したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『心音サイフォン』

317 『音仙』 :2020/02/27(木) 01:23:43
>>316(十字路 荒野)

「『優柔不断』――――そのお気持ち、私にも分かりますよ、エエ。
 私も物事を決めるのが早い方ではありませんし、未練も多い部類です。
 ですので、『ズバッと決断する』ことが出来る人というのは憧れます」

「……人は自分にないモノに憧れる。『全てを持つ者』でさえ、『持たざる者』に。
 この世界を生きる自分とは、違う自分になりたがる。もちろん全員ではないですけど。
 今、持っているものが、『最善の可能性の結果』と思うことは……なかなか難しいでしょう。
 というより、不可能といえるかもしれませんね。ベターはあったとしても、ベストはない。
 すべての可能性の世界線から、望んで最善手を選べるわけでもないのですから……エエ、キミにも」

     キィィィ――――――z______
                     ン ・.
                         ・

「せいぜい…………『3つ選んで、さらにその3つから選ぶ』程度でしょう。
 名は、『ジャンクション001』……『世界線』に関わる、非常に珍しい才能です。
 たましい。運命。時間。世界。大きな力に干渉する能力は珍しいんですが……殊更ですね」
 
「『世界線を束ねる事で、複数の対象へ同時に干渉する手』……とまあ、起きる現象は珍しくはないのですが。
 可能性の全てを選べるなら、選ばなくていいようで……実際には多くを選ばざるを得ないこの才能。
 キミの『優柔不断』な世界観か、『直球勝負』への一つの回答か、それとも偶然か……意味はお任せしますよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

人型のスタンド。類稀な神速を持つが、能力とは両立できない。
ヴィジョンには『交差点標識』を思わせる意匠が刻まれている。
その能力は――――『手による干渉』に限り、『世界線を束ねる』事。

例えば――――このスタンドが『殴りたい』相手が手の届く範囲にA〜Cの三人がいるとする。
まずどの人物を殴るかを決め、その上で拳を振るう事になるのだが、それを決める前は、
『対象Aを殴る世界線』と『対象BやCを殴る世界線』の可能性が両立している状態と言える。
そこで『対象Aを殴る』事を選ぶと、『BやCは殴れない』。『世界線』が1つに選ばれたからである。

だがこのスタンドは『対象Aを殴る世界線』を選びながら、『BやCを殴る世界線』も同時に選び取り、束ねる。
束ねられた複数の世界線が重なる事で、このスタンド自体が動いて『対象A』へと行う殴打に合わせて、
視えざる手の形をした『干渉するエネルギー』が発生し、『対象B』や『対象C』に対しても同時に殴打が行われる。

そうしてすべての対象への同時殴打が終わった瞬間、『このスタンド自体がAではなくBやCを殴っていた事に出来る』。
そうすると、このスタンドは『Aを殴り終えた姿勢』から、一切のタイムラグを生じさせず『BやCを殴り終えた姿勢』に変わる。
干渉するエネルギーとこのスタンドの殴打の威力は変わらないため、同時に殴られた側のA・B・Cの被害は特に変わらず、
自他共にこのスタンドが『Aを殴っていたはず』な事を間違いなく覚えているし、また『Aを殴った結果負った傷等』は消えない。
基本的にこのスタンドの姿勢以外の何かが変わるわけではないが、『一度選んだ世界線を後から転換する』事に近い能力である。

『ジャンクション001』Junction 001
破壊力:C スピード:A 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:C 成長性:A

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                           十字路 荒野(ジュウジミチ コウヤ)→己の『特別な才能』を聴き、把握。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板