したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

3989 首創環境

394 :2018/06/23(土) 14:49:02 ID:klNZHtZw0
一昨日、浙江省宁波市世行贷款厨余垃圾处理厂项目 IMFが融資しているアジアで最初のPPPで、
当然の財政部が直で管轄している国家プロジェクトだが、宁波市の副市長のコメントが又、凄い

今、資金不足に直面しているが、10月末までに第1期分を完成させないといけない・・・
国家プロジェクトでしょ?何で、資金不足なんて言っているの・・・いい加減にしろよ
企業側が資金難に陥るているが、政府側も資金難に直面して重大な問題になっている

固形廃棄物企業は、そこら中に仕掛けられた地雷を回避しながら業績を上げて行かないといけない
業績が、20-200%増何て、皆それ位の増益をしているが、今、企業のPLが地雷だらけで、信用できない^^;;
PLが信用できないから、玉も砂利も、営業CFがマイナスの奴は売ってしまえが今の流れになっている

香港も本土も固形廃棄物企業のPLは、20-200%増が続いているが、営業CFに反映されてくる気配も無い
本土の新興環境企業はこのまま倒産するんでないか?の危機にさらされている
仕事は、幾らでもあるが、自分の財布のコントールも出来ない状況で、金融引き締めにより黒字倒産の危機に陥っている
黒字倒産回避に向けて、受注しているプロジェクトを売る状況は、近いと思うが、考えてみたが、新入社員に中枢の仕事はさせない
新興企業に、重点プロジェクトはさせない・・禄でもないプロジェクトを一杯吐き出されても、何も買う物がないよな・・・

 だから、500強企業の系列でなければ、ダメなんだよ>< 
 政府側の資金繰りによるプロジェクト延滞 と 企業側の資金繰り の両面からファンダ分析して行かないと・・・
 これだけ、何処も財務レバレッジを掛けているのだから、成功したらハイリターンになるが、失敗したら最悪 黒字倒産になる

 地雷に囲まれた中でも、4強が形成されて行き、14次5で、重点プロジェクトは4強に集まる
 資金管理/技術力/政治力が揃った奴が、最終的に4強となりTOPグループを形成していく
 多くても、TOP5でシェアを分け合う形に向かって行く
 
 先進国が、その歴史を辿ってTOP5を形成してきたのだから、中国だけが違う道を歩むてあり得ない
 米国と欧米の歴史で見ると、TOP5を形成するのは10年でシェア80%になっている
 中国の起点は、2017年と言われているから、2027年にはTOP5でシェア80%であれば、米国と欧米と同じ歴史て事になる
 今、10強何て言われているが、半分の5で良い

TOP5に向けて、今道を踏み外していないし、受注も良いと思う
勝負は、14次5に入ったら初年度から受注を積み上げて行けば良い
2023年には、今のプロジェクトが第2期分までが稼働するから、
2021年から、受注額を増やしても金は回って行くと考える

2021年受注 → 2023年建設スタートなら金は楽に回せる


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa