したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

645 :2019/02/07(木) 11:34:28 ID:klNZHtZw0
www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-09/PHWXGI6TTDSF01
j.people.com.cn/n3/2018/1210/c94476-9526981.html
www.mag2.com/p/money/628666

これを見ながら、そう遠くないだろうな・・5〜10年位かな?
沿岸部のGDPは高く、農村部は低い それで、トータル6.5%だから
沿岸部が下がっても、農村部が上がれば、トータルは変わらない
この説が、本土では良く言われる

富の再分配が、始まると言われている
海外から見れば、これをバブル崩壊という

www.epochtimes.jp/jp/2011/05/html/d35009.html
先日読んだ、記事だと北京市近郊に5000箇所のごみ山ができていると出ていた・・・
これだけの、不法投棄されたゴミを処理するのにどれ位の金をつぎ込むのだろな

future-gadget-lab.com/2018/11/27/11-27-gadget/
中国の急成長する電気自動車市場は、バッテリーのゴミの山に遭遇することになっている

中国のゴミ山問題 ゴミ山は、自然発生する不法投棄
それが、5m位の高さになり、何キロも繋がっている物もある
それを、誰が撤去するかが、大きな問題・・・

安徽省で受注した、違法不法投棄ゴミ撤去PPPは、中央政府が8億投資して、
10年の契約期間で受注している
 
仕事?不法投棄が絶えないのだから、幾らでもある・・・・
問題は、行政が管轄地をお互いの部署に擦り付けて前に進まない

これを、解決できると、不法投棄処理事業は無限大に拡大する
だから、この公益企業の仕事は、永遠に終わる事は無い

配当原資が尽きる事は無い

先月、北京市順義区の投資平台の環境子会社と合弁企業を設立した
この環境企業は、埋め立ての権利を持っているが、過去の実績は何もない

金を出すから、首創環境が後はやってよて事

順義区の第2期プロジェクトから、参入する
ゴミ収集/道路清掃/バイオマス/売電/バイオマス廃棄物/埋立が事業内容

順義区の企業設立時の発表では、この企業の北京ー天津ー河北省で、
環境投資のシェアが今後、増えていくと言っている

投資平台だから、あっちこっちのプロジェクトに参加している
そのプロジェクトに、後から具体的企業を引き込むだけ

北京市内で、投資平台と合弁企業を設立した事で、
時間は、掛かるが参入ルートが広がった・・・
稼動するまで、5年掛かる

金は、投資平台がやるから負債比率も借入金の心配もしなくていい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板