したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

142 :2017/11/25(土) 17:28:18 ID:klNZHtZw0
河南省商丘睢县 今年1月に受注した時が、総投資6億が今、商丘睢县のHPでは
10.6億に増えて全額首創環境出資になっている・・・
4億分プロジェクトが拡大して、道路清掃/危険物廃棄/ゴミ取集/運搬が増えている^^;;

ゴミ処理が600tで売電が年5000万RBM 商丘睢县の税収が300万RBM
補助金を入れて、1億4〜5千万RBMの利益になるのかな?
最終的に、ゴミ発電が1200tになるから売電も倍の1億になる

600tで売電が5000万RBMか、今の建設中が4900tだから4億程度の売電がたつ

huanbao.bjx.com.cn/news/20171124/863590.shtml
5図 2017年第3四半期の年間ゴミ発電受注
1位 光大国際 24% 2位 盛运股份 11% 3位 首創環境 7%

首創環境 頑張ってますよ

段々と、わかって来た  首創環境の収益構造
2016年 稼働利益 < 建設利益 2017年 稼働利益 < 建設利益 2018年 稼働利益 < 建設利益
2019年 稼働利益 > 建設利益 2020年 稼働利益 > 建設利益

2018年までは、建設利益が売上/利益を引っ張るが2019年からは、稼働期に入って建設利益を抜く
2018年までは、稼働による利益は、スズメの涙位しかない

建設利益は、次の投資に回していくため手元に全く残らない金
2019年から本来の稼働して利益を上げる方が、建設利益を抜くから
手元に金が残る様になる・・・

建設が止まれば、年7〜8億の金は残るが、3年後に成長は止まる
稼働が始まって、3年後にフル稼働になる為、それ以上処理能力は増えない為
企業の成長は、そこで終わりとなる

2017年決算で5つ完成するから、建設利益が年間で7億程度かな・・
2017年完成分は、2018年の収益には貢献しない><利益を先に喰っているから
2018年完成が11あるから、建設利益で何かと増収増益を維持する

2019年に、ようやく2017年完成分が収益に載って来る
2018年完成分は、2020年の決算書に載って来る

稼働による収益が建設利益を抜かないと、何時まで経っても利益は増えない
この業界の収益構造は、どうもこの様になっている・・・

2018年が11施設完成だから建設利益はMAX

建設利益という奴は、建設出来ましたので引き渡しますの時に発生する
2018年は、建設利益の方が多い

建設利益はそのまま、次の投資に回されるから・・・10億借りれ+建設利益 
年15億位の金を回すんだろな

2015年の曹役員の、将来像では年5〜6のプロジェクトを受注するとなっている
2016/17共に、6のプロジェクトを受注しているからそんな感じで進んでいる

18/19/20と6つなら18プロジェクト受注になる

huanbao.bjx.com.cn/news/20171124/863590.shtml
ここの4図
2017年第3四半期の投資された省 山東省12% 広東省11%・・・四川省/河南省
首創集団が戦略協定を結んでいる、四川省/河南省の投資が増えてきている
2017年は河南省での金額が大きいというか殆ど
四川省では、今年は0件だが来年は、四川省で期待している

首創集団が結んでいる、戦略協定は首創環境のファンダメンタルとして
評価されるベキ物である

受注額が3位に付けているのは、首創集団が2010〜2016年まで地道に
各省と投資企業を設立して、ファンドを立ち上げ金を投資して来た、
成果が表れ始めていると見て良いんで無いかな

中国企業のファンダ分析て思うけど素人の手に負えるものでないな....

この辺りまで、掘り下げたら証券会社の研究報告にも載っていません^^;;
何処の証券会社が、金も払わない奴に、首創集団が何処の省と幾らの
戦略協定を結んで、幾らのファンドを立ち上げています

此処まで、掘り下げて裏を取らないとグラフに出ている数字の分析も出来ない


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa