したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

166名無しは星を見ていたい:2021/06/19(土) 16:31:09
『名前』:哀原 灰(あいばら はい)
『性別』:女性
『ユ メ』:色鮮やかな桜や紅葉が舞い散っている。
     黄色い向日葵が眩い太陽に向かって、力強く咲き誇っている。
     白く美しい雪が、ちらちらと降っている。
     その中心にいる、自分だけが浮いている。色褪せた自分だけが。
     自分には、あれらのような美しい物に触れる事すら出来ない。
     切ない、もやもやする。だがどうすればいいか分からない。
     この思いはどうすれば良い?
『イ マ』:ちょっと変わったバイトをやってる大学生
     感情が薄いと思われているが、感情の発露が下手なだけで感受性は豊な方だ。
     本当は仄という名前になるはずだったが、手違いで灰になってしまった。
     返事をする時「はい」と答えるが、名前の「はい」とかけたダジャレではなく
     よくそれをからかわれて不快な思いをしている。
     今は将来への夢も希望も無いが、特に困った事は無い。
     うろ覚えだが、昔どこかで聞いた「花には夢は無いが、それでも花咲くし、花は枯れる」
     という言葉の深く感銘を受けている。
     ただ、夢を持てない事に一抹の寂しさを感じてはいる


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板