したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

雑談・映画の話2

376 セラミー :2020/03/15(日) 00:34:32
『仮面病棟』に行ってきました。
『閉鎖病棟』とは「病棟」の文字以外に共通点はありません。 無関係。 別作品。
新型コロナのおかげなのかどうか、空いてて快適でした。
スマホ落とすやつのせいで、期待値やモチベーションをどのへんに持ってったものか微妙でした。
我が苦手な密室閉じ込められ系でしたが、おもしろさに助けられて無事に済んで良かったです。
まったく何が悲しくて映画館の大きなスクリーンで建物から出られなくなんかなんなきゃなんないんですかね。
D・フィンチャー『パニックルーム』は我が天敵Movieです。
お腹の傷がみんなおんなじ箇所なのは何かあるだろうと思ってたら何かありました。
たとえ至近距離からだろうが弾道がお腹をかすめるように撃たなきゃなんないなんて、
めちゃくちゃ高度で熟練した技術腕前が必要になりそうな気がする。
指摘しようと思えばおかしなところもあったと思うけど、
スマホ落とすやつのひどすぎたおかげで今回そのへんはそんなに気にならなかったです。
そういえば全編にわたってシリアスだったと言うか、
ATARUや屍人荘の木村ひさし監督はふざけた笑いに走らなくても今回ちゃんとした映画になってたなと思いました。
そういえば屍人荘も密室ものでしたが、その時は楽しみ過ぎてそれを気にするとこまで気が回らなかったんじゃないかな。
今作の主要出演者の坂口健太郎くんと永野芽郁ちゃんは安心して観てられました。
坂口くんは『そして、生きる』で私の中の評価が爆上がりストップ高です。
高嶋政伸さんは大河『天地人』のお父さん役が私の中では至高でした。 この人の奇人変人悪人役は好きになれない。
今作の続編なのか知らんけど『時限病棟』とか、原作者知念実希人さんの他の本も読んでみたくなりました。
どーせまた読んでみたくなっただけなんじゃねーの。 いーじゃん別に。
ていうか公開延期になっちゃった若草物語の原作読みたいよ。 映画のオビが巻いてあるよ。
永野芽郁ちゃんの今後の出演作を調べてみたら、
原田マハ著『キネマの神様』が山田洋次監督志村けん菅田将暉ダブル主演で12月に公開とのことで、
とりあえずさしあたって年末までは生きる希望の見通しが持てました。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板