したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

【場】『 大通り ―星見街道― 』

1 『星見町案内板』 :2016/01/25(月) 00:00:31
星見駅を南北に貫く大街道。
北部街道沿いにはデパートやショッピングセンターが立ち並び、
横道に伸びる『商店街』には昔ながらの温かみを感じられる。

---------------------------------------------------------------------------
                 ミ三ミz、
        ┌──┐         ミ三ミz、                   【鵺鳴川】
        │    │          ┌─┐ ミ三ミz、                 ││
        │    │    ┌──┘┌┘    ミ三三三三三三三三三【T名高速】三三
        └┐┌┘┌─┘    ┌┘                《          ││
  ┌───┘└┐│      ┌┘                   》     ☆  ││
  └──┐    └┘  ┌─┘┌┐    十         《           ││
        │        ┌┘┌─┘│                 》       ┌┘│
      ┌┘ 【H湖】 │★│┌─┘     【H城】  .///《////    │┌┘
      └─┐      │┌┘│         △       【商店街】      |│
━━━━┓└┐    └┘┌┘               ////《///.┏━━┿┿━━┓
        ┗┓└┐┌──┘    ┏━━━━━━━【星見駅】┛    ││    ┗
          ┗━┿┿━━━━━┛           .: : : :.》.: : :.   ┌┘│
             [_  _]                   【歓楽街】    │┌┘
───────┘└─────┐            .: : : :.》.: :.:   ││
                      └───┐◇      .《.      ││
                【遠州灘】            └───┐  .》       ││      ┌
                                └────┐││┌──┘
                                          └┘└┘
★:『天文台』
☆:『星見スカイモール』
◇:『アリーナ(倉庫街)』
△:『清月館』
十:『アポロン・クリニックモール』
---------------------------------------------------------------------------

888 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/10/31(木) 18:26:07
>>887

『人間界』に溶け込む上で解決すべき問題は色々とあるが、
その中でも『食料』が占める割合は大きい。
この『ビジネス』を軌道に乗せるまでには、多くの苦労を重ねてきた。
『人間』について研究して『方法』を模索し、
『出演料』を交換条件にして『同族達』の協力を取り付け、
こうして一定の評価を得るまでには手間と時間が必要だった。

「ええ、仰る通りですわね。
 たとえ『人外』の身でも、
 『人の世』で生きるには『対価』が必要ですもの」

観客の内の何割かが払ってくれれば、この商売は十分に成り立つ。
しかし、出されたものを拒む理由もない。
羽毛に覆われた両手で、足元に置かれたアタッシェケースを開く。
ちなみに、これは『拾い物』だった。
まだ使えるというのに勿体無い事をするものだ。

「その『お気持ち』――ありがたく頂戴致しましょう」

少女の前に、ケースを差し出す。
六枚の小銭を見て、反射的に考えた。
最も安い『シード』ならギリギリ二袋、
一段階ほどグレードが上がれば一袋といった所だろう。

「『♪♪♪』」

「『鳥の言葉』で『ありがとう』という意味ですわ。
 お仲間の皆様にも感謝を申し上げます」

正確にいうと少し違うのだが。
何しろ全くの『異種族語』なのだ。
いかに『バイリンガル』であっても、完全に訳し切るのは難しい。

889 日沼 流月『サグ・パッション』 :2019/10/31(木) 23:55:32
>>888

そんなブリタニカの努力など知るよしもなく、
食費となるコインをケースに収めていく少女。

「みんなにも伝えとくわ!
 鳥もありがとうって言ってたって……ぷぷ。
 てゆーかさ、今の声喉のどっから出てきてんの!?」

      「ピピッ!」  「出ないし!」

「その声出せたら流月も鳥呼べるのかなァ〜ッ。
 別に呼んで何がしたいってワケでもないケド。
 でもむしろ、何かしたいって思って呼ぼうとしたら、
 邪念! みたいなの伝わって『逆に』来なさそうだし?」

などと言いつつ、六枚目を入れ終えた。
六百円。彼女らには『大きな金額』ではないが、
それなりの食糧が買える額だ。鳥ならば、なおさら。

「んじゃ……流月あっち戻るね。
 ハーピーさんはいつもこの辺で芸やってんの?
 流月らはいつもこの辺にいるわけじゃないけどさ」

「また見かけた時のために『おひねり』用意しとくわ」

特に止められないなら、そのまま集団の方に戻る。
元よりソレを渡しに来ただけで、深い用事はなかったのだ。

890 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/01(金) 01:08:57
>>889

「『鳴管』からです。『声帯』と同じような器官ですわ」

インコが『人語』を発話できる理由は、
体内構造に人と共通する部分を持つためだ。
鳥類共通の発声器官である『鳴管』に加えて、
インコの舌は分厚く発達し、先端が丸くなっている。
これは人間の舌と似通っており、
それによって巧みな発声を可能にしているのだ。
もっとも、それは『一般的なインコ』の話。
『ハロー・ストレンジャー』の能力は、『更に先』を行っているのだから。

「そうですね。
 そのような声を上げられますと――――
 『ピッ!』という声が返ってくるのではないでしょうか?」

「『細切れに鳴く』のは『対象に注意を向けている時』ですの。
 『警戒』という程ではないですが、『緊張』している状態ですわ。
 それでも近付いてくるというのは、かなりの『反逆児』ですわね」

短く『鳥の声』を発声してみせる。
そして、ケースをパタンと閉じた。
いつもの店で『鳥用フード』を買って、
『出演者達』に『出演料』を配らなければならない。

「ここ以外にも色々な場所で披露しております。
 もし見かけた際は、是非お立ち寄り下さい」

「それでは失礼致しますわ。
 流月さん――――また何処かでお会い致しましょう」

謎めいた微笑と共に『礼』をする。
人間の文化や習慣を覚える必要がある。
単なる模倣ではなく、真に理解しなければならない。
それこそが知識の収集であり、知性の追求なのだ。
そのような事を考えながら、演技の場を後にした――――。

891 日沼 流月『サグ・パッション』 :2019/11/01(金) 01:42:51
>>890

「『鳴菅』! かァ〜、流月にはそれ無いわ。
 カラオケとかで『声真似』するのは、
 得意ってほどでもないけど出来るんだけどな〜ッ。
 んで、ハーピーさんはソレを持ってるってワケね!
 やば! それほとんど『鳥の仲間』ってことじゃん!」

       ケラケラ

仲間というか、『鳥』だ。
が、当然それを知るはずもない日沼は笑っていた。

「しかも鳥にめっちゃ詳しいし!
 ウケるね、鳥にも『反逆児』とかあるんだ。
 までも、群れとか作ったりするならあって普通かも」

「逆らいたくなるってのはさ」

日沼は、空をなんとなく見上げていた。
本当になんとなく……そこに鳥はいない。
いることを期待していたが、外れて良かった気もした。
期待通りばかりが良いことではないのだ。

「んじゃ、またねハーピーさん!
 今度はできれば、最初っから近くで見とくね!」

手を振って、同じくその場を離れて『群れ』へと戻る。
日沼もまた、『桜裏悲鳴』という群れの中にある。
そして……群れそのものが『反逆児』の集合であり、
その中でさえ、気に入らない『流れ』には『反抗』する。

ある意味では、人間社会の模倣には向かない。
ある意味では、人間の真の模倣には近付ける。
そうした存在との邂逅だった…………の、かも? しれない?

892 日沼 流月 :2019/11/01(金) 02:26:21
>>891(メール欄抜けてました)

893 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/23(土) 23:47:03
古ぼけたキャリーバックを転がし、キョロキョロと見渡しながら商店街を歩いている。
中東系の女性で、服装も少々年季が入っている……端的に言えばボロい。おまけに半袖だ。
端から見れば、バックパッカー……以前に、ホームレスと見間違えるかもしれない。

「……クシュンッ!」

「……寒い」

894 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 00:17:18
>>893

(あれが、いわゆるホームレスと呼ばれる人間でしょうか。
 初めてお目に掛かりましたわね)

鳥のような格好をした女が、そちらを見ていた。
詳しく言うと、背中には『羽』が備わり、両腕は『羽毛』で覆われ、
踵に『蹴爪』が生えている。
前髪をポンパドールにした長髪は、白と青と紫のトリコロールだ。
肩には、一羽の鳥が留まっていた。
ハトのようだ。

「その話は、また後で――」

「……あら、違いました」

「 『♪』 『♪』 『♪』 」

女が鳥のような声を発すると、ハトは飛び去っていった。
言葉が通じるのだろうか。
ともかく、女は引き続きエマを眺めている。

895 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 00:38:38
>>894
              バサッ バサバサッ

「鳩 だ……」

羽ばたく音に気が付いて、鳩のほうへと目を向けた。
そしてそのまま、偶然に目線を落としていき…ブリタニカの方へ意識が向かった。

 ・・・・・・・・?

   パチパチパチ
           クルッ パッ クルッ…パッ

         グググ・・・・・・グイッ 

その姿を見て少し動きが止まり……瞬きを数回、一度目をそらして再度元に戻すこと2回。
鳩が飛んで行った方を見て、再度視線をブリタニカへ向けること1回。
こちらを優雅に眺めるブリタニカは、この浮浪者のような女と目と目が合うことだろう、
そしてこう口走っていることは理解が行くはずだ。

「鳥 だ……」

896 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 00:54:40
>>895

「あら――――」

実の所、『鳥だ』という言葉は真実を指していた。
自らのスタンドを駆使して人間に化けているが、

   ストレンジャー
この『妙な女』の正体は『ハゴロモセキセイインコ』である。
だが、ブリタニカは動揺しない。

    スタスタスタ

軽やかな足取りでエマの方へ歩いていく。
ほどほどに近い距離まで。
そして立ち止まる。

「失礼、私は『ハーピー』と申します」

「そう、『ご覧の通り』です」

正体を知られたとは考えない。
正体の秘匿には細心の注意を払っているのだから。
だから、『鳥だ』と言われても落ち着いていた。

「先程くしゃみの音が聞こえたもので、
 そちらに目を向けてしまいました。
 お気に障ったのなら謝りましょう」

897 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 01:20:12
>>896
「あ …ごめんなさい ハーピーさん」

  ペコォ

口元を手で抑えて、まずはブリタニカへ謝罪の言葉を口にした。
当然といえば当然だが、まさか目の前の『人の女性の形をしたもの』が人間ではない、だなんて
露ほども思っている様子はない。

「実は 最近この街にやってきた ばかりで
 服もあまり持っていなくて 住む場所とかも……」

近づいたブリタニカには解るだろうが、浮浪者……というには小奇麗である。
野良犬を干したような『エグみ』のある体臭もなく、服も着古したものではあるものの、
汚れなどが目立った様子はなかった……どうにも、チグハグとしている、と思うかもしれない。


「…… くしゅん!」

「… うう」

また1つ、抑え目ながらもくしゃみをして見せている。

898 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 01:47:15
>>897

一方のブリタニカからは、『独特の香り』が漂っていた。
ナッツを齧った時に立ち上る香ばしい香りのような、
あるいは焼きたてのパンやバターのような、
もしくは天日干しされた洗い物に付いた太陽の匂いのような……。
このインコ特有の香りは、一部の人間達から『インコ臭』と呼ばれ、
こよなく愛好する者も数多いらしい。

「それはそれは…………」

「大変なお気持ちは、よく分かりますわ」

住処がないのは大きな問題だろう。
ブリーダーの下から出奔したブリタニカには、
その気持ちが何となく分かるような気がした。
家や食料を得るまで、自分も苦労してきた。
その甲斐あって、現在のブリタニカは複数の『隠れ家』を所有している。
街のあちこちに、密かに『巣箱』を設置しているという意味だ。

「いかがでしょうか?『お茶』でもご一緒に」

「丁度あちらに店があるようですし」

指差す方向には一軒のカフェがあった。
少なくとも、ここよりは暖かい。
本体である自分は、外気から隔絶された最適な環境にいるのだが。

(これも『知性』を深める経験になるかもしれませんわね)

相手は珍しい種類の人間のようだ。
このまま別れてしまうのは惜しい。
それに、何となく親近感を覚えてもいた。

899 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 02:08:30
>>898

 スンスン……

小さく、失礼にならない程度に鼻を鳴らす……変わった臭いだ、と思った。
鳥のような匂いと聞かされれば納得するだろう。
尤もそれは、目の前の人の正体が鳥である!という事実への理解というわけでなく、
羽をふんだんにあしらった衣服によるものだという認識によるものだが。

「クシュン! はい ぜひ……!
 ……カフェが あるんですね この街にも」

ブリタニアの誘いに、エマはクシャミと笑顔で頷いた。
そしてそれはもう、食いつかんばかりに頷いている。
半袖なのは暑がりなのではなく、本当にそれしか服の手持ちがないのだろう。と、察することが出来る。

「いろいろと 街のことを 教えていただけませんか?
 人と話すのは久しぶりで …ハーピーさんさえ よかったら ぜひ」

900 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 02:33:51
>>899

「ええ、勿論。
 よろしければ、あなたの事も聞かせて頂きたいですわ」

生憎ブリタニカは『人』ではなかったが、それは今は問題ではない。
『コミュニケーション』として、こちらも笑い返す。
飛行のために『表情筋』の退化した本来の自分には出来ない芸当だ。

「私も他所から来た者ですの。
 最初は住む場所もありませんでしたが…………。
 今は何とかやっております」

「そうそう――まだ名前を伺っておりませんでしたね。
 何とお呼びすれば宜しいでしょう?」

先に立って歩き出し、ほどなくしてカフェの扉を開いて店内に入った。
ブリタニカの風貌を見ても、店員や客は特に驚いた様子を見せない。
この辺りは稼ぎが良いため、よく『仕事』で来ている。
だから、彼らも見慣れてしまっているのだ。
慣れというのは恐ろしい。

「――――『カプチーノ』を一つ」

メニューを一瞥し、オーダーを出す。
鳥の身では飲めないが、『ハーピー』なら別だ。
そして、改めてエマに向き直った。

「街について……でしたわね。何をお話しましょうか?」

901 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 02:52:47
>>900
     キョロ
          キョロ・・・
ブリタニカと共に入店し、そして……店員が驚かないことに軽く驚愕した。
軽く周囲を見渡す。ともすれば挙動不審とさえ見受けられかねないが……
やはり、ブリタニカの姿を見て驚く人はいなかった。

               ジリッ・・・

「ひょっとして 私の認識の方が間違ってる?
 この街ではこれが普通? 
 食屍鬼街にも似たような格好の人はいたけど……案外これは ポピュラー?」

    グッ

頭を少し抱えたそうな素振りを見せたが、さすがにそこは我慢してブリタニカと共に席に着いた。
メニューを広げ……目を丸くする。

    パララ・・・・
          パラララララ・・・・
                          ・・・・パタ・・・・・

「み 見たこともないようなものが……
 たくさん種類がある……! 
 え えーと ……お 同じものを」

数分程度メニューを眺めていた……が、端から見ても解るだろう。
どんな品物が出てくるのかが解らない様子だ。
何の知識もない人間が、薬剤師の免許がないと処方できないような薬のリストを見せられたときのような反応といえるだろう。
結果、エマはブリタニカに合わせることにした。

   パタン・・・

「あ ごめんなさい 名前をまだ…
 私は エマです エマ・ティファニー 
 最近 この街にやってきたんです ……移住というか 引っ越しのために」

それで、と小さく前置きをして

「働く場所とか 住む場所とかを探していて……
 でも どうやって探せばいいのか 解らなくて
 なかなか人に 声もかけられなくて…… ハーピーさんと こうやって話をしたのも
 それこそ 数年ぶりくらいかも……」

902 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 03:10:30
>>901

903 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 03:18:44
>>901

『食屍鬼街』――――何やら不穏な名前が聞こえてきた。
どんな場所かは知らないが、そこからやって来たのだろうか。
ともかく、人と人の姿をした鳥との会話は続いていく。

「エマさんとおっしゃるのですか。
 失礼ですが、他所の国からいらっしゃったようですわね」

鳥から見ても、この国の人間でないのは察せられた。
人間の中には、髪の色や目の色を変える人間もいる。
だが、そういった人間とは雰囲気が違う。
そのエキゾチックな印象のせいか、エマを意識する者もいるようだ。
普通なら、むしろブリタニカの方こそ目立つ筈なのだが。

「『数年ぶり』とは随分と長いようで……。
 色々とご苦労がおありだったようですね」

「住む場所や食い扶持に関しては、私も苦労して参りました。
 ご参考になるかは分かりませんが、
 私の『仕事』についてお話致しましょう」

「私は『ストリートパフォーマンス』で生計を立てております。
 具体的には『鳥とのコミュニケーション』ですわ」

    ズズ

「鳥と対話をして、
 道行く人々に『パフォーマンス』を披露していますの」

運ばれてきたカプチーノに口をつけながら、自身の仕事を語る。
より正確な表現をするなら、
『同族』である野鳥達の協力を得ているのだ。
無論タダではなく、収益の一部で『鳥用フード』を購入し、
報酬として現物支給するというシステムを構築している。

904 <削除> :<削除>
<削除>

905 <削除> :<削除>
<削除>

906 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 18:17:47
>>903
あまり見ない外見なのは間違いがない……
少なくとも、星見の外からやってきた人間であることは間違いがなかった。
その容姿や服装からしても、ブリタニカの言う通りそれなりに人の目を集めているのだが、
幸か不幸か、エマはそのことをあまり意識はしていなかった。
……いや、気が付いているのだが、自分がそう見られているとは思っていない、といった具合か。

   スッ……   ペチペチ
               ・・・・…ズズ……

運ばれて来たカプチーノを口に含みながら――
―― ひとしきり、そのカプチーノの外見を物珍しそうに観察し、
初めて見る昆虫に触れるような手つきでカップに触れて温度を確かめ、
確かめるようにしてゆっくりと―― ブリタニカの話を聞き、ふんふん、と頷く。

「鳥とのコミュニケーション…… 『パフォーマンス』 ですか!
 なるほど だから そんな鳥みたいな格好をしているんですね」


   ポン      

合点がいった、と手と手を合わせて軽く音をたてた。

「この街の 流行の服だったりするのかなとか 思ったんですけれど
 私の前に居た場所…… そこでも いろいろな格好をした人が いたんですが」

907 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 20:17:04
>>906

(彼女のリアクションは『普通の人間』とは思えない)

(『まさか』とは思うけれど――――)

(いえ、少なくとも『可能性』はある…………)

カプチーノに対するエマの反応を見て、一つの疑念が浮かぶ。
もしかすると、自分と同じく『人外』なのではないか?
人間に成りすましているが、
本当は『人以外の何か』なのではないだろうか?
自分も最初の内は、無意識に不審な行動を取ってしまっていた。
だからこそ、『擬態』の可能性を考えたのだ。

「お口に合いますでしょうか?」

「――――『初めて』のようですが」

そうだとしても、『同族』ではあるまい。
それは、あまりにも偶然が過ぎる。
では何だろうか。
『哺乳類』か、それとも『爬虫類』か?
知性のレベルを考えると、やはり『哺乳類』が妥当か?

「その通りですわ。私は『ハーピー』ですもの」

    フフ

「この格好が流行するとしたら、
 私の『ビジネス』が大いに成功した時になるでしょうね」

この格好は否応なしに目立つ。
そう、普通なら。
しかし、『パフォーマー』なら話は別だ。
人目を引く格好をしていても、決して不自然には見えない。
だからこそ、こうして人間社会に溶け込む事を可能にしている。

「失礼ですが、エマさんは何か『特技』などをお持ちですか?」

「私も『特技』で生計を立てる身。
 それを仕事に活かすのも一つの方法かと存じますわ」

908 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 20:56:17
>>907

   ズズ・・・・    

「ええ こういう飲み物は 『私』は 『初めて』で……
 『特技』 ですか?」

尋ねられて、カプチーノを飲む手をふと止めた。
…まさか目の前の人物(いや、鳥物というのが正しいのか?)が、
自分のことを人類ではないのかと疑っているとは思ってはいない。
しかしブリタニカの質問の内容は、少し答えに困る内容のものだったようだ。

   クルッ クルクルクル・・・

「うーん」

     クルクルクル

人差し指をくるくると空中で回し、虚空を見上げる。
答えられない……というよりかは、何かしっかりした特技なりなんなりがあるのだが、
それを伝えるための言葉を選んでいるような様子だと思えた。


 クルッ・・・

「うーん そうですね……
 『占い師』……というか あるいは 『カウンセラー』のようなことを していました
 人と話をして その人の将来をこう 指し示すというか……」

指を止めて、一番しっくりきたらしい言葉をつかってそれを表現する。
どうにも歯切れが悪そうだが……

「……でも それはもう 廃業してしまっていて
 この街では何か もっと別の仕事ができればいいかなあ と」

909 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 21:22:57
>>908

人か『それ以外』か。
それ以上の追求はしない。
ブリタニカも『正体』は秘密にしているのだ。
必要な理由がない限り、他者の秘密を暴こうとは思わない。
心の中で、密かにそのような事を考えていた。

「なるほど――さしづめ『新しい出発』とでもお呼びしましょうか」

『占い師』あるいは『カウンセラー』。
最初に浮かんだのは『音仙』の存在だ。
彼女も、それと似たようなものだと考えている。
では、エマも同じような仕事をしていたのか?
それこそ、『まさか』とは思うが。

「では、ひとまず『アルバイト』から始められてはいかがでしょう?
 何事にも先立つものは必要ですし……」

    スッ――――

「仕事をしながら『行く末』を模索するのも悪い話ではないかと」

話しながら、店の一角を指差す。
そこには一枚のポスターが貼られていた。
『スタッフ急募』と書かれているようだ。

910 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 21:59:35
>>909
「え 本当に?」

   ジーッ
                コクコク……

思慮を巡らせるブリタニカの考えに至れるわけもなく……
それよりも『スタッフ急募』のポスターに目を奪われた。
書いてあることを読み、うんうんと頷く。


「こういうところで 仕事を見つけるんですね… なるほど 解りました
 ありがとうございます!ハーピーさん お願いしてみようと思います」

笑顔を浮かべて頷く。
その表情はブリタニカが思う『音仙』に近しいものか……
あるいは、かけ離れているのかは、ブリタニカにしか解らないだろう。

911 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 22:36:20
>>910

表面的な情報だけでは、内面までは分からない。
事実、自分も『人に成りすました鳥』なのだから。
しかし、エマの表情が形だけのものとも思えなかった。
それに、自分と彼女は偶然出会っただけ。
深い部分を知る必要などないのだ――――『お互い』に。

「いえ、お役に立てれば私としても幸いですわ」

    フフ

一通りの話が終わる頃には、カップは空になっていた。
カップをテーブルに置いて、窓の外に視線を向ける。
街路樹の枝には、一羽の『鳩』が留まっていた。
それは、先程ブリタニカの肩にいた鳩だ。
といっても、『同族』でもなければ区別はつかないだろう。

「私も『仕事』に戻る事にしましょう。
 そろそろ人通りの多くなる時間帯ですから」

「もし宜しければ、少し見物していかれませんか?
 『ギャラリー』が多くて困る事はありませんもの」

備え付けのナプキンで口元を軽く拭い、誘いの言葉を掛ける。
見物料の事は考えていない。
足を止めて見ている人間がいるだけで、宣伝効果は得られるのだ。

912 エマ『ソルトフラット・エピック』 :2019/11/24(日) 23:04:25
>>911
「本当ですか ぜひ見てみたいです」

   ガタッ

頷いて席を立つ、その顔には笑顔をたたえて。
これは偶然の出会いだ。たまたま私が大通りを歩いていて……
そこをたまたまブリタニカが歩いていた。
たまたまブリタニカが私に興味を持っていて、
たまたま、私がそれに気が付いた……これは単なる偶然の出会いだ。だが。


「あと その できれば…… 
 まだ いろいろとお聞きしたいこととか あって……
 それに 何かお礼とかもしたいですから その……
 お友達になっていただけますか? ハーピーさん」


               グッ

この街ならきっと、新しい人生が始められそうだ。
そう思いながら、ブリタニカのショーを見学していった……帰りにバイトの申し込みをするのを忘れないように。

913 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2019/11/24(日) 23:38:12
>>912

「『お友達』…………」

「――――ええ、喜んで」

    フッ

『友達』という言葉の意味は知っている。
人種が違っても、人は友人になれるらしい。
では、『種族』が違っても友人になれるのだろうか?
改めて考えると、なかなか興味深いテーマだった。
それに、こうした繋がりが増える事は純粋に良い事だ。

「生憎、適当な『連絡先』の持ち合わせはありませんが、
 街のあちこちで『仕事』をしておりますので」

「見かけた時に声を掛けて下されば結構ですわ。
 この姿を見間違える事は、まずないでしょうし」

「では、行きましょう。特等席でお見せ致しますわ」

エマと共に店を出て、街道に向かう。
ブリタニカが目配せすると、肩の上に先程の鳩が舞い降りた。
彼は新入りで、色々と説明する必要があったのだ。

「――――お集まりの皆様、私の名は『ハーピー』。
 人と鳥の間を繋ぐ者でございます。
 この一時の間、暫し現実という地面から離陸し、
 大空のキャンバスを鮮やかに彩る『翼の芸術』をご堪能下さいませ」

「 『♪』 『♪』 『♪』 『♪』 『♪』 」

    バササッ
            バササササッ
                      バササッ

『ハーピー』ことブリタニカの『呼び掛け』に応じて、
多数の野鳥達が空を舞う。
人と鳥を繋ぐ。
確かにその日は、
鳥であるブリタニカと人であるエマが繋がりを得た日であった。

914 ディーン『ワン・フォー・ホープ』&ヨシエ『一般人』 :2019/12/14(土) 18:05:19

「んー……」

冬の大通りを、リュックを背負った小さな少女が歩いている。
時折立ち止まり、目を閉じて鼻をひくつかせる。
まるで『動物』か何かのように。

「――こっち!」

分かれ道に来る度に、そう言って先に進んでいく。
それを繰り返し、やがて少女は立ち止まった。
目の前には、オレンジ色のキッチンカーが停まっている。

「一つ下さい!」

まもなく、店員から湯気の立つ『スイートポテト』が手渡された。
それを手にして、少女は適当な場所に腰を下ろす。
研ぎ澄まされた嗅覚で感じる匂いは、普段よりも強烈だ。

「『ディーン』も食べるー?」

少女が独り言を言っている。
『イマジナリー・フレンド』という奴かもしれない。
少なくとも、周囲にはそれらしき人間はいないようだ。

915 ディーン『ワン・フォー・ホープ』&ヨシエ『一般人』 :2019/12/20(金) 18:00:33
>>914

《いや、いい。
 たっぷり入った砂糖やらクリームやらは、
 俺達には刺激が強すぎるんだ》

「うーん、そっかー」

    パクッ
           パクッ

「寒かったけどあったかくなってきたー」

「じゃあー、遊びいこー!」

    ――――ヒュバッ

韋駄天のようなスピードで少女が駆け抜ける。
『高速で走る少女の噂』が、また一つ増えたのだった。

916 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2020/01/11(土) 17:26:19

ある日の大通り。
その一角に、ちょっとした人だかりが出来ていた。
中央に立つのは、
『鳥人』を思わせるコスチュームに身を包んだ女だ。
彼女の周囲には、多種多様な野鳥が群れを成して飛んでいる。
まるで訓練されているかのように統率された軌道だ。

「お集まりの皆々様、
 私『ハーピー』のショーはお楽しみ頂けましたでしょうか?」

「――――それでは、またの機会にお会い致しましょう」

    バサササササササササ
               ササササササササササァ――――ッ

両肩に野鳥を留まらせたまま、恭しく礼をする。
それを合図に、鳥達が一斉に飛び立った。
『仕事』を終えて、各々の場所に帰っていくのだ。

「ふう」

    パタン

やがて、見物客達も同じように立ち去り始めた。
人間達の様子を見届けてから、
足元に置いていたアタッシェケースを閉じる。
その中には、今日の稼ぎが収められていた。

「さて」

          スタスタスタ

片手にケースを下げて、緩やかな足取りで歩いていく。
これも『宣伝活動』の一つだった。
一人でも多くの人間に、この姿を認知してもらう事が利益に繋がる。
それは食い扶持を得るためだけではなく、
人間という生物を観察して研究するためでもある。
さらに『正体』を隠蔽する役にも立つのだから『一石三鳥』だ。

917 ブリタニカ『ハロー・ストレンジャー』 :2020/01/18(土) 16:41:50
>>916

    ピタッ

やがて、その歩みが止まる。
視線の先には、鳥のイラストが描かれた看板。
そこには、こう書かれていた。

【種類に合わせたフード、止まり木、ケージ、おもちゃなど、充実の品揃え!!】

         スタスタスタ
               ――――ガチャ
                      
                      「いらっしゃいませェ〜」

918 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/20(月) 22:38:59
商店街を一人歩む、学生服姿の男子高校生。肩には竹刀袋をかけている。
ぶつからないように左端を歩きながらも、時折行き交う人の顔を見るようにチラリと目線を走らせる。
それをしばらく繰り返しながら進み、一つのお店の前で足を止めた。

「『バターどら焼き』四つ下さい」

『和菓子屋』だった。

919 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/20(月) 23:40:23
>>918

「――――あ、鉄先輩」

「こんにちは」

    ペコ

先輩を見かけたので挨拶しましょう。
この店には、少し前から来ていました。
でも、こんな所でお会いするとは思いませんでした。

「先輩は『バターどら焼き』ですか?」

「千草は『クリーム大福』です」

    ス

片手に持った袋を持ち上げます。
それから竹刀袋に目線を合わせました。
先輩は、やはり部活動の帰りなのでしょうか。

920 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/20(月) 23:56:43
>>919

「ん?」

名前を呼ばれ、振り向く。視界の先、ではなく下。
見知った可愛らしい顔がそこにあった。

「おや。こんにちは、三枝さん」ニコリ


>「先輩は『バターどら焼き』ですか?」

>「千草は『クリーム大福』です」


「そうだよ。家族からも頼まれてね」
「しかし『クリーム大福』?そんなのもあるのか、チェックしてなかったな…」

ううむと唸り、お品書きを改めて見る。『クリーム大福』、冷やしても美味しそうだ。
と、そこで三枝さんの視線に気付いた。

「そうだよ、今日も部活帰りさ」「三枝さんは、最近『生徒会』はどうだい?」

921 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/21(火) 00:15:43
>>920

「ご苦労様です」

    ペコリ

「――はい。
 お陰様で生徒会の仕事にも随分慣れたような気がします。
 『気がする』だけかもしれませんが……。
 まだまだ学ぶ事は多いので」

「最近は、『他にも何か出来る事がないか』と考えています。
 何か――何か千草に出来る事があればと……」

学校の屋上で日沼先輩と会った時のこと。
それから、教室で斑鳩先輩と出会った時のこと。
頭の中に、その二つが思い浮かびました。

「でも、なかなか上手くいかなくて……」

千草は『墓堀人』を使って、学校から『ゴミ』を減らそうとしました。
でも、ちょっと空回りしてしまったみたいです。
新しい事を始めるのは難しいです。

「――――先輩は如何ですか?」

922 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/21(火) 00:39:13
>>921

>「最近は、『他にも何か出来る事がないか』と考えています。
> 何か――何か千草に出来る事があればと……」
>「でも、なかなか上手くいかなくて……」

少女の語る言葉に相槌を打ちながら、内容に耳を傾ける。
実に善良な、彼女らしい悩みだ。聞いていて、何とも微笑ましくなる。
とはいえ三枝さんは真剣に悩んでいるのだ。それを表面に出すことはしない。

「何事も最初はそんなものだ。オレも『剣道』で、上手く一本が決まらない時期があった」
「所謂『スランプ』というやつだな。焦れば焦るほど、心と竹刀が先走って有効打にならないんだ」
「ただ、そんな時は一度冷静になって。自分の課題をしっかり見て、どうすればいいのかを考え、そして解決策に向けて努力する」
「オレは正直、器用な方じゃないからな。一つ一つ、ゆっくりと確実にやっていくしかできないって気付いたんだ」

と、そこで店主が『バターどら焼き』を袋に入れて持ってきてくれた。
お礼を言いつつ代金を支払い、それを受け取った。

「何かの参考になれば幸いだ」


>「――――先輩は如何ですか?」

「今度、『団体戦』でもレギュラーに選ばれてね。近くの高校、何校かと総当たり戦をやるんだ」
「良い結果を残せるように頑張ってくるよ」

923 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/21(火) 01:04:49
>>922

「一つ一つ――ですか……」

言われてみれば、千草は少し焦っていたのかもしれません。
何かをしようとしても、いきなり成功するのは難しいでしょう。
失敗したからといって、そこで止めてしまえば終わってしまいます。

「今日の失敗は明日の成功に繋がる一歩――」

「そんな風に考えてみる事にします」

    ニコリ

「ありがとうございます、鉄先輩。
 先輩のお陰で、また頑張ろうという気持ちになれました」

「試合も応援しています。
 『先輩が頑張っているから千草も頑張る』。
 そういう気持ちになれますので……」

「あの――もしよろしければ、少し歩きませんか?」

先輩が袋を受け取ったのを見て、視線を通りに向けました。
道にはゴミ一つありません。
もしゴミが落ちていたら『片付ける』事が出来たので、
少しだけ残念に思いました。
でも、ゴミがないのは良い事です。
だから、ゴミがあった方が良いと思うのは良くない事です。

「そういえば、鉄先輩は『斑鳩先輩』の事をご存知でしょうか?
 この前お会いしたのですが、先輩と同学年だったようなので」

「何だかこの所、
 『高等部二年生』の方にお会いする機会が多いのです。
 『日沼先輩』、『斑鳩先輩』、『猿渡先輩』……」

指を折って数えます。
そしてもちろん、『鉄先輩』も入っています。
何かの縁があるのでしょうか?

924 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/21(火) 01:37:12
>>923

「そうか。なら良かった」
「三枝さんは、『生徒会』に入りたいという夢をしっかり叶えた人だからな」
「キミならば、諦めなければきっと大丈夫だとオレは信じている」

三枝千草。彼女とは、互いの頑張りを感じてより目標に向けて邁進できる関係だ。
断る理由もない、共に歩こうという申し出に頷く。

「『斑鳩』くん…ああ、珍しい名字の人だな。聞いたことはあるが会った事はない」
「どんな人だったんだい?」

「ちなみに猿渡くんは会ったことがあるよ」「中性的で、大人びた雰囲気の人だったな」
「色々と面白い話をしてくれたんだ」

925 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/21(火) 01:57:52
>>924

「あっ、猿渡先輩とお知り合いでしたか。
 千草は『学生寮』に住んでいるのですが、
 わざわざ訪ねて来て下さいました」

「カップケーキをご馳走になって……」

そこで思い出しました。
千草は『寮生』になったのです。
鉄先輩にお伝えしていたでしょうか?

「その、鉄先輩にお話していたでしょうか?
 千草が『学生寮』に入居したことですが……」

「少しでも自分を成長させたいと――そう思ったのです」

「斑鳩先輩は…………不思議な感じがする人でした。
 詳しくは分かりませんが、
 鉄先輩のように何か『目標』があるように見えました」

あの時、千草は窓から突き落とされて、
いつの間にか気を失っていたようです。
そのせいでよく覚えていませんが、
きっと斑鳩先輩が助けてくれたのでしょう。
次に会ったら、お礼を言わないといけません。

「猿渡先輩とは、どんなお話をされたのですか?」

926 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/21(火) 20:57:28
>>925

「そうなのか。カップケーキを…流石猿渡くん、おしゃれだな」
「ん?…いや、それよりも」

>「その、鉄先輩にお話していたでしょうか?
> 千草が『学生寮』に入居したことですが……」

>「少しでも自分を成長させたいと――そう思ったのです」

「・・・・・そうなのか」

腕を組み、三枝さんの言葉に対して思案する。
もちろん、彼女に対して信頼はある。三枝さんと世間一般の中学一年生には、隔たりがあると自分は思う。
主に、責任感や実行力などにおいてだ。
だがしかし、それでも彼女はまだ、ついこの前までランドセルを背負っていたのだ。
友人とはいえ、あまりこういった事に口を出すべきではないのだろうが。

「…『学生寮』の中には、優しい人はいるか?」「生活に関しても、特に困った事はないか?」

つい心配してしまう。
自分は『学生寮』の仕組みについて詳しくはないが、彼女は家を離れることに不安はなかったのだろうか。

「…斑鳩くんが、か」「ありがとう、今度少し話しかけてみるよ」

『目標』というのは少し気になる話だ。それが学生のスケールの話ならば、そこまで関係はないが。
自分と同じように、命を懸けても成したいことがあるのか。
それならば、もしかしたら『スタンド使い』絡みか?

「猿渡くんとは『図書室』で出会ってね。彼が借りた本とか、後は…」
「…そうだな、男同士の会話は少し」

彼に気になる女性がいる云々の話は、ここで話すべきではないだろう。適当な言葉で濁しておく。

927 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/21(火) 22:08:26
>>926

「――――?」

猿渡先輩と鉄先輩。
何だか曖昧にされた気がしますが、
こういう時は聞かないのが礼儀です。
だから、そのままにしておく事にしました。

「はい、今は大丈夫です。
 分からない事がある時もありますが、
 周りの人達に助けて頂いていますので……」

「中等部三年の『黒羽先輩』も、同じ寮生です。
 幾つも賞状を貰っていて、とても凄い人です」

「以前、黒羽先輩の部屋でお茶とお菓子をご馳走になりました。
 その時に、鉄先輩についても少しお話しました」

「ですから――大丈夫です。ただ、少しだけ…………」

「少しだけ寂しい時はありますが……」

家を離れる前から、ある程度は考えていたつもりでした。
それから実際に家を出て、改めて思いました。
千草の家族も、似たような気持ちを感じているのでしょうか。

「――――いえ、大丈夫です」

       ニコ

「千草は、もっと『成長』したいですから。
 家に帰るのは、成長した姿を見せる時にしたいのです」

寂しくても、家に戻ろうとは思いません。
千草は、『立派な人物』になりたいのです。
誰からも尊敬されるような人になって、
『素晴らしい最期』を迎えたいのです。
それが千草の叶えたい『目標』です。
そのために、千草は『成長』したいのです。

928 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/21(火) 22:32:17
>>927

>「はい、今は大丈夫です。
> 分からない事がある時もありますが、
> 周りの人達に助けて頂いていますので……」

「…ああ、それならいいんだ」

食事なども、『寮母』が用意してくれるのだろうか?
学業と生徒会活動に加えて、帰宅後に『家事』までするのは流石に負担が多いだろう。そうだと思いたい。
何にせよ、周りに協力してくれる人がいるならば、少し安心できる。

「『黒羽』さん?…いや、名前を妹から少し聞いたことがあるような」
「確か、広報系の人材だったと記憶しているな。その賞状は、それに関したものなのかい?」

自分の事を話したとは、一体何だろうか。
猿渡くんの時も思ったが、正直自分はあまり目立たない方だと感じている。
人に話して面白い男だとは認識していないだけに、少し意外だ。

>「ですから――大丈夫です。ただ、少しだけ…………」

>「少しだけ寂しい時はありますが……」

「・・・・・・・・・・」

「なぁ、三枝さん」

袋を持っていない方の手で、少女の頭をゆっくり撫でる。妹が同じぐらいの年の頃、そうしたように。

「キミはまだ中学一年生だ。目標は立派だと思うし、オレも応援してるが、あまり無理をしないようにな」
「人間の心には限界がある。オレだって、必要なら自分を追い込むことに躊躇はないが、それでも限界を迎える前に一旦身を引く」
「いつでも帰りたい時は帰っていい。頑張る為には、そういうのも必要だ」
「そうしてまた、戻ってくればいいんだ」

929 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/21(火) 23:02:44
>>928

「…………はい」

ただ黙って頭を撫でられました。
何か言おうかとも思いましたが、何も出てきませんでした。
鉄先輩の言葉が『正しい』と感じていたからです。

「無理をして失敗したら元の木阿弥ですね」

          ニコ

「だから、無理はしません。
 無理はしませんから――『出来るだけ』頑張ります」

千草は、『自分の限界』が、まだ分かりません。
だから、それを知りたいと思っています。
そのためにも、『出来るだけ』頑張ろうと思います。

「黒羽先輩は『新聞部』の方です。
 部屋には『新聞大会』の表彰状がありました。
 それから、『書道コンクール』なども……」

「運動部の取材を考えていらっしゃったようなので、
 それで鉄先輩の事をお話したのです」

「生徒会の事も幾つかお答えしました。
 仕事の内容など……」

そこで思い出しました。
鉄先輩の妹さんも、中等部三年だったと思います。
黒羽先輩と同じ学年です。

「先輩の妹さん――『朝陽さん』も黒羽先輩と同じ学年ですね。
 朝陽さんの具合はいかがですか?
 その……『怪我をしてピアノが弾けない』とお聞きしていたので」

930 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/21(火) 23:18:51
>>929

三枝さんの返事に頷き、手を頭から離す。
妹からは、中学生をあまり子供扱いするなと言われてはいる。
しかし親元を離れて暮らすなど、高校生ですら中々できない事だろう。
立派な事だが、それはつまり同じくらい大変という事だ。
彼女は少し、焦っているようにも見受けられる。できれば、無理はしないで欲しい。

「ああ、成る程…運動部への取材か」
「しかし『書道』でも表彰される程の腕前とは…自ら記す内容に対して、誠実であるという印象を受ける」
「了解した。もし彼女からそういった申し出があれば、喜んで受けさせてもらうよ」

とはいえ、自分はあまり面白い記事に繋がりそうな事など言えないが。
しかしそういったのを人が見たがる記事にするのも、書き手の実力なのかもしれない。
何にせよ、三枝さんの紹介ならば断る理由もない。

「…ケガ自体はそう重いものじゃあないんだ。既に治って、リハビリもこの前終わった」
「ピアノの腕も戻ったように聴こえる。まぁ本人は、『友達に差を付けられてる、もっと頑張らなきゃ!』って言っていたけどな」

そういって、少し苦笑する。
そう問題なく傷は治っている。身体の傷は、だが。
しかしそれ以外の話は彼女に伝えるべきじゃない。この子は、そういったのを苦手としている。

931 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/21(火) 23:46:40
>>930

「そうですか。それは……良かったと思います」

「あの――――本当に……」

もっと気の利いた言葉が言えれば良かったのですが。
でも、上手く出てきませんでした。
デリケートな話題です。
そして、千草が『苦手な話題』でもあります。
ただ、それでも具合を聞いておきたいという気持ちがありました。

「その、朝陽さんに伝えて頂けないでしょうか?
 『もし良かったら一緒に頑張りましょう』――と」

「千草に何か出来る訳ではないですが、
 頑張り合っている人がいれば、少しは支えになれるかと……」

「千草も、さっき鉄先輩が頑張っているのを聞いて、
 『頑張ろう』と思えたので……」

千草に出来る事は少ないです。
でも、少しでも何か出来る事があるなら、
誰かの力になりたいと思っています。
大げさかもしれませんが、
その積み重ねが大事なのではないでしょうか。
鉄先輩も言われました。
『一つ一つ確実に』――――と。

932 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/01/22(水) 00:04:36
>>931

>「あの――――本当に……」

「ん?」

顔を横へ向け、少女の方を見る。

>「その、朝陽さんに伝えて頂けないでしょうか?
> 『もし良かったら一緒に頑張りましょう』――と」

>「千草に何か出来る訳ではないですが、
> 頑張り合っている人がいれば、少しは支えになれるかと……」


「…キミは、本当に優しい子だな」「ありがとう。しっかりと、朝陽に伝えておくよ」
「まぁそれで張り切り過ぎて、『わたしも寮生活する!』なんて言い出したりしないか心配だが…」
「そうなったら兄として、全力で止めさせてもらおう」

少し笑いながら、三枝さんの言葉に頷く。
自分より二歳も年下なのに、実家を離れて頑張っている少女の言葉は、きっと妹に届くだろう。
そうして、心の傷もやがては癒えてくれていったならと、切実に思う。
現代社会で人混みを常に避けて生きていくのは、大変で、辛いことだ。

「─────と、それじゃあオレはこちらの道だから」
「まだ日は落ちてないが、それでも気をつけて。何かあったら、すぐに呼んでくれよ」

今回は休日の部活帰りともあって、冬といえどまだ夕暮れだ。もちろん警戒するに越したことはないが。
寮には他に同じ学生もいるだろう。いざという時は、その人達も頼りになるはずだ。
その中に『スタンド使い』がいれば、なおさら安心だ。

「今日はありがとう、三枝さん」「さようなら、また今度」

そう言って手を振り、十字路の別れ道を進んでいく。
…もし、三枝さんの言葉などで朝陽の心の傷が完全に癒えたら。そしてこれ以上、『通り魔事件』が発生しなかったら。
一旦、区切りは付けるべきかもしれない。犯人は探したいが、何も起きなければ、それに越した事はないのだろうから。

933 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/01/22(水) 00:42:19
>>932

「いえ、こちらこそありがとうございました」

     ニコ

こんな千草でも、誰かの役に立てるのでしょうか。
そうだとしたら、とても嬉しい事だと思います。
『小さな一歩』を踏み出す事が出来たと思えるからです。

「はい、またお会いしましょう、鉄先輩。
 朝陽さんにも、よろしくお願いします」

     ペコリ

先輩と別れ、『清月館』に向かって歩き出します。
足元からは影が伸びていました。
細く黒い影が――――。

       スタスタスタ

「『It’s now or never』」

934 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2020/02/20(木) 22:23:24

午後の時間帯――オープンカフェに一人の男が座っていた。
ストライプスーツを着て、フェドーラ帽を被った男だ。
テーブルの上には、コーヒーカップと共に小さな石が置かれている。

「『ラピスラズリ』――
 確かに神秘的な力を秘めているように見えますね」

少し前に、ある『占い師』から購入した品だ。
深い青色に黄色の斑点が浮かんでいる。
その色や模様は、夜空に輝く星々を思わせた。

「もちろん本当にパワーがあるかどうかは別として、ですが」

石から視線を外し、コーヒーカップを傾ける。
その時、9mほど離れた植え込みの中で何かが動いた。
白い鎧を身に纏った小さな『兵士』だ。
別に何かをしようという訳ではない。
ちょっとした『実地テスト』の一環だ。

935 日下部『アット・セブンティーン』 :2020/02/26(水) 23:09:00
>>934

「『パワー』がほんとにあるかは分かんないけど〜」

               カチャ…

隣のテーブルに座ったのは、白い女だ。
服も、髪も、肌さえ新雪のように白い。

「『価値』はあるよねえ。お隣失礼しまあ〜す」

一般的には失礼なほどの距離ではない。
が、人のパーソナルスペースは目に見えないものだ。

「その石、お兄さんの? 私ね、パワーストーンに最近凝ってるんだ〜」
「『神秘』とかは分かんないけど、『見た目が綺麗』だから。……んふふ」

首から提げた、『ゴールドルチルクォーツ』を使ったネックレスを手に取っていた。
それが白に染まった女の、目に見えてもっとも映える『色』なのは言うまでもない。

・・・彼女に実地テストに気付いている様子はない。少なくとも、『目に見える範囲』では。

936 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2020/02/27(木) 05:48:11
>>935

「あるいは『見た目の美しさ』こそが、
 こうした石の持つ大きな力なのかもしれません。
 古くから、『何かがある』と思わせる魅力に引かれる人間は、
 数多いと聞きます。
 そのために大枚を叩く方も後を絶たないとか」

「――私も詳しくはありませんが、ね」

    ニコ

優男風の顔立ちに穏やかな微笑を作り、『白い女』に言葉を返す。
あたかも色素が欠落しているかのような容姿に、
少々の驚きを感じた。
しかし、それを表情には出さず、首の宝石に目を留める。

「そちらの『石』も素敵ですよ。
 生憎と種類は分かりませんが、
 知識のない人間にも『美しさ』は理解出来ます」

「失礼ですが、どちらでお求めに?
 私は『ある占い師』から買いましてね」
 
「『ラフィーノ石繭』――ご存知ですか?
 よく当たると評判の占い師ですよ。
 私も占って頂きましたが、なかなか鋭い方のようでして。
 まさに『的中』といった所です」

実際、当てられたのは確かだ。
『嘘をつくのが楽しみ』であるという自分の本質を言い当てられた。
占い師としてはイカサマだが、人を見る目はあるのだろう。

「もし機会があれば、一度占って貰う事を勧めますよ」

『兵士』は動かしていない。
もし見える人間がいれば、
その反応を確かめようという意図もあった。
だが、何も自分から積極的に姿を見せる必要も無いのだ。

937 日下部『アット・セブンティーン』 :2020/02/27(木) 22:47:22
>>936

「『ゴールドルチルクォーツ』だよ」
「『お金を呼び込む石』」「呼び込むかは分かんないけど」
「これ一つで『10万円』也〜」

     キラ…

「これはね、『友だちに貰った』んだ〜。んふふ」
「今の説明もね、全部教えてもらっただけで、私も詳しくはない」

10万円の石をくれる友だちとは、『猫』だ。
あえてそれを口に出さないくらいの『社会性』はある。

「『ラフィーノ』? 聞いたこと……あったような〜」
「私ね、占いってあんまり興味ないんだよねえ」
「未来ってねえ、変わるときはすぐ変わっちゃうし」

「私はあんまり信じないな〜」

目に見えないことを重視していない。
占いは『統計』や『心理学』の観点もあるらしい。
そういう意味で、全く何もないものではないのだろうけど。

「ちなみに、お兄さんはどんなこと占ってもらったの〜?」

それでも未来はいつでも不確定だ。『的中』刺せたというのは気になった。

938 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2020/02/27(木) 23:54:08
>>937

「ははあ、なるほど。
 いえ、そこまで値打ちのある物とは思わなかったものですから。
 見た所お若いようですが、
 結構な品をお持ちでいらっしゃるようで」

「ちなみに、これは『ラピスラズリ』という石だそうです。
 『誠実さ』や『思いやり』、『高潔さ』を象徴するのだとか」

「ここだけの話ですがね。私のは『五百円』でして。
 いや、お恥ずかしい」

           フフ

人の良さそうな微笑と共に、ラピスラズリを胸ポケットにしまう。
金額が全てとは言わないが、これは少し差が大きすぎる。
それにしても十万円の宝石をくれる友達とは、
一体どのような人物なのだろうか。
気にはなったが、突っ込むつもりは無かった。
曖昧な言い方から見て、恐らく聞いても答えてはくれまい。

「そうですね。
 『自分自身を見つめ直す手助け』をして貰った――
 とでも言いましょうか。
 自分の事というのは案外分からないものですから。
 客観的な視点からアドバイスをして頂いたのですよ」

「私も占いに傾倒している訳ではありませんが、
 彼女の『観察力』や『洞察力』は優れていると感じました。
 少なくとも、そういった『実践的な方面』の実力は本物ですよ」

比留間は、彼女の占いは『インチキ』だと思っている。
『運命が視える』などという謳い文句は、
客寄せの為の口八丁に過ぎないと。
しかし、『確固たる土台を備えたイカサマ』でもあると考えている。
単なる口からの出任せではなく、
それに信憑性を持たせるだけの『根拠』が伴っている。
その点において、ラフィーノには一種の『敬意』を抱いていた。

「『運命』や『未来』といった神秘的な分野に関しては、
 私からは何も言えませんが。
 何しろ『素人』ですので」

同時に、非常に興味ある『遊び相手』だとも思っている。
だからこそ、こうしてラフィーノを持ち上げているのだ。
彼女の所に一人でも多くの客が行くように仕向けたい。
そうする事で、
もっと彼女のイカサマを引き出してみたいという意図がある。
そんな事をする理由は、それが『面白そうだから』だ。

「――貴女は『神秘的な力』は信じない主義で?」

この世界には、不可思議な力が実在する。
『スタンド』という力。
自身の『オルタネイティヴ4』も、その一つだ。

939 日下部『アット・セブンティーン』 :2020/02/28(金) 00:22:57
>>938

「『500円』でそれだけ綺麗なら良いよね〜」
「私の石と、『99500円分』も綺麗さは変わんない気がするし」
「お買い物上手なんだよ〜、お兄さん」

笑みを浮かべて、自分の石から手を離した。
そして自分の席に着き、自分のコーヒーを手に取る。

「なるほど〜〜〜」
「『人生相談』ってコトなんだ。それなら『ホンモノ』かも、しれない」
「だって人生は本物だから!」

ラフィーノ石繭。
覚えておく名前ではあるが・・・『興味』はそんなに、無い。
人生について特別に、他人に見てもらいたいわけでもない。

そして続く問いかけには・・・目を細める。

「んん、未来予知とかはね、わかんないじゃ〜ん」
「『第六感』とかもわかんないよね〜」
「証拠の出しようがないもん」

「目に見えない、説明も出来ないものが『神秘』なら、信じないよ〜」

940 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2020/02/28(金) 00:55:08
>>939

「いや、ごもっともです。
 根拠のないものが信じられないのは当然の事ですからね。
 私も全く同感ですよ」

「そうですね――『神秘』とまではいきませんが、
 ちょっとした『手品』をお見せしましょうか。
 最近、少し練習していましてね。
 本来なら披露する程のものではありませんが、
 少々お付き合い頂ければ幸いです」

    スッ

人知れず発現していた『兵士』を解除する。
懐に入れた手を抜き出すと、そこには五枚の『カード』があった。
実体化スタンドである『それ』は、
質感もサイズも実物のプラスチック製トランプと同様だ。
もう片方の手にはハンカチが握られている。
ブランド品のようだが、特に何の変哲もない品物のようだ。

「今から、この『カード』を消してご覧にいれましょう。
 私がハンカチを被せてから三つ数えます。
 ハンカチを取り払ったら、『カード』は消えている筈ですよ」

           パサッ

「何分まだ練習中ですので、上手くいくかは分かりませんがね。
 もし失敗しても、お許し願いますよ」

「――『1』……『2』……『3』……」

            バッ

ハンカチを取り除くと、そこには確かに『カード』は無かった。
最初から存在していなかったかのように消えている。
『解除』したのだから当然ではあるが。

「おっと……どうにか消えてくれたようですね。
 失敗するのではないかと思って、内心は冷や冷やしましたよ」

「もっとも、これは単なる『手品』ですので、
 『神秘』でも何でもありませんが――ね」

941 日下部『アット・セブンティーン』 :2020/02/28(金) 01:32:46
>>940

「根拠が無くても信じたい気持ちも、分かるけどねえ」

「ん、手品? お兄さぁん、『マジシャン』っぽいもんね」
「『人は見かけによる』んだねえ」「んふふ」

          カタ…

椅子を動かし、身を乗り出して『手品』を見る。
手品。『タネがある』という宣言だ。

「それ、トランプ〜?」「いや、ちょっと違うかな〜?」
「わあ、良いハンカチ持ってるねえ」

品々に寸評を入れつつ、目を細めて見守る。
そして――――その視界は『騙される』。

「わあ〜すごい、すごぉい」

           パチッ  パチッ

「上手いねえ、全然分かんなかったよ」
「机の下に隠すとか、袖に入れるとかだと思ったけど」
「『何処に』『いつ』やったかわかんなかった」
「お兄さ〜ん、器用なんだねえ」

「ねえ、それでトランプはどこ行ったの?」
「そこんとこ知りたいなあ、んふふ。どうなんです〜?」

942 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2020/02/28(金) 02:09:27
>>941

「どうも恐縮です。
 趣味でやっているだけですので、
 そうバリエーションがある訳ではありませんが」

『手品』にはタネがある。
しかし、『これ』にタネは無い。
何故なら、手品というのは『嘘』だからだ。
実際は『神秘的な能力』の産物。
だから説明のしようがない。

「『どこに行ったか』ですか?
 そうですね。『ここ』か、それとも『こちら』か……」

「いえ――恐らくは『この辺り』ではないでしょうか?」

    スッ

何かを探しているかのように、
ジャケットのポケットを上から軽く叩く。
そして、おもむろに片手を首の後ろに回した。
手を引き戻すと、そこには再び『カード』が現れていた。

「いや、見つかって安心しました。
 もし消えたままになっていたら困る所でしたよ」

           シャッ

『カード』を扇状に広げて見せる。
四隅に四つの『スート』が配され、
中央に『道化師』の顔が描かれたデザインだ。
その裏面は、『トランプ』に酷似していた。

「今は、この辺りが限界といった所でしょうか。
 お付き合い頂き、感謝致しますよ」

そう言って『カード』を懐に収め、同時に『解除』してしまう。
あまり突っ込まれると、誤魔化し切れなくなるからだ。
だから、更に追求される前に切り上げる事にしておいた。

943 日下部『アット・セブンティーン』 :2020/02/28(金) 02:50:47
>>942

「わ〜ッ、すごいねえ、すごいよお〜」

感心した表情で再び手を打つ。

「どうやってそんなところに入れてたんだろう」
「さっきのとは別のカードだったりとか〜?」
「んふ、『タネ』があるってわかってても凄ぉ〜い」
「むしろ、わかってるからすごいって思うのかな〜?」

などと褒めたおしていたが、やがてカードの絵柄に視線を移す。
それが懐に収められると、顔を上げた。

「『ジョーカー』がメインみたいな絵柄だったよねえ〜。今のカード」
「なんだか珍しいなって」「トランプ自体が『マジック用』だったりとか?」

「んふふ、まあいいやなんでも〜」

引っ掛かりはしても不思議ではない。
そして、別に不思議でもかまわない。
目に見えるものを信じるだけだ。目に見えないものを暴きたい気持ちはない。
目に見えないものは、嫌いとかイヤとかじゃあなく、どうでもいいのだ。

「だって楽しかったもんね、私が〜。んふふ……」
「相手してくれてありがとね、手品が得意なお兄さ〜ん」

そして自分の席に戻る。自分の感情は、はっきりそこにある・・・コーヒーを飲んだ。
彼女の方から、これ以上深く何かを追及したり、話しこんだりする様子は無さそうだった。

944 比留間彦夫『オルタネイティヴ4』 :2020/02/28(金) 03:22:09
>>943

「こちらこそ『楽しい時間』を有り難うございました。さて――」

    ガタッ

「仕事が残っていますので、一足お先に失礼します。
 この店のコーヒーは、値段の割には中々質が良いですからね。
 私も時々、立ち寄っているんですよ」

「もしお会いする事があれば、また何かお話が出来ればと。
 ご都合が宜しければ、ですが」

「――――では、これで」

椅子から立ち上がると、会釈して会計に向かう。
心の中には、小さな満足感があった。
『嘘をつく事』が、自分にとって何よりの楽しみだからだ。

(もっとも『同じかどうか』までは分かりませんが――)

            ザッ

(――今日の所は良いでしょう)

『力を持つ者の反応を見る』というのが当初の意図だった。
それは果たせなかったが、別に構わない。
いずれにしても、『価値ある時間』であった事は確かなのだ。

945 日下部『アット・セブンティーン』 :2020/02/28(金) 03:52:35
>>944

「わかるよお。私もたまに来るからね、ここには」
「待ち合わせとかにもちょうどいいし〜」

騙されている。
それが事実――――だが『分からない』。
実感がないし、気付くことも今は無い。
実害がないし、引きずる理由も無い。

だから、日下部虹子には問題にならないのだった。

「んん、また会ったらね」
「次は私も何か、面白いハナシ考えとこうかな」

        ヒラ…

小さく手を振った。

「じゃあね、ばいば〜い」

会わなければそれはそれでいい・・・会いたくなれば探せばいい。

946 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/03/09(月) 21:32:24

    トッ 
        トッ
            トッ
                トッ
                    トッ

その日、千草は『歩道橋』を上っていました。
両手には、大きめの手提げ鞄を持っています。
中には、図書館から借りてきた本が詰まっていました。
将来のために、今から色々と勉強しておきたいのです。
でも今回は、『それ』が悪かったようです。

    ガ ッ

        「あッ――――」

                 ド シ ャ ァ ッ

気付いた時には、最上段の段差に躓いて転んでいました。
両手が塞がっていたので、そのまま倒れてしまいました。
そのまま階段を転がり落ちていかなくて幸いでした。

        「ッ…………!」

少し体を打ったようですが、『死ぬ程』ではないです。
でも、一歩間違えたら死んだかもしれません。
『九死に一生を得る』というやつでしょうか。
とにかく立ち上がりましょう。
いつまでも倒れていると、他の人の迷惑になってしまいます。

     「――――痛い…………」

ただ、もう少しだけ時間が掛かるかもしれません。
思ったよりも『痛かった』からです。
あと、ほんの少々待って頂けますでしょうか。

947 ラフィーノ石繭『ミスティカル・ガイド』 :2020/03/15(日) 19:25:33
>>946
 「……………(ムカッ)」

だれも助けへんのかい。
なんかあるでしょ、声かけるとかさ。

「……はぁぁぁ〜〜〜っ……」
「この町は糞糞の糞ねッ 地獄に落ちるわよッ!」


どうも。末石まゆです。
職業:占い師(偽)です。
ラフィーノうんとかとかいう芸名もありますが
今はオフなので、ただの末石まゆです。

 「オチビさん 立てます?」
 「おぶってさしあげましょうか?」

 「痛いでしょう…大丈夫、大丈夫ですから」
 
チビっこの前にしゃがんで目を合わせ。
周りに落ちてるものとかあったら拾ったりとかしちゃう。

948 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/03/15(日) 21:01:05
>>947

  「はっ――――いえ、あの」

            「大丈夫……ですから……」

      …………ザッ

声を掛けられて、何とか起き上がりました。
この方は、見ず知らずの千草を気遣ってくれています。
なかなか出来る事ではないでしょう。
とても『立派』です。
こういう良い部分は、どんどん見習っていきたいです。

「お気遣いありがとうございます」

         ペコリ

きちんと姿勢を正して、お礼を言いましょう。
両手に持っていた鞄は落としてしまっていました。
中に入っていた本が散らかっています。
これでは通行の迷惑になります。
早く片付けないといけませんが、
お礼を疎かにしていては『立派な人』にはなれません。

949 ラフィーノ石繭『ミスティカル・ガイド』 :2020/03/15(日) 22:08:49
>>948
「ほんとうに大丈夫です?膝とかすりむいていない?」
「絆創膏あるから 貸してあげますよ 貸すだけですけれど」

そんな感じに声を掛けながら、チビっこが落とした物を拾う。

「…いろいろ読んでンのね」
「立派ね」

本か。
私の事務所にもいっぱいあるわね。
風水とか星とか心理学とかFXとか漫画とか。

こんなにたくさん、この子は何を読んでるのかしら。
お勉強の本とかかしらね。

950 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/03/15(日) 22:33:18
>>949

散らばった本には、色々なジャンルのものがありました。
特に多いのは、『社会勉強』に関係した本です。
『社会の仕組み』や『職業の解説』や『資格の取り方』などですね。

「あっ、ありがとうございます」

拾っていただきながら、自分でも本を集めます。
二人だったので、すぐに片付きました。
お陰様で、とても助かりました。

「いえ、とんでもないです。
 知らない相手を気遣える方こそ立派だと思いますから」

「――――『膝』、ですか?」

見下ろして気が付きました。
言われた通り、擦り剥いていたようです。
少しだけですが、そこから『血』が出ていました。

       グラリ…………

『それ』を見た瞬間、体が大きく傾きました。
血を見たせいで、意識が『飛んでしまった』ようです。
気絶したまま、ゆっくりと後ろに倒れていきます。

951 ラフィーノ石繭『ミスティカル・ガイド』 :2020/03/15(日) 23:13:18
>>950
年相応ではないものを読んでいてびっくりした。
このコ、まだ小学生くらいでしょ。

「立派… そんなことないと思うけど 実際、気まぐれよ。」

 >グラリ…………

 「エッ うわっマジ?  『ミスティカル・ガイド』!」

両手に本を抱えている状態なので、
仕方なく『人型スタンド』で素早く受け止め、ゆっくり倒してやる。
こういう時も周りの連中は遠巻きに眺めてるだけなのよね
くそッ 腹立つ。

 「オーーーイ  聞こえる?大丈夫ですよ」
 
 「『怪我』が怖かったのですか? 」
 「…とりあえず絆創膏貸しますよ 貸しですからね」

自分の鞄から水玉模様の絆創膏を取り出し、チビッ子の膝に張っておく。

 「大丈夫 もう怖い事はありませんから」
 「……生きてる?救急車呼びますよ?」

952 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/03/15(日) 23:37:31
>>951

遠くの方から、誰かが呼んでいる声が聞こえました。
どなたでしょうか。
そんな事を考えていると、
少しずつ目の前が明るくなってきたようです。

「――――う…………」

まだ頭がぼんやりしています。
でも、生きているようですね。
一安心です。

「大丈夫……です。ちゃんと生きてます……」

「だから……救急車は結構ですので……」

最初に見えたのは、先程の親切な方でした。
そして、『絆創膏』が目に留まりました。
血が見えなくなったので、もう意識が飛ぶ事もないと思います。

「……絆創膏、『お借りします』。ありがとうございます」

「この御恩は、いつか必ずお返ししますね」

         ペコリ

             「あっ――」

お辞儀をして、また頭を上げた時に気が付きました。
その人の近くに、見慣れない姿の『スタンド』がいる事に。
だから、そちらに視線が向く事は避けられませんでした。

953 ラフィーノ石繭『ミスティカル・ガイド』 :2020/03/16(月) 00:04:16
>>952
「生きていてよかった。安心ですね。」


>  「あっ――」

「んっ」

職業柄、人の視線とかよく見ちゃうから。
…その視線移動。わかっちゃったわ。
正体が子供にバレた。これはよくない

 「……『御恩』……そうね、恩ですね」
 「絆創膏……あげるから」

チビっ子の肩をつかんでグイっと迫る

 「『内緒』にしていただけませんか……」

顔面を近づけ小さな声で喋る。

「『スタンド使い』ってのは知恵が回る
 …ズル賢い。裏をかく。油断ならない。
 さらにオカルトに耐性がある。 
 そういうわけで、わたしの商売にはちょっぴり厄介なのです」

「しかし、自身の心情、ルールに逆らうことはしない」
「そういう傾向がある。『奇妙』な人々です。」

「あなたもそうなのでしょう」

「でも……立派な人間なら『恩返し』、できますよね?」
「あなたはしっかりした子だから」
「『内緒』に。ね?できますよ、あなたなら」

954 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/03/16(月) 00:25:32
>>953

「ひッ――――」

後ずさる暇もなく、瞬く間に肩を捕まれました。
その素早い動きに、圧倒されるような『迫力』を感じます。
喉の奥から悲鳴に近い声が漏れてしまったのは、
そのせいかもしれません。

「は、はい。誰にも言いません。『絶対』に」

「『内緒』にします。約束します」

スタンド使いは知恵が回るというのは本当でしょうか。
千草は自分の事を賢いとは思いません。
でも、きっとこの方は賢い人なのでしょう。
態度や言葉の節々から、
『強さ』が滲み出ているような気がします。
そういう部分は、是非とも見習いたい所です。

「千草は『立派な人間』ではないですけど、
 『そうなりたい』と思っています」

「だから――『約束』は守ります。
 『恩返し』しますから……」

     コクッ

小さく頷いて、ハッキリと宣言します。
恐いからではなく、
そうする事が『立派な人』になるために必要だからです。
『立派な人間』なら、恩返しをしなければいけません。

955 ラフィーノ石繭『ミスティカル・ガイド』 :2020/03/16(月) 00:54:55
>>954
『あの占い師さん!知ってる人です!スタンド使いです!』
などと他のスタンド使いに言いふらされれば『神秘』の『格が落ちる』。
そういうわけでちょっと圧を掛けてみたのだ。

 「………『約束』ですからね」

最後に、眼が水晶となった、岩のような体を持つスタンドで睨みを利かせ、
チビッ子から離れてあげる。

 「…ふふ、……怖がらせ過ぎてしまいました ごめんなさい」

 「別に『地獄に落ちろ』とか『死ね』とかではなくて…
  ただ、『オカルト』というのは厄介なものだな、という、」

 「それだけの話です。とって食べたりなんてしませんから 安心して」

 「もう怖い事はありません 絆創膏もあります」

ちょっと怖がり過ぎじゃないこのチビっこ。
この臆病さで『スタンド使い』か。逆に怖いやつね。
かわいい子だけど要注意。
とはいえ可哀そうなものは可哀そうなのでちょっとフォローはしておいた。

956 三枝千草『イッツ・ナウ・オア・ネヴァー』 :2020/03/16(月) 01:17:50
>>955

『水晶の眼』を見ていると、
何だか考えを見抜かれているような気がしてきます。
もしかすると、本当にそうなのかもしれません。
『人の心を読み取る能力』――
『スタンド』には、そんな力もあるのでしょうか。

「は、はい。よく分かりました」

「――『約束』です」

千草は誰からも尊敬されるような『立派な人間』になりたいです。
立派な人間になって、『素晴らしい最期』を迎えたいのです。
そのためにも、この秘密は『墓穴』まで持っていく覚悟です。

「あの……『勉強』があるので、これで失礼します」

「色々と親切にして頂いて、ありがとうございました」

       ペコッ

最後に、もう一度だけ頭を下げて、歩き出します。
いつか、あんな風に『賢くて強いスタンド使い』になれるでしょうか。
それは分かりませんが、
この『出会い』も、きっと『肥やし』になってくれると信じます。

957 ディーン『ワン・フォー・ホープ』 :2020/03/20(金) 18:29:43
>>853

時々、こう考える事がある。
俺が『人間』だったなら、
ずっとヨシエの傍にいてやれたのかもしれないと。
だが、俺が犬じゃなければ、ヨシエと出会う事はなかっただろう。

(――『発想』を変えてみるか)

もしヨシエが『犬』だったらどうだ?
そうしたら、俺はヨシエを支え続ける事が出来たかもしれない。
そこまで考えて、俺は軽く頭を振った。

(いや……我ながら馬鹿な思い付きだったな)

こうして自分だけで歩いていると、
どうでもいいような事が思い浮かんでしまう。
もっとマシな時間の使い方がある筈だ。
そう思って、俺は周りを見回した。

  クゥーン

ここは『公園』だ。
コンビニが近いせいか、『人間』は程々にいる。
『犬』は俺だけだ。

今頃ヨシエは、『人間の友達』と遊んでいる。
ヨシエは『人間』であって『犬』じゃあない。
だから、『犬』ばかりではなく、
『人間』との付き合いも大事にするべきだ。

958 ディーン『ワン・フォー・ホープ』 :2020/03/28(土) 19:11:28
>>957

     トッ トッ トッ

しばらくして、俺は歩き出した。
こういう時には、場所を変えてみるのも『一つの手』だろう。
俺にあるのは『前足』であって、『手』じゃあないが。

             トッ トッ トッ

959 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/28(土) 21:34:48

  バァァァァァ――――ッ

軽快な走りで颯爽と通りを駆け抜けるスクーター。
その上に乗っているのが私。
風を切って進む感覚が心地良い。

                   プスンッ

       「――――あら?」

徐々にスピードが鈍り、ついには路肩で停車した。
また『ご機嫌』を損ねてしまったのだろうか。
そう思い、シートから降りて各部を点検する。

「しょうがない子ね」

           カチャッ

これくらいのトラブルなら、少し構ってあげれば直るだろう。
シート下のスペースには車載工具が入っている。
その中から六角レンチを取り出して、車体を弄り始めた。

960 <削除> :<削除>
<削除>

961 名無しは星を見ていたい :2020/03/31(火) 00:46:05
>>959

『コツコツコツ』

そこへ、小さな靴音が近づいて来た。年齢は中学生くらいだろうか。髪は背中まで届くセミロングだ。
華奢な身体に、所々和装の趣が入った黒いドレスを身に纏い、足元には厳つめのブーツを履いている。

「ねえ、ねえ」「これは何をしているの?」

訊ねながら、美作の隣で座り込んだ。興味深そうに、二輪と六角レンチを眺めている。

962 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/31(火) 01:16:12
>>961

「――――ん?」

『足音』が聞こえてくる。
てっきり、そのまま通り過ぎるのだろうと思っていた。
しかし、どうやら違ったらしい。

「これはね、ちょっとした『トラブル』っていうか――」

    カチャ

「まあ、そんな大変なものでもないんだけど――」

                     カチャ

「たまに調子が悪くなっちゃうのよね。今みたいな感じで――」

            カチャ

「――でも、慣れてるから大丈夫よ」

作業を続けながら、隣に言葉を返す。
一段落してから、相手の方に視線を向けた。
そして、その服装を軽く観察する。

「なかなか個性的なファッションね。
 『和洋折衷』って言うのかしら?」

こちらの格好は、ラフなアメカジスタイルだ。
化粧っ気のある二十台半ば程の女。
対照的という程でもないが、イメージはだいぶ異なる。

963 名無しは星を見ていたい :2020/03/31(火) 01:46:22
>>962

「『トラブル』」「ああ、この『二輪車』、動かなくなっちゃったのね」

美作の言葉を反芻しながら、うんうんと頷く。
慣れている、と言った彼女の言に偽りなく、会話をしながらでもその動きに淀みはない。

「お姉さんは、普段からこういったお仕事をされているの?」
「それとも、この子がちょっと『問題児』なのかしら?」

首を傾げながら、スクーターを指差した。
そして美作の視線に気付き、肯定する。やや広がったデザインの袖口に手を隠し、自分でもそのドレスを眺める。

「『和ゴス』って言われているらしいわ。あたし、よく知らないのだけれど」
「それでも、似合っていると言ってくれたから。ねえ、お姉さんからは、どう?」

白い肌に対照的な、黒いドレス───和ゴスの子は立ち上がり、くるりと回った。
裾の長いスカートがふんわりと舞い、一回転すると、笑顔で美作に問いかける。

964 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/31(火) 02:19:30
>>963

「あはは、『仕事』って訳じゃあないかな。
 これは何というか――趣味みたいなものかしら?」

「本当にどうしようもない時は、
 修理屋さんに出さなくちゃいけないんだけどね。
 ちょっとした故障くらいで持っていくのも考え物だから。
 それで『応急処置』の仕方を覚えたの」

「まあでも、『問題児』なのは確かね。
 でも、それなりに長く乗っていて愛着があるから」

    ポンッ

「それに、『手が掛かる子ほど可愛い』とも言うし――ね。
 私が『親バカ』なだけかもしれないんだけど」

鮮やかなイエローの車体を軽く叩き、明るく笑う。
その目に映るのは、白と黒のコントラスト。
あまり見かけない珍しいファッションなだけに、
自然と興味を引かれた。

「そうね……うん、『綺麗』だと思うわ。
 『可愛い』って言うべきかもしれないけど、
 どちらかというと『綺麗』の方がしっくり来る感じ。
 ブーツがアクセントとして効いてるわね」

「――なぁんて、何だか偉そうな事を言っちゃった。ごめんね。
 でも、感想の方は本当だから」

そう言いながら、少しだけ昔の事を思い出した。
『ステージ衣装』を着ていた頃の事を。
ただ、『和ゴス』ではなかったが。

965 名無しは星を見ていたい :2020/03/31(火) 02:33:58
>>964

>「それに、『手が掛かる子ほど可愛い』とも言うし――ね。
> 私が『親バカ』なだけかもしれないんだけど」


「──────────」

それは、数秒にも満たないほんの僅かな間。
笑顔を浮かべる少女が、まるで一時停止ボタンを押されたかのようにフリーズした。
が、すぐに動き出し、袖で口元を抑える仕草をする。

「うふふ。お姉さんって、モノをとても大切にする人なのね」「いい人ね」
「あたし、そういう人は、好きよ」「要らないからって、すぐに手放したりしない人って」

美作の衣服に対する感想に、少女はとても嬉しそうだ。ドレスの裾をつまむと、軽く広げて頭を下げた。

「ありがとう」
「あたしはお姉さんを信じるけれど。これが仮にお世辞だとしても、嬉しいわ。あたしもこのドレス、とても気に入っているの」
「お姉さんも、そのスポーティなファッション、とても似合っているわ。活動的な大人の女性って感じで、カッコいいもの」

手を後ろに回して、上体を曲げながら美作の衣服を眺める。

「お姉さん、今日は『オフ』なの?それとも、お仕事の時もそういう格好なの?」

966 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/31(火) 03:00:55
>>965

(『何か』――――あるみたいね)

唐突に固まる少女を見て、内心は驚いていた。
しかし、それを表には出さない。
かつて『アイドル』だった時代に、
自分自身の『舵取り』をする訓練を積んで来ているからだ。

「ありがとう、お嬢さん。そう言ってもらえると、とっても嬉しいわ。
 自分でも気に入ってるの」

        フフッ

少女の言葉に笑顔を見せる。
褒められるのは嬉しいものだ。
それは『立場』が変化しても変わらない。

「そうね、こういう服装でいる事が多いかしら。
 やっぱり動きやすいのが大きいから」

「しっとりした雰囲気なのも、
 たまには良いかなとは思うんだけど……」

「だけど、あなたみたいなファッションは、
 さすがに似合う年は過ぎちゃってるわね」

           クスッ

ドレスを見つめる視線の奥に、
一瞬だけ『憧憬』のような色が現れた。
過去の栄光を懐かしむ気持ちが、心の中を過ぎった。
それを隠すために、悪戯っぽく微笑んだ。

「今日はお休み――だから『オフ』の日よ。
 ちょっと軽く街を走ってみようかと思ってね」

「――あなたは?」

967 名無しは星を見ていたい :2020/03/31(火) 03:15:22
>>966

「あら、あたしの見立てなら、お姉さんは今でもお似合いになると思うわ」
「元がいい人はね、化粧とファッションでどんな風にでも変身できると思うの。あたしがそうだもの」
「いつでも気が向いた時は相談してね。お姉さんに似合うお洋服、探してあげるわ」

過去を思い出し懐かしむ美作に対して、それを知ってか知らずか
少女はつかつかと歩み寄り、首を傾げてみせた。どうやら割と頭が動くクセがあるらしい。

「そうなの。うふふ、きっとその子もお姉さんとお出かけできて、喜んでいるわね」
「張り切り過ぎて、ちょっと失敗しちゃったみたいだけれど」
「あたし?あたしはね、『お仕事』の前に散歩をしているの。宣伝も兼ねているのだけれど」

968 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/31(火) 03:29:54
>>967

「あはは、ありがとう。もし必要な時はお願いするわね。
 お嬢さんなら、安心して任せられそうだから」

この少女はセンスが良い。
だから、もし本当に相談する事になっても信頼出来そうだ。
もっとも、その機会はすぐには巡って来ないとは思うけど。

「喜んでる――そうね、きっとそうだと思うわ。
 元気が良すぎるのも問題なのかもね」

     フフ

スクーターを人のように表現する言い回しに、思わず表情が緩む。
実際、自分もそういう風に愛車を扱う事がある。
だから、彼女の言い方に共感を覚えたのだろう。

「『宣伝』?どういうお仕事をしているのか聞いてもいいかしら?」

彼女の言葉が気になった。
見た所は中学生くらいだが、
その年でする仕事というのは何だろう。
とはいえ自分も少女と同じくらいの年頃から『仕事』はしていたが。

969 名無しは星を見ていたい :2020/03/31(火) 03:47:30
>>968

「ええ、もちろんよ。あたしね、『名刺』を持っているのよ。『名刺』」
「なんだか大人みたいじゃない?カッコいいわよね、ふふ」

美作の問いに二つ返事で頷いた少女は、袖の中から一枚の名刺を取り出した。
彼女の洋服にもよく似た和柄の背景、そして大きな文字で『Bar 黒猫堂』、その下に『林檎』と記されている。
その名刺を両手で持ち直すと、賞状でも手渡すかのように、そっと美作に差し出した。

「あたしね、『林檎』って言うの。もちろん本名じゃないけど。これを言うってことは、本名は言えないってことなの」
「でも、お姉さんみたいな人はあまり来ないわね。やっぱり男の人がほとんどよ。あたしはそういう人とお喋りするの」
「だから、お姉さんの知り合いの人で、そういう所に行きたい人がいれば渡してあげて。お姉さんの紹介なら、少しサービスしてあげる」

唇に指を当て、じっと目の前の美作の顔を見上げた。

「お姉さんのお名前は?」
「ああ、もちろん本名でなくてもいいのよ。あたしが違うもの。フェアじゃあないものね」

970 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/31(火) 04:11:33
>>969

「――――『名刺』?これは、ご丁寧に」

表情の上では平静を保ちながら、両手で名刺を受け取る。
しかし、心中では少しばかりの戸惑いもあった。
予想もしていなかった答えだったからだ。

(……もしかすると、見た目よりも大人なのかしら。
 世の中には童顔の子もいるし……。だけど……)

(いえ……きっと考え過ぎね)

まさか中学生がバーで働いているとは思わない。
労働基準法とか風営法というものがある。
だから、そういう場で働ける年齢なのだろうと解釈した。

「ありがとう。じゃあ、せっかくだから『名刺交換』しましょうか」

ジーンズのポケットから名刺入れを取り出す。
その中から一枚を抜き出し、少女に差し出した。
『<Electric Canary Garden> パーソナリティー・美作くるみ』――
名刺には、そのように記載されている。
他に、ラジオの放送局名や番組放送時間、
問い合わせ先などが書いてあった。
『電気コードが付いた小鳥』のイラストが、隅の方に添えてある。

「私は、こういう者よ。
 詳しくはそこに書いてあるけど、『ラジオ』をやってるの。
 『パーソナリティー』っていうやつね」

「お暇な時にでも聴いてくれると嬉しいわ。
 リスナーとお喋りするコーナーもあるから、
 もし良かったら気軽に電話してきてね」

971 名無しは星を見ていたい :2020/03/31(火) 04:30:17
>>970

「─────『名刺交換』!」
「とっても素敵ね、それって。うふふ、大切にさせて頂くわ、お姉さんの名刺」

手を胸の前で合わせ、林檎はきらきらと目を輝かせた。
両手で名刺を受け取ると、まじまじと興味深そうに眺める。意味もなく、日に透かしてみたりしている。

「可愛らしいデザインね。特にこの小鳥さんが可愛いわ。くるみさんというお名前なのね」
「…ラジオ?」「確か、おばあちゃんが持っていたかしら」
「ねえ、これはスマートフォンとかでも聴いたりできるの?」

まだ幼い少女にはあまり馴染みのないもののようだ。しかし興味はあるらしい。

「トーク番組の司会を務めてる、みたいなものよね?すごいわ、くるみさん」
「ぜひお邪魔させて頂くわ。でも、それってあたしたちのお話が他の人にも聞こえてしまうのよね?」
「なんだか少し緊張してしまうかも」

972 美作くるみ『プラン9・チャンネル7』 :2020/03/31(火) 04:54:31
>>971

「実は、この小鳥は私が描いたのよ。
 番組のイメージキャラクターなの。
 名前は『電気カナリア』ね」

       フフ

「大丈夫よ。最近はラジオが聴けるアプリもあるから。
 今はラジオを聴く機会も少なくなってるから、
 きっかけが増えるのは、関係者としてもありがたい事ね」

「そうね――最初は緊張するかもしれないけど、
 話し始めると落ち着いてくる事も多いから。
 もちろん、話しやすいような雰囲気作りには、
 私も気を遣っているしね」

「だから、林檎さんも気が向いたら掛けてきて。
 いつでも待ってるわ」

        ザッ

「――さてと……調子はどうかしら?」

シートに腰を下ろし、慣れた動きでキックレバーを蹴る。
三回目のキックで、無事にエンジンが始動した。
一安心し、小さくため息を漏らす。

「何とか元気になってくれたみたいね。
 次は張り切り過ぎないように言っておかないと」

「でも、この子が失敗したお陰で林檎さんと出会えたんだけど」

         クスッ

スクーターに乗ったまま、少女に笑い掛ける。
故障がなければ、会う事はなかっただろう。
だから、ある意味では幸運だったのかもしれない。

973 猫柳 柚子『カーマ・カメレオン』 :2020/03/31(火) 05:21:04
>>972

「『カナリア』って、あの美しい声で唄うっていう鳥の?いいえ、直接聞いた事はないのだけれど」
「くるみさんは電気のカナリアで、その声を電波に乗せて届けるのね!なんだかロマンティックだわ」

『カッ』『カツッ』

自分の推理が当たっていると思い込んだのか、感極まったかのように林檎はくるくると回った。
ブーツの底がアスファルトの地面にぶつかり、音を立てる。

「そうなのね、それはとてもありがたいわ。今度お家で聴かせてもらうわね」
「他の人と話しているところを聴けば、どんな雰囲気かも分かりやすいでしょうし」
「うふっ。くるみさんにリードして頂けるなんて、とても光栄だわ、あたし」

美作がスクーターの上に乗り、レバーを蹴る様をまた興味深そうに見つめる林檎。
そしてエンジンが点火したのに驚き、一歩後ろに下がった。

「そうね、あたしはその子に感謝したいけれど。その子がやきもちを妬いてないといいわ」
「それじゃあね、ばいばい。くるみさんとのドライブ、楽しんできてね」

スクーターのヘッドライトの辺りを覗き込み、小さく手を振る。
そして改めて美作へと向き直り、ドレスの裾をつまんで一礼をした。

「ありがとう、くるみさん。また今度、その時は電波でお会いしましょうね」

そうして林檎は背中を向けると、靴音を鳴らしながら去っていった。
その小さな姿も、やがて人の中に紛れ込んでいく。




「…あの人は、いい大人だったなぁ」「できれば『ボク』の時に会いたかったかも」
「うーん、でも『ラジオ』でお店を宣伝させてもらうのはいいアイディアかな?」
「でもでも、目立ち過ぎるとボクは働けなくなっちゃうしなぁ」

誰もいない所でセミロングのウィッグを外し、『少年』に戻った少女は一人呟く。
自分が歩いてきた道を振り返り、あの優しいラジオパーソナリティの人を思い出していた。
はぁ、とため息を吐くと、ウィッグをかぶり直し、『少女』へとなった少年は、己の戦場である夜の街へと歩いていく。

974 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/12(日) 21:36:59
商店街の中にある、スポーツ用品店。そこから買い物袋を手にした一人の少年が出てきた。
竹刀の手入れ用品を買い足した彼は、そのままの足で和菓子屋さんへと向かう。
今日は何を買って行こうか、そんな事を考えながら、時折反対側の歩行者へチラリと視線を送る。
何の変哲もない、平和な通りだ。そうあるべきな、望み通りの光景だ。

「・・・・・」

考え事をしながら、横を見て歩く少年は前方に注意を向けていない。誰かにぶつかってしまうかもしれない。

975 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/13(月) 18:53:06
>>974
>誰かにぶつかってしまうかもしれない。

どん! ばらばらっ!
……案の定、誰かとぶつかってしまった。同時に、なにかが散らばる音が響く。

「おっと、ごめんよ」
ぶつかったのは、白黒の髪に黒の清月学園中等部制服、シャチのような風貌をした少年だ。
身長178cmの鉄よりいくらか低い(172cm)が、がっしりとした体格をしている。

「すまねぇ、よそ見してた。どっか汚れなかったか?」
地面には『携行補給食』の『スポーツ羊羹』が散らばっている。

976 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/13(月) 20:17:10
>>975

「ッ?!」

「いや、申し訳ない。こちらこそ、ぼうっとしていて…」

ぶつかってまず思ったのは、しっかりとした体幹だ。何らかのスポーツをやっているのだろうか。
制服からすると中学生らしいが、かなり恵まれた体格をしている。
筋肉量次第では、こちらよりウェイトは上かもしれない。

「こちらは大丈夫だ。拾う手伝いをさせてくれ」

頭を下げ、彼が床に落としてしまったものを拾おうとする。
その内の一つを手に取ったところで、思わずしげしげと眺めてしまった。

「これは…?『羊羹』か?」

977 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/13(月) 20:59:42
>>976
「いやいや、こちらこそすまない。」(ペコォー
少年は頭を下げる。

「拾わせちゃって更にすまない。助かる。」
落ちた『羊羹』を自らも拾う。

「ああ、『羊羹』さ。
『男が和菓子なんて!』と思うかもしれないが、コイツは『スポーツ羊羹』ってヤツだ。
小サイズで高カロリーだから、競技中の栄養補給にピッタリなのさ。
まぁ、競技抜きにしても好きなんだけどな。」
喋りながらヒョイヒョイと拾っていく。

978 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/13(月) 21:09:55
>>977

『ピクッ』

「このサイズで、高カロリー…?しかも、『羊羹』で?」

何という高機能食品だろう。携帯しやすいサイズでありながら、手軽にエネルギーを補給できる。
しかも、美味しい和菓子の羊羹で。
自分も拾えるだけ集めて、二人で一通り拾った所でわ改めて少年へと向き直る。

「すまないが君、この羊羹はどちらで売っているんだ?」
「ああ、申し遅れた。俺は高等部二年生、鉄 夕立(くろがね ゆうだち)だ」
「『剣道部』に所属している」

979 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/14(火) 05:35:17
>>978
「拾ってくれて、ありがとうさん」
拾ってもらった羊羹を受け取る。

「んん?『スポーツ羊羹』に興味あるのかい?
すぐそこの和菓子屋で売ってるが……一緒に行ってみるかい?」
聞いてみる。

「ご紹介ありがとう、先輩だったのか。
俺は清月学園の中等部3年、石動織夏(いするぎおるか)だ。」
「『水泳部』に所属している。」

980 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/14(火) 16:45:46
>>979

「是非、頼みたい」
「それと…『和菓子』を好きな男がいても、何らおかしくはないさ」
「美味しいものを好きな気持ちに、男女は関係ないのだから」

自己擁護も含めつつ、彼の提案に頷く。自分も『洋菓子』より『和菓子』の方が好きだ。
総じて甘いものが好きな方だ。その点に関して、男なのに、と誰かに言われようとも嗜好に関しては仕方あるまい。

「織夏(おるか)、いい名前だ」
「しかし『水泳部』か…何かスポーツをやっているのでは、と思っていたが、
 それなら納得だ。良い鍛え方をしているな、石動くんは」

自分も勿論鍛錬は怠ってはいないが、剣道部の中ではやや細い方になる。
肉が付きづらい体質なので、剣筋は力で押すよりも速さで攻めるタイプだ。

981 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/14(火) 18:37:39
>>980
「おう!喜んで案内するぜ!
 和菓子好きが増えるのはいいことだからな!」
案内するように、てくてくと歩いていく。

「鉄さんは剣道部か。なるほど『らしい』や。
 水泳は冷えるし、鍛えなきゃ泳げないからな、適切な食事が必須なのさ。」

「しかし、『くろがね』ってことは『鉄』って字か。
 『いするぎ』が『石動』って字だから、アレだな。
 お互い『鉱物』に関する名字ってワケだ。アイアンとストーンだな。」
軽口を叩く。

「……さて、着いたぞ。」
そんなこんなで和菓子屋さんの前に着いた。『御菓子司 鈴○』 と書いてある。

※和菓子屋さん役のNPCはこちらが演じる、ということでいいでしょうか?

982 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/14(火) 19:14:52
>>981

「確かに、冷える環境というのはそれだけでカロリーを消費する」
「他のスポーツよりも、その点に関してより気を付けなければならないのか。
 …しかし、『水泳』は周囲の環境に影響される所が多くて大変だな」

冬場などは、やはりそのまま泳ぐことは難しく、陸上部のように身体を鍛える事もあるのだとか。
温水プールなどが近くにあれば、練習場所としてはいいのだろうが、他の利用者との兼ね合いもあるのだろう。
…いや、『清月学園』にはひょっとしてあるのか?あの学園は大きい、自分の知らない施設があってもおかしくない。

「ふむ、着眼点が素晴らしい。気がつかなかったな」
「鉱物として同じ、好物の同じコンビとしてキミとは仲良くしたいものだ」

石動くんの言葉に、小さく微笑む。
肉体も素晴らしいものを持っているが、機転も効くタイプのようだ。

「ここにも『和菓子屋』が。気がつかなかったな」「『場所』をしっかり覚えておかなくては」


※ありがとうございます、よろしくお願いします。

983 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/14(火) 19:56:22
>>982
石動「……褒めすぎだ。照れるぜ。」
鉄の言葉に石動が照れた。

石動「和菓子屋さーん、また来たぜ〜。」

ガラガラガラ……と戸を開けて、店に入る。

京風の和菓子屋だ。バイトの女の子が店番をしている。

和菓子屋のバイトさん「あら、石動さん、いらっしゃい。さっきも来た所ですのにどうしました。」

石動「新しいお客さん連れてきたんだ。ちょっと店内見せてよ。」

店内には……

・七味せんべい
・葛饅頭
・若鮎
・羊羹

……などが並んでいる。

984 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/14(火) 20:23:24
>>983

「こんにちは」
「石動くんの友人の、鉄です。お邪魔させて頂きます」

店員さんへと一礼をする。
成る程、顔を覚えられる程に石動くんはこの『和菓子屋』を訪れているようだ。
そんな事をするつもりは毛頭ないが、万に一つも失礼がないようにしよう。
陳列されている『商品』を眺めていく。

「『若あゆ』…珍しいな」「確か元々は京都の方で作られた和菓子だとか」

この『若あゆ』と、石動くん愛用の『スポーツ羊羹』は2つずつ買っておこう。
何故2つかと言うと、羊羹はともかく、若あゆを1人だけで食べていると妹に見つかった時に怒られるからだ。
後は『団子』、それと『安倍川餅』あるいは『信玄餅』があったら買っておこう。やはり2つ。

「…そういえば、あるいは既に知っているかもしれないが」
「石動くんと同じ学年に、妹がいるんだ。鉄 朝陽(くろがね あさひ)と言う」
「もし何か関わる機会があれば、よろしく頼む」

石動くんの方を見て、言う。

985 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/14(火) 20:53:20
>>984
和菓子屋のバイトさん「鉄さんですね。よろしくお願いしますー。」

和菓子屋のバイトさん「石動さんは部活の帰りによく寄られるので覚えちゃったんですよー。」

和菓子屋のバイトさん「はいはい、若鮎とスポーツ羊羹ですねー。」

和菓子屋のバイトさん「あと、『お団子』と『安倍川餅』もー。」

和菓子屋のバイトさん「全部おふたつですね。」
てきぱきと包んでいく。

和菓子屋のバイトさん「税込1600円になりますー。」
商品8つで、お値段は1600円。そこそこ安い方にあたるのだろうか。

石動「おっと、妹さんがいるのかい。実は俺のとこにも喧しい妹がいるんだが……。」

石動「おう。関わる機会があったらよろしくされるぜ。」
よろしくされた。

986 鉄 夕立『シヴァルリー』 :2020/04/14(火) 20:59:56
>>985

「ありがとうございます」

財布からお金を出して、無事購入を済ませる。買い物袋が二つになった。
家に帰って、味を確かめるのが待ち遠しい。『スポーツ羊羹』は部活動の時に持っていくとしよう。

「そうか、キミも兄だったのか」「やはり共通点が多いみたいだ」
「それで妹さんは、どんな子なんだ?石動くんと同じ『水泳部』なのか?」

お店を出ながら、訊ねる。

987 石動 織夏『パイオニアーズ・オーバーC』 :2020/04/14(火) 21:30:01
>>986
和菓子屋のバイトさん「毎度ありがとうございますー。」

ちりんちりーん……お店を出た。

石動「妹かい、玲緒(れお)って言うんだが、変わっててさ。」

石動「カンフーが大好きなんだが、色んな部活動を転々としてるから、さながら『応援部員』って感じだなぁ。」

石動「まぁ、うちの家族は変わり者が多いから、なんとも言えねぇや。」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板