したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

662 ? :2019/02/19(火) 23:10:39 ID:klNZHtZw0
本土の小規模売上 30憶RBM以下の環境企業が数社、大減益の大赤字に転落している・・
受注から完成・・稼働までに4年掛かる

金も作れない、4年の間に、次を受注 その次を受注 更に受注 ・・金が回らなくなって
借入利率は、8%まで上がりその利払いが出来ない

環境企業の資金調達サイクルは、3年が主なのに、4年しないと金が入ってこない
着工した時に建設利益が振り込まれるが、その金を次の投資に回すから資金ショートする

売上30億RBMの環境企業だと、40位前後の上場中堅企業
但し、民営企業が多い

問題の東方園林・・・2017年売上100億で、2017年の総受注が800憶RBM
2月12日の利払いがされていないで、大騒ぎになっている

春節の関係で遅れたと会社側は説明をしているが、こいつの利率も7.7%
更に、2月26日に10憶の返済が迫っている
その後で、更に10憶の返済がくる

12月に10憶の社債を発行しようとして、5000万RBMしか集められなかった
疑いの記事が、複数の新聞社から出ていた

煽り捲った証券会社共は、沈黙

11月には、環境企業で財務健全な10社を発表したなかの1社に名を連ねていた
8月頃から、ちょっと待てや?と言われながら、財務健全企業扱いしていた

今までは、非上場の小型企業の倒産が多かった
いよいよ、上場企業がヤバイ状況になっている

食あたりのつけは、デフォルト・・・チャンチャン
何処も、無茶苦茶な受注残を抱えているから・・

2018〜19年は、借換サイクルのピークが来る

首創環境は、
2017年に10憶      ・・・> 2022年返済
2018年に20憶のグリーン債・・・> 2021年返済

その前は、2015年25憶を首創集団から借り入れし無事返済しただろう

3年サイクルで、借り換えながら進んでいるのに、金が入るのは4年後・・
最初から、計算が合っていない^^;;

借り換えに失敗すると・・・サヨウナラ〜

次の借り換えピークは、2021/22年に来るが、これを乗り切ると、
2023〜2025年の建設ラッシュを過ぎるまで金が綺麗に回る

2022年には、2020年完成分がフル稼働するから金を、
稼げるようになるから回る

2023年からの建設ラッシュで、建設利益がガッポリだから心配していない
建設利益が、馬鹿にならない

建設利益で、原価償却費を賄わないといけない
これを、次の投資や配当に回していると、資金ショートするようになる

受注だけでもダメ、建設時期だけでもダメ、借入能力だけでもダメ
3つ全部が揃って上手く回らないと、食あたりを起す

建設時期から完成時期を把握して、金を何時から生み始めて、
次の借入換えが何時だから、金が回るな までを考える


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

クズの本懐(7) (ビッグガンガンコミックス) - 横槍 メンゴ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板