したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

673 中の人フェチ ◆4iSBiGGFMw :2017/11/27(月) 23:04:37
それから暫くして園内でフローラ姫に会う機会があった。
遊びの王国は5時に閉園なのだが、閉園時間前に着ぐるみキャラクター達が正門前で帰るお客さんのお見送りをする。
俺が5時過ぎにバイトを上がって帰ろうと、閉園後の園内を歩いている時に、お見送りを終えた着ぐるみ集団の中に居たフローラ姫と出くわしたのだ。

お客さんがいない園内ということもあってか、フローラ姫は俺の方にトコトコと小走りで近づいてくると、いきなり俺の手を両手で包むように握手してきた。
白い手袋をしているが、生地は薄手ということもあり、人間の指の感触が伝わってくる。
俺はビックリして何事かと思ったが、何となく動きやジェスチャーから、この前、子供に絡まれていた時のフローラ姫の着ぐるみなのではないかと感じた。

「――もしかして、あの時の?」

半信半疑で尋ねるとフローラ姫は大きく頭も縦に振った。
後から付いてきた俺より少し年上位のアテンドの女性がフローラ姫に声を掛けてくる。

「フローラ姫、お城に帰るよ〜」

アテンドの女性は閉園後でも控室以外ではフローラ姫はフローラ姫……という設定を守っているのだろう。
フローラ姫は頷いて、俺に手をヒラヒラと振りながらアテンドの後ろについて園内の奥へ帰っていく。
突然のことに驚いて立ち尽くしていた俺が振り帰ると

「知り合いなの?」

アテンドの女性の問いに頷くフローラ姫の姿が見えた。
その仕草はお客さんや、さっき俺に見せた様な演技がかった動きではなく、中の人の素の動きに思えた。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX) - 森 薫

アミルさん20歳で既に行き遅れ扱いされてるけど俺ときたら…

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板