したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

15 『ファム・ファタール』 :2016/01/28(木) 00:55:26
>>14
【『水恐症』/『痙攣』について】
・『人狼』は『水』に対して並々ならぬ『恐怖』を覚える。
・これは『人間』であれば『硫酸』等の『劇物』に感じるモノに等しい。
・それは『水』を浴びてはならないという『禁忌』からであり、
 『水場』に近づくのは勿論のこと、『湿気』さえも警戒する。
・あくまでも視認した『水』や『水音』に対しての『恐怖』であり、
 『嗅覚』や『第六感』などで『水』を察知する特性を有してはいない。
・何らかの対策を講じ、『水』を浴びないという絶対の『確信』や、
 浴びても構わない『覚悟』がなければ、この『本能』に逆らうことは難しい。
・他の成分が混じっていても『無臭』かつ『透明』であれば『水』と扱い、
 以上より逸脱した『化粧水』や『石鹸水』、『汚水』などは『水』とは扱わない。
・その『毛皮』に『水』を浴びた人狼は、その部位に『痙攣』を引き起こす。
・『痙攣』は『12〜3秒』ほど続き、『電気』を流されたような『ショック』が起こる。
 その部位の『パワー、スピード、精密動作性』が『一段階』低下する。
・肉体の『半分以上』が水に浸かれば『全身痙攣』を引き起こし、
 激しい『ショック』によって『12〜3秒』は身動きが取れなくなる。
・『部位痙攣』に『DF』は起きず、『全身痙攣』中はスタンドの操作は不可能。
 但し、ヴィジョンの『解除』はされず、スタンド能力も『維持』される。
・『12〜3秒』の間に『水』を浴びた『毛皮』は乾き、元の運動能力を取り戻す。

【人狼への『銃撃』/『解除』について】
・『人狼化』は本体の意思で『解除』することは出来ない。
・『任意解除』の不可能性や『能力射程』と『持続時間』を『人狼』は理解している。
・『人狼』は『銃撃』に対し、本能的な『警戒心』を抱いている。
 (原作四部での『ザ・ハンド』に対する仗助の『警戒心』と同様のモノ)
・『銃撃』は『人狼』に対し、『毛皮』を貫いて『破壊力:A』相当の『衝撃』を与える。
・巨大な『ハンマー』を振り落としたように、手足なら砕け、頭部なら一撃で『失神』する。
・他の生物や無生物、『スタンドヴィジョン』に対しては通常の『銃撃』となる。
・『銃撃』を浴びた『人狼』は『人間』に戻るが、次の『銃声』を聞けば再び『人狼化』する。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板