したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

68 『ファム・ファタール』 :2016/03/24(木) 00:53:56
>>65
スタンドの名は『ザ・ハイヤー』。
使用人らしい『ベスト』を着こなしたヴィジョンですが……
注目すべきは剥き出しの『腕』に宿った『6つ』の『球体』でしょう。
『両肩』、『両肘』、『両手首』に嵌めこまれた『球体』は、
貴方の望むタイミングで『射出』され、……一直線に対象へ向かいます。

そして、『ザ・ハイヤー』の特性に触れる必要がありますね……。
このヴィジョンの『スピード』、『精密動作性』は『動作』の毎に、
貴方の望むがままに『変動』させることが出来るのです。
即ち、『ゆっくり』と動けば支障なく『ジェンガ』を解体出来る『器用さ』を、
獣のように両腕を振り回せば、――――暴風のような『手数』を得られます。
この特性は『球体』の射出にも適用され、『速度』さえ絞れるのなら、
『金網』の『目』や壁の『穴』さえ通り抜けてしまうでしょう……。

何にせよ、『球体』の命中した対象には『分裂』した『球体』が纏わり付き、
その姿はさながら、……『モーションキャプチャー』のようですね。
最も、その『真意』は真逆です。……『球群』の設置された対象は、
『ザ・ハイヤー』の『腕』による『動作』が起きた瞬間、
その『動作』と共に『スピード』と『精密動作性』を『再分配』されるのです。

『ザ・ハイヤー』が『最速』で拳を突き出せば、
『マラソンランナー』は『超特急』に匹敵する『ランニングスピード』となりますが、
その代わりに『泥酔』でもしたかのように、僅かにも蹴躓けば簡単に『転倒』するでしょう。
そして、『ゆっくり』と拳を振り回したのならば、
『ピッチャー』の暴投さえ『遠隔操作』されたかのように、『ミット』の中に収まるでしょう。
『モーションキャプチャー』は『動作』をそのままトレースするものですが、
『球群』はさながら『養成ギブス』のように、『ザ・ハイヤー』の動作を『強制』するのです。

『巧遅』にして『拙速』、……残念ながら『両立』こそ適いませんが、

                               ハイヤー
そのどちらも『発揮』出来る貴方はまさに、最高の『使用人』でしょう。

『ザ・ハイヤー』
破壊力:B スピード:C 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:C 成長性:B


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板