したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

614 ? :2019/01/05(土) 23:22:40 ID:klNZHtZw0
唐河县生活垃圾焚烧发电(环保能源热电联产)PPP项目
建设周期:2019-2020年 フェーズ1

年末に受注が確定したばかりなのに、2020年末には完成・・・
2022年のPLにフルで載って来る

PPPが主力になってから、何か何もかもが今までと違う

従来の流れ
受注 → 環境評価1〜4回 → 建設準備 → 内部デザインコンペ → 建設 → 完成 (4年)

受注の段階で、建物の外観のデザインは決まっている
その後で受注企業が全てを仕切り、内部デザインを入札で決定して建設となる
建設中も、環境評価を全部で30回程繰り返し有識者の審査を受けて都度、
公示しなければならない

PPPでの入札
受注 → 建設 → 完成 (2年)

PPPの場合、建物の建設だけを入札て形にしている
PPP入札の公告が出た時には、既に誰が受注するのかわかっている

プロジェクト全体の社会資本参加企業は2年前に、既に決めている見たい
お前とお前とお前は、参加して良いよ・・指名制

2020年に完成 → 2014〜15年に落札企業は、決定していないと出来ない

PPPは、完全な指名制 対して 一般入札は、企業と政府側の思惑か・・・
一般入札の場合は、こいつが取るんだろうが、蓋開けると違う企業が
取ってる事があり何、それて事がある

計画段階の、プレゼンで逆転負けしていた何て事が起こるwww
計画から完成までの期間が、8年もあれば、完成4年前の企業最終決定時に、
逆転されているて事はある・・

安徽省の財務部発注の収集プロジェクトは、財務部と首創環境と首創科学の
3社による、密室協議で決定している
財務部は、最初から首創集団を指名出来ている

PPPが、進んで来ると誰が何処と繋がっていたのかがハッキリしてくる
思いもしない奴が、思いもしない場所で繋がっている可能性は大あり

基本的には、どの企業の基盤はこの地域は決まっている
基盤の無い、地域で受注しましたは本当に稀・・・・

インフラ業界、入札で勝ちあがりました何て一言で片付く程、
単純な話じゃない

外資を寄せ付けないのは、中国の社会構造が複雑すぎる

国民性で、相手を信用するまで時間が掛かり、
一度、信用したら手のひらを返した様に自分の懐に手放しで入れる

技術力が優れているとか、価格が安とかでぶつかっても、
跳ね返されるだけだろうなwww

最初に、必要な事は相手に信用される事が第1で、
良いか悪いかは、その次だな・・・凄い、所だな^^;;

こんなに、良い物だから買ってよと行っても通用しないお国柄だと思う

当社の製品は、技術では。。。言って売り込みに行っても、
相手は、こいつ怪しい奴だなとしか見えてないと思うwww

それだけ、外部の情報が入っていないお国で、
井の中の蛙大海を知らず 何だと思う

つい、この前まで鎖国していたような国だから時間が掛かるよ

インフラ業界の市場が、開放されるまで何て、
後、何十年掛かるかわからないwwwwww

PPPで、ますます参入障害が高くなるww


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

モンスターハンター:ワールド(発売日以降お届け分) - PS4 - カプコン

一狩りいこうぜ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板