したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ほのぼの本の森

1 しゃげキング ◆8x8z91r9YM :2010/02/07(日) 13:45:25
ここは本について語るスレです。
オススメ本の紹介・好きな本の一節の紹介・本にまつわる体験談など、何でもOK!
ただし漫画や雑誌はNG!
漫画や雑誌以上に、本は被りにくいから、話の世界観も広がるし、皆さんの人柄もよりわかると考えてます★
読書の森でほのぼの語りましょう★☆

337 クール ◆bCAfEOAV52 :2011/03/17(木) 00:41:49
さてさて、我も好きな作品でも紹介しましょうかね。

『ムシウタ』

―――“虫”。
希望や願望や欲望が飽和しやすく、時に彼らが生きる目的そのものともなる、さまざまな「夢」を抱いて生きる少年少女達。
その夢が自らの器から漏れ出すほど大きく、抑えきれなくなった時、いずこからか現れて夢を食らい様々な物を奪っていく代わりに、望みもしない強大な力を与える昆虫に似た超常の存在「虫」。
“虫”に寄生された者たちは「虫憑き」と呼ばれ、公には存在しないとされているにも拘らず、もはやその単語を知らない者はいない。目撃証言や虫憑きのものと思われる異常現象は年々増加し、噂の範疇から抜け出ていないにもかかわらず人々の間で差別と恐怖の対象になっていた。

それは、夢のために戦う少年少女たちの物語。
最高で最悪なボーイミーツガール。

わっしが好きな群像劇♪

現在既刊11巻。番外編8巻+1巻。

338 ACノワール ◆0B0naz3yqM :2011/03/18(金) 17:26:29
学生アリスシリーズ読み終わったら
作家アリスシリーズ読みたいなぁ(-。-)

それにしても双頭の悪魔長い…
1作目300ページ。2作目300ページ。3作目700ページ。
一体何があったのやら?
まぁ傑作学生アリスと呼ばれるだけあるような…

4作目の女王国は㊤㊦合わせて、850ページ…
ここまで来ると読むのがめんどいなぁ;

339 しゃげキング ◆8x8z91r9YM :2011/03/21(月) 17:20:20
村上春樹『海辺のカフカ』
実に遺憾ですが、ここに紹介( ̄∀ ̄;)

友人がこの小説に出てくる登場人物ナカタさんと、私を重ね合わせてしまうというので読んでみました。
村上春樹の代表作だけあって、飽きずに読めました。
随所でアリストテレスやヘーゲルやベルグソンの哲学を持ち出したりしつつ、
日本の古文から現代フランス映画まで多様な世界観を見せてくれます。
ただ、それらについては広く浅くといったところでしょうか。
むしろ、村上春樹自身の独特の世界観(現実と非現実の相関性のようなもの)が貫かれた作品かと思います。

ただ、この小説に出てくるナカタさんに似ていると言われるのは遺憾だ!(笑)
気になる方は一読ください( ̄∀ ̄)
友人Aから見ると、しゃげキングはナカタさん(猫と話せる60の爺さん)らしいです(笑)

340 ACノワール ◆0B0naz3yqM :2011/03/23(水) 11:15:46
●有栖川有栖『双頭の悪魔』☆

正直に言って、今までに読んだどの作品よりも面白かったです。
>>331で紹介したクイーンの『Yの悲劇』以上の読み応えと
国内作品ならではの読みやすさがあって、とても楽しめました。

3度にわたる「読者への挑戦状」。
最初に目次を見た時は、今までと違いしつこいと感じましたが
それそのものを覆すほどの幾つもの謎と、幾十もの罠が張り巡らされていました。
これには正直感動w

純粋なフーダニットという面でも、ハウダニット、ホワイダニットを含めても
個人的には『Yの悲劇』よりも深かったように感じますw
ロジックの奥深さ。関連付けられる謎。見事な推理のプロセス。
どれを取っても面白いと思いますw これはオススメ☆

…と言っても、これは3作目。
2作目『孤島パズル』を読まないと、冒頭部分は少々謎になるかも^^

341 あやめ ◆br5PVpRzE6 :2011/03/23(水) 16:34:31
>>331
繋がりはどうなんだろう?
何せX〜Zの悲劇は、結局まだ読んでないからね(^_^;)
最後だけ読むという‥w

>>339
海辺のカフカ、持ってますよ。
何回か読みましたけど‥面白いけど難しい(-ω-)
しゃげさんは、ナカタさんに似てるんですかぁ(笑)

342 しゃげキング ◆8x8z91r9YM :2011/03/24(木) 00:26:50
>>341
しゃげキングはウナギが好物です( ̄∀ ̄)
ナカタさんに似ているというのは遺憾です(笑)

343 クール ◆bCAfEOAV52 :2011/03/24(木) 02:03:16
似てるんじゃないかな?
ナカタさんというのがどういう人か分かりませんが(笑)

344 ACノワール ◆XSSH/ryx32 :2011/03/24(木) 10:37:12
>>341
Yでは名前しか出て来なかったけど
Xにはレーンの劇団の人も登場するみたいね。

最後が気になるw

345 ノワだんご :2011/07/09(土) 20:19:32
BeeTVで放送されてるブリザード。
どう見ても自分のお好きなミステリー♪

全話放送までに時間かかりそうだし、本買っちゃいました。

346 ノワんぽ :2011/07/29(金) 16:58:43
●桑村さや香『ブリザード』

ミステリかと思いきや、ほぼ完全にサスペンスものだった作品。
ミステリとしては面白くなかったけど
視点が1人1人変わる点や犯人のタネ明かしの演出方法はなかなか良かった。
ただ過去編や思考に後付け感があったのは残念な感じです。

ダークな終わりかと思いきや
過去編のなかなか良いシーンで終わって、暗い作品ではないかも。
正義と悪の優劣がつけられる感じもなかなか面白いw

まぁBeeTV観るほどでもないね。
柳楽優弥、夏帆、AAAの誰かとか出るそうです。

347 ノワんぽ :2011/07/29(金) 17:07:26
●倉知淳『星降り山荘の殺人』

クローズドサークルものとして買った作品w
有栖川のロジックも好きだけど
倉知のロジックはよりスタンダードで好きかもしれないw

足跡の全くないと思われてた連続殺人。
(てか当然あったけど、それがどう事件と関連性があるのか推理できず…orz

登場人物設定、ナレーションにはすっかり騙されたけど
読者に対して、嘘の記述を書かなかった点。
探偵役(作者)の想像の域に入らなかった推理。(←最初は頼りない推理と馬鹿にしていたノワ氏;)
話の根本を覆してしまうサスペンションな最期が良かったw

ラストも良い終わり方で、自分の中では2、3番目w
これは家族や友達に貸したげよっと♪

348 チョパダイル :2011/07/30(土) 03:23:07
最近本読んでない(泣)

349 ノワんぽ :2011/07/30(土) 23:23:10
>>339
読書感想文推薦作品に
「海辺のカフカ」があったので読んでみることにしましたw
  ↑読み切る自信がない。久々の非ミステリで;

父は村上春樹にハマってる最中。
しかしカフカは持ってるだけで未読らしい…。
汚したらどうなるか、新しいの買わないとw

350 しゃげキング ◆8x8z91r9YM :2011/07/31(日) 18:54:18
お〜海カフを読むんですか!

確かにそこそこ面白いけど、
高校時代の私じゃあ完読しなかったろうなぁ(笑)

351 ノワんぽ :2011/08/01(月) 09:42:46
え、しゃげさんでも!?w

おわわ…、せめて上巻でも読み切らないとw

352 しゃげキング ◆8x8z91r9YM :2011/08/07(日) 18:11:15
いや、私は高校3年まで読書嫌いの典型だったよ。マジで(笑)

353 あやめ ◆br5PVpRzE6 :2011/08/07(日) 20:28:05
海辺のカフカ、高1で読んだけど難しかったw
今読んでも難しいかなww
ノワさん、頑張って読んで^^

354 あやめ ◆br5PVpRzE6 :2011/08/07(日) 20:34:06
図書館戦争シリーズ読みました^^
先が気になって一日で4冊一気に読んでしまって、寝るの忘れてたw
私的にはハマる作品でした。
あと別冊2つあるけど、2冊目が今月末くらいに文庫が出るみたいなんでそれまで我慢ですww

アニメも今日全部見たけど、どちらかというと原作の方が好きかな。
最後ら辺は結構違うし、しかも3巻までの内容でほぼ構成されてたから。
4巻も面白いのになぁ。
有川さんの他の作品も今度読もうかな。

355 クール ◆bCAfEOAV52 :2011/08/08(月) 23:29:55
図書館戦争
一話見て面白いと感じたのに、続きを観なかった不思議なアニメ。
いや、ただ単にいろいろ録るのが被ってただけかもしれないが(笑)

うーん。そろそろ読まないとまずいな。夏休みが終わってしまう(-_-;)

356 哀☆愁 :2011/08/12(金) 01:58:51
>>354
いらぬ情報を一つ・・・たしか映画化?
いや、映画化決定だったか・・・

357 :2011/08/21(日) 00:18:17
●真梨幸子【殺人鬼フジコの衝動】

ジャンルはサスペンス×ヒューマンという感じ
本屋の店頭にあったので購入

ネットのレビューや帯で言うほど、個人的には怖くなかったけど
完成度は高いし、殺人鬼の心理も感情移入できないほどでなく
世界観もしっかり構成されてるなという感想です。

コレ以上はネタバレになりそう
夏休みの読書感想文にするつもり←カフカ挫折…。

358 あやめ ◆br5PVpRzE6 :2011/09/21(水) 00:56:41
>>356
超亀レスですが‥
劇場版アニメ企画進行中みたいですね。文庫についてましたw
情報はまだほとんど出てないですけど。
別冊2冊も読み終わったので、楽しみです。見に行けるかなぁ‥
気になるのはどこが映画化されるかですww

359 クール ◆bCAfEOAV52 :2011/10/14(金) 00:07:16
【灼眼のシャナ】最終巻。
あと三冊出るけど、本編は終了。先生お疲れ様です。
いやーよかったよかった。シャナ、悠二……。
うーん、十五巻より下買いたいなー、でも金が……orz

360 しゃげキング :2011/11/17(木) 23:27:41
ノエルペリン『鉄砲を捨てた日本人』

論理展開がすごく面白いです。

日本を事例に、軍縮しても世界は進歩しうることを証明しようとする著者。
この本は是非オススメ^^

361 JJ :2011/11/17(木) 23:35:00
タイトルに惹かれる

362 しゃげキング :2012/02/25(土) 19:07:44
キングスレイウォード『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』

社会人はもちろん、
学生、特に大学生におすすめです。

実業家の父が実際 に息子に送った手紙を書籍化したものです。

訳は城山三郎!

ビジネスの極意もぎっしり詰まってますが、父から息子への暖かい気持ちの伝わる一冊だと思います。

就職に悩んでる方は、2〜3通読んでみてはいかがでしょ?

363 しゃげキング :2012/02/25(土) 20:42:13
糸井重里&ほぼ日刊イトイ新聞『できることをしよう』

3・11の直後から復興に貢献してきた民間人たちのインタビュー集です。

ボランティア団体に所属したり、特殊な技能がなくても、自分にできることを、誰かのために、やりたくなるような本です。

364 クール ◆bCAfEOAV52 :2012/02/26(日) 17:47:08
至道流星著の「羽月莉音の帝国」

ライトノベルの皮をかぶった経済小説。全十巻。
高校の部活が自国を建国するために、様々な事業を打ち立て金を稼ぎまくる御話。

365 のん :2012/03/14(水) 19:50:27
■綾辻行人《時計館の殺人》

十角館以来の綾辻作品でしたが
トリック、恐怖感、殺人の動機から行動過程まで
詳細に理にかなっていて面白かったです。
というか綾辻は叙述トリックが上手いですね。

ただ話の軸にもなる大トリックを暴いた思考過程。
死亡フラグ(被殺人フラグ)が分かりやすい上に
毎回ちょうど良いところで殺されてしまったり
繋ぎの部分をあくまで繋ぎにしか考えていないのではという点も。
まあそれでも納得のいく正解だったので文句はないのですが。

それと大量にある館シリーズで新本格として成り立つのは
十角館、時計館、それと未読の迷路館だけらしいですね。
迷路館は特異な設定なので結構楽しみにしてます。

366 しゃげキング :2012/05/04(金) 20:10:24
石黒浩『ロボットとは何か』

世界最高峰のロボット工学者がロボット作成過程と、作成過程に考えたことを記した本です。

面白かった。

作者は、心を持つロボットを作ろうとして、その作成過程に、人間とは何かを常に問い掛けていきます。
ロボットに人間の機能をどんどん乗せて、さらには心まで乗せてしまったら、人間とロボットの違いは何なのか。
人間とは何なのか。

この本は工学的な本ではなく、むしろ哲学書ですね。

新書なのでオススメ♪

367 しゃげキング :2012/05/11(金) 22:59:15
イェーリング『権利のための闘争』

久々の古典。

近代ヨーロッパらしい作品。

法学者が、権利の正当性を主張した作品ですが、
むしろ私が興味を持ったのはその法制史観。

非常に頁数も少ない文庫です♪

368 しゃげキング :2012/06/10(日) 09:07:39
ジョージオーウェル『動物農場』

題名と概要は、子供向けの絵本のような話です。

農場主の人間を動物たちが追い出し、動物たちは自分たちで農場経営を始めるけど…という内容。

よくよく読むとゾッとするような物語。

筆者の生い立ちも知ってれば、よりゾッとするような物語。

子供向けの絵本もたまに、怖い意味があったりしますもんね。

20世紀のイギリス最高といわれるジョージオーウェルの問題作です。

369 チョパダイル ◆qQ6wK6czCM :2012/06/10(日) 15:48:00
面白そうだねそれ。
読んでみたいかも。

370 しゃげキング :2012/06/10(日) 16:53:34
ちなみに、なんかホラーっぽい紹介してますが、ホラーとかじゃないですからね♪

著者はあの『1984』の作者なんで、政治色の強い作品です(*^^)

371 クール ◆bCAfEOAV52 :2012/06/10(日) 21:45:55
>>366
よく目にする哲学ですねw

372 しゃげキング :2012/06/13(水) 21:21:20
>>371

おー、よく目にするかぃ(笑)

この本の価値は、その哲学を実験しうる男が書いている点だね^^

誰もできなかったことを、この人は実践しうるかもしれない♪

ロマンだろ?(笑)

373 しゃげキング(26) :2012/11/18(日) 23:14:32
久々に面白い本。

本川達雄『ゾウの時間ネズミの時間』

これは結構読んだことある人いそう。

生物学者の本ですが、生物を時空間から捉え直そうとしてる点で、物理学的な視点も強い。
作者はデューク大にいたそうなので、欧米の学際的なスタイルが出ているようです。

ただ、まだ試験的な段階のようで、生物のサイズと時間の相関関係を証明しかけている、、という時点で論が先に進みません。

この本の発刊から二十年経って、『生物の文明学』なんて本も出したようですが、こちらに答えがあるのでしょうか。

このスタイルの研究は是非続けてほしいです。

374 しゃげキング :2013/01/09(水) 19:05:12
河西英通『東北』

しゃげさんに中公新書ブーム到来中。

東北という空間は、いかに構築されたか、主に明治史から論じられた一冊。

東北と呼ばれる空間編成の過程から、内部の不均等性を明らかにしようとした本論について、東北出身者として納得してしまいました。

とても刺激的な本です。

375 チョパダイル ◆vI/qld5Tcg :2013/01/24(木) 23:21:51
ドラマ化されて、近々映画も公開されるようなので、皆さんタイトルくらいは知ってると思います。
読んだことあるって人もいるかな?

『ストロベリーナイト』
『ソウルケイジ』
『シンメトリー』
『インビジブルレイン』
誉田哲也

女刑事、姫川玲子が主人公のシリーズです。
自信を持っておすすめします!

376 しゃげキング :2013/01/25(金) 21:06:30
グロービス大学院『日本型「無私」の経営力』

「無私」の捉え方には、異論ありですが、日本の企業の良さが感じられる一冊です。

特に、おいしんぼでも紹介されていた、八木澤商店のエピソードは、多くの経営者が見習うべきだと思います。

377 のあ氏のつぶやき :2013/04/12(金) 16:05:14
そういえば今年度の美大の現代文の試験で
辞書を作る編集者二人の会話を書いた小説が問題になってました。
なかなか読んでいて面白いと感じたんですが…

まさかそれが今度(今?)映画化される「舟を編む」だったとはw

思わぬ偶然というか、まあ受験者には話題になるんだろうなぁ(^^)
ちなみにこのレス、映画スレに書こうか、雑スレに書こうか迷いましたが
久々にこちらに書くことにしました。以上〜

378 セラミー :2013/04/14(日) 22:12:38
その問題やってみたいww
「舟を編む」の映画きのうからはじまってますね! 気になるなー
小説は文庫が出たら読みたいです(^-^) まだ出んかなw
著者の三浦しをんさんの小説で「まほろ駅前多田便利軒」が好きです。
あっ「〜番外地」まだ読んでなかったの思い出したw

379 セラミー :2013/04/14(日) 22:31:19
「プラチナデータ」の原作ゲットしました(^o^)
いま「指し手の顔 脳男2」の下巻を読んでます。
両方とも映画を観に行ったときに気になるところがあって、読んでみたくなりました。

あとハウルの原作見つけた。
ジブリの映画のハウルまだ観たことなくて、どんな話なのか結構ずっと気になってたので、
この機会に読んじまいたいな(・∀・)

12日に出たという村上春樹の新刊が、本屋さんでタワー状態に積み上げてありました。
あれ下の方から本を抜いたら崩れるだろうな・・・

380 セラミー :2013/09/23(月) 20:24:16
暑いとめっきりだけど、朝晩涼しくなってきて、本が読みやすい季節になってきた。

さしあたって「日だまりの彼女」と「永遠の0」を、映画公開までに読みたいな。

381 セラミー :2013/10/09(水) 22:32:35
なんてこった、タイトルの字を間違えてた。「陽だまりの彼女」もうじき読み終わりそう。
読みやすくて、私にしてはすいすい進みました。

そういや時期が暑くなる前くらいの頃に、「完全なる首長竜の日」を読んだんだった。
映画より断然よかった!

アニメの評判が気になって、森見登美彦さん「有頂天家族」を読んでみたいです。

382 チョパダイル ◆qQ6wK6czCM :2014/07/14(月) 16:16:50
しばらく本読んでも皆さんにぜひおすすめしたいって本なかったんだけど、これは久しぶりにきたかも!

『プリズム』 百田尚樹
せつない話です……。
いっきに読んでしまいました。

383 セラミー :2020/01/05(日) 00:45:37
あげ

384 セラミー :2020/01/11(土) 14:12:36
年末年始で3冊は読むつもりでいたら、結局やっと120ページだもんなぁ

385 セラミー :2020/01/14(火) 20:02:44
道尾秀介さん著『カラスの親指』の続編『カエルの小指』が出てるのを見つけてしまった

文庫本で出るのを待ってたら何年先になるかな

386 セラミー :2020/01/17(金) 23:19:41
長岡弘樹さん著『教場』シリーズの文庫本売り切れとる

キムタクで新春ドラマやったやつ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

坂本ですが? 1 (ビームコミックス) - 佐野 菜見


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板