したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

長谷川ビギンズ

6 名無しさん :2016/10/30(日) 03:55:53
◎長谷川ビギンズ 第4回◎
 長谷浩二(45)が3回目の個人説明で悪徳フランチャイザー説明員からうけた説明は以下の通りである。
 「ただ食べて行くだけなら本部紹介だけで十分だが、自分で営業を頑張ればその分は丸々利益の上積みになります。
 長谷さんには特別に良いエリア(開業場所)をご用意してますが、そのエリアでの開業枠はあと‘1’で他に希望者
 があれば枠が埋まり、実績の無いエリアでの開業となりますよ」・・・心理的罠④
 長谷は悪徳フランチャイザー説明員の言動から最低限の生活は保障され、より良いエリアで開業出来るチャンスは
 今しか無いと思った、本部紹介の金額や営業的なサポートを明確な形(書面など)で欲しかったが今後お世話になる
 事や加盟審査が有る為、無理を言って心象を悪くしたく無かった・・・心理的罠⑤
  

解説 心理的罠④・・・加盟枠は‘1’で先着順
   『限定○個本日限り』商売をする上では昔から有る古典的な手法であるが、加盟に傾いた長谷には十分効果的だ。
   最悪でも本部紹介で何とかなると長谷は思わされてしまった。

   心理的罠⑤・・・今後の付き合いや加盟審査
   多くの日本人は性善説で行動しています。長谷も今までの説明の証拠を出せとは思っていても言いづらい事です。
   悪徳フランチャイザーもエビデンス(証明・確証)をうるさく言う加盟希望者は加盟審査で落とせば良いだけです。
   悪徳であれば有るほど嘘の証拠は残しません。

結論 フランチャイズは加盟店が無ければ成り立ちません。うるさく言って加盟審査に落ちるならその程度のフランチャイズ
   だったと思いましょう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板