したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

不良サラリーマンのビジネスメモ

369はすぴー:2022/09/09(金) 09:58:51
『イノベーション入門。ビルゲイツ&ラリーペイジ』
に描かれていることを要約。
*****
1.まず何かに夢中になる。
それがすべてのスタート。
最も得意な分野の中に「とりで」をつくる。

2.必ず「できる」と言う。
やり方は後で考える。
チャンスに全部を賭ける。
安全コースに心を残さない。

3.契約はロイヤリティ方式で。
大手企業の食い物になるな。

4.業界標準を握ってこそ、
変革はお金に変わる。

5.最初に成功しなくても、
徐々に成功すればいい。
勝つコツは1つ。猛烈に働く。

6.改善は時間勝負。1分1秒を惜しむ。

7.最初はお金が目的でいい。
真の目的にやがて気づく

8.1つの着想を考え抜く。
いい答えには必ず人が集まる。

9.自分が常識外れではなく、
常識が間違っていると考える。
予備知識はイノベーションの敵。
大胆に進める。

10.少数より多数のほうが賢い。
知恵を集める者が勝つ。
*****

将に、米国人らしい。
ナポレオンヒルの「成功哲学」に似てる。
非常に参考になりますが、
経営の神様、故稲盛和夫氏なら
ちょっと違いそう。
成功の原点は「利他の心」ですから、
人の幸せにしてこそ事業がある。
これは江戸時代に石田梅岩が創った
商売の心得「石門哲学」と繋がってます。
日本は「人」、米国は「金」が中核。
両方身につければ、成功間違いなし。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

※画像アップローダーはこちら

(画像を表示できるのは「画像リンクのサムネイル表示」がオンの掲示板に限ります)

掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板