したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

614 まんころ ◆dkf/aF6sqI :2017/10/02(月) 21:48:29
気が着くと、すっかり外は夕方になっていた。
そして、点けた覚えのないテレビがついていた。
不思議に思いながらもテレビを消し、よく寝たせいか腹が減ったので外へ夕飯を食べに行くことにした。
よくよく考えると昼を食べていないことを思い出した。
リアルドールに話し掛ける必要もないのだが、駅前で中華でも食べて、その足で君を購入したフィギュアのお店にも立ち寄ってくることを告げ外出した。
腹も満たされフィギュアのお店へ行くと店主の方から声をかけてきた。
「どうだいリアルドールは?」
「ええ、凄いです。まるで人間みたいです。気に入りました。それに 」
少し言葉に詰まる。
「どうしたんだい?」
「え、いえ、僕は内気であまり女性と上手く話せないんですが、彼女となら話せるので僕を変えてくれる存在になるかもしれません」と笑顔で答えた。
店主もなんだか嬉しそうに笑顔でウンウンと頷いている。
店主はポンと手を叩くと「君はコスプレとか興味ないかい?」と突然聞いてきた。
それはもちろん興味があり、突然の質問に動揺しながらも「ハイ!」と答えてしまった。
すると店主は店の奥へ入ったかと思うと、紙袋を1つ持ってきた。
そして袋の中を見せて「まぁ、俺の趣味なんだが、あのリアルドールに合わせてSMの女王様の衣裳を作ってみたんだが」と。
こちらも少し恥ずかしくなりながらも興味はあったので、「おいくらですか?」と尋ぬてみる。
店主は「リアルドール高かったし、気にいって貰えたみたいだからダダでいいよ」と。
僕はお礼を言って、ワクワクしながら家に帰った。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本 - レッドブル・ジャパン

フルチャージ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板