したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

195 :2018/01/03(水) 14:31:22 ID:klNZHtZw0
ありがとうです 助かります

当期利益の所が?ですね 9.19% 13.29%であれば、
2017年 366,497,532 2018年 711,417,833ではないでしょうか?

366,497,532は、BCGNZの49%を買収完了後の数字で、
2017年に買収が完了しない場合は、1億引いた数字が当期最終利益になります
2017年買収が完了した場合、366,497,532になると考えます

建設面では、2017年に、3つ完成稼働していますから2016年と比較して大幅増です
2018年上半期に完成の2つのゴミ発電所の建設利益が2017年度に建設利益として載ってきます
ので、更に2017年の売り上げを2016年比で押し上げます

2つの要因で、売り上げは大幅増になります

2018年当期利益711,417,833は、自分では利益が6億RBM以上でEPS0.04〜0.05の間かなと
思っていましたので、皆、同じ位で考えているんだなで安心しましたwww

2018年の数字がえ?て位あがるから本当か?で自分でもわからない状態でした
ロイターが、同じような数字で言っているのなら、皆、2018年を同じ様に
考えていると思います

各市や各県のHPを読んでも建設完了時期が、2018年度中になっているから
皆、同じ様に考えているとおもいます

皆、市や県人民政府のHPに書かれている事を見るから答えは、
同じにしかならないのですが、ロイターが同じ様に言ってくれると
正直、安心します^^;;


良いですね、SBI マネックスは1年分しか記載していません
PRE予想が、31.7倍で2017年利益予想額と比較したらEPSが合いません
PRE31.7倍て何?となるとBCGNZの49%を含まない利益だとPRE30倍になります

BCGNZの買収分の1億が、2017/18かわからない><
2017/18年の延べの数字は、一緒になります

(利益率)  9.19%  13.29% 
此処に、絶対注目です。今後、これはもっと上がって行きます
2017年稼働分が、フルになるのは2020年
2018年稼働分が、フルになるのは2021年

2年で10施設が稼働するので、年々利益率は上がって行きます
稼働数が増えれば増える程に、20%前後になると考えています

売上高
2017年 2018年
4,072,194,800 5,353,031,100
2017年に2つ発電所が稼働しましたので、2018年には売電が大きく増えます
2018年には発電所が3〜5完成しますから、2019年の売電は、更に大きくなります

2019年の売り上げは、65〜70億で考えています

株価的には、2017年決算にたいしてPRE30倍ですから動き辛いですよね
決算発表後は、2018年決算に向けて買い上がっても良いと思います

業界平均PRE18倍なので、EPS0.045 X PRE18 = 0.81になります
此奴は、平均PREが23〜30倍の間を行ったり来たりなので、
1.035〜1.2まで上がって良いのかな何て、考えています

2019年が2018年以上に伸びるので、年内に2018年の業績は折り込むと思うのですが


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa