したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

『劇場版プリキュア』を楽しもう!

1 運営 :2013/02/17(日) 18:03:31
プリキュアシリーズの映画及び、オールスターシリーズの映画について語り合うためのスレッドです。
ネタバレな話題もOKです。また、これらの映画に関するSSと感想もこちらにてお願いします。
掲示板のローカルルール及び、保管庫【オールスタープリキュア!ガールズSSサイト】(ttp://www51.atwiki.jp/apgirlsss/pages/1.html)のQ&Aを読んで下さい。
※映画の視聴が未だといった方は、閲覧されないようにご注意お願いします。

2 名無しさん :2013/02/22(金) 22:13:06
む、娘用にUSBキーボード買ってやろうかな・・・

ttp://shop.toei-anim.co.jp/feature/mini/special_201302_02.html

3 名無しさん :2013/02/22(金) 23:38:49
>>2
USBキーボードいいね! 欲しくなってきたw
文字が読みにくくないのかな〜と、それだけは心配。というか、高かったw
耐水ポスターがコスト的にも手ごろかなあ。風呂場に貼ったら痛いけどwww

4 ナイト :2013/02/23(土) 05:17:19
来月のnew stage2について話したりしませんか?

5 名無しさん :2013/02/23(土) 08:41:48
new stage2では、キュアパッションにセリフがあるらしい。
ならピーチたちはもちろん、他の旧作シリーズの出番にも期待が持てるね。
個人的には、キュアエコーが登場しなさそうなのが寂しい……。

6 ナイト :2013/02/23(土) 08:55:19
パッションやビートやタルトも出るみたいだかピーチ達も喋って欲しいですね。
エコーが出なかったのは残念ですが、いつかきっと

7 名無しさん :2013/02/23(土) 11:52:38
先週のドキドキプリキュアのCM見てたら、もしかして初代から全員台詞ある!?って期待しちゃったんですが。
わたし、信じてる(笑)

8 名無しさん :2013/02/23(土) 18:00:24
今年も勇気出して映画館に足を運ぶとするか(笑)

9 名無しさん :2013/02/23(土) 20:36:17
前売り券の絵だとほかのプリキュアがほぼ全身横向きなのにベリーは体が正面を向いててバストラインがいい感じに見えるw
さすがmktn!

10 名無しさん :2013/03/08(金) 06:48:49
なんか近付いて来た♪
まこぴーは間に合うのか!?

11 名無しさん :2013/03/10(日) 09:44:15
ドキドキ!で映画バージョンのオープニング来たっ!
いきなりタルトが登場したんでびっくりした。なんか、エラそうに先生やってるし!
やっぱりみんな台詞ありそう♡
フレッシュ、ハトプリ、スイートが出会う場面がなんか興味深かった。
まず、えりかが真っ先にアコちゃんに駆け寄ってなでなでするところ(笑)
アコちゃんもえりかには素直に甘えるんだな〜。この二人がこんな仲良しなのが面白い。
ラブ、つぼみ、響の主人公チームが集い、
せっちゃんとブッキーがエレンに駆け寄り、
奏がニコニコと、美希、いつき、ゆりさんに歩み寄る。
なるほどね〜、って感じでした。

12 名無しさん :2013/03/17(日) 18:43:39
いよいよ公開しましたね!
どなたか行かれましたかぁ?

13 名無しさん :2013/03/17(日) 21:56:41
私はまだ観に行けてません。毎年5月のゴールデンウィーク辺りにギリギリ滑り込んでますw
評判はどうなんでしょうね?

14 名無しさん :2013/03/18(月) 20:26:55
映画か…
行きたいな〜

15 名無しさん :2013/03/20(水) 18:39:04
行ってきました!
プリキュア32人、さすがに全員には台詞無かったですけどね。
しかぁし!初代がカッコいい!!
そして、パッション&ビートが!マリンが!マリンがぁっ!
スマイルとドキドキのコラボも良かったし、メインのストーリーも良かったです。
ミラクルライトを力いっぱい振りまくる子供たちの姿も嬉しかったし、
「こんなに泣ける話だったんだ・・・」とハンカチを握るお母さんの姿も嬉しかったでランス♪
もう一回行っちゃうかもな・・・(笑)
SSは、終了した辺りで書く・・・かも。

17 名無しさん :2013/03/23(土) 23:52:33
映画良かった!喋らなかったプリキュアもそれぞれ存在感あって楽しめました
パッションビートのシーン後にピーチメロディが並んで飛ぶとこ、何か語り合ってましたよね
あれだけで私には妄想広がって満足ですw

18 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:21:47
こんばんは。
映画のSS、というより、映画の宣伝にも使われているとあるシーンからの妄想を、ただ単に綴ったものです。
あのシーンの裏側で、実はこんなことがあったんじゃないかなぁ、と・・・。

タイトル:Waiting Time

妄想が膨らんで長くなりました。5レスお借りいたします。

19 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:22:29
「出来た。これでよし、っと。」
 グレルは、封をしたばかりの七通の手紙を、満足そうに両手で抱え上げた。
 中に入っているのは、プリキュアパーティーのお誘いを述べるグレルの映像だ。異次元へと通じる魔法のポストに手紙を放り込むと、グレルは後ろに立っているエンエンに、にやりと笑ってみせた。

「準備オッケー。あとはプリキュアたちがやって来るのを、待つだけだ。」
「あ、あの・・・グレル。」
 エンエンが、恐る恐る話しかける。
「プリキュアって・・・この世界まで、その・・・どうやって来るのかな?」
「そんなもん、プリキュアなんだから、簡単に来られるんじゃねえのか?」
 グレルは事も無げに言ってのける。そんなグレルを、エンエンは相変わらずびくびくした様子で見ながら、それでもしっかりと、首を横に振った。

「いくらプリキュアでも、そう簡単に異世界には行けないよ。そりゃあ中には、異世界までだって一瞬で移動できるプリキュアもいるけど・・・。」
 エンエンは、教科書の『キュアパッション』の項目を思い浮かべる。もう何度も何度も読み返した、憧れが一杯に詰まったプリキュア教科書。クラスの誰も知らないことだけど、もういつでも好きなページを完璧に思い出すことが出来るほどだ。
 もっとも、教科書に載っていることだけが、プリキュアの全てではないのだけれど・・・。

「ふん。だったらそいつと、そいつの仲間だけでも来られるだろ?運悪く全員が集まらなくたって、そんなこと気にすんなよ。」
 そう言い捨てて、おーい、と影の元へと駆け戻って行くグレル。
「グレル、待ってよ。」
 エンエンは、慌ててその後をパタパタと追いかける。

(プリキュア・・・本当に、この目で見ることが出来るのかな・・・)
(でも・・・もし本当にやって来たら、プリキュアは・・・)
 頭の中を、そんな声がぐるぐると回る。
 自分はいったい、プリキュアに来てほしいのか、それとも来てほしくないのか――エンエンには、それが自分でも、どうしてもわからなかった。



     Waiting Time



 その手紙がラブたちの元に届いたとき、四人はダンスレッスンを終えて、いつものようにカオルちゃんのドーナツカフェでくつろいでいるところだった。
 最初に手紙に気付いたのは、シフォンだ。まるでチョウチョか鳥のように、ひらひら、ふわふわ舞い降りて来る封筒に、キュア〜!と目を輝かせて飛び付いた。
「ラ〜ブ〜!」
「ん?それ、なーにー?シフォン。」
 ラブが封筒を受け取って、しげしげと眺める。
 宛名は無い。封筒の表紙に、特徴的なハートと星の模様が一面に描かれている。一体どこから落ちて来たんだろう、と封筒を裏返したとき、封が剥がれて、中から一筋の光が立ち上った。

「わっ!」
 驚く四人の前で、明るい光の帯の中に、子狸のような姿が現れる。葉っぱで出来たようなお面を被ったその使者は、ぺこりとお辞儀をして話し始めた。
「プリキュアの皆さん、こんにちは。僕たちの妖精学校で、プリキュアパーティーを開くことになりました・・・」
「うわぁ、プリキュアパーティー!?行く行く〜!ねぇ、いつ?どこで?」
 途端に目をキラキラさせて、小さな使者に話しかけるラブ。そんなラブに、しぃ〜、っと人差し指を立てるせつな。
 ラブが慌てて口を噤むと、子狸のような妖精は、パーティーの日時と、妖精学校に来てほしいという口上を二度ほど繰り返し、光と共に、すーっと封筒の中に消えた。

「えっ?ちょっとぉ、引っ込んじゃうの?」
 思わず封筒を覗き込むラブに、祈里が苦笑する。
「ラブちゃん。さっきのって、ただの映像なんじゃないかな。えっと確か、ホログラムだっけ。」
「えっ?」
 驚くラブを尻目に、せつながニコリと笑って祈里に頷く。

20 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:23:12
「そっか、ビデオレターみたいなもの、ってことね?まぁ、アタシたち宛だってことは間違いないんだし、行くっきゃないわよね。」
「うんっ、もっちろん!楽しみだなぁ、またみんなに会えるんだぁ。」
 勢いよく身を乗り出す美希に、再びキラキラと輝き出すラブの瞳。それを嬉しそうに眺めていた祈里が、何かに気付いたように、せつなの方に向き直った。

「妖精学校って、今タルトちゃんが行っているところよね?せつなちゃんがアカルンで送ってあげたの?」
 祈里の問いかけに、せつなは静かに首を横に振る。
「ううん。妖精学校から迎えが来たの。だから、そこがアカルンで行ける場所なのかどうか、確かめないと。」
 アカルンでの瞬間移動は、アカルン自身か、移動するメンバーの誰かが知っている場所でなければ、転移できないのだ。
「そっかぁ。でも、大丈夫だよ!もしもアカルンで行くのが無理でも、きっと何かいい方法が見つかるよ。」
 力強いラブの言葉に、せつな、美希、祈里の三人が顔を見合わせて、誰からともなく笑顔になる。
「そうね。何てったって、アタシたちには・・・」
 美希がそう言いかけたとき、ふいにラブのリンクルンが軽快な音楽を響かせ始めた。


 ☆


「嗚呼!やっぱりプリキュアやってて良かった・・・。この来海えりか、いずれはファッションデザイナーとして社交界デビューも夢では無いけれど、まさかその日が、こんなに早くやって来るとわぁ!」
 右手にぎゅっと封筒を握りしめ、目と口を全部真一文字にして、完全に自分に酔いしれているえりか。その雄々しすぎる姿に、コフレがはぁ〜っと溜息をつく。
「えりか、落ち着くですぅ。その発想は、大袈裟過ぎるですっ。」
「何よぉ、コフレ。だって、パーティーだよ?正式な招待状が来ちゃったんだよぉ?」
 興奮冷めやらぬえりかの手が、コフレのほっぺたをムニッとつまむ。
「でも、どう考えても社交界とは程遠いわね。」
「うん。だけどプリキュアのみんなが集まるんだからさ、とっても楽しいよ、きっと。」
 ゆりにやんわりとたしなめられ、いつきにニコニコと励まされて、えりかはニハハ・・・と笑って、やっとコフレを解放した。が、ハイテンションになっているのは、えりかだけではなかったようだ。

「また皆さんとお会いできるなんて・・・。今は総勢28人。いいえ、シプレの話ですと、新しいお仲間も加わったんですよね。となれば・・・ついに30人超え!そんな沢山のお仲間が一堂に会するなんて、これこそ空前絶後、合縁奇縁、一期一会の奇跡の宴!ぜぜぜ是非とも全ての方と、勇気を出してお話しなくては〜!」
「つぼみぃ〜、今からそんなに興奮してどーするの。」
 自分のことを棚に上げる、という言葉のお手本のようなえりかの発言に、ゆりといつきが思わず吹き出す。
 四人はいつものように、薫子の植物園に集まっていた。所用で出かけた薫子に留守番を頼まれたつぼみが、四人分のお茶を入れたところで、どこからともなく封筒が舞い込んだのだ。

「それで、妖精学校ってどこにあるの?どうやって行けばいいのかしら。」
 ゆりが笑いをおさめて、極めて現実的な質問を口にする。
「あ、それならきっとコフレが・・・」
「なんで僕ですか!?僕たちは、えりかたちと会う前はずっと、心の大樹に隠れていたんです。学校なんて、行ったことないですぅ!」
 えりかの軽い一言に、コフレがムキになって言い募る。シプレも、うんうん、と力強く頷く。その様子を見ていたポプリが、いつきの膝の上からふわりと飛び上がった。
「コッペ様〜!コッペ様は、妖精学校がどこにあるか、知ってるでしゅかぁ?」
 しかし、胸元のふかふかしたハートマークに、ぽふっ、と飛び込んだポプリに、コッペはわずかに黒目を動かしただけだ。

「困りました。せっかくのパーティーなのに、行き方がわからないのでは・・・」
 不安そうに呟くつぼみに、えりかがパチリと片目をつぶって、人差し指を立ててみせる。
「大丈夫だよ、つぼみ。あたしたちには、強い味方がたっくさんいるじゃん。ほら、つぼみも言ってた、イチゴの知恵ってヤツよ!」
「苺・・・ですかぁ?」
 えりかが怪訝そうに首を捻り、いつきが一瞬考えてから、クスリと笑う。ゆりだけが少し怒ったような顔で、「えりか、それを言うなら・・・」と言いかけたとき。
 テーブルの上に置かれたつぼみの携帯電話が、突然ブルブルと震え出した。
「あっ・・・すみません。」
 慌てて電話を手に取ったつぼみは、発信者の名前を見て、その顔をぱぁっと輝かせた。

 ☆

「へぇ、妖精学校でプリキュアパーティーかぁ!きっと美味しいもの、たっくさん食べられるんだろうなぁ。」
 今にもよだれをこぼさんばかりの響に、奏が呆れた視線を送る。

21 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:24:14
「響ったら、お行儀が悪い!大体、それより先に考えることがあるでしょう?」
「へ?ああ、やっぱり手土産は、奏のカップケーキだよね〜。」
「もうっ、友達の家に行くわけじゃないんだから・・・」
「え〜、持って行かないのぉ?奏のケチ。」
「だからっ!そういう意味で言ってるんじゃないの!」
 いつもながらの二人の掛け合いに、エレンは苦笑し、アコは我関せずとケーキを頬張る。
 響たちの元に封筒が届いたとき、四人とハミィ、それにピーちゃんとフェアリートーンたちは、いつものように奏の家でカップケーキを食べていた。ひらひらと舞い降りて来たそれを、響が見事にワンハンド・キャッチ。その途端に子狸の映像が現れたので、慌てふためいたエレンが二階に居ることを忘れて、ベランダから飛び降りそうになったほどだ。

「二人ともいい加減にしてよ。奏が言いたいのは、どうやって妖精学校まで行くのか、ってことでしょう?」
 しびれを切らしたアコが、呆れた声で二人を止める。奏はコクリと頷き、響はキョトンとして、え?そうなの?と呟いた。それを見て、ピーちゃんがアコの膝の上で、何故か得意げに、ピー!と鳴く。
 小学生のアコが中学生の二人をたしなめると言うのも、傍から見ればおかしな光景だが、四人にとってはそう不思議でも無いことだ。

 アコの言葉に、今まで一心にケーキを食べていたハミィが、ぴょん、とテーブルの真ん中に躍り出た。
「それなら、ハミィに任せるニャ。」
「ハミィ、妖精学校の場所、知ってるの?」
 エレンが期待に満ちた瞳で、親友の顔を覗き込む。
「もちろんニャ。前に一回だけ行ったことがあるから、虹の鍵盤は、ちゃあんと出せるニャ。」
 メイジャーランドの妖精であるハミィは、異世界間を結ぶ虹色の鍵盤を生み出す力を持っている。その鍵盤を使えば、誰でも異世界までひとっ飛びに移動することができた。

「良かった。じゃあこれでひと安心ね。」
 奏はようやく笑顔になったが、響の方は、いつになく真剣な顔で仲間たちを見回した。
「ねぇ。あたしたちは行き方がわかったけど、他のみんなはちゃんと行けるのかなぁ?」
 そう言われて、三人も顔を見合わせる。
「みゆきちゃんたちは、本の扉があるから大丈夫よね。」
「咲たちも、大空の樹から行けるわよね、きっと。のぞみたちには、シロップが居るし。」
 仲間たちの顔を思い浮かべながら、アコと奏が確認するように言い合う。すると、エレンがぼそりと呟いた。
「せつなのアカルンは、使えるのかな・・・。確か、行く人が知ってる場所じゃないと行けないって、前に聞いたことがあるんだけど。」
「つぼみちゃんたちも、移動手段、何か持ってるのかしら。」
 奏も心配そうな声を出す。すると黙って聞いていた響が、バン、とテーブルに両手をついて立ち上がった。

「いいこと考えた!じゃあさ、みんなで待ち合わせして、一緒に行こうよ。それならみんな、どうやって行けばいいかって、悩まなくていいもんね。」
「それいいかも!あ、でも響、待ち合わせって、みんなに加音町まで来てもらうの?」
 奏の問いに、響はちょっと考え込む。
「うーん、みんなの住んでる街の、ちょうど中間くらいのところで落ち合えたらいいんだけどな〜。」
「響、それは止めた方がいいわ。慣れない場所からだと、ハミィが方向を間違えるかもしれないもの。」
 アコがずばりと指摘する。エレンにも力強く頷かれて、ハミィは、ハニャニャ〜、と少し情けない声を出した。

「そうなると・・・なぎささんたちには、加音町はちょっと遠すぎない?」
「そっちは咲ちゃんたちに任せようか。じゃあ、まずはラブとつぼみに連絡取ってみる。」
 響が携帯を取り出して、何だか嬉しそうにアドレスを探す。その様子を、三人も笑顔で見守った。

 ☆

「はい・・・はい・・・えっ?・・・あ、ちょっとスミマセン。もう、えりかぁ!少し静かにして下さい。響さんの声が、聞こえないじゃありませんかぁ!」
 直前まで、「アコはっ?アコは元気?背ぇ伸びた?」と言い続けていたえりかは、涙目のつぼみに睨まれて、ようやく口をつぐんだ。
「はい・・・ありがとうございます、助かります!・・・ええ、すっごく楽しみですね!」
 ようやくスムーズに会話が出来るようになったつぼみが、電話口で頬を紅潮させる。その顔を、えりかもいつきも、そしてゆりも、期待に満ちた眼差しで見つめた。

「お待たせしました。響さんから、加音町で待ち合わせして、一緒にパーティーへ行こうって誘って頂きました。ラブさんたちも、ご一緒だそうです。」
 電話を終えて、嬉しそうに三人の顔を見回すつぼみ。だが。
「へぇ、響たちは、妖精学校に行く手段を持ってるんだ。ねぇ、どうやって行くの?」

22 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:24:49
 いつきの興味津津といった一言に、つぼみは再び涙目になった。

「それが、その・・・ハミィちゃんが空に虹色の鍵盤を出して、その上を、すいーっと飛んでいく、って言うんです。」
「へぇ〜!面白そう!」
 目を輝かせるえりかから、つぼみは困ったように顔をそむける。その様子に、えりかがニヤリと笑って、つぼみの肩を叩いた。
「つぼみぃ、怖いんでしょ〜?」
「そっ、そんなこと!でも、プリキュアに変身してならともかく、空を飛んでいくってことですよね?だ・・・大丈夫なんでしょうかぁ?」

「大丈夫ですぅ。」
「虹の鍵盤からは、絶対に落ちたりしないです!」
 シプレとコフレが、目の前までやって来てつぼみを励ます。
「ホントですかぁ?」
「二人がそう言うなら、安心ね。」
 ゆりもそう言って、まっすぐにつぼみを見つめて微笑んだ。

「ねぇ、つぼみ。」
 えりかは、つぼみの肩に手を置いたまま、少し真面目な顔になる。
「さっき、妖精学校までどうやって行こうかって悩んでたときさ。あたし、絶対に何とかなるって思ってたんだ。あの仲間たちが付いてるんだから、きっと誰かが連絡をくれるって。ね?その通りになったでしょ?」
「えりか・・・。」
 ニコリと笑うえりかの顔を、つぼみはまだ涙で潤んだ瞳で見つめる。
「響たちがあたしたちを誘ってくれて、一緒に行こうって言ってくれてるんだからさ。怖がらないで楽しもうよ。ほら、イチゴの知恵を信じてさ!」
 そう言って、ポンとつぼみの肩を叩くえりか。微笑みながらしっかりと頷いたつぼみは、次の瞬間、何だか恨めしそうな目つきでえりかを見据えた。
「わかりました。・・・でも、えりか。」
「なーに?」
「その諺は、『苺の知恵』じゃありません。」
「・・・へ?」
「生涯にただ一度きりの出会い・・・『一期一会』です!」
「えぇ〜!イチゴじゃないのぉ!?」
「苺じゃないです!大体、どうして苺だと思うんですかぁ!」

 言い争うつぼみとえりかを、いつものように楽しそうに見つめるいつき。その表情を、ポプリは彼女の膝の上から、じっと見つめる。
「いちゅき〜?」
「なんだい?ポプリ。」
「ポプリもいちゅきの、イチゴイチエなんでしゅか〜?」
 心配そうに自分を見上げる妖精を抱き上げて、いつきはその小さな顔に頬ずりする。
「そうだよ。ポプリも、シプレも、コフレも、つぼみも、えりかも、ゆりさんも、それから他の仲間たちも、み〜んな、ね。」
「嬉しいでしゅ!」
 ポプリはまだ、他の妖精全員とは喋ったことがない。今度のパーティーではみんなに話しかけて、自分も新しいイチゴイチエを作ろうと、ポプリは密かに、小さな胸を高鳴らせた。

 ☆

「やったぁ!みんな聞いて。響がね、あたしたちみんなで待ち合わせて・・・」
「加音町から一緒にパーティーに行こうって言うんでしょ?つぼみたちも一緒なのよね?ほとんど聞こえてたわよ。」
 電話を切って、勢い込んで話し始めたラブの後を、美希が苦笑気味に引き取る。
 電話の向こうの響の声は、興奮しているせいかヤケに大きくて、電話から漏れ聞こえる声だけで、何を言っているのか分かるほどだったのだ。
「良かったね、ラブちゃん。それにしても、ハミィちゃんって凄いのね。そんな能力を持っていただなんて。」
 大きな目を見開いて感心する祈里に、せつなが微笑む。口には出さなかったが、かつてはエレンも同じ力を持っていたと、本人から聞いたことがあった。

「加音町かぁ。今度こそ遅れないように、電車の路線はアタシが完璧に調べるとして・・・駅から待ち合わせ場所までの行き方は、ちゃんと訊いたの?ラブ。」
「うん、バッチリ!待ち合わせは、『調べの館』だって。」
 美希の問いに、ラブは自信満々で親指を立ててみせる。それを見ても、三人は何となく不安そうに顔を見合わせただけだった。何しろラブのせいで待ち合わせに遅れたことは、一度や二度ではないのだ。

23 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:25:46
「あとで響に頼んで、駅からの道順、メールで貰った方がいいわ、ラブ。」
「はーい。ねぇねぇ、それよりさ、せつな。加音町と言えば、やっぱりラッキースプーンのカップケーキだよねっ。帰りにちょっとだけ寄り道して、食べて帰ろうよ!」
「呆れた。パーティーでご馳走食べるんじゃないの?」
 道順のことなんか既に頭には無いラブに、さすがのせつなも肩をすくめる。
「だってぇ、みんなの顔を思い浮かべたら、何だか一緒に、みんなの町の美味しいものが浮かんで来ちゃったんだもん。『PANPAKAパン』のチョココロネ、美味しかったよねぇ〜!」
「うん。あと、小町さんとこの豆大福も。」
 うっとりと中空を見つめるラブに、祈里までもが幸せそうに呟く。それを見て、美希の顔がわずかに引き攣った。

(マズイわ。みんなの町の美味しいものって言ったら、必ず出てくるわよね、アレが。)
「えーっと、それからぁ〜」
「あ、アタシちょっと・・・カ、カオルちゃん!飲み物のおかわり・・・」
 なおも先を続けようとするラブを制して、美希はこそこそと席を立つ。だが、その背中からラブの声が追いかけて来て、美希は思わず耳をふさごうとした。
「そうだ、忘れてた!ほら、あのソースが香ばしくってさぁ、ほっかほかの、あかねさんの・・・」
「あかねちゃんの、お好み焼きでしょ?美味しいわよね。あの鮮やかなコテ返し、また見せてもらいたいわ。」
「・・・え?」

 意外な声が聞こえてきて、美希が思わず振り返る。すると、こちらをちらりと眺めて一瞬だけニヤリと笑うせつなと、目が合った。
「わっはー!そうだよね、せつなっ。ああ、思い出したら食べたくなってきちゃったよぉ!」
 ラブが再び、大喜びで騒ぎ始める。美希は、自分も一瞬だけせつなに膨れっ面をしてみせてから、カオルちゃんのワゴンへと向かった。

「なんか楽しそうだねぇ。持ち寄りパーティー?いやぁ、やっぱ餅よりドーナツだよね、グハッ!」
 カオルちゃんが、相変わらずのテンションで話しかけてくる。
「うーん、持ち寄りじゃあないんだけど・・・。でも、カオルちゃんのドーナツは、お土産に持っていこうかしら。」
 美希が弾んだ声でそう言って、飲み物を受け取る。
 一瞬、美希の脳裏にパノラマのように絵が浮かんだ。カオルちゃんのドーナツを囲んで、目を輝かせる大勢の仲間たちと、その真ん中で満面の笑みを浮かべている、自分たち四人の姿が。それがもうすぐ現実のものになるかと思うと、頬が緩むのを抑えきれない。

「そりゃあ歌が上手い人って言ったら、エレンとうららだよね〜。でも、歌はみんな好きだよね。またみんなで一緒に歌いたいな〜。」
 どうやらようやく、話題が変わってくれたらしい。久しぶりに会う仲間たちのことを、実に嬉しそうに話している三人の元へ、美希も笑顔で駆け戻った。

 ☆

 その光景を目の当たりにしたとき、エンエンはもちろん、さすがのグレルも息を呑んだ。
 雲の彼方から架けられた、大きな大きな虹の橋。その上を十二人の少女が、楽しそうに笑いさざめきながら飛んで来たのだ。
 先頭の三人は、何だか怖々飛んでいる少女を真ん中に、瞳に強い力を感じる二人の少女が両脇を固めている。
 続いては、口を真一文字に引き結び、気合い全開で飛ぶ少女。そんな彼女を、両側の二人が穏やかに見守っている。
 お次の三人は、それぞれ妖精を大事そうに抱きかかえて、楽しそうに談笑している。
 最後の三人は、最年少らしき少女の手を引く最年長らしき少女と、それをニコニコと見守る少女だった。

「す・・・凄い。なんでみんな、あんなにキラキラしてるんだ?」
 思わずそんな言葉をこぼしたグレルだったが、隣りでうっとりと呟くエンエンの言葉を聞いて、途端に顔を曇らせた。
「こんなにたくさん・・・。ねぇ、グレル。やっぱりプリキュアって、普段からみんな友達なのかなぁ?」
「・・・・・・。そ、そんなこと知るかよ!」
 グレルがそう叫んだとき、彼の後ろに、音も無く影がやって来た。

「へへっ、ヤツらが変身して来なかったのは、ラッキーだな。おい、始めようぜ。」
「・・・そうだな。」
 グレルが影と一緒に、くるりと踵を返す。エンエンは、仕方なくその後に続きながら、最後にもう一度振り返って、虹と共に煌めく少女たちの姿を見つめた。
(もうすぐ、ここにプリキュアがやって来る。プリキュアに会ったら、僕は――僕は本当は、どうしたいんだろう・・・。)
 心の奥に眠る、その疑問の答えが分かるまで、じっと待っている時間は、残念ながら今のエンエンには無いようだった。

24 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:26:18
 ひまわり色の太陽は、今日ものんびりと穏やかに、妖精たちの世界を照らしている。
 プリキュアたちも、プリキュアの妖精たちも、妖精学校にいる妖精たちも、これから何が始まろうとしているのか、まだ知る由も無かった。

〜終〜

25 一六 ◆6/pMjwqUTk :2013/03/28(木) 00:28:34
うわー、最後の二行が入らなかった・・・。6レスになりました。
失礼しました!

映画、良かったですよ。コメントに書かれていた方もいらっしゃいましたが、
喋らないプリキュアも存在感の出し方に工夫がされていたように思います。
ストーリーも良かったし、パッション&ビートと、それを迎えに来る
ピーチ&メロディのシーンは、嬉しかったです。

26 名無しさん :2013/03/28(木) 20:56:08
早速SS書いてくださりありがとうです!
映画まだ見てないけど、ますます見たくなりました。
読むの映画見てからにしようかなって思ったけど、
やっぱ待ち切れなくて読んじゃいましたw
フレッシュのシーン多めなのが愛を感じます!

27 運営 :2013/04/24(水) 23:19:09
こんばんは、運営です。
makiray様より、プリキュアオールスターズNS1と2の素敵なコラボ長編SSを頂きました!
保管庫に保管済みですので、是非お読み下さい。

・タイトル
思いよ、届け――プリキュア オールスターズ NewStage 2.1――

28 名無しさん :2013/04/25(木) 04:38:47
『思いよ、届け――プリキュア オールスターズ NewStage 2.1』読ませていただきました。
公式作品じゃないかと思うほどに、キャラのセリフや行動、お話の展開に無理が無かった。
とても自然に読めました。これって、SSに一番必要なことなんですよね。
坂上あゆみちゃんが可愛い! 伏せますが○○○の登場も、とてもとても嬉しかった。
『NewStage 2』は大満足の映画なんですが、エコーが出ないのだけは残念でした。あのシーンには感謝してますけどね。
だからこの小説は、「まさしくこれが読みたかった!」なお話でした。
これで終わりなんでしょうか? 後日談か、書き足しがあると嬉しいなぁ〜と思います。
とても面白かったです。ありがとうございました。

29 名無しさん :2013/04/25(木) 20:14:40
このお話、大好きです。「オマエくん!」と呼ぶあゆみの声が聞こえてきそうでした。
そして、最終話で思わず泣きそうになりました。
NS2にもしもエコーが出てきたら、きっとこんな展開になったんじゃないかと思わせる、
とても素敵なお話でした!

30 六花♪ :2013/09/08(日) 13:29:02
「今年でプリキュアは終わり」という噂が出ているのですが、今年は
New Stage3(オールスターズ)の映画はあるのでしょうか?

31 名無しさん :2013/10/19(土) 15:32:03
スイートの映画、アニマックスでやってて久しぶりに観た。
本編の続きと言うか、補足と言うか・・・って感じの映画だな。
メフィストが、改めて父として夫として歩み出し、アコが加音町に残って響たちと一緒に戦うことを決める。
そうやって見ると、これはアコたち家族の物語なんだけど、その中で、響と奏とか、エレンとハミィとかの絆も描かれてる。
改めてみると、クレッシェンド・キュアメロディ、滅茶苦茶強いわ。
んで、不均等なハートが絆の力で大きなハートになって撃ち出されるパッショナート・ハーモニーが、やっぱり良かった!
最後の黒猫と白猫が戯れる何気ないカットも好きだな。

32 名無しさん :2013/12/07(土) 17:00:29
最後の駆け込み(笑)で、ドキドキ!の映画観てきました。
ネットで書かれている感想通り、あれはマナの映画という色合いが強かったです。
でも、私が一番印象に残ったのは、強すぎるダビィと、キュアソードの新技でした。
カッコよかった!

33 名無しさん :2014/02/21(金) 00:17:04
今さらですがNS2の感想。
マリンですね。最後の最後にもヤらかしましたし。
スーパーマンみたいに飛んでいくシーンや
うつ伏せで固まってるシーン、変顔で登場するシーン、
NS3でもヤらかすんでしょうか。ヤらかしてほしいです。
初代カッコ良かったなぁ〜セリフがいっぱいあって嬉しかった。
5GOGOがちょっと描写少なめだったのが残念だったけど。
そしてエンディングめちゃめちゃイイですね!
振り付けがカッコイイから。
NS3はハピプリのEDをみんなで踊るわけですが、
あの可愛い振り付けをムーンライトさん踊るのか…
まあとにかく、
『映画 プリキュアオールスターズ New Stage3 永遠のともだち』
3月15日より全国公開

34 名無しさん :2014/02/23(日) 01:36:10
NS3、どうやらラブさんの声の出演はあるらしい!
せっちゃんは?美希たんは?ブッキーは?と気になるところだが、
それだけで映画に対する期待が高まるっ!

35 名無しさん :2014/03/09(日) 12:56:53
坂上あゆみちゃん……キターーーー!!!!
ふーちゃん出るかな、出たら敵が死ぬよねw

makirayさん、出番です! あゆみちゃんSS期待してますw

36 名無しさん :2014/03/09(日) 12:59:40
>>35
NS3の公式HPに、ふーちゃん居たよ!
敵の運命は決まったw
私もあゆみちゃんSSに超期待!!

37 makiray :2014/03/15(土) 11:55:27
“NS3”見てきました。あゆみストとしては満足で、つけくわえることはありません。
 じゃ、お話を書かないのか、っていうと、それとこれとはまた別の話ってことでw

38 名無しさん :2014/03/15(土) 12:56:29
>>37
早い!
そうですかぁ。わたしも早く観たいな。
じゃあじゃあ、SSは期待していいのね、いいのねっ!?

39 名無しさん :2014/03/16(日) 13:38:31
>>37
自分もNS3観てきました!
あゆみちゃんスキーとしてはもう、大満足です。
と言いたいところですが、やっぱり読みたいあゆみちゃんSS……。
makirayさんのあゆみちゃんSSが超好きで……。できたらその後を描いた長編がいいな〜(チラ

40 名無しさん :2014/03/18(火) 23:20:11
あゆみちゃん人気ですね〜。可愛いいですよね、ルックスも気弱な性格もw
映画館の大画面でお顔を拝みたいものです♪

41 名無しさん :2014/03/21(金) 13:30:28
>>37
>>39
私も観てきました!
バトルのコラボが必見でした。
それと、ネタバレになっちゃうけど一言だけ。
いくら手の数がちょうどいいからって、「タコはやめて〜っ!!」

43 名無しさん :2014/04/20(日) 09:20:30
NS3、まだやってるんだね
今からでも見にいこうかなぁ

44 運営 :2014/05/13(火) 23:13:52
こんばんは、運営です。
makiray様より、プリキュアオールスターズNS3の新作長編を頂きました。
「いっしょ 〜 プリキュアオールスターズ NewStage 3.0a」
全5話・完結。保管済みです。

45 名無しさん :2014/05/14(水) 20:16:20
>>44
わーい、makirayさんのエコーだ♪
NS3で、最後の方結構唐突にも感じられた展開を、完璧に補完してくれましたね!
フーちゃんがいつもあゆみの傍に居るって結末が、凄く嬉しかったです。
ありがとうございました!!

46 名無しさん :2014/05/18(日) 15:20:38
>>makirayさん

「いっしょ 〜 プリキュアオールスターズ NewStage 3.0a」読ませていただきました。素晴らしいSSですね、とてもとても感動しました。
本編の展開を大切にしながら、独自の物語を無理なく組み込んでいる。あゆみの気持ちが心に優しく響きます。
冒頭の保育園のシーンからして素敵でした。後、このSSも名セリフのオンパレードですよね。

>悪夢を乗り越えて精神的に成長するチャンスを奪ってしまっていることになる。

素晴らしいです……。

>私も前に、お母さんとケン力して…それで、あんな事件を起こしました。今だったら、それがとてもつまらない原因だったことがわかります。多分、バクのお母さんと子どもも、気持ちの些細なすれ違いが原因だと思うんです。

ここも凄かった。オリジナルストリーでありながら、NS1のエピソードを3に繋げて、よりしっかりした物語になっています。
ふーちゃんもいじらしくて良かったです。グレルとエンエンも好きだけど、やっぱりあゆみのパートナーはふーちゃんがいいな。

とてもとても好きな作品になりました。楽しかったです! ありがとうございました。
欲を言うと、完結後に保管庫に一挙掲載よりも、投下だとなおのこと嬉しかったかな。手間はかかりますが、次回以降、ぜひ検討お願いします。

47 名無しさん :2014/05/21(水) 22:08:58
NS2のオープニングの響のダッシュ凄い!!
そのまま未来まで駆け抜けていきそうな勢い(歌詞ともリンクしてる)!
何回見ても笑える!!

48 名無しさん :2014/06/08(日) 22:52:36
>>47
砂埃上げすぎ!!

49 名無しさん :2014/08/20(水) 00:47:37
NS3、さすがに全員に見せ場を作るのは難しいと思うけど、
パイン・ミューズ(両方とも黄キュアやで)の扱いはあまりにも……
レモネードとピースはコンビで活躍しててよかった。
なにより大嫌いなタコ、それも巨大ダコで攻めるというmktnへの歪んだ独特な愛がよかった。

50 名無しさん :2014/09/28(日) 22:37:00
ハピプリ映画仕様オープニング、スタートですね。
増子美代さん、映画進出おめでとう!(まずそこかよw)
ラブリーのバージョンアップモードが、すっごく羽がデカい!
ハピプリの場合は元々のバージョンで羽があるので、「天使」だけでは飽き足らないんだろうなぁ。
ラブリーらしいバトルの猛々しさと、神々しさの両方を期待しちゃうな。

51 アクアマリン :2014/10/19(日) 21:03:07
 こんばんは、私事ですが、先週ハピネスチャージプリキュアの劇場版を見てきました。
とても素晴らしい内容で、もう1度観に行こうかと考えています。

 ネタバレ的なものは差し控えておきますが、「プリキュアに出来ることは何か」を改めて問い掛けてきた作品であると感じました。

52 名無しさん :2014/10/21(火) 21:44:57
>>51
おひさです。
そうか〜面白そうとは感じてたけど、やっぱり面白いのか。
BD販売まで待とうかと思ったけど、観に行くかなあ。恥ずかしいけど・・・。

53 名無しさん :2015/03/08(日) 10:04:56
今日の姫プリのオープニング、映画仕様になってたけど、そこにイース様の映像が!
もうこれだけで三回は観に行く理由が出来た。

54 名無しさん :2015/03/09(月) 22:07:49
イース様は映画初登場ですよね!
個人的には舞の体操着姿がツボです。オールスターだと等身が伸びてスタイルアップ!
せっちゃんはなんか幸薄そうなんですけど……
のぞみ、髪伸びた?女らしくなったというか、去年に引き続き絶好調のような気がします。
きっと、シャンプーを変えたんだと思います。

55 makiray :2015/04/15(水) 23:35:16
 どうも、makiray です。
 毎年恒例 (ぇ)、オールスターズ映画にキュアエコーが登場するパラレル版を投下させていただきます。

 いつものごとくダラダラと長いので分割しますが、大量投下になる見込みですので (汗)、二週間ほどかけてチビチビと、という感じで行きたいと思います。
 保管は一括でやっていただけると嬉しいです。

 タイトルは「Echo, Next Stage -プリキュアオールスターズ 春のカーニバル V1.1-」。
 しばらくお付き合いください。

56 makiray :2015/04/15(水) 23:36:43
Echo, Next Stage (1/17)
-----------------------

「おひとり様ですか…」
 オドレンは坂上あゆみに対して不躾な視線を投げてよこした。
「一人じゃない。三人だ!」
 グレルが怒鳴る。エンエンは隣でハラハラしていた。
 春のカーニバルに招待されたあゆみとグレル、エンエンはハルモニア王国に到着したところである。
「お前、まさか、天下のキュアエコーを知らないって言うんじゃないだろうな!」
「天下の、って…」
 あゆみが困ったように笑う。
 オドレンは上を見て考えているようだった。
「確かに、聞いたことはあります。横浜の街を救ったんだとか」
「この人はちゃんと覚えててくれてるよ、グレル」
 エンエンが嬉しそうに言った。
「じゃぁ、通っていいんだよな」
「それは、まぁ」
「歌って踊っていただくことになりますが、大丈夫ですか?」
「あ、それはちょっと…」
 ウタエンの同じく不躾な言葉に尻込みするあゆみ。
「なんだよ。招待しておいて、そんなことまでやらせるつもりか」
「グレル、落ち着いてよ」
「まぁ、結構です。
 妖精のブースに席をご用意しましょう。一緒にご覧になってください」
「わかればいいんだよ、わかれば」
 こちらへ、と案内されて歩き出す。
「あゆみ、帰ったら歌とダンスの練習するぞ」
「え、あたしが?!」
「そうだよ。あんなやつらにバカにされて悔しくないのか。俺がみっちり仕込んでやる」
「グレルが…?」
「文句あんのか?」
 あゆみの母が外出しているときに、ダンスのゲームをやってみたことがある。グレルのダンスは、ダンスというより元気に暴れているだけのようにしか見えなかった。それはそれで可愛いらしいのではあるが。エンエンは動きが軽やかで意外に上手い。
「じゃぁ、教わろうっかな」
「おう。覚悟しとけよ」
 あゆみとエンエンは顔を見合わせて笑った。

 ブースに入ると、既に着席していた妖精たちがざわめいた。
「キュアエコー…」
「キュアエコーだ」
「え?」
 あゆみが、その雰囲気に困惑している間に、わーっと妖精たちが殺到した。皆が「こんにちは」「はじめまして」と口にする。あゆみはそれをおうむ返しにするのがやっとで、名前を覚えるのは無理だった。
「あゆみちゃん、すごい人気だね」
「そりゃそうだ。俺たちのキュアエコーだからな」
 グレルが胸を張る。
 キュアエコーが活躍することは多くないし、プリキュア教科書に載ったのも最近のこと。グレルやエンエンと出会ったことで意識して変身することができるようにはなったのだが、キュアエコーは文字通りの「伝説の戦士」なのだった。
「グレルだ」
「エンエンだ」
 自分たちでプリキュアを探し、自分たちでプリキュアの妖精となった二人も同じように人気者だったらしい。エンエンは照れていたが、グレルはますます胸を張ることとなった。

57 名無しさん :2015/04/16(木) 09:44:22
>>56
待ってました、makirayさんのエコーSS!
続き正座で待機しておりますw

58 makiray :2015/04/17(金) 00:02:50
Echo, Next Stage (2/17)
-----------------------

「すげーっ!」
「すごいよ、グレル!」
 ステージが中休みに入る。
 あゆみも拍手が止まらない。
 なんて素敵なんだろう。こんなに人を楽しく、こんなに人を笑顔にすることができるなんて。
(私もあんな風に歌ってみたい。ダンスをしてみたい)
 以前のあゆみだったら「私になんかできるはずない」と言って何もせずに諦めたに違いない。だが、今は違う。やってみたい、やってみよう、と思っていた。グレルやエンエンと一緒に練習をして、来年のカーニバルには三人で出よう、そう決めていた。
「この俺を唸らせるなんて、大したもんだぜ」
「そう言えば、グレルの歌は聞いたことがないよ」
「バ、バッカ野郎。俺はダンスも歌もすごいんだぞ!
 よし、聞かせてやる」
 しかし、「あー」と言いかけたグレルはいきなり咳込んだ。
「グレル、大丈夫?」
「喉が渇いて調子が出ないんだ。歌は今度な」
「えぇぇ…」
「なんだ、その疑いのまなざしは」
「ジュース貰ってくるね」
 あゆみが立ち上がった。
「俺が行くよ」
「いいよ。ここで待ってて」

 ホールの外に出ると、オドレンが悠然と歩いていた。その後から、大きめの箱を持ったウタエンがついてくる。あゆみは、あの人たちは裏方もやってるのか、と驚いた。
「おや、キュアエコーさん。
 楽しんでいただいてますか」
「はい。
 一緒に歌って喉が渇いたので、飲み物を貰おうと思って」
「飲み物ですか。プリキュア自ら」
「友達の妖精がはしゃいで歌いっぱなしなんです」
「なるほど」
 オドレンとウタエンがなぜか視線を交わす。
「あの。
 飲み物はこちらの部屋ですよね」
「あ、えーっと」
 なぜかウタエンが慌てているように見えた。
「こちらは妖精専用のお部屋なんですよ。ちょっとプリキュアには狭いので」
「はぁ…」
「こちらへどうぞ」
 オドレンが恭しくドアを開けた。
「灯りが」
 何も見えない。真っ暗だった。
「高級店の雰囲気を狙ってみたんですよ。さぁ、どうぞ中へ」
 お香を焚いたような匂いがする。あゆみの足がなぜか動くことを拒んだ。この中に本当にジュースやお菓子が並んでいるのだろうか。
「遠慮せずに、どうぞっ!」
 不意に背中を押されて、あゆみの体が中に飛び込む。そこに何があるのかを見て取るより先に、ドアが閉められた。また暗闇。そして、鍵をかける音。
「オドレンさん、ウタエンさん!
 開けて!
 出してください!」
 扉は思っていたよりも重い。ビクともしなかった。靴音と、低い笑い声が遠ざかっていく。あゆみは何度もドアを叩いた。
「開けて!
 開けてください!
 開け…て…」

59 makiray :2015/04/17(金) 22:55:17
Echo, Next Stage (3/17)
-----------------------

「兄貴、いいんですか。あのドアを叩く音で誰かが気づいたら」
「あそこは元々、城の衛兵どもを閉じ込めておこうと思って、春眠草の鉢を並べてある。いつまでも起きてはいられんさ」
「それにしても面倒なプリキュアですねぇ」
「まったくだ。妖精から離れようとしないんだからな。まぁ、逆に言えばグレルとエンエンは放っておいてもよくなったってことだな。ほかのプリキュアどもへの目くらましになるだろう」
「手間が省けましたね」
「さて、変身アイテムは後いくつだ」
「もう少しです」
「いくつだって聞いてるんだ!」
「あ痛」

「遅いな。俺はもう喉がカラカラどころかガラガラだ」
「どうしたんだろう」
 エンエンは周囲を見回した。ステージが一段落したのは確かだが、なんだか静かすぎる。
「俺はあゆみのことは大好きだけど、もうちょっとキビキビして欲しいと思うことはあるぞ。これは一度ビシっと言ってやらないとだめだな」
「ねぇ、グレル。妖精の数が減ってるような気がするんだけど」
「え?」
 言われて見てみると、いくつかのブースに分かれて座っている妖精たちの何人かの姿が見えなくなっている。どのブースにも空席が目立つようになっていた。
「失礼な奴らだな。せっかくプリキュアが俺たちのためにショーを見せてくれてるのに」
「グレル…」
 エンエンがじっと見ている。その目は不安のために濡れ始めていた。
「泣くなよ、こんなとこで!」
「でも」
 グレルは腕を組んだ。改めて周りを見る。確かに妙だ。それと、あゆみが戻ってこないこととは関係があるのだろうか。
「臭いな」
「あゆみちゃんを探しに行こうよ」
「そうするか」
 そのとき、オドレンとウタエンがホールに飛び込んできた。大きな袋を持っている。その後から、プリキュアたちが追いかけて来る。
「私たちの変身アイテムが盗まれたんです!」
「なんだって?!」
 グレルとエンエンは顔を見合わせた。あのふたりは悪い奴だったのだ。そして、あゆみが戻ってこないこととは何か関係がある。
「エンエン、行くぞ!」
 立ち上がると同時に床が動いた。妖精たちのブースが壁に吸い込まれていく。向かいのブースの妖精たちはその中に閉じ込められてしまったようだが、すでに立っていた分だけ、グレルとエンエンの動きは早かった。足元の床が滑る中、バランスを取って外に出る。他の妖精たちもそれに続いた。
「あゆみちゃん!」
「俺たちが行くからな!」

60 makiray :2015/04/18(土) 22:51:47
Echo, Next Stage (4/17)
-----------------------

〈許…ん〉
 その声は突然、頭の中に響いた。
〈許さ…ぞ!〉
「!」
 あゆみは飛び起きた。だが何も見えない。不愉快な甘さの香りが充満している。頭の中の靄を払おうと振ってみたが、頭痛が増しただけだった。
(そうだ。
 オドレンさんとウタエンさんに閉じ込められたんだ)
 あのふたりは何か企んでいる。みんなに知らせなければ。
 体が重い。あゆみはゆっくりとあたりを見まわした。光が漏れている場所がある。言うことを聞かない体を引きずって近づいてみると、そこはどうやら扉だった。隙間から外の光が差し込んでいるのだった。幅はほんの数ミリというころか。叩こうにも体が動かない。力が入らないまま押してみたが、扉はびくともしなかった。
(さっきの声は)
 怒りを帯びた恐ろしい声。あれは何だったのだろう。
 キュアエコーとなってから、人の強い気持ちが飛び込んでくるようになった。それは怒りであったり、悲しみであったりと様々だったが、あそこまで強い怒りは初めてだった。
〈春…カーニバ…は古来……受け…がれてきたもの。儂はそれと……換えにこ…ハ…モニ……国を外…から守っ……た。それ…蔑ろにす……はどう……つもりだ、人間…も!!〉
 あゆみは息苦しさを感じた。それはこの不快な匂いのせいだけではない。この声の持ち主が発する激しい怒りがあゆみの呼吸を奪ったのだ。
 とぎれとぎれの言葉の中からその意味を想像してみた。どうやら声の主は、「春のカーニバル」を楽しみにしていたのだが、それに不満を持っているのだ。
 あゆみは扉に体を押し付けた。この隙間から入ってくるわずかな風がこの部屋の匂いを薄めてくれるのではないかと思った。考えなければ。
「春のカーニバル」を台無しにしたのは誰だ。これははっきりしている。オドレンとウタエンだ。彼らが何をしようとしたのかはわからないが、招待した相手を閉じ込めておくことが「カーニバル」の本来の姿であるはずがない。
〈…!!〉
 一瞬、呼吸が止まったかと思った。その怒りに強さに喘いだあゆみの口の中にまた甘い匂いが飛び込んできた。あゆみは朦朧とし始めた意識を取り戻そうと唇をかんだ。この怒りを放っておけば恐ろしいことが起こる。
(待って!
 お願い! 待ってください!!)
〈なんだ〉
(…届いた)
 あゆみの声が届いたらしい。
〈何者だ。
 なぜ姿を隠している。儂から隠れようとはいい度胸だ〉
(私の名前は、坂上あゆみ。
 あなたの声が聞こえたので――)
〈人間か。
 人間風情が儂と話をしようなどと、笑止千万。
 己の不遜を思い知るがいい!〉
(やめて!!)

61 makiray :2015/04/19(日) 22:59:31
Echo, Next Stage (5/17)
-----------------------

「グレル!」
 城を出て走り回る妖精たち。エンエンの悲鳴に足を止めると、城のはるか遠くに、遠近感を失わせる巨大な影があった。
「ドラゴン…」
 頭が空転する。泥棒の次は怪獣か。ハルモニアでは一体、何が起こっているのだ。
〈滅びよ、人間ども!〉
 その声自体が破滅をもたらす災いだった。
 ドラゴンが声とともに発した息は、まるで壁が迫ってくるかのような勢いでやってくる。
「みんな、捕まるんだ」
「手をつないで!」
 グレルとエンエンが叫ぶ。他の妖精たちは慌てふためいていたが、そう言われてある者は柱に抱き付き、届かない者はお互いに手をつなぎあった。そこはやはり、プリキュアとともに戦いを経験したふたりにしかない余裕だったのかもしれない。
「来るぞ!」
 それは嵐のようだった。妖精たちの体は枯葉のように翻弄されたが、その小さな体は逆に荒れ狂う風に逆らわず、うまく力を逃がしていた。
 だが、その嵐は石で造られた頑丈な建物をも崩してしまう。
「あ!」
「こっちだ!」
 妖精たちが必死に手を伸ばす。その手が奇跡的につながった。歯を食いしばる妖精たち。それはまるで折り紙で作ったリボンのようだったが、激しい嵐の中でその飾りを見ることができる者は誰もいなかった。
 やがて、何時間も続いたかと思われる嵐が収まった。どうやら、飛ばされてしまった妖精はいないようだった。エンエンはほっと息をついた。
 だが、城の様子は惨憺たるものだった。高い塔は倒れ、頑強だった塀は崩れ落ちている。プリキュアは、ほかの妖精たちは一体どうなったのだろう。
「あれ…なんだ?」
 何かが光っている。瓦礫の隙間から金色の光が漏れていた。グレルとエンエンはゆっくりと近づいた。
「掘ってみるぞ」
「危ないよ」
「誰かが埋まってるかもしれないだろ」
「でも、その光…あれ、どこかで見たような」

62 makiray :2015/04/20(月) 22:51:24
Echo, Next Stage (6/17)
-----------------------

「俺が掘り出す前に思い出せよな」
 グレルはその小さな山によじ登ると瓦礫を取り除き始めた。他の妖精も手伝い、バケツリレーのようにしてよけていく。
「あ、わかった!」
「何の光だよ――あ!」
「フーちゃん!」
「あゆみ! うわっとっと」
 がれきの中から金色の光に包まれたあゆみが姿を現した。丸い光は自ら瓦礫を押しのけていく。グレルは慌てて飛び降りた。
「あゆみ!
 あゆみ!!」
「…。
 グレル、エンエン。
 無事だったのね」
「こっちのセリフだ!
 どこほっつき歩いてたんだよ。妖精に心配かけんじゃねぇよ!」
 あまりの剣幕に目を丸くしていたあゆみだが、グレルの目じりが濡れていることに気づいて頬を緩めた。
「ごめんなさい。
 ありがとう」
「何言ってるんだよ。こっちも大変だったんだぞ!」
「そうだ。
 ウタエンさんとオドレンさんは?」
「あいつら、泥棒だったんだよ。プリキュアの変身アイテムを盗んで」
「グレル、今はそれよりドラゴンの方が」
「ドラゴン?」
 あゆみはエンエンの視線をたどって振り向いた。そして理解した。そのドラゴンが、あの怒りの声の主だった。
 ゆっくりと立ち上がる。その動きにつれてあゆみの体から金色の光がこぼれた。
「あのドラゴンは、このハルモニア王国の守り神。
 毎年行われる『春のカーニバル』が邪魔されたことで怒っているの」
「そんなことで?!」
 小さな妖精があゆみのもとにかけよった。
「言い伝えでは、あのドラゴンは昔のハルモニア王国を滅ぼしかけたことがあるルモ」
 どうやらハルモニア王国の妖精らしかった。その恐ろしさを知っているのか、声が震えている。
「ドラゴンの大好きな歌とダンスを毎年捧げることで、ハルモニアの守り神になることを約束したのよ。
 それを裏切られた、と思っているの」
「まったく肝っ玉の小せぇやつだな」
「でも、約束を破られたら怒るのも当然だよ」
「話を聞いてもらわなくちゃ。
 グレル、エンエン、お願い」
「おっ、やっとキュアエコーのお出ましだな!」
「行こう!」
(フーちゃんも、お願いね)
 あゆみは、フーちゃんが姿を変えた胸元のキュアデコルに手を当てた。
 それには多くのエネルギーを必要とした。そのためキュアデコルになってから眠り続けていたフーちゃんは、あゆみが閉じ込められていた部屋が崩れたときにその危機を察知して目覚め、金色の光であゆみを守った。その一瞬、それまで切れ切れにしか聞こえなかったドラゴンの声がはっきり聞こえた。ドラゴンの激しい怒り、深い悲しみと絶望が伝わってきた。
 できるだろうか。いや、やらなければ。
 ハルモニア王国の妖精たちは震えながらも祈りをささげていた。それは、崩れ落ちた建物を透かして見えるハルモニアの人々たちもそうだ。彼らにはドラゴンを裏切るつもりなどなかった。逃げ出そうともせずに、膝まづき、許しを請おうとしている。
(その気持ちを届けるのが、私の役目。
 キュアエコーの力はそのためにある!)
 手を伸ばす。右手にグレル、左手にエンエン。
 フーちゃんのキュアデコルから滲み出す光が金色のトライアングルを形作る。
 それが破裂した。
「思いよ届け!
 キュアエコー!」

63 makiray :2015/04/20(月) 22:53:05
Echo, Next Stage (7/17)
-----------------------

「え?」
「あれ、なに?」
 お城のテラスに集まっていたプリキュアの視線が空に向かった。
「泥棒とドラゴンの他にまだ誰かいるの?!」
 キュアフローラがパニックを起こして叫ぶ。
「あの光は、敵ではないようです」
「プリキュアっぽいよね」
 キュアマーメイドとキュアトゥウィンクルが言った。
 白いドレス、淡いクリーム色の髪。
「キュアエコーではありませんか?」
「あゆみちゃん!」
 キュアビューティが指をさす。キュアハッピーの目が輝いた。
「あゆみちゃんもカーニバルに来てたんだ」
 キュアピースが言うと、キュアマーチとキュアピースがキュアハッピーを睨んだ。
「え」
「せやから、あゆみも誘おて言うたやろ!」
「だって、招待状を見たらすぐにでも行きたくなっちゃって…ごめんなさい」
 キュアマーメイドとキュアトゥウィンクルが振り向いた。
「キュアエコーは何をしようとしているのですか?」
「キュアエコーは、思いを届けるプリキュア。
 きっとドラゴンを説得しようとしてるんだと思う」
 キュアハートが答えると、キュアフローラが力んだ。
「私も行く」
「いえ、様子を見ましょう。
 大勢で行くと、ドラゴンを刺激することになるかもしれない」
 キュアマーメイドに止められ、キュアフローラは不満そうだった。
「任せていいのかな」
 キュアトゥウィンクルの問いに、すべてのプリキュアが頷いた。

64 makiray :2015/04/21(火) 22:48:02
Echo, Next Stage (8/17)
-----------------------

〈生きていたのか〉
「お願いです。聞いてください」
〈聞かん〉
「ハルモニアの人たちは、あなたを裏切るつもりはなかったんです」
〈だが、春のカーニバルは穢された〉
「それは泥棒が」
〈ハルモニアはその悪事がなされることを許したのであろう〉
「…」
〈過ちは償われねばならん〉
「私は、あなたの」
〈気持ちがわかるとでも言うのか〉
 キュアエコーはまた口をつぐんだ。
 フーちゃんとつながった瞬間に流れ込んできたドラゴンの意思。それは、深い悲しみと絶望で満たされていた。

 腕をほんの少し振っただけでも家が倒れ、尻尾のうねりだけで町がひとつ破壊されてしまう。ドラゴンは自分の居場所を求めていた。だが、求める行為そのものが人々の暮らしを脅かすのだ。ドラゴンは、矢を射かけられ、体を焼かれた。仲間もいない。それどころか、自分がいつどこで生まれ、なぜそのような姿をしているのかもわからない。心がささくれだっていくのは当然のことだった。やがてドラゴンは、人々から「怪物」「化け物」と呼ばれるようになった。
 そしてさまよい続けたある日、ハルモニアの外れにたどり着いた。音楽があふれ、人々がダンスを楽しむ、常にどこかで祭が行われている喜びの国、ハルモニア。そのメロディを耳にし、リズムを感じたドラゴンは、自分でも知らない内に祭が行われている広場に近づいて行った。
 人々が恐慌状態になったのは言うまでもない。母親は子供を守るために安全な場所を求めて走り、夫は妻を守るために武器を手に取った。
 ドラゴンは言った。
〈歌は終わってしまったのか〉

65 makiray :2015/04/21(火) 22:49:35
Echo, Next Stage (9/17)
-----------------------

「なんだと?」
 国王は自分の耳を疑った。いや、その声は耳から聞こえたのではなく、心に直接響いたのだから、間違っているはずはない。しかし、怪物が音楽を求めているなど誰が信じられるだろう。
 信じられないでいるのはドラゴンも同じだった。音楽がこれほど自分の心を明るくするものだとは。ダンスがこれほど気持ちを浮き立たせてくれるものだとは。もっと聞きたい。もっと見たい。歌ってくれ。踊ってくれ!
 祭の中心である祭壇にいた国王は進み出た。
「歌が好きか」
〈あぁ〉
「ダンスが好きか」
〈あぁ〉
「しかし、お前が歌えば嵐が起こる。お前が踊れば大地が裂ける」
〈お前たちの美しい歌と、朗らかなメロディを聞かせてくれ。飛びまわるお前たちの笑顔を見せてくれ。俺はそれで十分だ〉
 国王は、彼の背中で武器を取り怯えている人々を見た。
〈俺はもとより化け物。詩を紡ぎだす舌も、軽やかに跳ねる爪先も持ってはおらん。
 だが、歌はいい。ダンスは素晴らしい。それがあれば、俺は自分が化け物であることを一時だけでも忘れることができる。
 頼む。祭を続けてくれ。その間、動くなと言えば動かぬ、石になれというのなら石にもなる。
 祭の間、俺がここにいるのを許してくれ〉
 王はドラゴンを見ていた目を怯えている人々に移した。そして、もう一度、ドラゴンを見る。
「ドラゴンよ。
 この国にとどまる気はないか」
 人々は抗議の声を上げた。
「ハルモニアにはお前の好きな歌とダンスがある。
 しかし、この喜びに満ちた国を脅かすものも少なくない」
〈俺に、この国の盾となれと言っているのか〉
「難しいことではあるまい。その巨体を見せれば、大抵の者は怯えて引き下がろう」
〈この醜い体が人間の役に立つのなら。
 この化け物が、歌を聴く場所を用意してくれるのなら〉
「ドラゴンよ」
 国王は周りを見渡した。むしろ、人々に向かって話しているようだった。
「自分を化け物と言うが、お前が本当に化け物だとは私には思えん。
 化け物が、歌が止まったと言って泣いたりするものか」
〈ナイタリ…それは俺の知らない言葉だ〉
 ドラゴンは自分の目から涙が流れていることに気づいていなかったのだった。それは、ハルモニアの人々の歌とダンスが呼び覚ました、ドラゴンの中の傷を洗い流すための涙だった。
 国王が笑う。人々もそれに気づいて武器を置いた。
「さっきも言った。この国には歌とダンスがあふれている。
 だが、毎年春に、お前のためにカーニバルを開こう。人々がただひたすら歌い、踊り、笑顔となるカーニバルだ。
 あるいは、遠来の客が一緒に声を揃えることもあろう。新しい踊りをもたらしてくれることもあろう。
 お前のためのカーニバルだ。それと引き換えに、このハルモニアを守ってくれ」
〈王よ。
 その祭を千年も繰り返せば、お前たちの歌と踊りで俺が浄められ、俺が化け物でなくなる日も来るのだろうか〉
「わからんやつだな。
 お前は化け物ではない。
 ハルモニアの守り神になるのだ」

66 makiray :2015/04/21(火) 22:52:54
Echo, Next Stage (10/17)
------------------------

 キュアエコーは唇をかんだ。
 そのすべてが否定された。ドラゴンはそう思っているのだ。
 また再び居場所を失い、人々の憎しみの対象となる日が来る、それを恐れているのだ。
 そう。ドラゴンは、怒っているのではない。悲しいのだ。絶望しているのだ。
(どうすれば…!)
 ドラゴンは口を開けた。その奥に真っ赤な炎が見える。
〈あゆみ!〉
 大きな火の玉がキュアエコーの体を包んだかに見えたが、フーちゃんの金色の光がその直撃をかろうじて防いでいた。しかし、自らキュアデコルになるために力を使ったフーちゃんはまだ十分に回復してはいない。その光はか弱いものだった。
〈あゆみをいじめるやつは許さない!〉
「フーちゃん、無理しないで。私、大丈夫だから」
〈あゆみ…〉
「大、丈夫…」

「エコー!」
 真っ赤な炎に包まれたキュアエコーの体が支えを失って落下し始めた。
「あゆみ!」
「グレル、あゆみちゃんが!」
「行くぞ」
 その小さな体でどうしようというのか。それでも黙ってはいられない。走り出そうとしたグレルとエンエンの後ろで声が上がった。
「ルモー!」
 ハルモニア王国の妖精たちだった。彼らは、さっきと同じように手をつないでいた。
 違うのは、そうしてできた輪の上を光が流れていることだった。
「キュアエコーはハルモニアのために頑張ったルモ!」
「だから今度は僕たちが頑張る番だルモ!」
「キュアエコーと一緒に!」
 光の輪は大きく太くなった。七色の渦を巻き、そのまぶしさに辺りが暗く見えるほどだった。グレルとエンエンもその輪に加わった。
「キュアエコー!」
「俺たちの力を!」
「受けとって!」
 ポン、と音がしてその光の輪が浮かび上がった。それは落下してくるキュアエコーの体を迎えるように飛んでいく。
「!」
 キュアエコーの体はその輪の中央で落下を止めた。光の輪は脈動しながら、小さくなっていった。キュアエコーの体の周りをまわっている。そして、まばゆい閃光があたりに飛び散った。
「あれは…」

67 makiray :2015/04/22(水) 23:04:39
Echo, Next Stage (11/17)
------------------------

 キュアエコーの白いドレスがまっすぐに伸びる。それは青い空の上でたなびいた。
 クリーム色の髪の周りで金色の輪が太陽の光を反射する。
「あれって…」
「妖精たちの力で、キュアエコーが」
「キュアエコー プリンセス・フォームです!」
「キュアエコー プリンセス・フォーム?」
 キュアエコーの体は再びゆっくりと浮かび上がった。ドラゴンの顔の正面で止まる。
〈お前は、一体、何者なのだ〉
「私はキュアエコー。
 思いを届けるためのプリキュアです」
〈思い、だと?〉
「ハルモニアの人たちが見えますか。
 あなたのために祈っているのが」
〈儂に見えるのは、儂の姿に怯える弱い人間の姿だけだ〉
「違います。
 望んだことではなくとも、あなたとの約束を破ってしまってことを悔いて、謝るために祈っているんです」
〈儂をたばかるつもりなら〉
「あなたを恐れていたら、あそこにとどまったりはしません!」
 もろくなっていたレンガが崩れる。人々は、それに巻き込まれることを恐れて場所を変えたが、そこを離れようとはしなかった。
「私は感じます。
 ハルモニアの人たちの、自分たちを守ってきてくれたあなたへの感謝と、それに報いることができない口惜しさ、カーニバルを穢してしまった自分たちへの憤り」
〈…〉
「これを言ったらあなたは怒るかもしれない。
 私も自分が一人だと感じていたことがありました。誰も私を見てくれない、私なんかいなくなってもいいんだって。それがもとで大きな過ちを犯してしまいました。
 でも、それはただの間違った思い込みだった」
〈…〉
「自分が心を閉ざしていただけだったんです。
 お母さんはいつも私のことを考えてくれていたし。
 新しい学校のクラスメートたちは、私に話しかけるきっかけを探してくれていた。
 そして、フーちゃんは、私のためならどんなことでもすると言ってくれた。
 グレルとエンエンは、私と一緒に戦おうと言ってくれた」
〈同じだというのか〉
「気づいてあげてください。
 ハルモニアの人たちは、あなたのことが大好きなんだっていうことに」
 王が祈っている。女王が両手を合わせている。ふたりは、ひとたびドラゴンが口を開けば、今度こそ崩れてしまうに違いないテラスにとどまっていた。
 ハルモニアの人たちは、形を失ってしまった自分の家のそばで頭を垂れていた。
 閉じ込められてしまった妖精たちは、必死にその声を届けようと頑張っていた。
 そして、それを支え、助けようとしている四十人の光の使者たち。
〈そうか…〉
「わかって――」
〈だが、遅すぎたようだ、キュアエコー〉
「どういう…ことですか」
〈ひとたび咆哮を上げて絶望と怒りに委ね、獣に戻ってしまったこの身はどうにもならん〉
「え…」
〈見えぬか。
 儂の心の臓で生まれた、この世を煉獄に変える炎が〉
 ドラゴンの胸を透かして赤い光が脈打っているのが見える。
〈所詮、儂は化け物、理屈の通らぬ怪物だ。お前の言うことはわかったし、今ではハルモニアの者たちの後悔もわかる。
 だが、この炎を消すことは、もはや儂にもできん〉
「待ってください。私たちが」
〈いや、儂はもう儂ではなくなろうとしている。この邪悪…炎は、な……してもこの世…焼き尽…さんと、わ…の体を乗…取ろう……ている。こ…してお前と話…て……間にも、わ…の心をむしば…、内…から突…崩そ……〉
「守り神様」
〈す…ぬ。ハルモニア…裏切る…は儂…方じゃ。
 下…れ。お前…で焼か…てし……ぞ〉
「守り神様!」
〈のけ、キュアエコー!〉

68 makiray :2015/04/23(木) 22:14:22
Echo, Next Stage (12/17)
------------------------

「キュアエコーが!」
「マーメイド、トゥウィンクル!」
「待ってください、飛び出してはみなさんまで」
 キュアフローラは止めるキュアブロッサムに言った。
「キュアエコーが言ったじゃないですか。私たちは同じなんです。ときどきは失敗して迷惑をかけちゃうこともあるけど、歌とダンスが大好きで、それがあれば元気をもらってまたやり直せる。
 きっとわかってくれます」
「行こう」
 プリンセスプリキュアの三人がジャンプした。

 ドラゴンの口を裂くようにして、巨大な火球が飛び出した。それはあたりの景色を蜃気楼のように揺らしながら次第にスピードを増して襲い掛かってくる。
「プリキュア ハートフル・エコー コルティーナ!」
 波打つ光のカーテンがキュアエコーの前に生まれる。カーテンは一時、その火球を柔らかく包みこみ、力を逃がそうとするかのように揺れたが、火球の威力は想像以上だった。光のカーテンを支えるキュアエコーの顔が歪んだ。
「プリキュア ミント・プロテクション!」
「プリキュア サンフラワー・イージス!」
「プリキュア ロゼッタ・ウォール!」
「プリキュア ビート・バリア!」
 地上のプリキュアたちがバックアップする。キュアエコーのカーテンは厚みを増したが、火球の力は衰えなかった。
「マリン、ビューティ、ダイヤモンド、プリンセス、私たちの力で」
「前に出てはだめです!」
 キュアアクアたちはその火球を冷却することを考えたが、キュアエコーの声に止った。見れば、ドラゴンの足元は黒く焦げて煙を上げており、火球の真下の海は沸き立ち始めていた。
「なんてエネルギーなの…」
 キュアホワイトが呆然とつぶやいた。
「あたしたちの力、ぶつけてみる?」
 キュアルージュはキュアドリームを見る。
 しかしキュアソードが、危険すぎる、とつぶやいた。力と力がぶつかって大爆発が起こるか、あるいは、逆にあの火球に取り込まれてしまうかもしれない。
「クローバーボックスで動きを止められるかも」
「完璧に止めてみせる」
「できるって、私信じてる」
「精いっぱい頑張る!」
「通用しないかもしれません」
「どうして?!」
 キュアエースの言葉に、キュアピーチがかみついた。
「悪意がないからですわ」
「え?」
「プリキュアの光は癒しと浄化の光。
 キュアエコーの言うとおり、本当にドラゴンが怯えているだけであり、あれが邪悪な意思を持っての行いではないのであれば、プリキュアの力は通用しません」
「どうすればいいんですか!」
 キュアレモネードが叫んだ。

「守り神様!」
 キュアフローラたちがキュアエコーに並んだ。
「私たちも歌とダンスが大好きなんです!」
「みんなの歌声をハルモニアに響かせたい!」
「素敵なステップでハルモニアを埋め尽くしたい!」
 答えはなかった。
 今やドラゴンの目は濁った赤で塗りつぶされている。そこに「守り神」の面影はなかった。
「お願い、負けないで」
 キュアエコーの頬を涙が伝った。
「私にだってできたんです。
 あなたにできないはずがない。
 自分に負けないでください!」
「ハルモニアの人たちもあなたが大好きなの!」
「みんな、あなたが戻ってくれるのを待っています!」
「わかんないの? みんなの声が聞こえないの?!」
「く…」
 キュアエコーがまっすぐに伸ばしていた腕は、火球の勢いに押され、曲がっていく。体勢を変え、右手で左腕を支えようとしたが、その一瞬が隙となった。

69 makiray :2015/04/24(金) 22:49:36
Echo, Next Stage (13/17)
------------------------

「エコー!」
 禍々しくも燃え上がる火球は、光のカーテンの中へ潜り込み、まるで包み紙の中のキャンディのように見えた。だがそのキャンディは、光のラッピングを燃やしていく。ミントの緑が消え、ヒマワリの花びらが散り、金色の壁が砕けた。
「エコー!!」
 キュアフローラが空を蹴った。キュアマーメイドが続き、キュアトゥウィンクルが追いかける。
「!」
「みんな!」
 地上のプリキュアたちと妖精たちは言葉を失った。
「え」
「消えた」
 そこには何もなかった。
 火球も、光のカーテンも。
「どういうこと?!」
「フローラ!」
「マーメイド!」
「トゥウィンクル!」
「エコー!!」
「そんな」
「…。
 あれ。あれ見て!」
 空中の小さな点が大きくなってくる。キュアフローラだった。キュアマーメイドとキュアトゥウィンクルと一緒に、キュアエコーの体を支えている。
「大丈夫なの?」
 言うまでもない、キュアフローラの安堵したような笑顔が、キュアエコーが無事であることを示している。
「ハニー、お願い!」
 キュアラブリーがそれを迎えようとジャンプした。キュアハニーのバトンは優しい光でキュアエコーを癒していく。
「エコー。
 エコー!」
「あゆみちゃん!!」
 グレルとエンエンが駆けだす。
 キュアフローラたちはゆっくりとテラスに着地した。キュアエコーの体を横たえる。
「エコー、大丈夫?」
「あゆみ!」
「うん…」
「あゆみちゃん…あゆみちゃん…あゆみちゃん!」
「すげぇよ、やっぱ、俺たちのキュアエコーは最高だぜ!」
 エンエンが泣き出し、グレルも泣き顔のまま手を天に突き上げた。
「フローラさん、光は、無事ですか?」
「光?」
 キュアフローラが、キュアエコーの言ったことを理解できず、近づこうとしたとき、足元でかすかな音がした。

70 makiray :2015/04/25(土) 22:49:00
Echo, Next Stage (14/17)
------------------------

「あれ」
 それを拾い上げる。
「ドレスアップキー?」
 キュアフローラたちが変身の時に使うドレスアップキーによく似ている。
 振り向くと、キュアマーメイドとキュアトゥウィンクルも同じようなキーを手にしていた。
「いつの間に」
「エコーからのプレゼント?」
「それは、ドラゴンの光です」
「ドラゴンの…光?!」
 キュアフローラが意味を理解できずに叫ぶ。それはほかのプリキュアも同じようだった。
「わかった」
 エンエンだった。涙も拭かずに話し始める。
「きっと、ドラゴンの火球に込められていた絶望と恐れがそれに変わったんだ」
「…。
 そうか、エコーだから!」
 グレルがうれしそうに飛び上がった。
「どういうこと?」
 キュアトゥウィンクルが覗き込む。
「だから、エコーだからだよ」
「わかんないよ」
「鈍い奴だな!」
「なんですって?!」
「こういうことですか。
 エコー、つまり、山びこは、私たちの声が山肌に跳ねかえってきたもの。
 ドラゴンの火球がハートフル・エコー コルティーナで跳ね返されて逆転してできたのが、このドレスアップキーだ、と」
「あ、絶望が希望に、ってこと?」
 キュアマーメイドの説明に、キュアトゥウィンクルが答えた。
「そして、恐れが思いやりに、怒りが優しさに変わったんだ」
 キュアフローラは自分の手の中のドレスアップキーを見つめた。
「みなさん」
 キュアエコーはグレルとエンエンの力を借りながら立ち上がった。
「ドラゴンは、自分の中にはまだ、ドラゴン自身が制御できない邪悪な部分が残っている、と言っていました。恐れもまだ完全には消えていないはず。
 それを浄化してあげることはできませんか」
 プリキュアたちは海の向こうのドラゴンを見やった。確かに、さっきと同じように、まだ小さくはあるが、胸の部分に赤い炎が透けて見えた。放っておけば、さっきのような大きな火球になる。今度こそ防ぎきれないかもしれない。
「やろう」
 キュアフローラが言った。
「守り神様だって、こんなことしたくないんだもん」
「王陛下も、ハルモニアにはなくてなならない存在だとおっしゃっていたわ」
「それに、このドレスアップキーはドラゴンの中から出てきたようなもんなんでしょ。返さなきゃね」
「うん!」

71 makiray :2015/04/26(日) 22:15:43
Echo, Next Stage (15/17)
------------------------

「フローラ」
 キュアブラックの声に、みなが道を開けた。
「あたしたちの力も使って」
 腕を伸ばすキュアブラック。その手から滲み出した光がキュアフローラの周りをめぐった。
 シャイニールミナス、キュアブルーム、キュアイーグレットが続く。すべてのプリキュアの光が城のテラスを満たし、ドレスアップキーに吸い込まれていく。
「俺たちの力も使っていいぜ。なぁみんな?」
「使うルモ!」
 そしてすべての妖精たちの光もそれに加わる。キュアフローラは、ドレスアップキーから伝わってくるぬくもりに目を閉じた。
「あたたかい…」
「フローラ」
「行こう」
「うん。
 エクス-チェンジ」
「モード・エレガント!」
 プリキュア、そして妖精たちは伸ばした手をドラゴンに向けた。
(お願い。
 歌とダンスが大好きだったあなたに戻って)
(みんな待ってるの)
(そして一緒に歌おう!)
「プリキュア サンテーヌ・ルミエール!!」
 光はテラスの上で破裂したかと思うと、ドラゴンの頭上で凝集した。雨のように光の粒が降り注ぐ。ドラゴンは突然のことに驚いたようだったが、やがて手の鉤爪をおさめ、太い尻尾を横たえ、両手をおろした。瞳に光が戻り、胸から透けて見えた炎も小さくなっていく。
 そして、その姿自体も、まるで空に青い絵の具を塗ったように消えていった。
「ごきげんよう…」

72 makiray :2015/04/26(日) 22:16:32
Echo, Next Stage (16/17)
------------------------

 代わりに、ハルモニアの町に花びらが舞った。白、ピンク、黄色、青、紫。
「きれい」
 キュアミューズが言った。
「ドラゴンの中にも、ちゃんと素敵なメロディがあるんだよ」
 キュアメロディの言葉にキュアリズムが頷く。
 その花びらが繋ぎ合わせたかのように、城や家、橋や道路が元に戻っていく。花びらが消える頃には、さっきまでのハルモニアが姿を現していた。
「やった…」
「後は」
「ギク!」
「あんたたちの始末よね」
 ミルキィローズが見下ろす。すっかり腰を抜かしていたオドレンとウタエンは後ろずさった。何かにぶつかる。キュアムーンライトとキュアフォーチュンだった。
「あ…きれいな、おみ足で」
「ありがとう」
「王様のご機嫌もうかがった方がいいかもしれないわね」
「はは…。
 ごめんなさいぃ!」

73 makiray :2015/04/26(日) 22:18:01
Echo, Next Stage (17/17)
------------------------

「エコー」
 エンエンが指差した。
「花びらがのってるよ」
「うん、きれいだよね」
「その肩のだよ」
 グレルがにやっと笑った。
 肩に手をやるエコー。広げてみると、カラフルな中に金色の花びらが混じっていた。
「こら、フーちゃん」
〈ふふふ〉
「疲れてるから休んでると思ってたのに」
〈なんだか楽しそうだから起きた〉
 キュアエコーが笑う。
 グレルとエンエンも嬉しそうに飛び跳ねた。
〈ドラゴンの声、聞こえたか?〉
「うん」
 ありがとう。
 ドラゴンはそう言った。
 本当に、ドラゴンの中の「獣」の部分が消えたのかどうかはわからない。
 だが、ハルモニアの人々は今度こそ「春のカーニバル」を大事に守り続けるだろうし、ドラゴンがそれに対する感謝を忘れることもないだろう。もう心配はない。
〈フーちゃんが時々遊んであげることにする〉
「うん」
「エコー、歌おうぜ!」
「みんなで踊ろう!」
〈フーちゃんも歌う!〉
「え、でも、まだ練習してないのに」
 グレルとエンエンに手を引かれていくエコー。その後を金色の花びらが追いかけていく。
「パフも歌うパフ」
「お兄ちゃんを置いていくなロマ!」
 城で。
 町で。
 家の中で。家の外で。
 ドラゴンが守る大地で。
 春のカーニバルがまた始まる。

74 makiray :2015/04/26(日) 22:19:07
 以上です。
 長々と失礼しました。

75 名無しさん :2015/04/27(月) 06:50:20
楽しませて頂きました。面白かった!
あゆみがドラゴンの気持ちに気づくシーン、こだまが返って来てから最後の浄化技、って辺りが特に好きです。
また来年の映画の時も書いて下さいね!!(気が早い(笑))

76 名無しさん :2015/04/30(木) 22:14:42
>>74
「じゃぁ、教わろうっかな」←ここ好き。。

77 名無しさん :2015/05/01(金) 22:21:31
>>73
読むの遅れました。面白かったです!
本編(NS3)以上にやんちゃなグレルが好き。フーちゃんとか、makirayさんの設定に繋がりがあって、いかにも続きって気がするのも嬉しい。
映画ではやや活躍の場が少ないというか、「登場する意味あるの?」って気がしたドラゴンさんが実にいい役回りで……。
とにかくキャラクターの魅力に溢れたSSでした。GJ!

78 名無しさん :2015/08/06(木) 09:02:31
姫プリの映画予告に、ちゃんとゆいちゃんが登場してた。
今度は置いていかれないらしい。
良かった〜♪

79 名無しさん :2015/12/23(水) 01:03:06
オールスターズ映画CMにエコー居た! 嬉しい。

80 名無しさん :2016/04/28(木) 22:14:06
デラックス一作目のエンディング曲、くどまゆさんが歌う「プリキュア、奇跡デラックス」の
2番のサビと最後のサビの「♪脈々つながる〜」が「♪ニャプニャプつながる〜」に聴こえたので、報告いたします。

81 makiray :2017/02/01(水) 23:43:25
 どうも、makiray です。
「プリキュアオールスターズ」をキュエアコー視点で描く毎年恒例のシリーズ、諸事情により大幅に遅れて今頃の公開となりました。えぇ、一年前のお話です。
 競作企画の前座を(勝手に)務めさせていただきますが、例によって長いので、一日一編という感じで行きます。しばらくお付き合いください。
 では「Echo, Back and Forth - みんなで歌うo/~ 奇跡の魔法! Ver.1.1 -」、12 スレ、お借りします。

82 makiray :2017/02/01(水) 23:44:52
Echo, Back and Forth (1/12)
---------------------------

「今のは…」
 学校からの帰り道。
 あゆみは足を止めた。
 歌が聞こえたような気がした。
(ル…ラ…)
 周囲を見渡す。
 人々は、忙しそうに、あるいは楽しそうに歩いている。早足で、スキップで。
 今の歌が聞こえたのは自分だけらしかった。
 耳を叩く強い木枯らしがそう聞こえたのではない。今のは確かに歌だった。
(ということは)
 自分にだけ聞こえた、ということは、これは普通の「歌」ではない。CD ショップや配信サイトで聞ける種類のものではないということだ。そして、これはきっと良い知らせではない。
(誰…あなたは誰?)
 あゆみは目を閉じ、その歌の痕跡を追おうとしたが、それはもう消えてしまっていた。
 おそらく、今の時点であの歌が聞こえたのはあゆみ、キュアエコーだけだ。「思いを届ける」プリキュアは、人の強い思いを敏感に察知する。そのあゆみが見失ったのだから、誰にも追いかけることはできないだろう。今度、聞こえたときには逃さないようにしなければ。
 あゆみは、バレンタインに浮かれる街を、それには似つかわしくない厳しい表情で歩きはじめた。

「あゆみ…」
 自分の部屋で難しい顔で考えていると、エンエンが覗き込んだ。グレルも心配そうに見上げる。
 あの歌声は、グレルやエンエンにも聞こえるようになってきた。
 あゆみは、星空みゆきに連絡を取って遠回しに聞いてみたが、彼女たちはそういう歌声はキャッチしていないらしい。最初に聞いてから二週間、店先を飾る商品がチョコレートから雛あられに変わっても、あの歌声を感じ取れるのはキュアエコーだけのようだった。
「ありがとう。
 私は大丈夫」
 あゆみはグレルとエンエンに笑顔を返した。
「だけど…。
 あの歌声が聞こえるのは私だけなんて。
 寂しいね」
「あゆみには俺たちがついてる!」
「そうだよ。そんなこと言わないで」
「違うの。
 あの歌を歌っている人が、寂しいだろうなって」
 誰かに何かを伝えるために歌っているはずだ。だが、それを聞けるのは広い世界にこの三人だけ。その三人も、誰がどこで歌っているのかをまだ把握できないでいる。
「キュアエコーはまだまだだね」
「修行が足りないとは俺も思――」
「グレル」
 エンエンは怒ると実は怖い、ということを知っているグレルは口を押さえた。
 それにしても、どういうことだろう。
 寂しい、とは言ったが、あの歌声にはそれは感じられない。むしろ温かい。
 だが、あの歌を消そうとする力がある。あゆみがその歌の出どころを追えないでいるのはそのせいだが、あるいはそれが寂しいと感じさせる理由なのかもしれなかった。
 なぜわからないのだろう。
 自分が子供だからか。もし、この歌を聞いたのが月影ゆりだったら、すぐにわかったりするのだろうか。
 逆に、調辺アコや円亜久里のように子供の純粋さをちゃんと持っていたら、すぐに感じ取れたりするのだろうか。
 子供でも大人でもない自分の状態があゆみはもどかしかった。

「うん、わかった。行く!」
 雛あられがキャンディとマシュマロに変わる頃、みゆきから連絡があった。プリキュア全員でお花見をするという。
 相変わらず、歌声がどこから聞こえるのかはわからないが、聞こえる頻度は確実に上がっていた。電話での話しぶりではまだみゆきには聞こえていないようだが、集まった時にそのことを話してみよう、とあゆみは思った。
 確かに、申し訳ないとは思う。みなが集まるのは友達だからであり、お互いの笑顔を見るためだ。だが、黙ってはいられない。自分一人では解決できないのであれば、先輩たちの力を借りるよりほかにない。そして、あの歌声と、その歌声を消そうとする力が感じさせる気配は、放置してよいものだとはとても思えなかった。
 あるいは、そのことが大事な友人たちに危険をもたらすかもしれない。だが、彼女たちはそれを絶対にはねのけることができる。あゆみは、信頼と確信を持っている。
 だが、その反対はどうだろう。あゆみにはまだ「私もプリキュアです」と胸を張る自信はなかった。

83 名無しさん :2017/02/02(木) 00:34:22
>>82
待ってました、makirayさんのエコーのお話!
映画のシーンを思い出してしまいました。続き楽しみにしてますね。

84 makiray :2017/02/02(木) 23:54:58
Echo, Back and Forth (2/12)
---------------------------

 足を速めるあゆみ。人々の間を縫って進むため、時折、靴がキュっと鳴った。
「あゆみ…ちょっと苦しい」
 肩から提げたトートバッグの中のグレルが言った。
「ごめん。もうすぐだから我慢して」
 あゆみには珍しく、グレルとエンエンの声に構わず速足で進む。
 胸騒ぎがする。
 夕べ、最終的な待ち合わせの場所と時間を連絡してきた みゆきが、「こないだ言ってた歌声って、ルルルとかラララって感じのやつ?」と言った。
「みゆきちゃんにも聞こえるの?」
《うん。あかねちゃんたちも聞こえるんだって。なんだろうね》
 そして、今伝わって来る、お世辞にも愉快とは言えない、みゆきの思い。ついにあゆみは走り出した。
 都会にしては高い木に囲まれた公園の一角、あゆみはそこに飛び込んだ。
「みゆきちゃん!」
「サニー! ピース!」
 そこにいたのはみゆきではなくキュアハッピーだった。
 そして、茶色い泥のようなものがうごめいている。
「マーチ! ビューティ!」
 キュアハッピーの悲鳴。四人はその中に取り込まれてしまったのに違いない。
 そして、赤い目の道化師がキュアハッピーを見下ろしている。
「グレル、エンエン、お願い!」
「よし来た!」
(フーちゃん、私に力を貸して)
 三人が手をつなぐ。グレルの左手、エンエンの右手、そしてフーちゃんが姿を変えたエコーキュアデコルからにじみ出した光がトライアングルの中心で破裂した。
「思いよ届け、キュアエコー!」
 あゆみの栗色のツインテールが淡いクリーム色に変わる。胸のエンブレムが輝き、キュアエコーが姿を現した。
「ハッピー!」
「エコー!」
 キュアエコーとキュアハッピーは二人でその泥に手を伸ばしたが、あとわずかのところで泥は地面に吸い込まれるようにして消えてしまった。
「みんな…」
「エコー、危ない!」
 キュアハッピーの声に体を翻す。ふたりがいた場所に火球が炸裂した。
「あれは、ジョーカー?」
「よくわからない。急に頭が痛くなって、気が付いたらあそこにいたの。
 ジョーカーに似てるけど、なんか違う気もする」
 キュハッピーとキュアエコーは、よくわからないそれを睨んだ。何でもいい。キュアサニーたちをさらったのだから、味方ではありえない。
〈ハッピー…エコーや!〉
「…。
 サニー?」
〈みんな、キュア…コーが来…く…たで!
 今、ハッ…ーと一緒…たいや〉
「サニー!」
「エコー、どうしたの?」
「キュアサニーの声が聞こえるんです」

85 makiray :2017/02/04(土) 00:16:47
Echo, Back and Forth (3/12)
---------------------------

 ふたりは、ジョーカーらしきそれの攻撃をかわしながら叫んだ。
「サニー、今どこにいるんですか?」
〈であ…ば心強…で…ね〉
「ビューティ! 返事を」
〈…ッピー、…の泥には気…付けて!〉
〈ハッピ…の…が聞こえ…いよ〉
 途切れ途切れだ。こちらの声もあちらの声も完全には届かないようだ。
「だけど、みんな無事なんだよね」
「はい」
「そうか。
 エコーがいてくれてよかった」
「え…?」
「私の思いをみんなに届けて。
 絶対に助けに行くからって」
「もちろんです――ハッピー!」
 着地のタイミングを取れず、バランスを崩しそうになったキュアハッピーの手を引く。
 その瞬間、強烈な思いがキュアエコーの中に飛び込んできた。そしてその思いは、四人へ瞬時に伝わった。まるで隣にいるかのようだった。
〈ハッピーが頑張ってる〉
〈あたしたちも頑張らなきゃ〉
〈このような牢など、すぐに脱出してみせます〉
〈よっし、みんな、行っくでぇ!〉
 それが彼女たちの力を引き出す。同じことがふたりにも言えた。
「エコー、お願い」
「はい。
 プリキュア ハートフル・エコー!」
「プリキュア ハッピー・シャワー!」
 ハートフル・エコーの光のドームが辺りを包む。その中でジョーカーらしきそれは出口を探していた。邪悪なものはこの光のドームの中にいるだけで力を弱めてしまう。
 そこをハッピー・シャワーが見舞う。それはうめき声を上げた。
 光の粒子がドームを満たす。浄化が成功したのだろうか。
 キュアハッピーの表情は厳しい。
 キュアエコーも違和感を抱いていた。激しい戦いをしていながら、敵の「思い」が漏れて来ない。あるいは、あれは生きていないのかもしれない。
(つまり、どう出るもわからない、ということ――)
 キュアエコーは身構えたが、遅かった。背後からあの泥が飛んできてふたりの体を捉えた。
「ハッピー!」
「エコー!」
 抜け出そうともがく。だが、当然のこととはいえ、それはただの泥ではない。ゴムのように伸びて切れないし、逆に革のベルトのように締まって来る。
〈あか…、ハ…ピーが捕…った!〉
〈逃…て!〉
〈…コー!〉
〈こ……に来…は…けま…ん!〉
 遅かった。
 やがて、泥も見えなくなり、辺りは何事もなかったかのように静かになった。ジョーカーによく似たそれも姿を消した。

86 makiray :2017/02/04(土) 23:59:50
Echo, Back and Forth (4/12)
---------------------------

「エコー。
 エコー!」
 キュアハッピーが肩をゆさぶると、キュアエコーは目を覚ました。
「…。
 グレル! エンエン!」
「俺たちなら無事だ」
「ここはどこなんだろう」
 曇った空。体の下にあるのはどうやら石畳のようだ。ふたりはゆっくりと立ち上がった。グレルは厳しい顔で、エンエンは不安げにあたりを見まわす。
「あの偽物のジョーカーを使ってる誰かが作った世界、なんじゃないかな」
 キュアハッピーの言葉にキュアエコーは頷いた。彼女たちに覆いかぶさるようにそびえる石造りの建物は立派なものだが、住んでいる人の気配も、利用する人の気配も感じられなかった。
「みんなはここに捕まってるのかな…」
 キュアエコーは目を閉じて息を吐き、気持ちを集中した。弱いものだが、プリキュアたちの「思い」が感じられる。
「そうだと思います」
「手掛かりは…あの歌?」
 頷くキュアエコー。
 ほかのプリキュアの声は弱くなったが、あの歌の気配は感じる。こうして話している間にも断片的に聞こえてきていた。
「それを追いかけよう」
 キュアエコーは、しばらくそれに心の耳を傾けていた。
 自分の知らない雰囲気をまとっているような気がした。この歌声の主が届けようと思っている思いがはっきりしないのは、声が途切れて遠いせいだけではないようだった。
「エコー…?」
「あ、ごめんなさい。あの歌声を聴いてて。
 行きましょうか」
「うん――待って」
「あれは」
 また空に浮いているものがあった。馬車のように見える。乗っているのは――
「カバさん?」
「いきなり失礼なことをおっしゃいますね、キュアハッピー」
「じゃぁ、お馬さん」
「お初にお目にかかります、トラウーマと申します」
「トラさんなの?」
 トラウーマは歯を食いしばって何事かを我慢した。
「それは後にしましょう。
 まずは、おふたりのことを知りたいのですがね。
 特に、あなた」
 トラウーマは杖でキュアエコーを指した。
「一応、プリキュア教科書に載ってはいるようですが、どうも情報量が少ないようでしてね」
「当たり前でしょ。エコーはあたしたちの秘密兵器なんだから!」
「秘密兵…」
 キュアエコーは、照れとも困惑ともつかない顔でつぶやいた。
「そうだよ、どれだけ世界の危機を救ってきたことか!」
 エンエンが叫ぶとグレルは剣を抜いた。
「お前みたいなトラだかウマだかわかんないやつには負けないぞ!」
「お前に言われたくないわ! タヌキだかイヌだかわかんないかっこしてっ!」
「俺たちはれっきとした妖精だ!」
 トラウーマは怒りのせいか肩で息をしていたが、深呼吸をすると我を取り戻した。
「思い出しましたよ。グレルくんとエンエンくんですね。プリキュア教科書の端っこに載ってましたよ」
「そうだよ。よく覚えておけっ!」
「暇ができましたら。
 話を元に戻しましょうか。
 キュアエコーさん、あなたのことを教えていただきますよ。
 では、ソルシエール様」

87 makiray :2017/02/05(日) 22:29:36
Echo, Back and Forth (5/12)
---------------------------

「…。
 あ」
「エコー」
 キュアエコーの表情が歪んだ。額を手で押さえる。
「頭が…」
「さっきの私と同じ。
 やめなさい、トラウーマ!」
「まぁ、すぐに終わりますから」
「プリキュア ハッピー――」
「あれは」
 キュアハッピーがハッピー・シャワーの構えを取ると、エンエンが空を指さした。
 トラウーマの横に黒い塊がある。それはうねうねとうごめくと大きくなり始めた。
「やっぱり、私の時と同じ。
 きっと…」
 つぶやくキュアハッピー。
「ほう、面白いですねぇ」
 黒い塊は人の形をとった。
 目が赤く虚ろなのは偽のジョーカーと同じ。
 だが、その、身長が3mほどにも届く女性の姿は。
「…。
 私?」
 鈍い茶色のツインテール。
 それは「坂上あゆみ」だった。
「ソルシエール様には、人が最も恐れるものを実体化させる魔法があります。
 これまで何度も世界の危機を救ったという、歴戦の勇士であるキュアエコーが最も恐れているのは、どうやらあなた自身だったようですね。
 どのような物語が隠されているのでしょう。興味深い」
 トラウーマがいやらしく笑った。
〈リセット…リセット…〉
 偽物のあゆみは、あゆみの言葉を誤解したフーちゃんが呟いていた言葉を口にしながらゆっくりと歩き出した。
「エコー…」
 キュアハッピーは足元だけは確認したが、どうすればいいかわからずキュアエコーを見た。キュアエコーは歯を食いしばったまま自分を見上げていた。
「大分、困ってらっしゃるようですね、お二人とも。
 キュアエコーさんは勿論、キュアハッピーさんも自分のお友達を攻撃するわけにもいかないでしょうし、これは大変だ。
 では、しばらく困っていていただくことにしましょう」
 トラウーマを載せた馬車が消えた。
「ハッピー」
「うん」
「先に行って」
「でも!」
「大丈夫」
 キュアエコーは笑った。
「…」
 言葉が出ないキュアハッピー。
「それより、サニーたちを早く」
「そうだ、行ってくれ、キュアハッピー。
 ここは俺たちで何とかする」
「だけど、あゆみちゃん」
 キュアハッピーは思わず、変身前の名前を呼んだ。
「大丈夫。
 私」
 キュアエコーはキュアハッピーの目を見た。
「わかってるから」

88 makiray :2017/02/06(月) 23:03:16
Echo, Back and Forth (6/12)
---------------------------

「…。
 わかった。
 すぐに追いかけてきてね」
「うん」
 キュアハッピーは駆け出した。一度だけ振り向いたが、そのまま仲間の元に向かった。
「エコー」
〈リセット…〉
「来るよ」
 キュアエコーが石畳を蹴る。グレルとエンエンも続いた。「あゆみ」はゆっくりと歩いてくるだけで、突然、蹴り上げたりはしなかった。
 その代わり腕を振ったが、キュアエコーは並んでいる建物の壁を蹴って方向を変え、難なくよけた。
「へっ。偽物は大したことねぇな!」
 グレルが叫んだ。エンエンも余裕がある様子で「あゆみ」の周囲を走っている。
(違う)
 キュアエコーの表情が曇った。
 積極的な攻撃を加えたりしない。逃げたものを追いかけるほどの勢いもない。それは、かつての自分そのものだった。
 内側にいら立ちをため込むだけ。母に文句を言ったことはあったが、あれは所詮、肉親への甘え。泣き言をつぶやくのがせいぜいで、そのことがフーちゃんに誤解を与えてしまった。
 尤も、ソルシエールとかいう誰かに作られたこれが操り人形なら、苛立つということもないのかもしれないが。
 キュアエコーは逃げ回るのをやめた。「あゆみ」の前に降り立つ。そして、両手を伸ばす。
「もう、いいんだよ」
「エコー…」
 グレルとエンエンも足を止めた。
「私は、あなたが何に苦しんでるか知っている」
 上からのぞき込むように「あゆみ」も止まった。
「でも、もうその必要はないの。
 お母さんが私のことを大事にしてくれていることが分かった。
 学校に友達がいる」
 瞳のない目がキュアエコーを見ている。
「それだけじゃない。
 私はプリキュアになった。
 素敵な仲間が 40 人もできたんだよ。
 そして」
 キュアエコーは伸ばして両手を胸の前に置いた。胸元のエンブレムの前で重ねる。
「私は、きっと、誰かの役に立つことができる」
 それがどういう形かはまだ分からない。でも、この「光の力」はそのためにある。いつか、きっと、苦しんでいる人のために、辛い思いをしている人のために、この力を役立てることができるはずだ。大した実績もないが、そのスタートラインに立っている事だけは確かだ。
「これが、あなたが欲しかったものでしょう?」
 見下ろしていた「あゆみ」が動きを止めた。
 信じられる友だち。
 信じてくれる友だち。
 誰かの力になれる、という確信。
「もう怯えなくていいんだよ」
 単なるくぼみでしかなかった瞳に光が宿った。いや、その明るさはやがて全身を覆い、淡い黄色に変わったかと思うと音もなく飛び散り、「あゆみ」の姿は消えた。グレルが、やった、と指を鳴らす。
(でも)
 キュアエコーはその光の粒を追うでもなくその場に立ち尽くした。
(あれが私のコピーだとしたら。
 私は、あの頃の私から何も変わっていない、ということ。
 この「光の力」を、きちんと使えてない、ということ…)
「エコー…。
 エコー」
 グレルが白いブーツを叩く。はっと気づいたキュアエコーが下を見ると、心配そうな瞳が四つ、そこにあった。
「あ、ごめんね」
「大丈夫?」
 エンエンが目じりに涙をためている。
「うん」
 キュアエコーが微笑むと、エンエンも笑顔になった。
「行こう」
 あの歌はまだ聞こえている。

89 名無しさん :2017/02/06(月) 23:27:14
>>88
おー、こう来るんだ!
あゆみが過去と向き合ってここまで言えるようになって、それでもまだどこか自信がない。
こういうところが、あゆみちゃんらしいなぁ。
続き楽しみにしてます!

90 makiray :2017/02/07(火) 23:38:55
Echo, Back and Forth (7/12)
---------------------------

 キュアマジカルが崖にたたきつけられる。鋭い悲鳴が響いた。
 ソルシエールとトラウーマは、「プリキュアの涙」を手に入れようとしていた。そのため、プリキュアと妖精たちを捕え、助けに来たプリキュアにかつての敵のコピーを差し向けてきている。
 そして、まだ戦いに不慣れなキュアミラクルとキュアマジカルに狙いを絞ったようだった。
キュアマジカルのドレスは汚れ、フリルが千切れている。
「あぁっ!
 くっ…」
 ピエーロの姿をしたものの手から影のエネルギーが打ち出される。キュアマジカルの体はそれによって巻き上げられ、山肌にたたきつけられた。
 とどめを刺そうと次の奔流が放たれたとき、灰色の空に眩しい光が点をうがった。キュアマジカルの体がふわりと浮く。
「あれは…」
「キュアエコー!」
「来てくれたのね」
 キュアエコーはキュアマジカルの体をゆっくりと横たえた。
 影を感じて立ち上がるキュアエコー。プリンセスプリキュアの四人も、覆いかぶさるように見下ろしているピエーロのようなもの、ゴーヤーンによく似たものを睨み返した。
「さぁ、あなたも一緒に」
 キュアマジカルに呼び掛ける。だが、その答えは予想もしないものだった。
「無理…」
「え?」
 キュアエコーは驚いて振り向きかけた。それでは敵に背を見せることになると気付いて姿勢を戻す。
 無理。
 確かに、そうかもしれない。
 助けに入りキュアマジカルを抱きかかえたとき、キュアマジカルが怯え、恐れているのがわかった。敵の攻撃ですっかり打ちのめされている。それは心身のどちらも同じようだった。
 だが。
「キュアマジカル」
 キュアエコーは、ゴーヤーンらしきものを見据えたまま言った。まだキュアマジカルの中の光は失われていないはずだ。
「なぜあなたは今まで戦っていたの」
「…。
 私は…私は立派なプリキュアになりたくて。でも」
「立派な…プリキュア?」
 それは予想外にキュアエコーの胸に刺さった。
(私は…)
 立派なプリキュアだろうか。いや。それは考えるまでもない。とても胸を張って「私もプリキュアの一員です」などとは言えない。だが、それは――

91 makiray :2017/02/08(水) 23:00:04
Echo, Back and Forth (8/12)
---------------------------

「お花見行くんでしょ」
 キュアフローラが言った。キュアマジカルが顔を上げる。
 別の空間では、キュアミラクルがルルンの涙の声を聞いていた。
(マジカル…!)
(ミラクル…!)
 大事な友達を助けなければ。
 そして、新しい友達と一緒に、お花見に行くんだ。
 ふたりは、遠く離れた場所でそれぞれに立ち上がった。ここを乗り越えなければ、「立派なプリキュア」も何もない。
(つながっている…)
 その思いがキュアエコーの胸に届いた。こんなに固く結ばれているふたり。
 そして、あの歌。
(どういうことだろう)
「また新手?!」
 プリキュアたちの肩が上下する。仲間と一緒で心強くは思うが、楽な戦いではない。
 それでも、彼女たちの顔には笑みが浮かんでいる。キュアマジカルが立ち上がったから。絶望の淵から戻ってきてくれたから。
「歌は…?」
 誰かが言い、視線はキュアエコーに集まった。それをたどれば、仲間たちに会えるはずだ。
「マジカルは先に行って。歌の聞こえる方へ」
「でも」
 キュアマジカルがキュアエコーに振り向いた。
「私にはもう聞こえないわ」
「大丈夫。あの歌声は、まるであなたを呼んでいるようだった」
「私を…?」
 キュアマジカルは、さっきまで歌声が聞こえていた方向を見た。そう言われれば、そうだったような気もする。いや、歌っている人を知っているとか、聞いたことがあるメロディだとか、そういうわけではない。だが、自分が全く知らないものではない、そういう気がした。
「『思いを届けるプリキュア』のキュアエコーが言うんだから間違いないよ」
 キュアフローラが力を込めて言った。驚いたような表情のキュアエコー。
「わかりました」
 キュアマジカルは深々と頭を下げると踵を返した。
「でも、エコー。
 どうして、あの歌がマジカルを呼んでる、って思ったの?」
 キュエアコーは、一瞬、視線を落としてから答えた。
「わかりません。
 でも」
「でも?」
「あの歌…あれは、ただの歌ではないような気がします」
「どういうこと?」
 キュアエコーは首を振った。
「でも、私たちが知っている歌とは違う、と思わせる何か、それが、キュアマジカルの空気と似ている、そう思ったんです」
「歌とは違う何か…」
 彼女たちをプリキュアにする光の力。それは例えば、のぞみたちの前には蝶の形で現れた。ある時は花であり、あるときは音楽であり。キュアミラクルとキュアマジカルの場合に何だったのかは知らないが、その要素があの歌にも感じられる、ということだった。
(それに、私は…今のキュアマジカルとは一緒にいない方がいい)
 キュアマジカルは、完全に立ち直ったわけではない。まだ、傷つき疲れている。その危なげな精神状態をキュアエコーが感じ取り、そしてほかのプリキュアに伝えてしまう心配があった。キュアハッピーと一緒に戦った時に、キュアハッピーとキュアサニーたちの気持ちの仲立ちをしたことと同じことが起こる。そして、今のキュアマジカルの精神状態は、他の人に伝えていいものではないように思えた。
(ごめんなさい。
 私はまだそれをうまくコントロールできない)
「来るよ」
 キュアエコーの思いを破るように、低い声でキュアトゥィンクルが言った。

92 makiray :2017/02/09(木) 23:54:13
Echo, Back and Forth (9/12)
---------------------------

 抵抗もむなしく、キュアエコーたちは囚われてしまった。
 それはやはり、ソルシエールが生み出すコピーが、プリキュアたちが戦ってきた幹部や「ラスボス」のものだったからである。下っ端のスナッキーやウザイナー程度であればどうと言うこともなかったはずだが、意思を持たないコピーではあっても強敵だった。
 どういう作用が働いているのかわからないが、この檻の中ではプリキュアの光の力は無効になってしまうようだった。さほど太くはない柵も、それほど大きくない錠前もびくともしなかった。
「外から壊してもらうしかない、ということですか」
「残ったのは、キュアミラクルとキュアマジカルだけか…」
「妖精は…アロマとパフ」
「あとは、ルルン」
「無事だといいんだけど…」
(ソルシエール…。
 ソルシエール…)
 キュエアコーは目を閉じた。
(ソルシエール。
 わたしの声が聞こえますか、ソルシエール…)
 答えはない。届いた、という手ごたえもない。
(どうして)
 最初にあの歌を聞いたのはキュアエコーだった。つまり、ソルシエールの思いは、キュアエコーに届いていた。なぜ、今、それが聞こえない?
 あの歌が流れ、少女の幻が見える以上、ソルシエールは心を閉ざしてはいない筈だ。だのになぜ、エコーの声がソルシエールに届かないのだ。
(立派なプリキュア…)
 リコの言葉がよみがえる。それはキュアエコーの胸をチクチクと刺し続けていた。
 元より、自分が立派なプリキュアだなどとは思っていない。だが、何度か大事な友達の力になれた、と感じられたことはある。「思いを届けるプリキュア」として役に立てたことがある。
 だが、今回はその兆しが無い。思いが届かない。
(ソルシエール…!
 お願い、私の声を聴いて。あなたの声を聴かせて!)
 だめだ。逆に、様子を見守っている仲間たちのかすかな息遣いがこだまして耳鳴りのように響く。キュアエコーは力の感じられない目を上げると首を振った。
「焦らないで、エコー」
 キュアムーンライトの優しい声が逆にプレッシャーとなる。キュアエコーはもう一度、深呼吸をした。
(ソルシエール!)
 なぜ。
「エコー、座って」
「いえ」
「楽にして。顔色が悪いわ」
 キュアアクアが言うと、プリキュアたちは狭い牢獄の中で場所を詰め、空間を作った。
「すみません」
「無理し過ぎよ。この牢は私たちの光の力を弱める作用があるみたいだから」
「…」
 そのせいだ、と考える根拠がキュアエコーにはなかった。
(だめだ)
「え、どうしたの?」
「だめです…私」
「エコー…」
「私の思いは、ソルシエールには届かないんです!」
「落ち着いて。この牢は」
「できません!」
「泣き言いってんじゃねぇ!」
 隣の牢から声がした。グレルだった。
「思いを届けられないんだったら、何ができるって言うんだよ!」
「グレル…」
「キュアエコーには、ほかにできることはないだろうが!」
「ちょっとあんた、いくらエコーのパートナーだからって」
 キュアブラックが反論したが、グレルの口は止まらなかった。
「ブラックみたいにパワーはないし、ホワイトみたいに物知りじゃない。
 ブルームやイーグレットみたいに空も飛べない。
 ほかに何ができるか言ってみろよ!」
 さすがに、同じ牢に閉じ込められている妖精たちが止めた。だが、エンエンが後を継いだ。
「あゆみは、あきらめなかったんでしょ?
 あきらめなかったから、キュアエコーになって、フーちゃんとお話ができたんでしょ?
 今度はあきらめるの? だめだよ、あゆみ!」

93 makiray :2017/02/11(土) 00:05:18
Echo, Back and Forth (10/12)
----------------------------

 キュアエコーの周りに金色の花びらがこぼれた。
「フーちゃん…」
〈あゆみはだめじゃない。フーちゃんは知ってる〉
「キュアマジカルだって傷だらけになっても頑張ってるんだよ」
「先輩のキュアエコーがそんな情けないこと言ってどするんだよ!」
 キュアマジカル。その名前が頭に浮かんだとき。
〈考えてみて〉
「え…」
 キュアエコーの目が焦点を失ったように見え、キュアハッピーたちは顔を見合わせた。そうではない。キュアエコーは、ふいに飛び込んできた声に集中していた。
「これは…マジカル」
「聞こえるのか?」
 グレルがまた怒鳴った。
「うん。
 マジカルはミラクルと会えたみたい」
 やった、と声が上がる。キュアマーメイドが、しっ、と口に指をあてる。どうやら、キュアマジカルやキュアミラクルとのコンタクトに成功したらしい。キュアエコーの邪魔をしてはならない。
〈あなたに…あなたに…〉
 はっきり聞こえる。一体、何が起こったのだ。キュアエコーは混乱したまま、二人の声に耳を澄ましていた。
(そうか…これは、私たちがプリキュアだから)
 以前からプリキュア同士で、声を介さない意志の疎通は可能だった。多くは、なんとなくそんな感じがする、という程度で、明確に言葉の形で認識できるのはキュアエコーだけだったが、それはこれまでにもあったことだ。その鋭さの違いが、プリキュアの力を奪う牢の中で現れたに過ぎない。
 今まで聞こえなかったのは、キュアミラクルとキュアマジカルがばらばらだったからだ。再会した二人は、今までよりも強く結びついている。それで、二人の声が聞こえるようになったのだ。
 つまり、これは当然の結果である。キュアエコーが立ち直ったのでも、未知の力が覚醒したのでもなかった。だが、これはいい知らせだ。キュアミラクルとキュアマジカルが耳にするソルシエールの声が聞こえる。
〈だから…それは…〉
 キュアミラクル、キュアマジカルとの「同調」状態はどんどんよくなっている。今では息遣いも聞こえるほどだ。そして、それに乗って来る、ソルシエールの「思い」。
〈闇の中も怖がらずに
 安らかな夢見られたのはなぜ?〉
 究極の魔法の奥義を教えて欲しい、という願いに子守歌で答える魔法つかい。ソルシエールは困惑し、戸惑い、子ども扱いされていると考えて落胆していた。それは、怒りでも憤りでもない。
 つまり。
〈あなたは、先生に会いたいのでしょう!?〉
〈なんだ、貴様は〉
 つながった。
〈あなたは亡くなった先生にもう一度会いたいと考えている〉
〈つまらぬことを〉
〈プリキュアの涙を使った魔法があれば、もっとすごいことができるはず。きっと、究極の魔法の秘密も解明できるわ。
 それなのにあなたは先生を蘇らせることを考えている。それは〉
〈やめろ!〉
〈あなたは、大好きな先生にもう一度、会いたいと思っているのよ〉
〈やめ――〉
 ソルシエールの声が途切れた。キュアミラクルやキュアマジカルの声も聞こえなくなり、キュアエコーは再びそこに崩れ落ちた。
「エコー!」
「エコー、どうしたんだ。大丈夫か!
「あゆみ。あゆみ!」
 わかった。
 ソルシエールの声が聞こえなくなる直前、彼女の心のひだに触れた。それでわかったことがある。
(ソルシエールは、意思が強い人ではないんだ)
 それで色々なことの説明がつく。
 プリキュアが恐れている者のコピーを作り出すほどの力がある。では、幼いころの不安を制御できているかと言えば、できていない。あの歌は、彼女の心から漏れたものだ。それがキュアエコーに届き、この世界に来てからは、プリキュア皆に聞こえるようになった。
 今も、キュアエコーは無理やりに彼女の心をこじ開けたのではない。自信を失っているはずの自分が言うことではないが、ソルシエールとのコンタクトは簡単だった。彼女は、心を閉ざし続けるほどの強さも持っていない。
 一方で、すべてのプリキュアが捕えられているという事実。
 このことは、一つの仮説を導き出す。
 ソルシエールは誰かに利用されている。
「みんな、聞いて」

94 makiray :2017/02/12(日) 00:10:52
Echo, Back and Forth (11/12)
----------------------------

「いただきましたよ、プリキュアの涙」
 トラウーマが本性を現した。
 本来の目的は封印された能力を解放することだった。そのために、ソルシエールの魔法を利用したのだった。
 自らの封印を解いたトラウーマは屋敷と一体となって、巨大な姿に変わり、世界を闇に閉ざそうとする。
 だが、この世界にはまだ光があった。ミラクルライトが、捕らわれていたプリキュアたちを牢から解き放つ。

「それじゃ行くよ、みんな!」
 そうだ。
 キュアエコーにできることがある。
「グレル、エンエン、フーちゃん」
「どうした」
「私、ソルシエールのために戦う」
 かつて、世界をリセットしてしまいそうになった。弱い心が犯す過ちの恐ろしさを知っている。
 今、その罪を償い、次の一歩を踏み出そうとしている少女がいる。キュアエコーは、その手助けをしなければならない。それこそが、キュアエコーのもう一つの役割。
「トラウーマに騙されていたことに気づいた、その気持ちをみんなに届けたい。
 ソルシエールの胸にあるみんなへの謝罪の気持ちを届けたい」
〈あゆみ…〉
「僕たちも一緒だよ」
「キュアエコー、復活だ!」
「うん。
 まず、この闇を払おう!」
 キュアエコーは地面を蹴った。

95 makiray :2017/02/12(日) 08:51:21
Echo, Back and Forth (12/12)
----------------------------

 究極の魔法、それは歌だった。
 魔法つかいがソルシエールに歌って聞かせた、子守歌のような歌。それそのものが魔法だった。
 トラウーマは、自分の過ちに気づいたソルシエールの歌に苦しめられ、同時にその歌はプリキュアに力を与えた。
 光を取り戻したプリキュアと、光を取り戻そうと決心したソルシエールによって、トラウーマは消滅した。

 改めて、お花見が催される。彼女たちは満開の桜の下にお弁当を広げた。
「あの、坂上さん…」
「え?」
 あゆみが振り向くと、リコがペコリと頭を下げた。
「ありがとうございます。
 あと、ごめんなさい。私」
「あ、坂上さん」
 みらいが隣に並び、同じように頭を下げた。
「坂上さんがリコを助けてくれたんですよね。
 おかげで私たち、また会うことができました!」
 こちらは屈託のない笑顔だが、リコはすっかり恐縮している。
「私は、何も」
 少し頬を染めながら、あゆみは手を振った。
 掛け値なしに何もしていない。
 確かに、あの歌と、キュアマジカルの雰囲気に共通点がある、と言ったのはキュアエコーだ。つまり、その共通点が魔法ということなのだが、それは例えば、一緒に戦ったときに、ソルシエールの歌と最もシンクロしていたのはキュアミラクルやキュアマジカルの技だった、と皆が言っている。別に、キュアエコーでなければ気づかなかった、というわけではない。
 牢に捕えられた時も心が折れてしまい、投げだしそうになった。グレル、エンエン、フーちゃんがいなかったらどうなっていたかわからない。
 本当に、キュアエコーはまだまだだ。修行が足りない。
 隣に みゆきとあかねがやってきて、キュアエコーがどれだけすごいプリキュアか、とあることないことを言い、みらいとリコが感心してメモをっている。あゆみの頬はますます赤くなった。
 一つ、わかったことがある。
 キュアエコーは、「思いを届ける」プリキュアだ。誰かの思いを読み取る力はない、ということだ。
 今まで、そう感じたことが何度もあったが、それは偶然だった。同じ「光の使者」同士だったり、ものすごく強い思いだったり、という特別なことがなければ感じ取ることができない。
 ソルシエールは、師匠の魔法つかいに会いたい、ということしか考えておらず、そこをトラウーマに利用されただけなのだ。「プリキュアを倒す」「世界を闇に閉ざす」などという強い意志があったわけではないから、その思いが届かないのは当然だった。むしろ、そういう立場がストレスになったことで、子供の頃の思い出が漏れ出し、それがあのかすかな歌声となった。こちらの方がまだ強い、と言えた。
 もう一つ、過ちを犯したことがある、という心の奥の傷。これがあるからこそ、できることがある。
 キュアエコーがどのようにして人々の役に立つことができるのか、それがわかったことは大きい。この力を磨いていけば、きっと「立派なプリキュア」になれる。
「一緒に、『立派なプリキュア』になりましょう」
「いえ、坂上さんはもう『立派なプリキュア』です!」
「私たちのお手本になる人なんです!」
 だから、やめてってば、と言って下がろうとすると、マナが逆に背中を押し、めぐみがはやし立てる。
「先輩として一言アドバイスしてあげたら?」
「ゆりさんまで…」
 それにしてもこの二人は、この懇願を四十何回も繰り返す気なのだろうか。美墨さん、雪代さん、日向さん、美翔さん…そうだ。
「じゃ、一つ、いいかな」
「はいっ!」
「あゆみ、って呼んで」
「はいっ――はい?」
 困惑するみらいとリコ。だが、ほかのメンバーからは一斉に笑顔がこぼれる。グレルは、そういうことだよ、とみらいに耳打ちをした。
「そういうこと、って」
「はい、握手」
 エンエンがリコの手を引いた。
「私のお友達になってくれる?」
「よ、よろしくお願いします!」
 あたしとも、私とも、とそれぞれが みらいとリコの手を取る。モフルンももみくちゃにされていた。
 その光景を見ながら、案外これが「立派なプリキュア」になる近道なのかも、とあゆみは思っていた。

96 makiray :2017/02/12(日) 08:52:02
 長々と失礼しました。

97 名無しさん :2017/02/12(日) 10:13:48
>>96
毎日少しずつ、まだちょっと自信ないなりに一生懸命なあゆみの気持ちに一喜一憂して、楽しませて頂きました。
グレルとエンエン、あゆみのいいパートナーになったなぁ。
またmakirayさんのエコーSS、読めるの楽しみにしています!

98 名無しさん :2017/02/14(火) 21:44:01
>>96
読み応えがありました。

99 makiray :2017/07/28(金) 22:14:27
 どうも、お久しぶりです。
 遅くなりましたが、毎年恒例(まだ言う)オールスターズ…もといドリームスターズ映画にキュアエコーが登場するパラレル版を投下させていただきます。
 今回は、映画の直前のお話です。
 タイトルは「プリキュア ドリームスターズ Ver.0.9 -Quartet Branche-」

 16 スレ、お借りします。

100 makiray :2017/07/28(金) 22:16:46
Quartet Branche (1/16)
----------------------

「なぎささん?」
《あゆみちゃん。久しぶり!》
「あの…今年はお花見しないんですか?」
《もちろん、やるよ。
 今日、これから ほのかと下見に行くんだ。いいとこ見つけたらしいよ》
「そうなんですか。楽しみです!」
《決まったら連絡する》
「はい!」
 坂上あゆみは笑顔で電話を切った。
「やるのか?」
 机の上のグレルが言った。
「うん」
「みんなに会えるんだね」
 エンエンが手を合わせた。
「うん!」
「よし、今年こそは俺の美声を披露してやるからな」
「あ…」
「なんだ、その顔は!」
 あゆみとエンエンは顔を見合わせて笑った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ドアノブ少女【通常版】 - 吾嬬竜孝(企画・撮影)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板