したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

37 『ファム・ファタール』 :2016/02/06(土) 22:52:05
>>36
本体の手にする『手錠』と一体化して『発現』するヴィジョン。
自在に『伸縮』する『手錠』は『鏡面』を通じて『魂の牢獄』へ繋がり、
『幽閉』された『死刑囚』を引きずり出し、ヴィジョンとして『使役』する能力。
また、両手に手錠を掛けた『犯罪者』は『鏡面』を通じ、『魂の牢獄』へ『幽閉』される。

『カサビアン』
破壊力:B スピード:C 射程距離:C(7m)
持続力:B 精密動作性:D 成長性:A

『死刑囚』
破壊力:C スピード:C 射程距離:E
持続力:C 精密動作性:C 成長性:完成
-----------------------------------【能力詳細】------------------------------
【ヴィジョンについて/『鏡面』について】
・『刑事』である本体の所持する『手錠』と一体化して『発現』する。
・発現出来る『手錠』は『一つ』のみ。能力射程は『7m』。持続時間は『6時間』。
・一体化した『手錠』は強化され、『破壊力:A』であっても引き千切るのは困難。
・手にしている間は『投げ縄』のように『操作』出来る。『輪』の開閉も可能。
・ジグザグを描く等、『物理的』に不可能な『軌道』は描けない。
・『操作』中は『スピード:C』で『伸縮』し、最大で『7m』まで伸びる。
・『破壊力:B』は『手錠』を引っ張るパワーであり、『手錠』自体の『破壊力』ではない。
・『手錠』の末端は『鏡面』に侵入し、『魂の牢獄』に接続される。
・本体が『片手首』に『手錠』を嵌め、引っ張ることで『死刑囚』を『鏡面』から引きずり出せる。

【『死刑囚』について】
・既に『刑』を執行された『死刑囚』が対象となる。
・『処刑』されてから『40年以内』の『死刑囚』は対象外。
・あくまでも『処刑』であり、『現行犯』での『射殺』などは対象外となる。
・『死刑囚』を指定せず、特殊な能力を持たない『亡者』を召喚することは可能。
・『死刑囚』は『ダメージフィードバック』を共有しない『スタンドヴィジョン』。
・『死刑囚』とは『手錠』を介して繋がっており、これを断たれると『強制解除』となる。
・繋がった『手錠』は『引きずり出し』が完了した時点で、『スタンド物質』に変化する。
・『死刑囚』の『プライバシー』を保護する為に『戯画調』化したヴィジュアルを持つ。
・犯罪者として『全盛期』の肉体を持ち、生前の『技術』を有する。
・但し、生前に使用した『凶器』の類は持たず、持ち物は『囚人服』のみ。
・『死刑囚』の犯した『犯行手口』については『運命的』な加護を受けており、
 特別な『外的要因』がなければ『100%』成功するモノとする。
・『犯行手口』については『人』の域を出るモノではない。
・一度引きずりだした『死刑囚』は『成仏』し、二度と『呼び出せない』。
・また、既に『成仏』した『死刑囚』を引きずり出すことは出来ない。

【『幽閉』について】
・両手に『手錠』を掛けた対象は『鏡面』を通じて『魂の牢獄』に幽閉される。
・『魂』を支配されている為、『スタンド』の発現も不可能である。
・『牢獄』には『食料』も『娯楽』も存在せず、あるのは同居する『死刑囚』のみ。
・『死刑囚』は『新入り』への『イジメ』や『シゴキ』を行う等、その環境は『劣悪』。
・一応、『男女』に分けられており、『飢え』や『乾き』で『死ぬ』ことはない。
・『死刑囚』でなければ『1日〜3ヶ月』で『釈放』となる。
・『釈放』された場合、本体に最も馴染みのある『鏡面』から飛び出す形となる。
・『刑期』は『罪』の重さで変動し、『食い逃げ』程度なら『1週間』ほど。
・『死刑』に相当する『罪』を犯していれば、『終身刑』となる。
・『幽閉』されている『犯罪者』を引きずり出し、『ヴィジョン』として使役出来る。
・この『ヴィジョン』の受けた『ダメージ』は蓄積され、『完全破壊』されれば『死亡』となる。
・『犯罪者』に目覚めた『スタンド』を扱うことも可能だが、完全に『理解』出来るわけではない。
・『幽閉』された『犯罪者』は『成仏』しないが、負った『ダメージ』を回復する方法はない。
・本体の意思によって、幽閉中の『犯罪者』を『釈放』することは可能である。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板