したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【妄想】着ぐるみ小説スレ第11章【連載?】

510 不思議な人 ◆C4pZlPpE5o :2017/07/12(水) 01:33:03
兄屋は目の奥に興味の光を浮かべて阿佐谷に話しかける。
「すぐ犬種まで分かるなんて、よく勉強しているんだね」
「ありがとうございます!
ところで、もしかしてターニャちゃんはここからリエちゃんが引き取ったんですか?」
「ええ、そうですわ。
でも、どうしてお分かりに?」
阿佐谷は少し胸を張り、
「さっきからターニャちゃんの歩き方を見ていたんですけど、少し歩き方に違和感があったんです。
ここには、交通事故に遭ってしまった子たちも多いんですよね?
だから、ターニャちゃんはここにいた子で、リエちゃんが引き取ったのかなあと」
リエは、感嘆と賞賛を顔に浮かべる。
「阿佐谷さんは本当に犬がお好きなのですね」
「はい!ありがとうございます!
それに、リエちゃんも自分で捨て犬を引き取るなんて凄いです。
私が高校生くらいの時はそんなこと出来ませんでした!」
「あらら、私もお褒め頂けるなんて。
でも、私はお父様から少しずつ活動を引き継いでいるだけですし…」
2人は和気藹々と話続けていたが、兄屋は何かに気づき、阿佐谷に話しかける。
「おっと、そろそろ『レース』が始まるみたいだ。
良かったら阿佐谷さんも見学しないかい?」
「レース、ですか?」
「うん。この施設で保護している『犬』たちは、普段はこのゴルフ場の好きな所で駆け回っているんだけど、それじゃあ皆の様子が良く分からないだろう?
だから、今日みたいに見学者が来た日には、顔見せを兼ねて、皆を集めて簡単な『レース』をするんだ」
「わあ!それは是非見て見たいです!」
阿佐谷はるんるんとした様子で二つ返事をする。
「良かった。じゃあ、良く見える所に行こうか」
と、3人と1頭は少し高台になっている丘に向かった。

後編に続く


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林製薬の栄養補助食品 熟成黒にんにく 黒酢もろみ 約30日分 90粒 - 小林製薬


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板