したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

ライトノベル総合

1 どるき :2009/11/07(土) 09:24:00 ID:WzPGfqK.
The 男爵ディーノ掲示板のノリでライトノベルを語りたい人とか
とにかくライトノベル総合

2 名無し :2009/11/07(土) 15:19:56 ID:Uk5I8C7U
ライノベといえば京極堂シリーズ(百鬼夜行シリーズ)が一番読み応えがあるぜ。

昔はブギーポップとかキノの旅とか読んでたけど。

3 キラービー蜂尾 :2009/11/07(土) 20:22:07 ID:dNV5pzDU
フルメタの続きはいつ出るんだろう・・・

4 ぼんぼらびんろう :2009/11/08(日) 15:08:14 ID:DPaLBLWQ
とりあえず最近のラノベは全く分かりませんが、秋田BOXが楽しみで仕方が無いです

5 tktk :2009/11/08(日) 15:35:55 ID:exA5Z/X2
>>4
飲みに行こう
水で薄めたアイスコーヒーを

6 ぼんぼらびんろう :2009/11/08(日) 15:38:37 ID:DPaLBLWQ
>>5
じゃあメインディッシュはアバラ豆とマチコケとなるたけコーンによく似た物体のスープで

7 名無し :2009/11/08(日) 16:05:37 ID:Uk5I8C7U
高千穂遥作品もライノベに入れていいのだろうか?

8 スパイク :2009/11/08(日) 16:23:43 ID:.r5DdsY.
>>6
嘘だがね――いや、嘘だが

9 ポポイ :2009/11/08(日) 17:14:29 ID:K/FnWOu6
以前、「京極堂とブギーポップって、或る意味ちょっと似てねえ?」
って某所で言ったら、よってたかって否定されて、心外だったことが有りましたな。
皆の言い分をまとめると「京極堂は人としての知恵と言葉で物事に対する人で、ブギーポップみたいな超自然的な力は無い」とか何とか。

そうじゃねえんだよ。
メタ的にと言うか、役割(ロール)がと言うか。

10 ぼんぼらびんろう :2009/11/08(日) 18:02:39 ID:cGwrX2bI
>>9
あー、直接的な手法じゃなくて、物語の構造と、そこへの登場人物の配置のされ方が似ているみたいな話ですか?
ちょっと詳しく聞きたいです
読んだことないけど
読んだことないけど

11 hiro :2009/11/08(日) 18:06:51 ID:6sS9SkPY
ハルヒめだか似てる論争みたいなものですか

12 冬野 :2009/11/08(日) 18:19:04 ID:unJIYeLU
>>9
きちんと説明しないと駄目でしょうに
してそういう反応だったのなら、改めて検証してみたらどうとしか

13 かぼちゃ :2009/11/08(日) 18:23:53 ID:YkMRWWxE
ハルヒとめだかは外面が少し似てるくらいで、正直それ以上は感じないなぁ。

14 けんじ :2009/11/08(日) 19:35:07 ID:nriiILAE
>>9
ブギーポップも京極堂も何かを退治したり払ったりするってのは一緒だけど
似てるとは思わないなあ。
ブギーポップは個人を退治するけど、京極堂は個人っていうか事件っていうか妖怪を退治するわけだし。

15 ポポイ(携帯回線) :2009/11/08(日) 19:59:53 ID:K/FnWOu6
>>14
もっと本質的な所です。
物語世界における、メタ的な「審判」(ジャッジ)としての機能が、同様ではないかと見えまして。
彼らの前で、「善悪」・「真実」は明らかに成る事になっている、と言うか。

>ハルヒとめだか
登場人物としては、「日常的な主人公を従える異常な主人公」というロールは似ていると考えますよ。
もう少し小さい意味でも、「めだかボックス」においては、話の流れ次第では、
「アブノーマル」は、「ハルヒ的存在」に近いモノではないかって事になりそうな気もしますが。

16 ヌガー :2009/11/08(日) 20:58:13 ID:u4pSMr1g
結構前のことだと思うんですけど「ドグラマグラがラノベの範疇に入るって説を聞いたことがある」みたいな話がありましたよね。
先日やっと読み終わったんです、青空文庫で。
で、おそらくその根拠は世界観部分に「現実とは違うルール」が仮定されてるところを指して言ってるんじゃないかなと思いました。

具体的には「脳髄と精神に関する画期的な論文」のようなものが作中に存在して、それが成立するという前提で展開するんです。
そして作中作の体裁で、「これは空想小説ではなく科学探偵事実小説だ」という部分があるんですが(今風に言えば科学小説はSF、探偵小説はミステリー、事実小説はノンフィクションでしょう)、これは逆説的かつメタ的にこの作品が空想小説であることを認めてるってことなんですよね。
この空想小説という言葉の訳を“ラノベ”と捉えたってことだと思いました。ファンタジーと訳しちゃうと剣と魔法の世界のイメージが強いですからね。

ただ個人的にはドグラマグラは「ミステリー」かつ「広義のSF」が妥当でラノベは不適切だと思いました。
だって挿絵が無いし。

17 ぬちょ…… :2009/11/08(日) 22:50:26 ID:Gj2L/i4.
>>15
でもそれって大抵の探偵小説は当てはまらない?
京極の特異点って真実を明らかにするより事態を妖怪現象に一旦落とし込んでその妖怪を払うとこじゃないかと思うんだけど。
妖怪憑き≒精神疾患というか、心の闇みたいなのを扱うでしょ?
それ以外は大体普通のミステリじゃないかなぁ。

まあおれブギーポップもミステリも殆ど読まないからまるっきり見当違いかもしれないけど。

18 スパイク :2009/11/09(月) 04:24:56 ID:.r5DdsY.
というか、『役割的には』むしろ榎さんの方が近いんではないかと思ったり>ブギー
(本当にただ事件を解決するだけの榎さん、本来はやりたくないのに友達が困ってるからやるツンデレ京極……)

19 TELL :2009/11/09(月) 15:02:09 ID:jfffWvTo
>ポポイさん
「ハルヒとめだかボックスが似てる件」スレでも似たような議論がありましたが、
これって「それぞれのキャラが、どんな部分で似ているかor似ていないか?」だけじゃなく、
「議論に参加している人それぞれが、各作品をどんな物語として認識しているか?」によっても
話は違ってくるんですよね。

で、ブギーポップと京極堂の場合。(自分は後者のシリーズを「魍魎の匣」までしか読んでません、悪しからず)
二人は「メタ的な審判」という意味では似ているのかもしれませんが、
ブギーポップの場合は各巻の本筋から外れた位置にいて、事態を真っ向から根本的に解決するわけではないため、
「審判」というより「狂言回し」としての役割が大きいように思えます。
この場合、「各巻のメインキャラの生き様がシリーズの主軸だ」と思って読んでいる人にとっては、
メタ的な見方を含めてもブギーポップと京極堂の役割は全く別物に感じられるんじゃないかと。

まぁ結局、似てる似てないの話は一筋縄じゃいかないってことですね。

20 TELL :2009/11/09(月) 15:04:35 ID:jfffWvTo
ちょっと訂正。

>ブギーポップの場合は各巻の本筋から外れた位置にいて、事態を真っ向から根本的に解決するわけではないため、
→ブギーポップの場合は各巻の本筋から外れた位置にいることも多く、事態を真っ向から根本的に解決するとは限らないため、

21 八尾狐 :2009/11/09(月) 16:55:14 ID:cJ/QHv7Y
まあ、ハルヒとめだかも
「根っこが常識人で、常識を理解しつつ異常な行動を取っている」ハルヒと
「根っこが異常で、常識的な行動と思いつつ異常な行動をとっている」めだかとでは
全然ちがうと思うんですよね。

役割としてみてもハルヒは敗北条件であり無自覚にトラブルを製造するのが役割なのに対し
めだかはあくまでもトラブルを解決するのが役割ですから。

22 スパイク :2009/11/09(月) 17:35:00 ID:GTGLsed2
 確かに、「非日常を欲しわざとキチガイぶる」ハルヒと「普通を目指しているもののどうしてもキチガイになってしまう」めだかでは全然方向性が違いますねー……

23 ななし・リードマン :2009/11/10(火) 10:32:35 ID:Uk5I8C7U
>京極堂とブギーポップ
待ってました絶対無敵のヒーロー(ヒロイン)。
もうウダウダ、ドロドロ小細工やっても無駄だぜ。
こいつが現れたらもう誰も逆らうことが出来ない。
何せそれぞれの世界の創造神である作者の代弁者だから。
って部分では似てる。
ただこの二つの小説に限らない事ではあるが。

話は変わるけど、古本屋で買ってきたんだが、今頃「R.O.D」(10年前の作品だ)を読書中。おお、集英社だ。

24 ROM :2009/11/11(水) 13:39:57 ID:uhkgNFwU
そういえば、かがみさんが書いてた小説ってどうなってるんだろう。

25 かがみ :2009/11/11(水) 14:54:15 ID:CzQwpQ.Y
>>24
あれは普通に新人賞に応募したんで、来月くらいに結果発表かな?
落ちてたら「プフーッ!」って思って下さい。

26 スパイク :2009/11/11(水) 15:18:22 ID:nFC3l52U
>>23
堂島さんって、逆らう事できてませんでしたっけ?

27 ななし :2009/11/11(水) 16:59:28 ID:Uk5I8C7U
>>26
ネタバレになちゃうから、詳しくは書かないけど、もうひとりの作者の代弁者だと思います。
ブギーでいうなら『酸素』的な人物かなあ。
間違ってたらごめん。

28 ポポイ(携帯回線) :2009/11/11(水) 19:52:30 ID:ybGDfH7s
>>17
>大抵の探偵小説は当てはまらない?

中禅寺秋彦さんは、通常の推理小説や探偵小説と同様の意味での「謎解き」「事件の解決」をする立場とは、
少し違うと思うのですよ。
話によっては、読者に知らされていない情報を、彼が持っていたりもしますし。

29 幻獣ハンター :2009/11/12(木) 00:02:23 ID:8C2elsT6
京極堂は事件を「解体」はするけど「解決」はしてませんよね。

というか京極堂ってラノベだったんだ。
海堂尊はラノベだと思うが。

30 ななし :2009/11/12(木) 15:22:02 ID:Uk5I8C7U
『百器徒然草』と『今昔続百鬼』は榎木津探偵と愉快な仲間たちって感じでライノベ感覚で読めますよ。
そういう意味で洒落として。
ただ、お固い一作目(ウブメの夏)から読んでると真面目と不真面目のギャップが楽しめて面白さが段違いですね。

31 hj :2009/12/10(木) 23:53:45 ID:By8ZdMao
百器徒然草の面白さは本当にすごいです。
ラノベばっか読むという人も読めばいいのに。
うぶめとのギャップには驚きました。

32 ふーま :2009/12/11(金) 00:00:21 ID:UBkm6FaM
そういやブギーポップの新刊が今日発売でしたね
ブギーの役割は、推理ものでいうなら、
金田一少年で、最後に逃げる高遠とかをしとめるとかの役割になりそう
最近のブギーはコナンくんが犯人に蹴るサッカーボール並みの役割のときもあるが

33 うぃ :2009/12/11(金) 01:21:59 ID:hyXgEvZs
みんなまじめに語ってて感心した。
スレタイみて最近読んだラノベを思い起こしたら、

SHI-NO、紅、小学星のプリンセス、円環少女、シャナ、kaguya
ロウきゅーぶ、スクランブル・ウィザード、彼女は戦争妖精……

全部ヒロインがロリじゃないかと一人絶望してたのにw

34 クロ :2009/12/11(金) 02:29:41 ID:Ly7W.EX6
誰か、ザンヤルマの剣士の話題を出さないかい。

古いですか。
そうですか(´〜`)

35 すのこ :2009/12/11(金) 02:47:36 ID:aLAD.OpU
道尾秀介の「背の眼」がまんま京極堂シリーズで読みながら吹いたのを思い出します
ラノベですと米澤穂信の小市民シリーズ、古典部シリーズが面白いです
前者の小市民になりたいけど収まりきれない二人が微笑ましい

36 ポポイ(携帯回線) :2009/12/11(金) 03:02:19 ID:P3BmXBsQ
「図書館戦隊ビブリオン」は何故あんなに早々に終わってしまったのか。
「ソルジャークイーン」の続きはまだか。
「銀河英雄伝説外伝」、残りが新書で2巻分有るらしいのだが。
大和眞也。仕事をしよう。

37 YAN :2009/12/11(金) 07:07:47 ID:8r3uxcLI
似てる、似てないは、何を持って「似てる」の定義とするかによると思いますが。
「共通点が多く」「かつその共通点が特徴的」ってところでどうでしょう?

よって、「一部共通点がある」「共通点は多いが一般的・ジャンル的にお約束なこと」
=似ている、とはいえない。逆に「違う部分がある」=似ていない、とも言えない。

似ている部分と違う部分の相対量、似ている/違う部分がどれだけ特徴的か、そして
その作品の要素としてどれくらいの位置を占めているか、がポイントかな?

量的なものはとりあえず列挙すればいいけど、特徴的、重要な要素うんぬんは
個人個人で印象が変わるからやっぱり難しいところかなぁ。

ラノベといえばとりあえずスレイヤーズをあげておこう。
お約束のメタ的パロディのさきがけではあったと思うんだ。

38 スパイク :2009/12/11(金) 08:05:48 ID:cRcqt4us
まあ、確かに先駆けではありましたねー>スレイヤーズ
……正直、今読むと色々辛いものがありますけれど

39 アーゼ :2009/12/11(金) 12:21:34 ID:31KeH28M
>>34 クロさん
ウラージェロ氏の「今からは、俺がお前の○○だ」って台詞は、
正直こうやって書いてても震えが走るくらい格好良かった!

40 ゆとりのぽこぺん :2009/12/11(金) 17:16:10 ID:jFRErqvE
ふう・・・最近のラノベはやれ主人公か友人が中性的だの、
ふう・・・それでもって隙あらば女装している。
ふう・・・まったくワンパターンで飽き飽きなのですよ。・・・ふう。

41 クロ :2009/12/12(土) 00:30:09 ID:weOAevO2
>>39 アーゼさん

おお反応があるとは。

確かにあの台詞は、今思い出しても格好良い!
そんな二人(三人か)が、まさかあんな事になるとはねえ…

他にも心を捕まれるポイントは盛りだくさんなんだけどねえ
でも、レーベル的にはラノベなんだけど
内容はこのスレで言う所のラノベっぽくはないですよね。
だから何だと言われても困りますが。

さらに言えば、面白いのに絶版なんですよねえ(´〜`)

42 スパイク :2009/12/12(土) 07:14:52 ID:EjmW19Xw
というか、麻生さんって編集者もやってるんだ……
近頃見ないと思ってたら、MF文庫に移っていたとは

43 インセイ :2009/12/19(土) 15:38:07 ID:KJX7pdVQ
デルフィニア戦記と十二国記はラノベに入りますか?

44 八尾狐 :2009/12/19(土) 18:12:17 ID:0H6DHPqY
>>43
あなたがライトノベルと思うものがライトノベルです。
ただし、他人の賛同を得られるとは限りません

個人的には十二国記あたりはレーベル的にライトノベルかな?と思わなくもないですが。

45 hg :2009/12/19(土) 23:48:38 ID:KIdlngtI
小説総合とかの方が良かったかな?

46 ss :2009/12/22(火) 22:30:47 ID:6cBLMrSM
ザンヤルマの剣士、懐かしいですね。18年前から13年前ですか。
中学の頃、銀英伝やデルフィニア戦記、冴木忍作品と一緒に読んでました。
今から思うと、主人公、エヴァの主人公に似てますね。
いつも、暗くてうじうじ苦しんでた印象です。
剣の機能もあの計画に似てたと思いますし。絶版は寂しいです。
最近はブギーポップと戯言シリーズ(途中抜けてる)しか読んでませんが、
ブギーポップは何が面白いかは分からないけど、雰囲気に惹かれますね。
菊池秀行氏の吸血鬼ハンターDシリーズも中学の時読んだけど、
何が面白いか分からないけど、気になります。主人公が父親に会いそうで会わないのを
ずっと繰り返してた気がします。(もう会ったのかな)
範馬バキが勇次郎と闘いそうでなかなか闘わないのと似てる気がしました。
戯言シリーズは、色々な要素が入ってるので、どこかで読者の嗜好に合うと思いました。
ちょっと名前が懲りすぎて読めないのと(一周すると読みやすくなるのかな)、メイドとか妹とかがきついのと、
最強の超人に女性が多いとか、なんかしっくり来ない所が多かったです。
批評本の「ゼロ年代の想像力」では、「古い想像力」を捨て「現代の想像力」に向き合う事が大事らしいです。
「現代の想像力」とは「サヴァイブ感」や「決断主義」を基調とするゼロ年代の想像力のことで、
『DEATH NOTE』や『バトル・ロワイヤル』が代表例らしいです。
ネットで読む限り良く分からないのですが、決断しないとサヴァイブできない
時代になったので、そういう作品が増えてきてるのでしょうか?
作者によると、2010年からまた新しい思想が出てくるらしいので、決断主義の
『DEATH NOTE』や『バトル・ロワイヤル』も古い思想の作品になってしまうんでしょう。
今度は決断主義から何になるのか、また批評本が出るでしょうから楽しみです。

47 スパイク :2009/12/23(水) 12:45:09 ID:tvhXD1bk
天高く、雲は流れは良かったなぁ……
富士見とか電撃とかのメインどころで、ああいう感じのはもう出ないかなぁ

48 ぼんぼらびんろう :2009/12/24(木) 03:34:51 ID:peNrnaRk
秋田BOXが届いた

49 ななし :2009/12/27(日) 16:05:45 ID:73LqBygA
ソウルドロップシリーズ(上遠野氏)で白い箱みたいな研究所兼医療施設が出てきたとき、
美馬坂近代医学研究所みたいだと思った。
う〜ん脳に変なチップを埋めてロボット探偵とか作ってるし。

50 ななし :2010/01/13(水) 15:36:08 ID:73LqBygA
「クリプトマスクの擬死工作」 
借りて読みたいとこだが、マイナーな本作は入荷してくれないだろうなあ。
買うしかないのか。

51 バルサミコス(仮) :2010/03/07(日) 16:25:45 ID:Vs3nMhQ.
最近「守り人シリーズ」にはまってます。
ラノベより面白いと思います。
最近の上遠野氏は迷走してないかい?
ネタ切れとは思いたくないけれど、文章からそんな感じが伺えます。

52 こよみん :2010/03/07(日) 18:57:40 ID:agA3djOg
まさかおおかみさんシリーズがアニメ化とは…
致命的に圧倒的に究極的に万人受けしないと思ってたのに

53 トマ :2010/03/07(日) 20:57:53 ID:LaUhQFPI
>>43インセイさん >>44八尾狐さん

ライトノベルと一般小説の違いについてはよく論争になりますよね。
文芸作品を完璧に分類化することは不可能ですが、
「殆どの○○は○○な傾向がある」「○○な特徴のあるものはだいたい○○」
という言い方はできると思います。

自分は「アニメ調のイラストのあるものはだいたいラノベ」と考えます。

「文章が稚拙なのがラノベ」「キャラを重視しているのがラノベ」
みたいな主観的な分類法よりハッキリしててわかりやすい考え方です。
絵のないラノベもあるらしいですが、
少数の例外を除けばだいたいこれで分類可能だと思います。

デルフィニア戦記と十二国記は……微妙ですねw
「アニメ調のイラスト」ってのは何だろうw

54 ちょう :2010/03/07(日) 21:07:27 ID:pTJbjYZM
力の入れ所の割合の差でしょうね
キャラを重視している→キャラクターをイラストで前面に押し出す、購買層に合わせてアニメ調
ってことではないかしら?

シャーロックホームズが仮に初出で電撃文庫から出たらライトノベルか?
二人のどちらかが女性、恋人未満
たいていエキセントリックな言動をする方が女性でロリかナイスバディ

55 ピン :2010/03/07(日) 23:32:06 ID:bGjE7dxg
前々から疑問だったのにろくに調べたこともないんですが、
ラノベってなんでわざわざカテゴライズされてるんでしょうか?
一般的な基準もないのに分けて考える意味ってあるんでしょうか?

56 ぼんぼらびんろう :2010/03/08(月) 00:08:45 ID:RxvujhrM
購買層の問題じゃないかなと思うんですけどどうなんでしょうね?
ややオタ気質の中高生は、ラノベコーナーに行けばそういう層を対象にした小説がざーっと並んでる、あとアニメノベライズも大体そこにあって
アニメ化してなくてもアニメっぽい小説や、アニメ化した小説も大体そこに置いてる
っていうのが売る側買う側共に便利なんじゃないかなーと

ラノベの発生経緯に関してよく知らないので、適当に言ってますが
ティーン向けのファンタジー小説類辺りからの流れでしたっけ?ロードスとか

57 Kisiz :2010/03/08(月) 20:47:10 ID:6a1M9aCs
一説にはガンダムのノベライズが祖だとか

58 NANASI :2010/03/16(火) 16:06:01 ID:Vs3nMhQ.
○つぶやき
「シュガーダーク」と「サクラダリセット2」が読みてぇ。
でも余分なお金がないのよ。

59 ふるふる :2010/03/17(水) 15:11:58 ID:xvhip1m6
思いっきりネタバレになるんですが、





感想下記さんの今週のリボーン感想見て思い出したんですが、キノの旅のラファは貧乏ロリ奴隷属性だと思ってたけど、
ハンディキャップ属性とか欠損フェチ向けでもあったんでしょうか。
この話に出てくる女の子もラファ以外はハンディキャップはないけど大体不幸萌え属性付き。

ライトノベルで内臓がない女の子ってこの子しか知らないけど他にはいないのかな。
漫画でもリボーンのクロームとハガレンのイズミ師匠くらいしか知りません。

60 ゆゆ :2010/03/17(水) 16:32:55 ID:7pN0IF/U
初めて買ったラノベがキノの旅だったなぁ
あの物語に出てくるショタロリはたいてい不幸な境遇ですよね
早く新しいの出ないかな
学園キノも待ち遠しい

61 HINO :2010/03/17(水) 19:13:50 ID:V4lkcyus
ジャンプではゴンが色々言われてるけど、キノも未成年主人公にしては結構えげつないよなあ
英雄達の国の首爆弾とか

62 初雪 :2010/03/17(水) 19:54:57 ID:n3Wl8s/M
>>2 名無しさん

度胆を抜かれました。京極堂はラノベではないでしょう!
あの深さの何がライト?
本屋でも、京極堂シリーズをラノベの棚に置いている店は皆無ですし。
自分もトマさんと同じで、挿し絵の有無がラノベかどうかの明確な境かと思います。
京極堂に挿し絵があれば、榎木津さんの容姿を悩まずにすみましたものを…。

フルメタの続き気になりますね。
次回で最終巻の筈が、最早二年も出ていない。
年に数冊出していた作者だけに、気掛かりです。

63 スパイク :2010/03/17(水) 20:03:22 ID:cxhhPboQ
そーいや、アニメ版の京極は安寅がなぜか10歳の美少年にされてたなぁ(笑)。
関君が美形に描かれてたのにもビックリだったけど、何でまたそんな意味のない事を……

64 ゆゆ :2010/03/17(水) 22:09:22 ID:qJikTx2o
アニメ安寅かわいかったですね
女性しか喜ばなさそうですが

バッカーノが来月発売だなぁ
アニメ第二期作ってくれないかしら

65 暗刻堂 :2010/03/17(水) 23:19:30 ID:eKhzNqck
あー確かに京極の本は『ライト』ではないな・・・

そんなライトノベルは嫌だわw

66 heavyhand :2010/03/18(木) 09:35:53 ID:ewJyEhgg
>>62 初雪さん
フルメタ最終巻についてですが、
作者本人が公式ブログで1月5日に言及しています。
以下引用

現在も執筆中です。大変苦戦しておりますが、どうにか春には。春にはお届けできるのではないかと思います。
決して放り出したわけではありません。ついさっき書いてた場面も宗介がアルと【ピーーー】の話をしていたり、テッサが発令所で【ピーーー】をしていたり(以下略)
ただ……ちょっと微妙な気がしたので、またごっそり削除して書き直したりしてるのですが。

引用終了
もっとも、もう春なのにブログはこれ以降更新されてない訳ですが。

67 初雪 :2010/03/18(木) 12:58:51 ID:n3Wl8s/M
>>66 heavyhandさん

フルメタの情報ありがとうございます。そう言う状況だったんですね…やはり最終巻ともなると苦戦しているんですね。
ラノベは連載放置される作品も多いので、少なくとも執筆していると言うだけで安心しました。良かった。

>>アニメ京極
和寅の改変にはビビりましたね。悪改以外の何でもない。意図が不明です。
可愛かったし、中の人が好きな方でしたが、それを踏まえても有れは無い。
自分は女性ですが、皆目喜べませんでしたね。

68 NANA氏 :2010/03/18(木) 15:51:25 ID:WxPzZMbA
榎木津は阿部寛(ケンシロウの声の人)のイメージが定着して離れません。
本当はもっと細マッチョなキザ男なんでしょうが。
寅吉も良々さんのイメージが。映画版のほうが定着してますね。

本はぶ厚いけれど、だんだんキャラ物(キャラ同士の馴れ合い、掛け合いもの)になっていくから読みやすいよ
そういう意味で(世界系の)ライトノベルみたいだと書いたのよ。
それと、境界線のホライズンっていうのも分厚いのにライトノベルじゃん。

69 NANA氏 :2010/03/18(木) 16:31:16 ID:WxPzZMbA
ごめん。「境界線上(←これ)のホライズン」だった。
その他にも「終わりのクロニクル」も1000ページを超えてるそうだよ。

70 heavyhand :2010/03/18(木) 20:53:48 ID:ewJyEhgg
正確には、「境界線上のホライゾン」ですね。
終わりのクロニクルは最終巻である7巻が1091ページ、
境界線上のホライゾン2巻下が1153ページということで、
あまりの厚さに書店ではビニールをかける機械を使えなかったとか。

71 ぽぽ :2010/03/19(金) 01:40:17 ID:6vMzTKGU
榎木津の声はラジオドラマ版の徒然袋の佐々木蔵ノ介版が最高ですよ

ハイテンション榎木津って感じで

72 初雪 :2010/03/19(金) 12:53:40 ID:i2L9ewMI
>>NANA氏さん …名無しさんとお呼びしても障りはないですかね?

榎木津さんの配役、阿部某は正直無いですよね。
カッコいいのかも知れませんが、あの彫りが深くて濃い顔は、ビスクドールと表される榎木津さんの顔では断じてないと思う…。

本の分厚さは、ラノベかどうかの境にはならないでしょうね。
例の二作品は存じませんが、分厚くてもラノベってのは有りでしょう。
逆に、芥川龍之介の短編集なんか、どのラノベよりも薄いですし。
私は京極堂の内容の深さをして、ライトではないでしょうと言ったのです。

ですが確かに、百器はキャラもはっちゃけていてギャグちっくで明るいし、ライト並みに読みやすいとは感じますね。
しかし似た感じを受けると言うだけで、やはりカテゴリーとしては、京極堂シリーズは断じてラノベではないと思います。

73 nanasi :2010/03/19(金) 16:44:42 ID:WxPzZMbA

榎木津のイメージとしては、
アニメ銀英伝の主人公風が
しっくり来る人が多いんだろうね。
でも阿部寛さんもなかなかいいと思いますよ。
あとは宮迫さんがもうちょっと深みのある演技ができればいいなあとおもったけどw

それから「薔薇十字探偵Ⅰ」のイラストが小畑健だった(今頃知りました)。
礼二郎もデスノート風になってる。
あのドイツ語?ローゼンクロイツって読むのかなあ?
鵺の碑は出るのかなあ?

74 初雪 :2010/03/20(土) 00:09:15 ID:i2L9ewMI
ラインハルトですね。…どうでしょう、私はイメージを重ねた事は有りませんが。

小畑さんの榎木津さんは素直にカッコ良かったと思います。
ただ、そうですね、目つきが月っぽくて、なんか悪役みたいでしたけど(笑)。

はい、合ってます。薔薇十字はドイツ語でローゼンクロイツですので。

碑気になりますねー。雫から三年以上開いてますもんね…(汗)

75 ふるふる :2010/03/22(月) 14:57:36 ID:7YY3p62Q
キャラクターありきのライトノベルでは人気が出てしまえば続ける予定のなかったものでも続きものになってしまうのはしょうがないことなんでしょうか
一巻完結型で良作なのが少ない。
あとブギーポップはいつになったら完結するんだろう。

76 アロニロ :2010/03/22(月) 15:54:09 ID:3PJSfxpk
銀河英雄伝説はこの間見てみましたけど、凄く面白かったです。
話数が半端無かったけどそれに見合うだけの内容は詰まっていて、鰤やナルトとはちょっと違ったぞ、と思ってしまった

77 kei :2010/03/22(月) 17:21:13 ID:NoX9io06
>>76 アロニロさん
御大の他の作品のグダグダぶりやダレっぷりを見ると
色々考えさせられる事がありますよ

78 スパイク :2010/03/22(月) 17:55:12 ID:cxhhPboQ
あの人、今どんだけ投げっぱなしにしてるのかなぁ……

79 麦々 :2010/03/22(月) 19:56:23 ID:yhgoBxa2
>>75
あれは「完結」というものがないつくりだと思うのですが
中枢交代とブギーポップの話は厳密には関係ないことだし
まあ水乃星との対決であるブギーポップ・ストレインジが最終巻らしいですがね
過去の話じゃねーか!

80 スパイク :2010/03/22(月) 20:23:47 ID:cxhhPboQ
つか、過去と言ったらデュアル文庫のアレもブギーポップシリーズではありますしねぇ。
あの人、マジに小説界の松本零次を目指してるのかな

81 TELL :2010/03/22(月) 21:31:26 ID:jfffWvTo
>上遠野浩平作品の件

「冥王と獣のダンス」とか、戦地調停士シリーズ(「殺竜事件」「紫骸城事件」etc.)とか、
ほぼ全ての作品が「虚空牙シリーズ」として同じ世界観に含まれるとか。

82 nanasi :2010/03/23(火) 15:50:50 ID:WxPzZMbA
上遠野浩平作品について
「騎士恋情」や「ヴァルプルギス2」や「ブギー・ダークリー」や「クリプトマスク」を読んでみて思ったのだが、
現代を舞台にしたものより、調停士シリーズなどの縛りの少ないファンタジー物のほうが合ってる(面白い)と思う。
ただし、虚空牙シリーズは遠慮する。

83 八尾狐 :2010/03/23(火) 21:56:31 ID:8ae0Pn1w
>>75
うーん、どうなんでしょう?
上下巻とか三巻ぐらいで手堅くまとまって終了するのもあれば
7巻ぐらいできっちり伏線回収して終了の作品もありますし週刊誌の漫画よりは作家の融通が効く印象を受けますね。
中には5〜10巻ぐらいで終わらせてすぐに次の作品を書いて…と言うのを続けてる作家もいますし。
その一方で打ち切りっぽい終わりかたしたのも幾つもあるので人気が無くても続けられるってものでもなさそうですし
これ引き伸ばし展開じゃないかな?と思えるのもあるのも確かですけど。

84 heavyhand :2010/03/23(火) 22:41:37 ID:ewJyEhgg
>>83 八尾狐さん
ライトノベルではっきりと打ち切りだった作品として
富士見ファンタジア文庫から出てた麻生俊平の「VS-ヴァーサス-」シリーズがあります。
最終巻である5巻のあとがきで作者が「有権者の審判が下った」と書いてました。

85 ポポイ(携帯回線) :2010/03/24(水) 09:47:50 ID:GE0s3t8o
>>76
「見ました」「輪数が半端無かった」と書かれるからにはアニメの方なんでしょうけど、原作も、是非どうぞ。

>>77 >>78
作者さん曰く、作品にはそれぞれ悪魔が居るそうで、現在、お涼の悪魔がぶっちぎりで強いんだそうです。


>引き伸ばし
>打ち切り

無責任シリーズとかが、まさにそれですかねえ。
「永遠なれ無責任男」で終わっていたら、綺麗だったのに。

86 スパイク :2010/03/24(水) 12:55:00 ID:cxhhPboQ
>>85 ポポイさん
お涼の悪魔も、随分表に出てませんよねぇ……w

87 TELL :2010/03/24(水) 14:24:13 ID:jfffWvTo
>打ち切り
古橋秀之の「ソリッド・ファイター」や「IX(ノウェム)」あたりは分かりやすいですね……。
あと桑島由一の「南青山少女ブックセンター」とか

逆に引き伸ばしだと、アニメ化されて人気が出た作品……例えば「ゼロの使い魔」とか、それっぽく見えなくもないですが。
続けるうちに書きたいことが増えたような印象も受けるし、ちょっと判断は難しいですね。

88 kei :2010/03/24(水) 16:56:26 ID:AV1ufD.g
>>87 TELLさん
引き延ばしか微妙ですが、「ゼロの使い魔」は引き延ばさざるを得ないでしょうね。
あそこのレーベルの他の作品の売上は「ゼロの使い魔」の2割程度という
ものが多いようですし。

89 ポポイ(携帯回線) :2010/03/24(水) 22:26:20 ID:SDZFv3yk
>>86

そういえば、「水妖日にご用心」が2007年でしたか。
アニメ化したり、漫画が続いていたり、文庫版やハンドブックが出たりで、錯覚してました。
ま、2、3年くらい、待たされる内には入りませんよ。

90 Ojiyon :2010/03/25(木) 03:50:47 ID:XeIX7IUM
>>89 ポポイさん
創竜伝はもう諦めたんですが、何とかアルスラーンだけでも完結させて欲しいものです
このスレ読んでると冨樫先生が働きすぎのような気がして不思議ですねw

91 スパイク :2010/03/25(木) 06:55:55 ID:cxhhPboQ
>>90 Ojiyonさん
まあ、基本的に小説家は怠け者な方ばかりですから……w
(涼宮ハルヒは3年くらい、ラグナロクはもう丸6年……)
(もう知ってる人はいないかもしれませんが、ガルディーンに至っては「17年ぶりの新作!」とかいうフレーズが出てくる始末……)

(というか、創竜伝の場合はネットをやる人が増えた事により「戦車にエアコンをつけたのはただ単にゼイタクするため」とかいうような考察の甘さが世に広まるようになり続きを書ける状況ではなくなってしまった、というような話も聞きますねぇ)

92 ごりらっぱ :2010/03/25(木) 07:10:00 ID:4cz.CYuI
なーんか誰も話題にしませんが、ハルヒの続編とうとう出そうですよね?

93 スパイク :2010/03/25(木) 07:26:31 ID:cxhhPboQ
スニーカーに一部分だけ、でしたっけ?>ハルヒ
(まあ、もちろん好きだという事に変わりはないんですけれど)これだけ間を空けられてしまうと、全部出していただけない限りは「……また伸びるんじゃないの?」って気持ちの方が勝っちゃうんですよねぇ

94 kei :2010/03/25(木) 13:01:35 ID:WvMaO.PQ
>>91 スパイクさん
いや、しかし、創竜伝の最新刊では、伝奇小説を買ったつもりが
中を開けたら中国歴史小説になっていたという戦車云々以前の問題が…
いくらなんでも自分の中の悪魔の影響受け過ぎじゃないかと思うんですが。

95 スパイク :2010/03/25(木) 15:37:37 ID:cxhhPboQ
>>94 keiさん
個人的に、創竜伝って良くも悪くも「100%作者がやりたい事をやってるだけの小説」だと思うんですよね。
(まあ、もちろんそんな事は田中先生クラスにならないと出来ない事ですが……)

96 nanasi :2010/03/25(木) 15:48:01 ID:WxPzZMbA
昔、田中先生+ジャンプノベルで何かありましたよね。
人が猛獣に変身する話が、クランでしたっけ?
それにしても、まだ創竜伝もアルスラーンも終わって無かったんですね。
この間までNHKでやってたアニメも終わってないとか?

97 ポポイ(携帯回線) :2010/03/25(木) 23:13:09 ID:S3VsEL2U
「クラン」も「創竜伝」もそうですが、田中先生、
平井和正先生の「ウルフガイ」がお好きなんですかね。


こっちも、アダルトも、無印も、まだ終わってないんでしたっけか…

98 ss :2010/03/26(金) 01:39:38 ID:6cBLMrSM
グインサーガ、未完になりました。最初の頃に100巻完結と書いてたのに、
話が広がりすぎたんでしょう。100巻過ぎても半分もいってない印象でした。
アニメにもなって面白かったですが、残念です。

99 幻獣ハンター :2010/03/27(土) 01:01:18 ID:Kw0zKmvM
>>98
「話が広がりすぎた」というよりも栗本女史は「終わらせられない人」なのです。
あの人の本は未完だらけなので。(「さらば銀河」なんて1巻で投げっぱなし)
何か色々思わせぶりな書き方でしたが、結局グインの正体もちゃんと設定してなかったと
思いますね。構想・推敲無しが信条だったし。
それでも初期はその抜群の才能で面白かったんだが・・・あまりにも才能のコカツが早すぎた。
最後の方なんてただのホモ群像の会話劇だもんなあ。

100 ポポイ(携帯回線) :2010/03/27(土) 12:38:42 ID:RQ/W/mm.
「さらば銀河」は、売れ行き悪かったので打ち切りって可能性も有るかと。
穿って考えてみると、「新・魔界水滸伝/銀河聖戦編」に吸収するお積りだったとか。

>構想・推敲無し

例えば。
マリウスが、ケイロニア入りした初期、グインと一緒に、イェライシャに会っている筈なのですが。
彼は、その事について、後日、イェライシャに助けられた際には、綺麗に記憶に無い様子だったのですね。
これは、どうなんだろうと思いましたね。
大体、「ドールに追われる男」は、三大魔道師に匹敵する伝説的存在の筈なのに、
それに会えた感動が、吟遊詩人ともあろう者が、欠片も無いですし。
学生上がりであるランやヨナ達のそれは、相当なものでしたのにね。

長い話なんだから、或る程度はしょうがないとは言え、
担当編集者達も、少しは気を付けたら良いのにと考えたものです。

煙とパイプ亭へのグインの来訪とオロの最期についての報告とか
(その折、掛け値無しに善良な人たちの口からセムへの差別発言が出てきた辺りがにくい)、
スカールとグインの出会いとか、イシュトヴァーンの息子とか、
結構「これは」と思わせてくれる要素も有りましたので、それなりに楽しめておりました。
作者様当人も、途中で放棄せざるを得なかったのは、さぞや無念なことでしょう。
悼みます。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

サクラクエスト 3巻 (まんがタイムKRコミックス) - Alexandre S. D. Celibidache


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板