したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

682 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/28(火) 22:41:26
そんな悶々とした日々が続いていた中で迎えたゴールデンウィーク。
1年を通しても屈指の集客がある時期で、フードコートの混雑も苛烈を極めるシーズンだ。

フードコートのバイト確保に社員の大野さんも苦心しており、その日は、どうしてもバイト人数が足りず、他の部からヘルプが複数人来ることになっていた。
当日、朝礼でヘルプの人達が紹介され元々いるフードコートのスタッフにヘルプスタッフが付いて2人1組で仕事をすることとなった。

俺に付いたのは石川さんという女性で、少し年上だろうか?
大学生という雰囲気で、短めの髪に細身のスラっとした体型だが、痩せているというよりはスポーツなんかをしていて締まっているなというのが第一印象だった。
素直に可愛い女性だなと思ったし、白状すれはコンビを組むのが彼女で心の中ではガッツポーズしていた位だ。

「石川です。今日はよろしくね」
「あ、生田です。よろしくお願いします」
「硬いなぁ。ここでは生田君が先輩なんだし、もっと砕けた感じで良いって」

想像していたより、かなりフレンドリーな感じだ。

「でも、初対面の年上の方にいきなりタメ語は抵抗があるというか……」
「初対面? ん〜確かに初対面かぁ」
「え!? 失礼しました。どこかで会っていましたっけ?」
「――まあね。って、ほら、お客さんが来ちゃったよ!」

開園から、そう時間は経っていないが早々にお客さんの一団が入って来た。
途切れた話の内容は気になったが、そこからは無駄話をしてる暇などない位、忙しい状態になる。
いつも以上の集客となったこの日は、慣れている俺でも目も回る程だったが、石川さんはテキパキと仕事をし、気が付けば俺が細かい指示を出さなくても問題がない程になっていた。
そして2時半を過ぎたころ、客足が疎らになってきた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板