したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

劇団薫アンチ(兼巴信者)の被害分析・検討スレ

48 47 :2012/09/16(日) 14:41:37 ID:???
・星霜編は公式作品

アニメ公式HPで星霜編はアニメオリジナルストーリーと記載されている
オリジナルとなってるだけあって原作とは違う箇所が多くある
例:星霜編の縁は原作と違い殺人を犯していない

星霜編特別版監督インタビューより一部抜粋

「原作では縁も保護者を殺した殺人犯ですが、それでは縁の言い分がどれだけ正しくとも、同じ穴のムジナになってしまい、
剣心が犯した罪を糾弾する際に決め手に欠けてしまいます。
故に、『星霜編』の縁は殺人を犯してはいません。
だからこそ剣心は、土下座して詫びる以外術がなく、自身の所業の最大の被害者であり、身内でもある縁の不幸を何としても
救わねばならない立場にあるのです」

その他の違いは実際に星霜編を見ることをおすすめします。また下記のインタビューではこのような事が語られてる

DVD-BOX全集剣心伝 物語之書星霜編監督インタビューより一部抜粋

「重複して意味のないものに見えますが、TVや原作の延長線上ではこの結末(星霜編)は絶対になく
少年漫画としてもないわけで…。つまり「追憶編」と「星霜編」はその二つで独立しているから。
他のものと繋がっていないって事なんです。OVAはそれ自体だけで完結しているものなんです」

「剣心が病気をうつすのも、今生の別れで薫の最後のお願いだから。でも原作の剣心ならしないでしょうね」

・星霜編は和月公認

下記のインタビューで作者はこう語っている
これによると作者と監督のるろうに剣心の結末に関しては意見が違う事がわかるが
後は我々読者の判断に任せるらしい

星霜編特別版の和月インタビュー

「剣心と薫の最期の時までをしっかりと描ききったこの星霜編を観て
ショックを受けたファンの方も少なからずいると思います。
自分も初めて観た時はそこまで描いたか。これは容赦なしだなと正直思いました。
このテーマを貫くならば゙死"と言う結末は避けられない。
けれどエンターテイメントの基本はやっぱり゙笑顔"でハッピーエンド
古橋監督は前者を取り和月は後者を取った。これはそういう事だと思います。
ですからファンの方は自分の好きな方のエンディングを取っていただいて構いません。
作品のテーマとなる根の部分は一つの幹に全く別の形をした二つの花が実を結んだというのもまた良し。
この花をしっかりと楽しんで頂けたならば和月は満足です」

また作者は特筆版で星霜編の事を言ってるわけではないが次の事を語っている

るろうに剣心特筆版フリートークから一部抜粋

「正直、和月はパラレルに関してあまり嫌な感覚はありません。
和月に言わせればアニメ化もゲーム化も小説化も実写映画化も含めてパラレルです。
パラレルは「もう一つの」、もしくは「あるいは別の」物語であってニセモノではありません
一つの作品をまた新たな形で楽しめる素敵な仕掛けと考えます
一つだけやってはいけないのがキャラクターの根幹を変えてしまうコトで、
これをやった場合、それはニセモノになります。ニセモノは駄目です
キャラクターが変わらず魅力的であればパラレルはOK」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板