したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

594 まんころ ◆dkf/aF6sqI :2017/09/27(水) 22:52:32
着ぐるみを着て女怪人ビークィーンを演じていた彼女は堂々として、大きく見えていたが、海を見て昔のことを思い出した彼女は俺がよく知るさっちんに戻って小さく見えた。
彼女の話ではあと少しこの辺りでロケをするので、俺が今いる小さな町で滞在することを知った。
そして彼女はスタッフに今日は戻らない事も伝えてあるということも。
俺は会社に連絡し、体調が悪くなったで早退させてもらうことになった。
彼女がいろいろ思い出し泣いていたようだったので、車での移動中ずっと音楽を流していた。
家は社宅で田舎だけあり、2DKの広さの部屋を与えてもらっている。
彼女を玄関に入れて少し待ってもらう。
仕事にかまけて部屋は散らかり放題だったので、急いで片付ける。
その間に彼女は太ももまであるブーツを脱いでおくといっていた。
部屋がある程度片付いたところで、リビング並みの広さのあるダイニングに入ってもらう。
女怪人ビークィーンはブーツを脱いでも脚は同じ黄色と黒の縞模様になっていた。
ベンチコートを脱いだビークィーンはかなり手の込んだ造形物で、今まではさっちんのことが気になってしっかりとは見ていなかった。
ビークィーンの周りを一周してマジマジと眺めてみる。
「何?ジロジロ見ないでよ」
会話だけならただの男女の会話のようだが、絵的には部屋の中に女怪人がいてそれを男が見ている。
「さっちん、触ってもいい?」
彼女は恥ずかしそうに下を向いて「うん」と答える。
複雑な模様の入った体を触ってみる。
凸凹していて硬いところと軟らかいところがある。
「凄いなぁ」思わず独り言。
「ここは?」と言いながら胸を触ってみる。
柔らかくない、アクション用にしっかりと作られている。
正面に回り顔を眺めて質問する。
「これってどこから見てるの?」
彼女は長く尖った爪で、この辺りと教えてくれた。
そこは複眼になっていて黒地に黄色の網目になっている。
「この黒いところ?」
「そう、でも外からは分からないよ」と。
今度は背後に回る。
「どうやって脱ぐの?」
「えー、恥ずかしいから脱ぎたくない」と彼女。
「暑いだろ、ファスナー下ろしたら浴室に行けばいいよ」
「うん」彼女は小さく返事をして頷いた。
彼女に説明を受けながらファスナーを探る。
背中にある大きな羽を外すと首から腰にかけて縦の線が現れた。
それは重なり合うようにマジックテープでくっついており、その奥にファスナーかある。
普段見ることのないような大きなファスナーを開けていく。
ファスナーの奥は暗くて彼女の体は見えない。
ジッとしている彼女を驚かせようと、中へと手を突っ込んだ。
しかし、彼女の体はそこには無かった。
俺は驚き後ずさりをした。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板