したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

605 ? :2018/12/30(日) 21:13:33 ID:klNZHtZw0
启迪桑德・・・精華大学系環境企業

固形廃棄物/インターネットを使ったゴミ取集システム/資源リサイクル/衛生車製造
成長率が高いのは、インターネットを使ったゴミ取集システムと衛生車

ゴミ収集システムとゴミ回収車が、今後伸びていく部門になって行く

ゴミ収集システムは、NZからシステムをそのまま引っ張って来て今、実験中
県レベルなら、対応できるシステムを首創環境も持っている

繋いでいけば、3県でも対応できる・・・河南省南陽市の3県で稼働している
処理施設を作っても、収集システムがまともに稼働しないとゴミも集まらない

大型県 人口90〜120万 中型県 人口60〜80万 小型県 20〜50万位になる
大型と中型を合わせると、人口200万人位になる

人口200万のゴミを収集して、各施設に振り分ける為のシステムが必要になる
農村部と言えども、日本で考える様な人口でない^^;;
だから、衛生車の需要が今後、右肩上がりになってくる

集める用途によって、種類が違う
収集システムを作って、それに合わせた車をセットで導入するんだから
そりゃ、伸びるに決まっている・・

産業チェーンをさせたら、精華大学系企業は凄いよな

首創集団は、河南省の企業と戦略協定を結んで共同開発している
河南省の企業も、北京市と繋がって共同でアウトレットパークの開発をしている
共同開発の衛生車が、河北省玉里プロジェクトに初めて導入された

インターネット+αで
インターネットを使って集中管理して、GPSを使ってゴミ取集車が組み込まれている
どの車が、今何処を廻っていて、一杯になると中継用の大型車に積み替えて末端の
回収を続ける。中継用の大型車は中継基地に集めて、更に大型車で各施設に運ぶ

本当に、凄いんだから・・IT化に関しては日本よりも中国の方が、圧倒的に進んでいる

日本は、決まった時間までに、決まった曜日に、決まった物しか出せないが、
中国は、24時間いつでも出せて分別も3つしかない

大雑把だから、効率を上げる為にIT化がドンドンと進んでいくのだから思う

上海や北京等では、ゴミ拾いの業者の姿を良く見るが、日本では見た事がないとか
ゴミ箱が無いから何処に、ゴミを捨てれば良いのかわからないと、
掲示板に書き込みされている・・

中国は大通り沿いにはゴミ箱が、至る所に設置されているそうだ
日本と全然違い・・1日中、ゴミ収集車が走っている見たい

IT化に向けて、IT企業の参入を首創集団は呼び掛け続けている


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板