したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

117 『ファム・ファタール』 :2020/07/03(金) 22:46:15
>>116
『声』は遠く、決して響かず――――

118 名無しは星を見ていたい :2020/09/12(土) 02:52:14
『名前』:空井 意依理(うつい いえり)
『性別』:女性
『ユ メ』:鬱蒼と茂る森の中に、月の見える丸い広場がある。そこで動物たちが踊っている。
      童話のような光景に混ざろうと近寄ると、どうも、どの動物も体の奥から機械の音がする。
      それにはきっと何の罪もないのに無性に腹が立って、暴れ回って全部を壊すと、
      今度は木々の中からも音が聞こえる。きっと最後には、あの月からも聞こえるのだろう。
      こんなことなら近付かなければなかったと途方に暮れたところで、目が覚める。

『イ マ』:清月学園大学部の文系学部に所属。
      アッパー系の不思議ちゃん、として見られる傾向にあるが、内心は厭世的。
      ファンタジー系の創作を好み、SNSなどでそうしたコミュニティに属するが、
      そこでも『コネ』や『カネ』と不可避である事を、理解し適応しつつも厭う心情が強い。

119 『ファム・ファタール』 :2020/09/22(火) 21:40:33
>>118
この身が『虚』にあるからかも知れませんが、
『空想』が現実を侵食し、……そして、『現実』に動かされること、
それに憂いを覚える貴方の気持ち、少しだけ理解できます……。

スタンドの名は『ソラリス』。
旅人のように纏われた『マント』に隠し持つのは『小瓶』、
――――それが湛えるのは、『エーテル』と呼ばれる『秘薬』。

かつてはアリストテレスが『天体』を構成する物質と提唱し、
後々、物理学の台頭によって『光』を媒介する物質として称され、
そのどちらも『否定』された、……今となっては空想の産物でしかありません。

『小瓶』から零れた『エーテル』は揮発し、それを『スクリーン』にするかのように、
『エーテル』が生み出すのは『幻』、……触れることは敵いません。
しかし、その精度は本物と『瓜二つ』。見破ることは出来ないでしょう――――

但し、『幻』を生み出すには強い『イメージ』を必要とします。
存在と矛盾するようですが、『空想の産物』を生み出すことは出来ません……。
貴方の『視界』に映ったモノのみを、エーテルは『幻』として映し出す。

そして、『ソラリス』はその『幻』に本物のように『干渉』できる。
『本』の幻を紐解けば、貴方が見たことのない本であっても、
その内容を把握できる。なにぜ、本物と『瓜二つ』ですからね……。

この能力は『エーテル』を浴びた物体であっても、同様ではありますが、
強い『揮発性』を有する『エーテル』は、乾くまでに時間を要しません……。
貴方がいかなる『武器』を生み出したとしても、仕留めるまでの時間は、
多くは残されていないでしょう。それだけは、どうぞお気を付けください。

その『空想』は『小瓶』に収まるモノではないのでしょう。
――――『イメージ』さえ出来れば、あるいは『視認』でなくとも……。

『ソラリス』
破壊力:C スピード:A 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:C 成長性:A

120 『ファム・ファタール』 :2020/09/22(火) 21:43:35
>>119
ヴィジョンの羽織る『マント』から『エーテル』を生み出す。

揮発した『エーテル』を媒介にし、『幻』を映し出す。
『幻』は『視界内』に収まる物体でなければならない。

『ソラリス』と『エーテル』を浴びた物体は、『幻』と『相互干渉』となる。

『ソラリス』
破壊力:C スピード:A 射程距離:E
持続力:D 精密動作性:C 成長性:A

【ヴィジョンについて/『エーテル』について】
・旅人めいた『マント』を羽織った人型のヴィジョン。
・『視聴覚』を共有せず、ダメージフィードバックを共有する。
・『マント』は薄手の布と同等。ダメージフィードバックはない。
・『マント』の内側から『小瓶』に入った『エーテル』を発現する。
・『小瓶』は栓を含めて、全て『ガラス』製。栄養ドリンク程度の大きさ。
・『小瓶』はスタンド物質。『破壊力:D』の全力で破壊可能。
・『エーテル』の最大発現数は『5個』。射程距離は『20m』。
・『エーテル』は無色透明。常温。極僅かな『刺激臭』。
・強い『揮発性』を有し、『小瓶』の口を開ければ、『3分』で揮発する。
・『エーテル』が全て『揮発』した時点で、『小瓶』もまた解除される。
・『エーテル』が掛かっただけでは、『スタンド』に干渉可能とはならない。
 ※『エーテル』の掛かった物体を投げても、スタンドを『透過』する。
・揮発した『エーテル』は本体のイメージした『幻』を映し出す。

【『幻』の投影について】
・揮発した『エーテル』を媒介にし、『幻』を映し出す。
・『幻』は元となった物体の『全体像』となって映る。
・『幻』はホログラムのように『視覚情報』のみを有する。
・『幻』を映し出すには『2〜3秒』の間、物体を『視認』する必要がある。
・『幻』のクオリティは『実物』と同じ。
・『幻』は一般人にも見え、鏡やビデオカメラにも映る。
・『幻』を映し出せるのは『小瓶』から『半径1m』の範囲。
・『幻』を投影していない『エーテル』を並べ、射程距離の『拡張』が可能。
・『半径1m』であれば『精密動作性:B』で投影する位置を調整できる。
・映し出せる『幻』は本体の『頭部』と同じくらいの大きさまで。
・映し出せる『幻』は本体の『視界内』にある物体のみとなる。
・物体の『半分』でも視認が出来ていれば、『幻』の投影が可能。
・『写真』を視認して被写体の『幻』を投影するのは不可能。『写真』の幻は可能。
・『幻』を投影後、物体が『視界』から外れても『幻』を維持できる。
・『エーテル』に映し出せる『幻』は『1つ』のみ。
・『エーテル』を解除しなければ『幻』を解除できない。
・『ソラリス』は『幻』に干渉できるが、『エーテル』を浴びた物体もまた、
 『幻』と相互に『干渉』できる。

【『幻』への干渉について】
・『エーテル』を浴びた物体は『幻』に実体があるように干渉できる。
・この場合、『幻』は元となった物体と同じ質量、質感、機能を有する。
・『エーテル』を浴びていれば、『スタンド』に対しても『幻』の干渉は可能。
・『幻』を解除した後も、『幻』による『結果』は残り続ける。
・干渉の結果、『エーテル』が『小瓶』から『1m』以上離れれば『解除』される。
・一部分でも『エーテル』を浴びれば、物体全体が能力対象となる。
・『エーテル』の揮発性は強く、一滴程度では即座に乾き、能力が解除される。
・『エーテル』の一瓶程度であっても、能力の持続は『1分』が限界である。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板