したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

626 まんころ ◆dkf/aF6sqI :2017/10/02(月) 22:17:13
両想いであったことが分かり、喜んだ反面調子に乗ってリアルドールにしてしまったことをすごく悔やんだ。
彼女に嫌われてしまったと思ったから。
しかし、彼女の一言で救われた。
彼女は髪が湿ったまま下を向いて、ボソッと何か言った。
「 ‥‥ったよ」
「え!」僕が聞き返すと、彼女は顔を真っ赤にして「気持ちよかったよ」「もっと攻めて欲しいかな」今度はハッキリと聞き取れたが、彼女は恥ずかしさからか顔を押さえ浴室へと走っていった。
呆気に取られ、走っていく彼女の後ろ姿を見送ることしかできなかった。
彼女にとってあの暑く息苦しい状況が気持ちよく、攻めて欲しいとは僕の中で妄想が膨らむ。
彼女ってもしかして、僕の中である程度想像が纏まった時、浴室で音がした。
そして僕の元に戻っきたのはリアルドールになった彼女。
落ちていたウイッグを拾い頭につけ、髪を梳かす。
そして僕に抱きついてきた。
あとで聞いた話だが彼女は恥ずかしくてどうしようもないが、僕とは一緒に居たかったし、また虐めて欲しかったらしい。
そしてリアルドールのマスクの構造上、話せなくなりほとんど声も出せなくなることも。
リアルドールはテーブルにあった紙とペンを使って何か書き始めた。
私は貴方のリアルドールです、好きにいじめて下さい。
それを書き終えるとソファに座り動かなくなってしまった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版) - バンダイ

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板