したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

81 名無しは星を見ていたい :2016/04/03(日) 02:56:57
『名前』:雨村 白雪(あめむら・しらゆき)
『性別』:男
『ユ メ』:アタシはとあるお城のお姫さま。
      小さな城で、住んでいるのもむさっ苦しいオッサンばっかりなんだけど、みんなアタシのことを慕ってくれてるのよね。
      いかにも田舎のお姫さまって感じだけど、幸せな暮らしなの。
      それである日、アタシが城の近くの森で狩りをしていると(ほら、アタシってば『おてんば』だから)、素敵な森の狩人と出会うのよ!
      甘いマスクにたくましい身体、神がかった弓の腕前、鮮やかなナイフ捌き……ああ、何度思い出してもクラクラするわぁ〜。
      きっと二人の出会いは運命だったのね。
      一緒にウサギを追い、イノシシを狩って……そうして恋に落ちた二人は、結婚して幸せに暮らすのよ。
      ずっとずっと、病める時も健やかなる時も、平和な時も戦争の時もずっと一緒で、しわくちゃになっても、愛してるって言いながら、二人は眠るように息を引き取るの……
      …………で、息を引き取ったと思ったら目が覚めたわ。
      もう一回見れないかしら、この夢……
『イ マ』:清月学園に通う男子高校生。18歳。
      いわゆる『オネエ』。
      『男の体で生まれてる時点でケチついてるのに、これで性格まで暗かったらもうどうしようもない』と言って陽気に振る舞う。
      運命の人を探し求めているが、それについてはなんというかお察し。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板