め、『氷像』のようにする。
2.能力対象に出来る最大サイズは『大型バイク』ほどで、最小は『ピンポン玉』ほどから。
  閉じ込められないほど大きいもの、地面や壁などの『一部だけ』を凍らせる、という事は出来ない。
3.同時に氷に閉じ込めておける数は『4つ』まで。氷は実体化したスタンド物質。視認していれば任意解除可能。
  能力射程は『スタンドから20m』で、持続時間は『8時間』。それらを超過した場合氷は『消え』、解けたと見なさない。
4.この氷は『氷』そのものの性質で、冷たいが、『気温』『室温』で自然解凍されることは無い。
5.炎や人工的な高熱、およびそれらを操るスタンドなどでは、氷相応に解凍されてしまう。
6.閉じ込められているものは氷の影響を受けず、氷の冷たさが伝わって冷えたりもしない。
7.氷は『破壊力Bのラッシュ』であれば、無理やり破壊して中身を取り出す事も可能。これも『解けた』と判定する。
8.氷に閉じ込められている間、対象は『時間が停止している』ように、『機能』や、あらゆる状態の進行が停止する。
9.氷に『意識のある生物』が触れると、一瞬で氷が全て溶けてしまい、中身が即座に開放される。
  スタンドによる接触では、ダメージフィードバックがあるものでも解けない。
  このため、『生物が今触れている最中のもの』を氷に閉じ込める事は出来ない(氷自体が発生しない)

【解氷】
1.『何者かの手で氷が解けた』のをこのスタンドが『目撃』すると、『このスタンドの氷』も『解ける』(『解氷状態』となる)。
2.解氷状態のスタンドは、ヴィジョンも『氷像』ではなく、白い毛皮の『ヒョウ』のようなしなやかな姿となる。
3.このスタンドは解氷と共に『氷を解かしたもの』へ『急接近』し、爪や牙で『一撃』を加える。
4.攻撃の成否に関わらず、このスタンドは『一撃だけ』放った後、『本体の側』へ舞い戻り、瞬時に『氷像』状態に戻る。
5.目撃(解氷)→氷を解かした者への接敵→攻撃→本体の側への復帰
  ……はワンセットで、その間のみ、スペックは『パス精BAC』。
  攻撃の種類に関しては本体が選ぶ事が可能だが、『自動操縦』に近い。
6.攻撃や妨害は『回避』しようとするが、失敗して攻撃を受けるなどで『動きが止まる』と、その場で『氷像』に戻る。
  動きが止まらなかった場合に関しては、ダメージを受けながらでもそのまま通常通り本体の側に戻ってから、氷像に戻る。
7.氷を解かした者以外への攻撃は行えず、進路に居たら全て『回避』する。
  が、避け切れない場合にわざわざ止まったりはせず、『体当たり』のような形となる。
8.既にこのスタンドが解氷している状態で別の氷が解けるのを目撃した場合、
  現在の攻撃対象の後でそちらも攻撃する、または現在の攻撃を中断してそちらにも攻撃する事も可能。
  そちらには攻撃せず、現在の攻撃が終わればそこで終わる事も可能。

347 名無しは星を見ていたい :2020/06/29(月) 00:56:57
1.知覧吉彦
2.男
3.23
4.
ハッピバースデーオーレー、ハッピバースデーオーレー、
ハッピバースデーディアオーレ―、ハッピバースデーおーれー……

ぐおぉー、一人で誕生日おめでとう、ってマジで虚しいなこれ。
そもそもそこまでめでたくねぇんだけどさ、どうしてこうなったー。
カネなし職なし実家暮らし、悪そうなやつから大体カツアゲ。
同窓会の連絡とか来てたけど、今いちばん行きたくないだろ!
同期は新卒、若しくは就職先でそろそろ昇進だろ……。
そんな中ニートが酒持ってフラッと入っておジャマしまーすって、
マジにオジャマ虫か弄られ役じゃねぇか、……あれ、待てよ。
これって高校時代から特に変わってないよな。……じゃあ、別に……。
というか、最早ずっと実家暮らしでウワサだって流れてるわけで、
俺がニートなのは明白なんだから、折角だしちょっと顔だけ出してみるか。

うわー、やべー、ちょっと逆に楽しみになってきた。
敢えてスーツで行ってみるかー。何人か結婚してるよなー。
あー、ニートだとご祝儀ってちょっとマケてくれるよな。
マケてくれるはず、だって逆に貰いにくいよな。俺だって渡しにくいし!
しょーがねぇーなー、ちょっと多めに持っていくかー。
後はお袋からどうやって金を貰うかだが、……これちょっと悩むなー。
てかこの椅子ちょっと硬くね? クッション敷いてあるか? 最近痔っぽいし。
そろそろか、そろそろだよな……。おーい、俺の声聞こえてるー?

348 『音仙』 :2020/07/05(日) 02:21:41
>>347(知覧吉彦)

「はい…………聞こえていました。
 そして…………『聴き終わりました』。ありがとう。
 少し、その、熱が入りすぎてしまいましたね……エエ」

「心音を探るのが難しいことは……『2通り』あります。
 心の音が、あまりに『過密』で、底の底までなかなか聴き出しきれない場合。
 あるいは……『声が無さすぎて、底がどこかを探り当てるのが難しい』場合。
 キミがそのどちらかを、言うつもりはありませんが……『見つかった』のは、一安心」

      「耳を澄ませて」

         キィィィィ ――――― ン

             「……聴こえたでしょうか?」

「キミの特別な才能は……これ単体では、さほど大きな力とは言えません。
 他力本願、とまでは言いませんが……己の手に何も持たないからこその『可能性』
 無職は無色……なんて使い古された駄洒落では、無いんですけどね。
 この力は『手を借り』はしても、その色に『染まる』事は……簡単な道では、ないのですから」

                「名は、『モンキー・ビジネス』……それじゃあ、行ってらっしゃい」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

作業用の『手袋』を両手につけた、人型のスタンド。
驚くほどに『精度』に優れる……『手だけ』だが。
それ以外のスペックについては凡庸だが、悪くはない。

このスタンドの『本質』を秘めるのは、着けている『手袋』の方。
先述した『手』の精密動作性の高さもこの手袋による『補正』であり、
人並みの手さばきを超精度に、また人並み以下でも人並みまで向上させる。
手袋のみ実体化しており、フリーサイズなので、取り外せば誰でも装着可能。

能力は、『手に職を憑ける』こと。
即ち『人型存在』の会得している様々な『技能』を『手袋』にコピーし、
その状態で着けた者に、コピー元と遜色ない『プロの技』を発揮させる……『手だけ』。

コピーの手段は、技能を持つ対象自身にこの手袋を着けてもらうこと。
頼み込むか、騙して着けさせるか、あるいは『精度向上』の対価とするか。

いずれにせよコピーが完了すると、手袋に『ロゴマーク』が浮かぶ。
スペースの問題から、現在浮かべておけるロゴマークは『二つまで』。

――――なお、このスタンドの言う『技能』には、
他のスタンドの『手を起点にする能力』も含まれる。

『モンキー・ビジネス』Monkey Business
破壊力:C スピード:C    射程距離:C(8m)
持続力:C 精密動作性:A(C) 成長性:B
※『手袋無し』の場合、また手以外の部位の精密動作性は『C』

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                 知覧吉彦→己の『特別な才能』を聴き、把握。

349 『音仙』 :2020/07/05(日) 02:24:06
精密動作性を向上させる手袋を着けたスタンド。
この手袋は実体化しており、他の誰かに付け替える事も可能。
何かしらの『技能』を持った存在がこの手袋を着けた場合、
手の甲部分に『職』を象徴するような『ロゴマーク』が浮かび上がり、
その状態の手袋を着けていると、対象の技能を『手』に限り『完全再現』できる。

『モンキー・ビジネス』
破壊力:C スピード:C    射程距離:C(8m)
持続力:C 精密動作性:A(C) 成長性:B
※『手袋無し』の場合、また手以外の部位の精密動作性は『C』

【基本情報】
1.人型のスタンド。ダメージフィードバックと視聴覚リンクを有する。
2.このスタンドは『実体化したスタンド物質』の『手袋』を付けている。
3.手袋そのものとしての性能もそれなりに良いが、特殊な耐久性などはない。革手袋レベル。
4.装着できないレベルまで破損した場合、手袋は解除。『3日間』はスタンドを再発現しても手袋無しになる。
5.手袋は『取り外し』し、他人にも着けられる。誰の手にも合う『フリーサイズ』。

【手を貸す】
1.手袋を付けていると、『手の動作』のみが『精密動作性A』まで向上する。
2.手に伴う腕の動きは手の動作に含まれるが、腕単体の動きや、他の部位は範疇外。
  全身動作を伴う『全力での投擲』などについては精度向上の恩恵が低い。
3.ただし元の精密動作性が『E〜D相当』の場合、『A』には向上せず、『C』までにとどまる。
4.この段階では『精度向上』に過ぎず、『技能』が身につくわけではない。
  道具の扱い方にコツや知識がいる『調理』などは、『プロ』並に出来るとは限らない。
5.手袋の射程はスタンドから『10m』まで。持続時間は、スタンド自体を発現している限り。
6.手袋を『片方だけ』装着する事も可能ではある。その場合も、着けた手の精度は問題なく向上する。
7.手袋には、特定の条件で最大『2種』までの『ロゴマーク』が浮かぶ。
  浮かんだロゴマークは、本体かスタンドの視界内にあればいつでも解除可能。
8.ロゴマークの『持続時間』は『2時間』。超えるか、スタンド自体を一度でも解除すると消える。

350 『音仙』 :2020/07/05(日) 02:30:39
【手に職が憑く】
1.ロゴマークが浮かぶ条件として、なんらかの『技能』を有する他者が、この手袋を着ける必要がある。
  技能とは、人間が『仕事』や『部活』『趣味』などで身についた『素人には真似出来ない技術』のこと。
  対象となる分野は芸術、スポーツ、家事など多岐にわたるが、『料理』『野球』といったくくりで捉える。
  (『スポーツ』なら競技単位、家事なら炊事・洗濯・掃除くらいのくくり、芸術なら水彩画・漫画・彫刻くらいのくくり)
2.対象に手袋をしっかり着けてもらいさえすれば、即座にロゴマークが浮かぶ。
3.対象が仮に複数種類の技能を有するなら、対象が最も強くイメージする(最も得意と自負する)1つだけが浮かぶ。
4.技能は、必ずしも『職』に根差す必要はない(例えば『部活』や『趣味』でもいい)が『妥当性』は必要。
  (PCをコピー元とする場合、『設定』や『能力』上、その技能を持つことが妥当である、というソースを示す事)
5.『やり方さえ知っていれば誰でも即座に並べる程度』の腕前は、『技能』ではない。
6.手袋を片方の手しか着けていない場合でも、ロゴマークは両方の手袋に浮かぶ。
  ただしこの場合は、着けて即ではなく『10秒』程の間がいる。
7.『手から(手を起点に)発動する』『手で触れて発動する』スタンド能力も『技能』の範疇となる。
8.ロゴマークは、技能を象徴するようなマークとなる。同じ技能でも、持ち主により個人差は生じえる。
  ★マークがどのような物かは後述する『技能の持ち主』が決めてよい。決めないなら、このPCのPLが決める。
9.手袋が着けていられないレベルまで破損すると、ロゴマークは消える。

【手真似】
1.ロゴマークが浮かんだ手袋を着けると、元となった『技能』を完璧に再現できる。
  ただし、複数の『技能』を同時に再現する、という事は出来ない。再現中の技能のロゴマークだけ『淡く光る』。
2.高精度で同レベルの動きが出来るというだけでなく、細かな癖や無意識で実践しているコツなども真似、
  たとえば『漫画原稿』のような複雑な工程、本人の個性を内包する物も『完コピ』する事が出来る。
3.反面、悪い癖も真似るため、例えば『料理は出来るが調味料の加減が苦手』といった者からコピーすると、
  やはり加減は苦手なままになってしまう。本体自身の判断でカバーする事は一応可能。
4.あくまで手袋の補正のため『手』、および付随する『腕』以外の動きは、たとえ技能に含まれても真似られない。
5.あえて再現(元の持ち主の技能)に逆らい自己流を混ぜる事も出来るが、その場合は技能は反映されない。
6.また、既存の技能は再現できるが、『新しい発想』までは湧いてこない。
  漫画ならもともと存在する原稿のコピーは出来ても、新作のストーリーは浮かばない。
7.再現する技能が『スタンド能力』の場合、能力内容・制限等は元と等しい。
  ただし能力の詳細などについては、知っている限りでしか把握できない。
8.『技能』を再現するだけで、『スペック』は変わらない。また、『手の形状』も変わらない。
  そのため、スペックに依存する能力は機能しない事があり、手の形状に依存する能力は再現できない。
  ただし、手の形状そのものが変化するわけではない(手に『模様』がある程度)なら再現可能。
9.ロゴマークが消えれば、技能も消える。体が覚える、という事も、一度や二度の真似では起きない。
  だが繰り返し同じような技能を真似し続ければ、いつかは本当に『手に職がつく』事もあるかもしれない。

351 名無しは星を見ていたい :2020/07/29(水) 23:21:00
1.龍美丹(ロン・メイダァン)
2.女
3.10代
4.ドラゴンロード……ボクたちの道……ボクらの祖先の歩んだ戦い
 ボクが進むべき道。
 この道の先に何があるか、それは分からないけれど、自分の足で進む以上後悔はないさ。
 この身一つで強くあれるなら、それでいい。
 力をもって善をなす。
 それがボクのドラゴンロードだから。
5.それはともかくとしてこの人キレイだなぁ

352 『音仙』 :2020/08/04(火) 01:29:46
>>351(龍美丹)

「――――――――――はい。聴き終わりました、ありがとう。
 『血脈』……スピリチュアルな言い方をするならば、『血のさだめ』
 それは、往々にして『スタンド』を運ぶ道となる……遺伝、あるいは伝承。
 キミの一族、あるいは精神的な意味での『祖先』達が『そうだった』のかは……
 私に聴ける範囲ではありませんが……少なくとも、キミという地点で『表出』しました」

         キィィィィ
                ―――――  ン

「キミの才能の名は……『チーロン(紅龍)』。
 血脈に宿り、『出血』を『血龍』に変えて操る『才能』です。
 攻撃力もさることながら、特質は……この龍は『輸血』に使える事。
 そして、どのような血液型の人間にも適合する事……まさしく『善を為す力』。
 ……あるいは、輸血対象の『身体情報』を『監視』できることについても、
 キミの『善』のありかた次第では、大いに役に立つ要素かもしれませんね」

「それにしても……その、『キレイ』というのはやはり……あまり、耳が慣れませんね。
 エエ、キミが初めて『思った』わけではなく……あ、いえ、自慢ではないんですよ。
 なにせ、女性にばかり言われるので……イエ、男性に言われたい、という訳では、ネ。
 恋愛がどう、という性分でもないですしね、エエ。……化粧品を変えたのが良かったのでしょうか?」

                           「ネエ、どう思います……」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本体と一体化したスタンド。
脈々と受け継がれてきた『血』の中に宿り、
普段は特定のヴィジョンを表出させない。
発現している間は本体の身体能力を高め、
速度に長けたアクロバティックな高速動作を得意とする。
反面、スタミナの消耗については激しい。

本体の身体に出血を伴う傷口が生まれたとき、
このスタンドは『血の龍』として姿を表せる。
この龍は傷口と繋がっている限り自由に操作することが可能であり、
傷口の大きさ次第でサイズが、出血の勢い次第で破壊力増す性質を持つ。

龍は本体の『血』そのものであり、生物の体についた『傷』に触れさせる事で、
強制的に『輸血』を行う事も可能。血は血液型に関わらず、対象に『適合』する。
よって拒絶反応を目的には出来ないが、純粋な善意での輸血には、極めて有用。

これは単なる利他では無く、血は相手の体内でもしばらくスタンドパワーを残し、
対象の身体の現在のコンディションを分析、本体へとリアルタイムで伝える。
受けている傷病の原因や名称を知る、将来の疾患を予測するなどは不可能だが、
負傷の程度の把握、現状における隠れた傷病、隠れている疲労を見出すなどは『容易』。
それを『弱点』として突くか、それともあくまで善を貫くのかは、本体次第である。

『チーロン』chilong
破壊力:D?B スピード:B 射程距離:D
持続力:D  精密動作性:C  成長性:B

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         龍美丹(ロン・メイダァン)→己の『特別な才能』を聴き、把握。

353 『音仙』 :2020/08/04(火) 01:32:11

血液と一体化したスタンド。
出血を伴う傷口から『血龍』として伸ばし、操作できる。
この『龍』を他者の傷口に触れさせると強制的に『輸血』を行え、
血液型問わず100%適合するうえ、暫くの間対象の身体の状況を把握できる。

『チーロン』
破壊力:D〜B スピード:B 射程距離:D(5m)
持続力:D  精密動作性:C  成長性:B

【基本情報】
1.本体の『血液』と一体化したスタンド。
2.ヴィジョンは無いが、発現中は本体の体の各部にに赤い龍の紋様が浮かぶ。
3.発現中の本体はスタンドに干渉でき、各動作が『パス精CBC』になる。
4.発現は意識によってオンオフでき、デフォルトはオフ。
5.周囲の状況やどんな動作をするかなどにもよるが、傾向として発現中の疲労は激しい(持続D)

【血龍】
1.本体に生じた出血を伴う『傷口』から、『血』が赤い『龍』となって伸び、それを操作できる。
  この『血龍』が保たれている限り、出血(失血)による体調不良、意識の喪失などは起きない。
  ただし部位喪失による機能喪失は起こるため、斬首や胴体切断などは『死』に直結する。
2.龍の体が何らかの攻撃などで断裂してしまうと、その全体が血液に戻り、その分失血する。
  また、その傷口からは『1分』の間、再度『血龍』を出す事は出来なくなる。
3.同時に出せる血龍は、『二匹』まで。よって三箇所目以降の傷口からは通常通り出血するしかない。
4.血龍を出す傷口を切り替える事は可能。ただし切り替える際は、龍の長さを一旦ゼロにする必要がある。
5.血龍は『胴体』と『頭部』のみで、現状、手などは無い。構造としては『ヘビ』にも近い。
6.血龍は『ビニールホース』程度の強度で、口部に備える牙のみは『鉄』クラスの強度を誇る。
7.操作は本体自身の肉体と同じく、『ス精BC』で可能。『破壊力』は出血の勢い次第。
  ×ほうっておけば血が出ない傷→龍は出せない。
  ①血が傷口の上に滲み出す程度の傷(擦り傷、指先ほどの小さな傷など)→D
  ②血が放っていてもどんどん流れていく程度の傷(肉に届く切り傷など)→C
  ③血が噴き出す程度の傷(末端の欠損、それに類するレベルの切り傷など)→B
8.現状、たとえ胴体が両断されたほどの大出血でも『破壊力A』に達することはない。
9.龍の『サイズ』は傷口の大きさと同等で、長さは『0m』〜『5m』で伸縮自在。伸縮速度は『C』。

【輸血とモニタリング】
1.血の龍が生物の傷口に触れる事で、対象へと本体の血を、龍を介して『輸血』出来る。
2.輸血した分の血液は、通常通り本体の肉体からは失血する。
3.この輸血は血液型を問わず必ず『適合』し、いかなる拒絶反応も起こさない。
  また、『血液を許容量以上に入れる』事で相手をパンクさせる、という事は不可能。
  強要量を超えて入れれば『元々の対象の血』と『入れ替わる』形で、パンクを防ぐ。
4.輸血を受けた対象のいる『方向』が、以後『2時間』常に把握可能になる。座標までは分からない。
  この状態の対象の体にも、本体同様の『龍の紋様』が浮かぶが、図柄は簡素で身体能力の向上は無い。
5.また、輸血を受けた対象の『現在の身体情報』についても、同じく『2時間』リアルタイムで把握可能。
  把握しようとしている間に限られるが、対象の疲労、負傷、傷病部位やその進行状態が分かる。 
  ただしどの程度酷い負傷なのか、は分かっても、その負傷が医学的にどう呼ばれる状態なのかは分からない。
6.『なぜそうなっているか』という『原因』ではなく、『身体がどういう状態か』という『結果』を把握する。
  (『走っている』『疲れている』は分かるが、『マラソンをして』なのか『敵に追われて』かは分からない)
7.また、将来的に可能性の高い疾患を割り出す、なども不可能。あくまで現在の情報に限る。
  ただし『特定部位の重度の疲労』から『ケガ』を予想するなどは、本体の想像できる範囲でなら可能。
8.この効果の射程は『100m』。また、任意で情報の把握をストップする事は可能。
9.同時に複数人に輸血している場合、情報把握は同時に『2名分』までが限界となる。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板