したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【供】『豊饒の夜』

107 『ファム・ファタール』 :2020/07/03(金) 00:01:22
>>106
【害意の『粉砕』について】
・『害意』の砕けた『凶器』を、本体やヴィジョンへの『攻撃』に使用することは出来ない。
・持ち主は『役目』が済んだかように『捨てて』しまい、『害意』を目的には拾えない。
・害意の『粉砕』に持ち主の『違和感』は生じず、ごく自然なこととして行われる。
・スタンド能力に気付いた場合であっても、『凶器』を拾う行為に強い『抵抗感』を覚える。
・『抵抗感』に抗って『凶器』を拾った場合、『凶器』と接触した部位を通じ、
 肉体の『内側』をズダズダに裂くように、『スピード:A』で『結晶』が増殖する。
・『蹴る』、『吹っ飛ばす』場合、『結晶』は地面へと根を張り、『凶器』の移動そのものを防ぐ。
・『弓矢』や『銃器』などの『間接攻撃』の場合、『矢』や『銃弾』にのみ効果がある。
・スタンドや『肉体』そのものを『凶器』とした時、その部位自体が『攻撃』に使えなくなる。
 『抵抗』する場合、『肉体』の内側を裂くように『スピード:A』で『結晶』が増殖する。
・あくまでも『粉砕』するのは本体への『害意』のため、他の『感情』を以ての『攻撃』は可能。
 例えば己を高める為の『闘争心』、任務の完遂を第一とする『責任感』、
 攻撃から身を護る『防衛本能』、本体の為を思って『拳』を振るう『善意』など。
・粉砕された『害意』が復活するには、『六時間』のインターバルが必要になる。
・『粉砕』された『結晶』の破片は、『凶器』から『2m以内』でバラバラに散らばる。
・この『破片』は脆く、ヴィジョンで拾おうとすれば風化するかのように『霧散』する。
・本体が『結晶』に触れることで、振るわれた『凶器』そのものを『再発現』できる。

【『結晶』の再発現について】
・『粉砕』された『結晶』が再構成され、『結晶』で象られた『凶器』を再発現できる。
・再構成は『破壊力:B、スピード:B』で行われるが、障害物を『迂回』する。
・『凶器』は『結晶』による『強化』を受けた『形状』となって再発現される。
 よって、本体が振るう場合は『破壊力:B』となる。
・ヴィジョンの精密動作性では『握り潰して』しまい、『凶器』を持つことは出来ない。
・再発現した『凶器』は『破壊力:B』の一撃で『粉砕』される。凶器自体の『破壊力』も含む。
・射程距離は『5m』。持続時間は『5分』。一度に発現できるのは『2つ』まで。
・『解除』、『粉砕』された場合、『破片』は散らばらずに『霧散』する。即ち、『再々発現』は不可。
・肉体の『凶器』から発現した『結晶』の場合、本体自身の『部位』に『結晶』が張り付く。
・その際の破壊力、スピード、精密動作性は『凶器』となった肉体のものに等しい。
・スタンド能力は『再現』せず、上記のステータスと形状のみを模倣する。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板