したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

3989 首創環境

886 ? :2019/09/30(月) 21:49:28 ID:klNZHtZw0
xueqiu.com/1653460147/133514420
首创股份:项目储备充足,融资通畅,业绩稳增长保障性强
こんなタイトルの親会社北京キャピタルについての評論があった

長たらし文章の中で、気に成ったのは、
新規プロジェクトは急速な成長を維持する、水と固形廃棄物の相乗効果で良好な市場拡大。
会社の現在の水と固形廃棄物の受注量は十分であり、将来、建設中のプロジェクトの
継続的な運用と売上と一部の稼働プロジェクトの運用結果の継続的な改善により、
会社の将来の売上は良い成長を維持するだろう

会社の売上が成長し続けるにつれて、コストレベルの管理が強化され、
スケール効果が重畳されます。会社の将来の経費率レベルは低下し続けると
予想され、利益の浸食を減らします。
会社の将来のパフォーマンスは、良好な成長を達成すると予想されます。

親会社の北京キャピタルも受注額は抱えているが、プロジェクトの進行が遅れている
その為、経費率が他社と比較して掛かっている為、最終利益率が低い

これから、完成が増えて売上が上がって行くと、コストパフォーマンスも良くなり
経費のコントロールも上手く行くようになり利益率も上がって来るて話

子会社の首創環境も、同じ状態に陥っている為、最終利益率が著しく低い

売上増ていうより、プロジェクトを抱えているが建設が遅いからそれに掛かる
経費が、膨らんでいる

完成稼働が増えれば、経費率は下がって行くよ

光大国際が、20%超えているのに、首創環境は、6%程度しかない
業界で粗、最低の利益率・・・

抱え込んでいるプロジェクトの割に、稼働が少なく稼働が増えれば、
クソの様な低利益率は徐々に改善されていく

2018年中間 売上 ÷ 当期利益 = 3.85%
2019年中間 売上 ÷ 当期利益 = 6.03% 

2018年末の完成分なんて、商業稼働にも入っていないが、
此処まで利益率が改善している

BS/PLを睨めっこしても、見えてこないよな・・

pdf.dfcfw.com/pdf/H3_AP201909191362450498_1.pdf
この図を見ても、殆ど稼働していない・・建設中は、それなりにあるが

第2期分が完成するのは、2025年末までかかる・・これは、しょうがない
2022年末までに、どれだけ第1期分が商業稼働に入るかだよな

望みは、2022年末までの第1期分の完成で、EPS0.1を出す事
此処まで、行けば 逃げ切れる

後は、第2期が2023-2025の間に、建設されるから更に、利益率は改善される

はやく、完成稼働させろと皆、思っている

完成稼働させれば、利益率も改善されるから売上の伸び率よりも利益の伸び率が
圧倒的に早い事を世界中、皆 知っている

首創環境は、最低最悪 利益率は業界最低・・・・・
逆に、これ以悪くなる事はあり得ない


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(メーカー特典:「ジャケットイラスト使用A3クリアポスター」付)(オリジナル特典:「アニメ描き下ろしB2布ポスター」付)(完全生産限定版) [Blu-ray] - アニプレックス


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板