したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

69 『ファム・ファタール』 :2016/03/24(木) 00:55:18
>>68
両腕の『関節部』を『球体』と化した人型スタンド。
『球体』が命中した物体に『モーションキャプチャー』を設置し、
『一動作』に限定し、『スピード』と『精密動作性』を『再分配』する。

『再分配』のトリガーは『ザ・ハイヤー』の『腕』が動いた時である。

『ザ・ハイヤー』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:C 成長性:B
-------------------------------------【能力詳細】-------------------------------------
【ヴィジョンについて/『球体』について】
・『ダメージフィードバック』を共有し、『視聴覚』を共有しない。
・『両肩』、『両肘』、『両手首』は『ピンポン球』サイズの『ボール』となっている。
・これ自体に『優位性』は存在せず、普通のヴィジョンと『機能』は変わらない。
・本体の任意で『射出』することが出来るが、『破壊力』は存在しない。
・『ザ・ハイヤー』の『腕』を『銃筒』、『掌』や『拳』を『銃口』に見立て、
 発射された『球体』は『腕』の内部を『透過』しながら『直進』する。
・命中した『球体』は数十個の『ビー玉』大の球体に『分裂』し、
 対象に『モーションキャプチャー』のようにまとわりつく。
・『球群』の設置された対象は指定した『変動率』に応じ、
 動作中の『スピード』と『精密動作性』を『再分配』される。
・発射時の性質上、『掌』や『拳』で接触中の物体であれば、
 どれだけ『精密動作性』が低くても確実に『命中』する。
・『球体』の『射程距離』、『能力射程』は『20m』。
 『持続時間』は『30秒』。『最大個数』は『6個』。

【『変動率』について】
・『ザ・ハイヤー』と『球体』はその『スピード』と『精密動作性』を、
 任意に『変動』させることが出来、その度合いを『変動率』と称する。
・『スピード』か『精密動作性』の一方を『上昇』させれば、一方が『下降』する。
 例えば『スピード:B』に『変動』した場合、『精密動作性:D』に『変動』する。
・『ザ・ハイヤー』自身の『変動』は『動作』ごとであり、
 動作中のレスに『変動率』の指定がない場合、『変動』は起きない。
 その場合のステータスは『スピード:C』、『精密動作性:C』となる。
・『変動』は『動作』の終了や『中断』するまで『継続』する。
・『スピード』の『変動中』であれば『跳躍力』にも変化が起こる。
・『球体』の『スピード』は同じステータスでの『投擲』と同じ扱いとする。
 『スピード:D』はサッカーの『スローイン』程度。『スピード:E』は『シャボン玉』程度。
・『精密動作性:A』となった『球体』は『ホーミング能力』を持ち、対象を『追い続ける』。
 この特性は『再分配』によって『精密動作性:A』となった『投擲物』にも適用される。

【『再分配』について】
・『再分配』のトリガーは『ザ・ハイヤー』の『腕』を動かした時である。
・『再分配』を行わずに『腕』のみを動作させることも可能である。
・『球体』の存在した『腕』の動作のみが対象である。
 『右肘』の球体が設置された場合、『左腕』の動作では『再分配』は起きない。
・『腕』の動作が『開始』した瞬間に『再分配』が行われ、
 『腕』の動作が『終了』した瞬間に『再分配』は解除される。
・また、対象の『動作』が『終了』した際も『最分配』は解除される。
・『再分配』の『変動率』は『ザ・ハイヤー』の『動作』の『変動率』と同じである。
・『ザ・ハイヤー』の『動作』が『スピード:E』、『精密動作性:A』ならば、
 『再分配』の『変動率』は『スピードの二段階上昇』、『精密動作性の二段階下降』となる。
・ステータスは『E』を下回ることはなく、『A』を上回ることはない。
・あくまでも『動作』の『変動率』に左右され、『球体』の『変動率』は無関係である。
・『重力』に従うだけの『自由落下』や、『狙い』を必要としない『ポイ捨て』など、
 明確な『意思』の存在しない『動作』であれば、『精密動作性』の『変動』は起きない。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板